私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



【重要】本サイト閉鎖の可能性の報告

 新年早々、このような馬鹿げた事に多大な手間と時間を掛けさせられる事に憤慨しながら、十年以上ブログを運営してきて、非常に数多くの方々のご参加を仰いだ身としまして、非常にくだらない事ながらもご報告をせねばなりません。
 記事題に有りますように、当ブログに閉鎖の可能性があります。
 もし保存したい記事がございます方は、一応、保存しておく事をお勧めします。
 万一、この場所で閉鎖になりましても、場所を変えて必ず再開致しますが、少々時間が掛かってしまう可能性も有ります。

 少々長くなりますが、これから事情をなるべく細かく説明致します。
 また、この件は一般的なブログ活動全般の事情にも関わる問題だと思いますので、単に野次馬的な視点でもなかなか面白い案件ではないかと思います。
 当方としましては、そのような扱い方をせず、できれば内々に穏便に済ませたい旨をFC2に一度ならず申しましたが、未だ なしのつぶてという姿勢なので、このような事もやむを得ないと判断します。


 さて、このようなご報告をせねばならない直接の事情は、12月28日未明3時52分に来た、FC2からの問い合わせメールに端を発します。
 FC2事務局に、当ブログの削除依頼が来たというのです。 しかも、その事由が、「昭和の人になりすましているおそれ」だというのです。
 そして、該当箇所があったら削除修整をして、問題が無い場合はその趣旨を連絡せよとの事でした。
 有ろう事か、1月4日になっても返信が無い場合は、削除等の措置を執る場合が有るとの文言が付いていました。

 当ブログの記事をちょっと読めば、執筆者が昭和生まれかどうかなんて誰にでも判断できると思うのですが、仮にそうでないとして、どのような問題がある、または生じる可能性があるというのでしょう。
 どこの誰かもわからない人間の、そのような言い掛かりの一言で、十年以上地道に運営してきたブログに、いきなり全削除という脅し文句を使ってくる神経が理解できません。ワタクシは勿論、全閲覧者に対する侮辱行為であります。

 こういう事が通じるので有れば、嫌がらせをしたいブログの運営会社に片端からなんでも言い掛かりを付ければ、どんなに悪くとも、今のワタクシのように多大な手間と時間を浪費させられる目に遭わせられますし、上手くすれば閉鎖に追い込めるという事になります。
 故にワタクシは、これを単にワタクシ個人、当ブログ固有の問題とは捉えておりません。ですので、この様な形で事情を公表する事にしたものです。

 ワタクシが思いますに、言い掛かりを付けた人間は、おそらく悪戯に近い気持ちでやった事でしょう。事由が通常ならまったく問題にならない事ですし、また、少しブログの内容を読めば容易に判断できる事ですから。
 問題は、FC2の方が言い掛かりをまったく検討せずに、右から左へこちらに問い合わせてきた事、その際に、いきなりブログ閉鎖の脅し文句を使ってきた事です。
 しかも、12月28日に送ってきて、1月4日までに返信が無ければ閉鎖というのです。この年末年始の忙しい時に、迷惑千万の話です。

 ワタクシは、かような訳でFC2に対して怒りが湧きましたが、最初は抑え気味のメールで、28日の22時頃に返信しました。そして、もし閉鎖の場合はこれまで参加してくれた方に周知する責務が有るので、このやり取りを公表せざるを得なくなる旨と、悪戯投稿者やFC2の事も慮って穏便にしたいという事を伝えました。
 年を越してもなんの音沙汰も有りませんでしたので、1月1日の22時頃、今度は「【重要】速やかに返信願います」として、当方からのメールが届いているのか、精査中なのか、閉鎖の可能性は無くなったのかを問い合わせました。
 そこで1月2日中に返信が無ければ、3日に閲覧者への説明を行うと明記しましたが、いまだに何の連絡も有りません。

 こちらは十年以上活動してきて、非常に多くの方々の参加とご協力を仰いで作り上げてきたサイトです。
 ワタクシはその運営者として、出来る限りの保全の責務がございます。
 そして、仮に閉鎖・移転という事情が生じた場合は、なるべく長い期間の周知を行う責任が有ると思っています。
 なるべく穏便に済ませたいために、事情説明が今日3日となってしまい、仮に明日、FC2に閉鎖させられたら、一日と周知期間を置けずの措置となってしまい、ワタクシはこれまで参加して下さった方々に申し訳が立ちません。
 今日、またこのページのURLを載せてメールしてみますが、仮にも「削除」という文言で脅しておいての、このしらばっくれは、非常に不誠実なものと断じざるを得ません。


 次に、何故そのような悪戯が有ったかについてご説明しましょう。
 事の起こりは、『スパイダーマン』のページでした。
 ここにコメントしてきた「yuya」なる人物も、当初は情報を書き込んでいたものの、ネタ枯れしてきても当ブログへの投稿が続き、こちらも面喰らっておりました。特に書き込む事が無ければ投稿しないで良いと思うのですが、ワタクシが必ず返信するので、投稿そのものが癖のようになってしまう人も、特に子供番組で多かったものです。彼も、そのようになってしまいました。
 それだけなら対処のしようでしたが、段々とどうでも良いような事や明らかなガセを流すようになり、あまつさえ、こちらにビデオをアップしろというような要求までするに至り、それはメールにも及んでいました。

 彼はそのうちに勝手に19歳と自称しだしましたが、2016年10月14日に、「晴山」という名義で「yuya」宛てに返信し、情報を書き出したのです。
 当ブログは記憶違いでもそのまま書いて貰い、検証は他の人間でやるという目的で設置していますが、その姿勢を堅持するためにも、意図的な嘘は排除しているのです。
 ワタクシ自身、冗談は別として、ネット上で意図的な嘘を書いた事は一度も有りません。意図せぬ間違いはキリが有りませんが。
 昭和30年代生まれで高卒底辺労働者という事も真実です。

 事ここに至り、ワタクシは彼に禁止措置を執りました。頭を冷やして貰う事が目的で、すぐにメールで謝罪してくるか、或いは何年か経てば音も無く措置は解除する予定でした。現実に、過去にも禁止措置を執っていながら、今も元気すぎるくらいにピンポンパンスレなどで書き込んでいる方などもいるのです。
 しかるに彼は逆恨みし、フォームメールで次のような文言を送ってきました。


【お名前 (Webネーム可)】
 y
【メールアドレス】
 
【送信内容】
 初代スパイダーマンは日本1974年7月の東京12チャンネルだ。
これで信用できないならブログをやめろ


【お名前 (Webネーム可)】
 y
【メールアドレス】
 
【送信内容】
 よく考えたらお前業者だろ


【お名前 (Webネーム可)】
 y
【メールアドレス】
 
【送信内容】
 まず、あなたが
なりすましをやめるべきです。
あなたのコメントを読む限り、おじさんではない。どう見ても高校生。

あなたはどこ出身?北海道?
もし高校生じゃないなら
お前は軍事関係の井上だろ?

Mixiでの返答をお待ちしています
http://mixi.jp/show_profile.pl?id= (省略)

 



 内容を読んで、本気での言い掛かりではないと思いましたので相手にしませんでしたら、12月26日に、ホストを替えてまでコメントしてきました。
 仕方が無いので、ワタクシは暫くの間『スパイダーマン』スレを欠番扱いとする事とし、非公開としました。
 それを受けて、すぐに彼が執った行動が、FC2運営への言い掛かりだったわけです。

 ワタクシはFC2への最初のメールで、フォームメール部分以外の上記を説明し、このような事を公表するのは件の彼のためにもFC2のためにもならないとして、出来る限り穏便に済ませたい旨を綴りました。
 しかし、なしのつぶてのまま、明日には閉鎖されるかもしれないという段階となり、やむを得ずの今回の事情説明となっています。


 冒頭でも書きましたように、仮にこの場所が閉鎖となりましても、どれだけの時間がかかるかは不明ながら、場所を変えて必ず再開致します。
 yuya氏は非常識ではあるものの、物凄い悪意の感じられる絡み方ではないわけで、今回の不手際は、ひとえにFC2がブログ運営というものを真摯に捉えていないために必要以上に拗れてしまったとワタクシは考えています。
 この問題がどの様に収束しましても、引き続き当ブログへのご理解とご参加を願えれば幸甚でございます。
 最後に管理者としまして、このような無様なご報告をせざるを得なくなり、年始早々皆様のお目汚しをしてしまった事を深くお詫び致します。

2016年1月3日 午前9時40分
私的昭和テレビ大全集 管理者 ごいんきょ
sammadaisensei@yahoo.co.jp

ブログ主からの連絡板


会員制ファイル版復旧


一部のBBSで再生できなかったようですが、可能になっているはずです。ご確認下さい。




 スマートフォンと共通で表示できるように、連絡板をスレッド形式にし、常に最上位に表示されるようにしました。
 ついでに、あまりに鬱陶しかった広告も消しました。今後は安心してご覧戴けるかと思います。




レコード版PDFの案内メールを送りました。


当方にメールで注文されていた方には、メールでご案内を送りました。

しかし、初期にヤフオクから購入されていた方の情報は、
こちらで別に保管しておかなかったので、今となってはわからないのです。
恐れ入りますが、購入された方で入手法がわからない方は、
ご面倒でも連絡をお願い致します。

sammadaisensei@yahoo.co.jp





レコード版 巻之壱 PDF版が出来ました。本誌を購入された方への無料配布です。
詳しくはこちら





新サイト 昭和テレビ探偵団 発足


初めて一般人の方が参加して下さいました!

ワタクシの方は、とても楽しいひとときを過ごせました。

昭和世相に興味がお有りの方は、楽しめる話が満載です。

本ブログ初の一般人様(1)

本ブログ初の一般人様(2)

本ブログ初の一般人様(3)



ワタクシが実地で取材に赴く新企画を始動します。地方の方は電話でも!

ごくごく普通の人生と、テレビとの関わりを描ければという視点です。

基本的には60歳以上の方で、お話を伺える方を募集しております。

(昭和テレビに詳しい方や業界周辺にいらした方なら年齢不問)

昭和テレビ探偵団

昭和テレビ探偵団 取材対象者募集

昭和時代のテレビとなんらかの関わりが有った方、
テレビっ子第一世代の方、お待ちしてます。





昭和テレビ欄大全集 巻之壱 昭和28年 お買い上げ下さった方へ



11月9日付け番組表が違う日のものであるとのご指摘を受けました。

早速、改訂に着手致しますと共に、既にお買い上げ下さった方に、

お見苦しい形となってしまいました事をお詫び致します。



第一版をお買い上げの方は、下記のメールアドレス宛にお買い上げのPDFファイルを

お買い上げ時のメールアドレスでお送り下されば、第二版を返送させて戴きます。

お手数をお掛けしまして重ね重ね申し訳ございません。

sammadaisensei@yahoo.co.jp




昭和テレビ欄大全集 昭和28、29年 販売中


昭和のテレビ欄を完全収録していく研究者必携の企画がいよいよ具現化。

http://goinkyo.blog2.fc2.com/blog-entry-1267.html




フジテレビ50年史ほかテレビ資料買い取ります。





当ブログ常連モデラートさんによる自作昭和テレビMIDIブログ。


http://pfmoderato.blog.fc2.com/

(権利クリアのため有料一曲50円)




当方所有資料の引き受け手を募集中
(個人不可)
http://goinkyo.blog2.fc2.com/blog-entry-884.html


2030/12/31(火) 23:59:00| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑

スレ建て依頼スレ

当ブログも10年1000記事を超え、ワタクシが精力的に書ける番組も、
そうは多くなくなってきました… と思います。

そこで、このスレ建て依頼スレを最上部に常駐させる事としました。
どうぞ、ご自由にご利用下さい。
利用方法としては、概ね以下のような感じでお願いします。

  • 先ずリクエストの前に、上部中央検索窓を用いて、過去に該当スレが無いか調べて下さい。
  • それでも無かった場合、自由形式でここのコメント欄にてスレ建て依頼をお願いします。
  • 番組名が判らなくとも、こんなような番組だったという形で構いません。
  • 誰も知らないような番組でもローカル番組でも構いません。むしろそういう番組こそが当サイトの真骨頂です。
  • その番組について詳しく書ければ、思い出などを含めて書いて下さると助かります。
    ワタクシがその番組について語れない場合、スレ建てがなかなか困難になります。
    そういう場合でも、要望者ご自身で充実したコメントを添えて下さっていれば、その文章をそのまま
    転載させて戴く形でのスレ建てが可能になるため、ほぼ確実にスレ建てが実行されます。
    つまり、誰でもスレ主になる可能性が出来たという事です。特にワタクシは昭和50年代以降の
    子供番組、中でもロボット物や、昭和末期のテレビ番組全般に疎いですので、お願いします。
  • 本スレに制約は有りません。何時でも誰でも幾らでも書いて下さい。
    ワタクシが語れない場合はスレ建て実現度が下がりますので、
    可能な限りスレ主となる覚悟でお願いします。つまり質量ともに書き込まれているほど助かります。
  • それら細かい運営は、当コメント欄でワタクシと会話しながら進めて戴いても構いません。

おねえさんといっしょ (1963)

今回は、さと はる さんにメールで戴いたお話を元にスレ建てさせて戴きます。

なお、さと はるさんには近々、昭和テレビ探偵団の方でお話を伺う予定になっています。
昭和の話が好きな方は、そちらの方も、どうぞお楽しみに。



料理の窓 (1959)

 新年最初の記事は、マスダっち1971さんのリクエストによるスレ建てで、フジテレビ最初の料理番組である、これを扱います。


続々今年の抱負

おめでたい方は明けましておめでとう御座います。
昨年に書きました抱負の幾つかは実現できました。
今年は、残る抱負の実現に全力で当たりたいと思います。


● 電子書籍・昭和テレビ欄大全集の発行
昨年は昭和29年度を出しました。
なかなか捗りませんが、今年は最低でも30年度は出せると思います。


● 個人誌・レコード版ライトの出版 
昨年は巻之伍「魅惑の番組ジャケ」を出しました。
今年も最低一冊は出したいと思います。


● レコード版 巻之壱 PDF版配布(書籍購入者のみ)
なんとか昨年に実現できました。
本誌を購入された方で、閲覧できていない方はご連絡下さい。
sammadaisensei@yahoo.co.jp


● 電子書籍・昭和エロテレビ史(江口以蔵 氏)
なかなか手が掛かる内容だけに三年目に入ってしまいましたが、
今年はこれを最優先で進めたいと思います。


● ネットラジオのようなもの
『昭和テレビ探偵団』をやる前に話を磨こうと思っていましたが、
予想に反して『探偵団』の方が進んでしまいましたので、
取り敢えず、こちらの試みは中座という形となります。


● 昭和テレビ探偵団
実地でテレビの話を聞きに行くという企画でしたが、
年頭には予想していなかった形で話が進み、
結果的に昨年に活動を開始する形となりました。
昭和テレビ探偵団
昨年度に登場して戴いた方々は、関係者が
日高欽治さん、萩勇さん、阿部正吉さん(以上、広告関係者)、小林正夫さん(元大映制作者)、
橋本一郎さん(元朝日ソノラマ)、そして一般人の方がお一人参加して下さいました。

この方々のお陰様で、取り敢えずは企画倒れに終わらずに済みました。
以上の方々には、この場をお借りしまして、重ね重ねのお礼を申し上げます。
一銭にもならず、誰がやっているとも知れぬ最果てのブログ主と、
わざわざ直接お話し戴けました事は、上記の方々のご人徳と、
文化へのご理解の賜物以外の何物でもございません。

本年も引き続き、昭和テレビを肴にワタクシとワイワイ語って下さる方を募集しております。
取材対象者募集



以上、昨年の抱負は自己採点で70点てところでしょうか。
勿論、その多くはワタクシの力によるものではないのですが。
本年は、とにかく昭和エロテレビ史に全力を注ぎたいと思います。

あとは、探偵団の方で一人くらいは今年も語ってくれる人が出て来たらいいなと。
こちらは、なかなか難しいとは思いますが。

祭りだ!ワッショイ! (1970)

今回は、あぶもんもんさんのリクスレコメントを利用させて戴いて、この番組を扱います。
例によって改行のみ手直しさせて戴いてます。






【電子書籍】レコード版 巻之壱 PDF版を配布します (本誌購入者限定)

 字が小さくて見づらいと大評判で真に申し訳なかったレコード版巻之壱ですが、完成時にもそれとなく予告していたように、数年がかりでようやくPDF版の公開となります。
 これにて、表示の拡大が出来るようになりますので、字の小ささという事だけに関しましては解消可能となります。

 勿論、電子版故の繁雑さは多々ござますので、それで全てが帳消しになる訳ではありません。完成度の低い物を作ってしまった忸怩たる思いは、消し難いものが有ります。
 今後も出来るだけの補填はして参りますのでご容赦下さい。

 とにかく、眼に着く限りの誤謬は訂正したにとどまらず、根拠薄弱な表現や誇張なども、極力修整しました。
 加えて、以下の点を変更してございます。

  • 新入手のジャケを3枚入れ替えました。(大2、小1)
  • 『近鉄金曜劇場』のページを作成しました。
  • 上記改変に伴い、帯番組のページ、及び入れ替えジャケ3枚が削られました。
  • 人名の読み情報を補強する意味で人名索引を追加しました。(情報価値は有りません)
  • 目次ページのみジャンプ機能が有ります。

 その他、その後に判明した情報で書き換えているページも多少は有りますが、大きくは変わっていません。


入手方法
  1. 本誌を購入された方のみが閲覧可能です。
    本誌はこちらから購入できます。ライト版はトップからお選び下さい。
    本誌とライト版は内容が全く異なります(被っている音盤は数枚です)。
    ライト版のみの購入者はID付与の対象とはなりません。
  2. 本誌を購入された方に発行しているIDをご用意下さい。
  3. http://goinkyo.natsu.gs/record1/●●●.pdf を開いて下さい。●●●はIDです。
    例えばIDがAAAであれば、http://goinkyo.natsu.gs/record1/AAA.pdf です。
  4. ID入力画面になりますので、上下欄とも同様にIDを入力します。
  5. PDFファイルもIDで保護されていますので、そこにも同じIDを入力します。

 以上でPDF版が表示されるはずですが、稀にPDFファイルが閲覧できない環境の方とかがいらっしゃったりすると思います。
 また、IDを付与された覚えが無い方、忘れてしまった方など、閲覧資格が有るのに見られない方は、購入時のお名前と、ご記憶であればIDをご記入の上、下記メールアドレスにお問い合わせ下さい。
sammadaisensei@yahoo.co.jp


がんばれ!ベアーズ (1979)

今回は heyさんの依頼によるスレ建てで、ご自身による紹介文を利用させて戴きました。
(改行の手直しのみさせて戴いております)




ステーキ ホリタン

熱血王ガッツィンガーさんのリクエストは「ぎふ初寿司」でしたが、
関東人のワタクシにはわかりませんので、ローカル飲食店スレとして建てました。
初寿司のCMにつきましては、地元の方にお任せします。

その他、土地土地の飲食店CMで記憶に残るものが有りましたらコメント下さい。

それにしても、ガッツさんを正式に呼んだのは一体何年ぶりなのだろう(笑)。


アッチッチィ・クイズ (1967)

今回は、コメント欄に戴いた ZAPOさんの投稿からスレ建てさせて戴きます。
これまで、どのような書籍・資料はおろか、ネット上ですらも、
その見聞録をほとんど見る事の無い、文字通りの幻の番組です。
ご記憶ございます方は、是非、どのような些細な事でもコメントを頂きたく思います。
(改行だけ手直しさせて戴きました)


ダンディ2 華麗な冒険 (1974)

今回はあぶもんもんさんの依頼による、コメント転載でのスレ建です。
改行は手直しさせて戴いてます。



火曜日のあいつ (1976)

今回はカースケさんの依頼により、そのコメントを転載する形でのスレ建てとなります。
(改行は手直しさせて戴きました)


ソープ (1978)

heyさんの依頼により、コメントを転載させて戴く形でスレ建てさせて戴きます。
(改行・半角文字は手直しさせて戴きました)


コメディ・フランキーズ (1963)

権兵衛さんの依頼により、そのコメントを転載させて戴く形でスレ建てさせて戴きます。
こういう、あまり振り返られないような昭和30年代ものは、特に当ブログならではで有り難いです。
仰るように、正にここの大きな役割の一つであります。
(改行の手直しはさせて戴きました)






バックナンバー333 (1965)

当ブログ管理者以外の人のコメントを利用させて戴いてのスレ建て第一弾としまして、
漫中老さんのコメントを利用させて戴き、この番組をスレ建てしたいと思います。
この方は特に昭和30年代の番組等で、なかなか得られない貴重なコメントを多数して下さり、
当時からコメント欄に埋もれさせるのは勿体ないと度々口にしていたのですが。
もっと早くこの形式を思いついていればと悔やまれます。

なお、ここ数年はお姿を見かけなくなっておりますので無許可転載となってしまいます。
おそらくご異存は無いかと思われるのですが、このような仕様の仕方に問題が有ります場合は、
此処のコメント欄でもメールでもご一報下されば取りやめます。
なにしろ漫中老さんのコメントは、利用させて戴きたいのが幾つも有りますので(笑)。
(改行は手直しさせて戴いてます)




フマキラー カダン

てな訳で、ガッツさん依頼による殺虫剤CMスレでございます。


もーれつア太郎 (1969)

スレ建て依頼スレにお気付きの方はいらっしゃいますかね。
当ブログも、ワタクシ以外の人間がスレ主でもいいのになとは、前から思っていたんですがね。
なにしろワタクシにしても、全期間全局全時間テレビを見ていたわけではありませんから(笑)、
詳しくない番組やまったく知らない番組も多いのです。
誰も知らないような番組の場合、よそではなかなか話せないがここなら…
というような、数少ない場所だと自負しているんですよね、ワタクシ。
しかし、誰も知らないような番組は、ワタクシだって知らないわけです、通常(笑)。
でも、そういう番組が誰にも語られないままで終わるのは避けたいと、前から考えていたのです。
という事で、開放というほどには自由度は無いと思いますが、
ワタクシ以外の人間によるスレ建ても受け付けてみました。
どうしてもっと早く思いつかなかったのかなと、些か無念です。


豆腐屋の四季 (1969)

レコード版ライト巻之伍発売を記念しまして、
巻之伍で音盤をご紹介したドラマを数本扱ってみたいと思います。
今回は、朝日放送制作職業ドラマの、この番組です。


素顔の青春 (1967)

レコード版ライト巻之伍発売を記念しまして、
巻之伍で音盤をご紹介したドラマを数本扱ってみたいと思います。
今回は、夕方6時台に子供番組が普通に有った時代に、
やや対象を上にした青春ドラマ枠が有ったという、この番組です。



レンタルCGI
ブログパーツ