私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ビデオテープ引き取り者募集(5/4追加)

 引っ越してからこの方、なかなか腰の上がらなかったビデオ整理に、漸く本格的に取り組み始めています。
 自分でも存在を忘れていたものが見つかったりして、なかなか楽しいのですが、中に、簡単に処分するのは惜しい物も幾つか有り、ご希望の方にお譲りするのが宜しかろうと、ここで引き取り手を随時募集する事にしました。

 最低最大の条件としましては、入手したテープは、必ずご自身で死蔵、もしくは物理的に処理して下さい。具体的には、例えば濃い砂糖水やゼロカロリーでないジュース・コーラに浸すなどの方法が簡単です。
 その後でしたら、廃品処理して下さって結構です。廃品業者は転売する人が結構多いので、必ず物理的処理を施してから廃棄して下さい。転売市場に出回った場合、譲渡者の責任と見做します。

 ご自身、もしくは上記のように他者を介在しての何れを問わず、転売市場に出回った場合は、信頼できない方として措置を執らせて戴きます。また、必要に応じて転売サイトなどに連絡し、情報提示させて戴きます。
 非常に狭い世界です。ワタクシはそちら方面に複数の情報交換者もいます。必ずいつかは露見します。くれぐれも、この点は厳守して下さるようにお願いします。
 なお、編集した一部を動画サイトなどで発表される事には、当方としては制限は加えません。ご自身の判断で活動して下さい。

 譲渡対象者は、なんらかの研究発表されている方(Web上でも実生活でも可)、もしくは当ブログでこれまで複数回コメントを下さっている方に限ります。中でも研究者の方を優先させて戴きます。
 どちらも確認を取らせて戴きますのでご理解下さい。
 また、過去に当方に問い合わせメールを下さった方々もお待ちしています。

 譲渡方法は、宅急便着払いのみです。
2030/12/31(火) 23:59:30| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑

【重要】本サイト閉鎖の可能性の報告

 新年早々、このような馬鹿げた事に多大な手間と時間を掛けさせられる事に憤慨しながら、十年以上ブログを運営してきて、非常に数多くの方々のご参加を仰いだ身としまして、非常にくだらない事ながらもご報告をせねばなりません。
 記事題に有りますように、当ブログに閉鎖の可能性があります。
 もし保存したい記事がございます方は、一応、保存しておく事をお勧めします。
 万一、この場所で閉鎖になりましても、場所を変えて必ず再開致しますが、少々時間が掛かってしまう可能性も有ります。

ブログ主からの連絡板


レコード版 巻之壱 PDF版が出来ました。本誌を購入された方への無料配布です。
詳しくはこちら





新サイト 昭和テレビ探偵団 発足


ワタクシが実地で取材に赴く新企画を始動します。地方の方は電話でも!

ごくごく普通の人生と、テレビとの関わりを描ければという視点です。

基本的には60歳以上の方で、お話を伺える方を募集しております。

(昭和テレビに詳しい方や業界周辺にいらした方なら年齢不問)

昭和テレビ探偵団

昭和テレビ探偵団 取材対象者募集

昭和時代のテレビとなんらかの関わりが有った方、
テレビっ子第一世代の方、お待ちしてます。






当ブログ常連モデラートさんによる自作昭和テレビMIDIブログ。


http://pfmoderato.blog.fc2.com/

(権利クリアのため有料一曲50円)




当方所有資料の引き受け手を募集中
(個人不可)
http://goinkyo.blog2.fc2.com/blog-entry-884.html


2030/12/31(火) 23:59:00| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑

スレ建て依頼スレ

当ブログも10年1000記事を超え、ワタクシが精力的に書ける番組も、
そうは多くなくなってきました… と思います。

そこで、このスレ建て依頼スレを最上部に常駐させる事としました。
どうぞ、ご自由にご利用下さい。
利用方法としては、概ね以下のような感じでお願いします。

続々今年の抱負

おめでたい方は明けましておめでとう御座います。
昨年に書きました抱負の幾つかは実現できました。
今年は、残る抱負の実現に全力で当たりたいと思います。


● 電子書籍・昭和テレビ欄大全集の発行
昨年は昭和29年度を出しました。
なかなか捗りませんが、今年は最低でも30年度は出せると思います。


● 個人誌・レコード版ライトの出版 
昨年は巻之伍「魅惑の番組ジャケ」を出しました。
今年も最低一冊は出したいと思います。


● レコード版 巻之壱 PDF版配布(書籍購入者のみ)
なんとか昨年に実現できました。
本誌を購入された方で、閲覧できていない方はご連絡下さい。
sammadaisensei@yahoo.co.jp


● 電子書籍・昭和エロテレビ史(江口以蔵 氏)
なかなか手が掛かる内容だけに三年目に入ってしまいましたが、
今年はこれを最優先で進めたいと思います。


● ネットラジオのようなもの
『昭和テレビ探偵団』をやる前に話を磨こうと思っていましたが、
予想に反して『探偵団』の方が進んでしまいましたので、
取り敢えず、こちらの試みは中座という形となります。


● 昭和テレビ探偵団
実地でテレビの話を聞きに行くという企画でしたが、
年頭には予想していなかった形で話が進み、
結果的に昨年に活動を開始する形となりました。
昭和テレビ探偵団
昨年度に登場して戴いた方々は、関係者が
日高欽治さん、萩勇さん、阿部正吉さん(以上、広告関係者)、小林正夫さん(元大映制作者)、
橋本一郎さん(元朝日ソノラマ)、そして一般人の方がお一人参加して下さいました。

この方々のお陰様で、取り敢えずは企画倒れに終わらずに済みました。
以上の方々には、この場をお借りしまして、重ね重ねのお礼を申し上げます。
一銭にもならず、誰がやっているとも知れぬ最果てのブログ主と、
わざわざ直接お話し戴けました事は、上記の方々のご人徳と、
文化へのご理解の賜物以外の何物でもございません。

本年も引き続き、昭和テレビを肴にワタクシとワイワイ語って下さる方を募集しております。
取材対象者募集



以上、昨年の抱負は自己採点で70点てところでしょうか。
勿論、その多くはワタクシの力によるものではないのですが。
本年は、とにかく昭和エロテレビ史に全力を注ぎたいと思います。

あとは、探偵団の方で一人くらいは今年も語ってくれる人が出て来たらいいなと。
こちらは、なかなか難しいとは思いますが。

【電子書籍】レコード版 巻之壱 PDF版を配布します (本誌購入者限定)

 字が小さくて見づらいと大評判で真に申し訳なかったレコード版巻之壱ですが、完成時にもそれとなく予告していたように、数年がかりでようやくPDF版の公開となります。
 これにて、表示の拡大が出来るようになりますので、字の小ささという事だけに関しましては解消可能となります。

 勿論、電子版故の繁雑さは多々ござますので、それで全てが帳消しになる訳ではありません。完成度の低い物を作ってしまった忸怩たる思いは、消し難いものが有ります。
 今後も出来るだけの補填はして参りますのでご容赦下さい。

 とにかく、眼に着く限りの誤謬は訂正したにとどまらず、根拠薄弱な表現や誇張なども、極力修整しました。
 加えて、以下の点を変更してございます。

  • 新入手のジャケを3枚入れ替えました。(大2、小1)
  • 『近鉄金曜劇場』のページを作成しました。
  • 上記改変に伴い、帯番組のページ、及び入れ替えジャケ3枚が削られました。
  • 人名の読み情報を補強する意味で人名索引を追加しました。(情報価値は有りません)
  • 目次ページのみジャンプ機能が有ります。

 その他、その後に判明した情報で書き換えているページも多少は有りますが、大きくは変わっていません。


入手方法
  1. 本誌を購入された方のみが閲覧可能です。
    本誌はこちらから購入できます。ライト版はトップからお選び下さい。
    本誌とライト版は内容が全く異なります(被っている音盤は数枚です)。
    ライト版のみの購入者はID付与の対象とはなりません。
  2. 本誌を購入された方に発行しているIDをご用意下さい。
  3. http://goinkyo.natsu.gs/record1/●●●.pdf を開いて下さい。●●●はIDです。
    例えばIDがAAAであれば、http://goinkyo.natsu.gs/record1/AAA.pdf です。
  4. ID入力画面になりますので、上下欄とも同様にIDを入力します。
  5. PDFファイルもIDで保護されていますので、そこにも同じIDを入力します。

 以上でPDF版が表示されるはずですが、稀にPDFファイルが閲覧できない環境の方とかがいらっしゃったりすると思います。
 また、IDを付与された覚えが無い方、忘れてしまった方など、閲覧資格が有るのに見られない方は、購入時のお名前と、ご記憶であればIDをご記入の上、下記メールアドレスにお問い合わせ下さい。
sammadaisensei@yahoo.co.jp


昭和テレビ欄大全集 巻之弐 発売のお知らせ

昭和のテレビ欄を余さず研究者に供しようという企画の第二弾が、
この度ようやく完成しましたのでお知らせ致します。

          DLmarketで購入
【昭和テレビ欄大全集 巻之弐 黎明 昭和29年】

ハッキリ申しまして手抜きの作りで(それでも一年かかってしまいましたが)、
全作おなじ作りで完徹するので、見た目が非常に紛らわしくなっております。
くれぐれもお間違いの無いよう、年度をよくご確認の上でご購入下さい。



          DLmarketで購入
巻之壱の方も、ご指摘を頂いた部分を直した第二版の販売を開始しました。
(訂正部分は、巻之弐にも記載してございます)

【昭和テレビ欄大全集 巻之壱 創世 昭和28年】


続 今年の抱負

おめでたい方は明けましておめでとう御座います。
昨年頭の抱負がほとんど持ち越しとなっているので、今年は軽く参りましょう。
まず、その抱負を振り返って反省してみたいと思います。



● 電子書籍・昭和テレビ欄大全集の発行
昭和28年度版は公言通りに出版できました。
内容の誤りを指摘されたので現在改訂中ですが。
ただ、予定では29、30、31、32、33年くらいまでは
一気に次々と出せるようにと内容の簡便化を図ったにも係わらず、
29年度版すらも昨年中に出せないというのは、かなりの計算外でした。
ただ切り貼りするだけにしたつもりなのですが、
初期のテレビ欄は書式が不統一で、切り貼りも相当な手間でした。
ですが、29年度版はかなり大詰めまで来ていますので、
間違い無く本年中には、なんとか春までには出せると思います。
そして、いよいよ昭和30年代に入っていきたいと思います。


● レコード版ライト巻之参の出版 特集:外国テレビ
『非売品』特集に予定変更した形ではあるものの、これもなんとか実現し、
年末には巻の肆『テレビ俳優』も出しました。
こちらも今後も続々と続刊して、テレビ音盤の世界を広く浅くご紹介したいと思います。


● レコード版 巻之壱 PDF版配布(書籍購入者のみ)
これなんですが、懸念していたように新発見盤が有ったので、
そちらを入手できてから取りかかろうかと思います。


● 電子書籍・昭和エロテレビ史(江口以蔵 氏)
以下は全て伝聞ですが(笑)、最も力を入れているものです。
当初からかなりの内容に出来る自負は有りましたが、
特に今日まで殆ど伝えられてきていない昭和30年代のエロ番組に関して、
資料が非常に充実してきたという事も有り、今後もこれだけの内容は
誰にも書けないであろうというものとなりそうですので、
内容を最低でも二部以上に分ける事としました。
第一部は昭和30年代、せいぜい昭和45年くらいまでの
テレビに於けるエロ描写に関して著したいと思います。
今ではすっかり忘れ去られてしまっているエロ事項、
更には、当時ですらどれほどの人が見たのかという事柄まで、
数々の予備知識も含めて記述したいと思います。
社史や名の有る人物が著してきた記事では決して書き留められてこなかった、
されど放送文化の小さくない一翼を担っていた分野が、いよいよ眼前に迫っております。
これはテレビ出版文化の月見草と咲くものだと自負しております。


● ネットラジオのようなもの
第一回の準備稿台本だけは書いているのですが、どうも凝り性な質のため、
作り込んだ番組にしたくて仕方無くなってしまいました。
それには技術的な事もさることながら、圧倒的に時間が無さ過ぎて。
けれども喋りたい内容は渦巻いていて、特に私的芸人論は、なんとか語りたいなと。
ま、上岡龍太郎への憧れが原点なんでしょうが。
引き続き今年も我が課題です。


● 昭和テレビ探偵団をやりたい
これ、なんか昨年NHKが一般人の人生を振り返る番組をやったとか?
新聞で読んで、愕然としてしまったのですが。
「ごく普通の人生こそ称えられるべきという観点」
これは現今のテレビ連中には絶対に触れて欲しくない視点でした。
だからこそツバをつける意味で内容だけ先に書いておいたのですが、
またここからパクったんでしょうか。なんの挨拶も有りませんが。
まあ証拠は何も有りませんしね。見てないので内容もわからないのですが(笑)。
とにかく、かように思い入れの有る事ですから、これはライフワークです。
NPOのような形でもやりたいくらいのものです。



とまあ、昨年の抱負は自己採点で40点てところでしょうか。
表には見えませんが、内容的にはどれも進めてはおりますし。
今年は上記のように、繰り越し事項が多いので新たな抱負は有りませんが、
上記を一つでも多く完遂できるようにしたいと思います。
勿論、この場所もこれまで通りで何も変わりは有りません。
引き続き宜しくお願い致します。

当方資料の引き受け手を募集致します (個人不可)

改めまして、おめでたい方は明けましておめでとうございます。
昨年の11月には、本ブログも無事に十周年を迎える事が出来ました。
サイトを開き、そこそこ記事を入れておいても、
まったく評価されず異端のままそっと閉じていく。
そんな徒花をネットにもうどれだけ作ってきたか知れないワタクシですが(笑)、
ここは珍しく、そんな徒花を十年も長らえさせております。

今はどうあれ、若い頃は本当にテレビ視聴に入れ込んでおりましたからね。
それでも、年々歳々腐敗度が弥増すテレビ、特に中の連中を見るにつけ、
意欲もどんどん減退しますし、往時は「テレビの味方」を標榜していた
ワタクシが、今では「テレビは悪魔の箱」と悟っているのですから、
なにをかいわんや、獅子てんや瀬戸わんや。


ま。正月早々マイナスオーラ振りまいていても仕方無いんで(笑)、
とにかくまあ、そんな本分だったテレビ故に続けられたわけですけど、
なんとか十年で千番組は達成したいというのが、昨年の秘かな目標でした。
本当はその前年中にもっと頑張ってないといけなかったんですけどね。
明日にしよう、明日でいいやを繰り返していたら、
もう明日の売り切れがそこまで来てしまってました(苦笑)。
追い詰められないと腰を上げない性向はどうしようもないんですねえ。
でも、自分でも不可能と思っていた進行度で記事を埋められたのは奇跡でした。

昨年は、ようやく懸案だった個人誌を、ライト版と2つ出しました。
ぜんぜん売れませんが(笑)、不況の出版界にささやかながらお金を流し、
アベノミクスに微力ながら貢献できて非常に嬉しいです。無理矢理に。
どうせワタクシが金持ってたってロクな事には使わないしね。
でも、ライト版の方は、働けている限りは大した金額と感じないくらいでできるので、
全然めげずに今年も出す予定です。
人間、どうせいつかは死ぬのだし、育てられたテレビに殺されれば上等よ。

♪ ブログを始めて十年余 今じゃ危ないネトキョクウ
  栄養失調で毛も抜けて 集めた音盤5万枚

サバ言ってますけどね。
んでも、五万はなくとも五千は行ったのではなかろうか。
全てがテレビ関連の音盤ですからね。
これだけ集めて、まだまだ全然、ほんのとば口に立ったって感じですから。
本当、予想をはるかに超えるとんでもない世界でありました。
折角これだけ集めると、やはり保存を考えます。恒久的なね。
特に最近、血圧の上昇が著しく(苦笑)、いつ逝ってもおかしくないなあ
ってな感じの体になってきてまいりましたし。

こんなんが新年の投稿なんだぜ、ここ(笑)。
そんなこんなで、ワタクシが所持するテレビ資料の
一切合切を引き受けてくれる所を募集いたします。
今すぐあげるわけじゃないですよ(笑)。
あとどれだけ、何日、何年、何十年後かはわかりませんが、
ワタクシの死後に引き取って頂ける所、という話です。
資格は、きちんとした保存が可能と判断される団体、施設、公共機関等々。
個人は不可です。
条件は、ワタクシからの譲渡という事は知らさない事だけ。恥ですからね(苦笑)。
従いまして、金銭的には無償で結構です。
引き受け時の実費(送料等)は持って下さい。

ワタクシの保有している資料も、個人としてはなかなか一線を越えてますよ。
レコード数千枚、一般書籍千冊程度?、非売書籍百冊余、放送台本数百冊。
稀少な社史・年鑑、テレビ史に残る番組台本・音盤がゴロゴロございます。
いわゆるグッズ類はあまり無く、ほとんどが資料的な物と言えましょう。
お金さえ有ればね、個人で細々と資料館でも運営したいところですが、
それもままなりませんし、せめてきちんとした引き受け手が見つかるといいなと思います。
一応、期限無制限で募集しておりますが、どうも引き受け手も無いかなと判断したら、
勝手に自分で引き受け手を探してしまう事も有り得ます。
まあ、そうそういないでしょうけどね、こんな物の引き受け手(笑)。
でも、興味お有りの団体さんがございましたら、メール下さいませ。何年でも待ってます。
sammadaisensei@yahoo.co.jp

十周年記念電子出版 【個人誌】 昭和テレビ欄大全集 刊行のお知らせ (追記あり)

先頃、このFC2ブログが十周年を迎えているんですよね。
記念すべき十周年、警察沙汰で長らく謎だった正体の一端が暴かれるなど、
なかなか盛り上がっていたようですが(笑)、FC2開業から
さほど間を開けずにここに開設しました当ブログも、この度十周年の節目であります。
これ全て、生来の飽きっぽい性向を改めようと不断の努力をしてきたワタクシの熱意、
更には飽く事無き向上心、汲めども尽きぬ才能の源泉等々の賜物で御座います。
この場を借りまして、十年続けてきたワタクシに感謝と労いの言葉を述べたいと思います。

ま、本当は自分に感謝とか労いの気持ちなんか、勿論全然無いのですけど(笑)。
ワタクシの嫌いな言葉の一つが、「自分へのご褒美」なんですよね。
だから先の言葉はご褒美でもなんでもなくて、ただの事実の羅列なのですが。
それはそれとしまして(笑)、ワタクシの本文と同等以上にここの力となっているのが、
皆様から非常に沢山戴けておりますコメントの数々であります事も又、
ごく当然の事実でありますし、客観的な立場からも感謝と労いの言葉を贈らせて戴きます。
本当にありがとうございます。
皆様のおかげで思い出せた事、解けた長年の疑問、どれほど有った事でしょう。

さて、十周年を記念してと言いますか、正直言いますと、
千番組も超えると段々と種切れになってくるというのもございますし、
来年からはもう少し別な形での展開も増やしていこうと思っております。
勿論、ここを閉鎖する事は有りませんし、頻度は落ちても更新は続けて参ります。
詳しい事はまた来年初にでも書こうかと思いますが、取り敢えず今回お知らせしますのは、
十周年記念電子出版としまして、『昭和テレビ欄大全集』刊行につきましてです。
昭和のテレビ欄を書籍に収録するという試みは、過去、数社によって何度か行われています。
ワタクシは今回、個人誌ならではの、テレビ欄完全収録に着手しようと思います。

これこそ、電子出版という形で経費もかからず、出版社の力も必要としない、
こういう世になったからこその企画であります。
もしこういう世にならなければ、企画は思いついても、とても形にできなかったでありましょう。
これを入手する人が増える事により、「テレビ考古学」というものが誕生し、
ひいては昭和時代の、とりわけ情報が非常に少ない40年代以前のテレビ番組研究が活発化し、
ネット上の世代間情報格差が少しでも埋まる一助になればと思います。
また、個人誌電子出版の計画は、この他にも複数が胸中にはございます。
いずれもテレビ考古学活性化に寄与できるものをと考えております。

取り敢えず第一弾としまして、『昭和テレビ欄大全集 巻之壱 「創世-昭和28年」』の、
年内刊行(予定)を告知させて戴きます。
発売開始しましたら、上部中央の連絡板にてご案内させて戴きます。


2014/11/29(土) 20:35:22| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑

この度の震災に関しまして

被災されました方々に、心よりお見舞い、お悔やみを申し上げます。

当地も北関東ですので、影響はそこそこございますが、
不幸中の幸いではありますが、ワタクシ自身を含めまして、
身の周りでは深刻な打撃はございません。
少々部屋が荒れてしまい、コレクションの一部が軽度の被害を受けましたが、
これだけの震災にしては感謝すべきほどの軽い損害でした。
ただ、停電が長時間ありますので、パソコンを操作できる時間が激減しそうです。

その上ではありますが、当ブログは昭和テレビブログですので、
今後も基本的にはその手の話題を中心に、これまで通りの姿勢でやってまいります。
人の真価は平素より非常時に試されると思っております。
かような状況に、或いは不謹慎と思われる向きもいらっしゃるかとは存じますが、
ワタクシのライフワークのようなものですので、何卒寛容な視線でご覧下さいませ。

また、特に常連の皆様など、ご無事を確認できる意味もございますので、
お気が向く記事等ございましたら、これまで通りのコメントを戴けましたら幸甚です。
コメント欄も含め、当ブログのすべての文責は当方にございます。

皆様方やご親族のご無事と、今後の日本全体の安寧を祈念し、この文を記させて戴きます。


無料会員制サイトのご案内(08/03/23)

昭和テレビ大全集 ファイル版』 会員募集中

昭和のテレビを各種ファイルで振り返る非公開会員制BBSです。
こちらのブログ以上の昭和テレビ研究サイトとお考え下さい。
従いまして、そこでのコメントだけは、時機を見て公開する予定です。

いま現在見られる内容
『犯される』『おーい!はに丸』『ウイークエンダー(初期)』『浮浪雲(渡哲也)』
『YOU』『笑点(三波伸介)』『シンドバッドの冒険』『ドラ猫大将』『だいこんの花(提供付)』
『新名犬ラッシー』『名人劇場(初期)』『11PMかたせ梨乃』『聖闘士星矢(提供付)』
『ポーラ名作劇場OP』『女かけこみ寺』『さんまいいとも金曜トーク』『火曜サザエさん』
『夕やけロンちゃん(+タキイ種苗CM)』『マイティハーキュリー』『いちにのさんすう』
『うたって★ゴー』『オールスター家族対抗歌合戦』『ザ恋ピューター』『それは秘密です』
『プロポーズ大作戦』『サンキュー先生』『ぴったしカンカン』『3時のあなた』『鞍馬天狗(伊藤つかさ)』
等々。

CMでは、パパはオロナミンセーキとか、紅葉や聚楽などのホテルCM、
モスボックス&モスノー、モリ蓄膿錠、100円ライターチルチルミチル、
東京メガネやイワキメガネ、金鳳堂、メガネクリンビュー(円鏡)などの眼鏡関連CM、
日糧パン(坂口良子)、夕月かまぼこ(若の花)、ママレンジ(酒井和歌子)、
リカちゃん関連CM多数 等々。

今後の予定
白馬童子(最終回)、ドテラマン(音声多重版)、にげろやにげろ大レース、ポパイ、
藤子不二雄ワイド(当時もの)、人に歴史あり、ラジオ欽ドンED、どてらい男戦中編OP音声

また、ワタクシの他にもう一人、その道では有名な協力者もいらっしゃいます。
こちらの在庫は無尽蔵のようで、紹介し切れません(笑)。
ご自身でお手持ちの紹介したい作品を紹介する事もできます。
ただ、その際は、いわゆる拾い物は一切お断りしております。
1ファイルあたり最大容量は30MB以上。全体で各板1Gのボリュームです。
現在のところ一般板の他、子供番組、CMの計3板がございます。
これからも、他では見られないようなものを中心に紹介していく予定ですが、
昨今の各種動画サイトを中心とした様々な動きを考慮して、
残念ながら会員制とし、ある程度信頼がおける方のみに閲覧を許可していくつもりです。

という事なので、資格は、残念ながら当ブログの常連さんに限らせて戴きます。
常連さんの判断は、失礼ながら当方の一存で決定させて戴きます。
まだ当ブログにコメントした事が無い方は、ご面倒でも
数回コメントにて参加して戴いてから申請して戴く形になります。
ご希望の方は、下のリンクからパスワード申請メールを送ってください。
必ず、当ブログで使用しているWebネームも明記してください。
パスワード申請
また、Webメールをご利用になりたい方など上記リンクを使えない方は、
sammadaisensei@yahoo.co.jp
上記宛に、当ブログでのWebネームと、「パスワード希望」と書いて送って下さい。

申請戴いても、当方の判断で却下させて戴く場合も有り得ます。
その点にご了解戴ける方のみ、申請して下さい。
その場合、却下の理由はお知らせいたします。
普通にたびたび参加されている方なら概ね有資格ですので、
常連さんはどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

なお、その時に使われるメールアドレスとWebネーム以外、
一切の情報、金銭等をこちらから要求する事は有りません。
メールアドレスも、当該活動以外の目的で使用される事、
管理者以外の者に知らされる事は有りません。
登録者も15人前後となり、非常に細々と(笑)、気楽にやってますので、
どうぞこの機会にご登録、お問い合わせ下さい。

既に、以前の会員制ページにご登録くださった方々には案内メールを差し上げています。
もし不着でしたら、お手数ですが改めましてご連絡ください。
2008/02/07(木) 23:01:05| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑

規制情報

以下のホストは現在書き込み禁止措置を執っております。
解除希望の方はメールで管理者にご連絡下さい。
必ず希望に応えられるとは限りません。

bbiq.jp
yournet.ne.jp
7c29660f.i-revonet.jp
theplanet.com
keymachine.de
ppppf375.osaka-ip
bflets-ba-west
zb120135.ppp.dion.ne.jp
z131.58-98-222.ppp.wakwak.ne.jp
p7151-ipad203sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
ntoska307179.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
pool.ukrtel.net
j111071.ppp.asahi-net.or.jp
228.208.12.61
.com.cn
comcast.net
150.228.75.202
p67a8e4.tokynt01
d101.hosakafl20
l051027.ppp.dion.ne.jp
west.bflets.alpha-net.ne.jp
6.171.12.61
58.248.210.84
206.135.244.43
82.122.111.219
kht.ru
.cz
58.248.188.170
bfl-os
78.110.175.31
nwtfb
194.8.74.171
hosted.by.pacificrack.com
194.8.74.53
zu204062.ppp.dion.ne.jp
ntoska306065.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
212.122.111.219.dy.bbexcite.jp
41.215.255.22
8.12.42.66
2004/11/29(月) 00:00:06| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑

参考文献

【新 聞】

★ 毎日新聞 縮刷版
毎日新聞社
★ 読売新聞 縮刷版
読売新聞社
★ 朝日新聞 縮刷版
朝日新聞社



【非売品】

★ NHK年鑑(日本放送協会 編)
以上 日本放送出版協会
★ 大衆とともに25年
★ テレビ 夢 50年
以上 日本テレビ放送網
★ 東京放送のあゆみ
★ TBS50年史
以上 東京放送
★ フジテレビ十年史稿
以上 フジテレビジョン
★ タイムテーブルからみたフジテレビ35年史
以上 フジテレビ編成局調査部
★ テレビ朝日社史 ファミリー視聴の25年
★ チャレンジの軌跡
以上 テレビ朝日
★ テレビ朝日ミュージック25年史
以上 テレビ朝日ミュージック
★ 東京12チャンネル15年史
以上 東京12チャンネル
★ テレビ東京20年史
★ テレビ東京30年史
以上 テレビ東京
★ 社史おぼえがき(讀賣テレビ放送)
★ 社史おぼえがきII(読売テレビ放送)
★ 近畿の太陽 -讀賣テレビ10年史-
★ よみうりテレビの20年(読売テレビ放送)
以上 読売テレビ放送
★ 毎日放送の40年
★ 毎日放送50年史
以上 毎日放送
★ 関西テレビ放送10年史
★ 関西テレビ放送30年史
以上 関西テレビ放送
★ ABC十年
★ 朝日放送の50年
以上 朝日放送
★ Voice of voices
以上 朝日放送出版課
★ ATV20年のあゆみ
以上 青森テレビ
★ 中部日本放送 50年のあゆみ
以上 中部日本放送
★ 名古屋テレビ放送30年
以上 名古屋テレビ放送
★ 民間放送三十年史
以上 民間放送連盟
★ 公共広告の35年
以上 社団法人 公共広告機構
★ テレビマンユニオン史
以上 テレビマンユニオン
★ 抱えきれない夢
以上 渡辺音楽文化フォーラム
★ 初期テレビ人形劇
以上 劇団すぎのこ
★ ナショナル劇場40年史(ナショナル劇場40年史製作委員会 編)
以上 主婦の友社
★ 500回放送記念 ナショナルゴールデン劇場
以上 NETテレビ
★ 海外TVシリーズ放送目録
★ 特撮年史表 1966~1975(STATUS)
★ ;児童向け実写ドラマレコードジャケット写真目録
★ 1960年代 漫画ソノシート大百科(レコード探偵団)
以上 同人誌



【雑 誌】

★ 週刊朝日臨時増刊 テレビ読本
★ アサヒグラフ
以上 朝日新聞社
★ アニメージュ
以上 徳間書店
★ 宇宙船
以上 朝日ソノラマ
★ テレビジョンドラマ(含:別冊)
以上 放送映画出版
★ テレビジョンエイジ
以上 四季出版新社
★ グラフNHK
以上 NHK
★ 週刊明星
以上 集英社
★ 週刊平凡
以上 平凡出版
★ テレビドラマ
以上 ソノレコード
★ テレビ研究
以上 みすず書房
★ 団塊パンチ
以上 飛鳥新社
★ Keyboard magazine
以上 リットーミュージック
★ Far スクールウォーズ大特集
以上 coa graphics



【洋 書】

★ THE COMPLETE DIRECTORY TO PRIME TIME TV STARS
以上 Tim Brooks
★ TOTAL TELEVISION
以上 A PENGUIN BOOK
★ TV Sets(MARK BENNETT)
以上 TV Books



【書 籍】

★ 仮面の忍者 赤影
以上 放送映画出版
★ NHK年鑑
★ テレビ料理人列伝(河村明子)
以上 日本放送出版協会
★ テレビ50年
★ 放送80年
以上 NHKサービスセンター
★ テレビがやって来た!(早坂暁)
★ テレビ番組事始(志賀信夫)
以上 NHK出版
★ 青春ドラマ夢伝説(岡田晋吉)
★ シャボン玉ホリデー(五歩一勇)
★ 甦れ!探偵物語 松田優作にもう一度会いたい
★ ディレクターにズームイン!!(齋藤太朗)
以上 日本テレビ
★ テレビ50年 IN TVガイド
★ テレビドラマ全史
★ 昭和七色テレビ
以上 東京ニュース通信社
★ TVアニメ25年史(アニメージュ編集部 編)
★ ロマンアルバム
★ テレビ疾風怒濤(辻真先)
以上 徳間書店
★ 上方放送お笑い史(読売新聞大阪本社文化部)
以上 読売新聞社
★ テレビ読本
★ テレビ放送25年
★ 私の裏切り裏切られ史(花登筐)
以上 朝日新聞社
★ 外国テレビ映画読本
★ ファンタスティックTVコレクション
以上 朝日ソノラマ
★ アメリカンTVドラマ50年
以上 共同通信社
★ 実録テレビ時代劇史(能村庸一)
以上 東京新聞出版局
★ おはよう木島則夫です(木島則夫)
★ CM25年史(加藤秀俊 監修、全日本CM協議会 編)
★ TVグラフィティ 1953年~1970年
★ 全記録テレビ視聴率50年戦争(引田惣彌)
★ テレビマガジン特別編集シリーズ
★ 生きているヒーローたち 東映TVの30年
★ タツノコプロ インサイダーズ
以上 講談社
★ 昭和思い出の記(安倍道典)
以上 講談社出版
★ TV博物誌(荒俣宏)
★ THIS IS ANIMATION
以上 小学館
★ 東京12チャンネル運動部の情熱(布施鋼治)
以上 集英社
★ 手塚治虫アニメ選集
★ ファンタジーアニメアルバム
以上 少年画報社
★ 元祖テレビ屋大奮戦!(井原高忠)
★ ;テレビの黄金時代(小林信彦)
★ テレビの黄金時代 復刻版(小林信彦)
以上 文藝春秋
★ テレビCMの青春時代(今井和也)
以上 中央公論社
★ テレビ番外地(石光勝)
★ 日本テレビとCIA(有馬哲夫)
以上 新潮社
★ 80年代アニメ大全
★ 8時だョ!全員集合 伝説(居作昌果)
★ ゲバゲバ みごろ!たべごろ! 全員集合(田村 隆)
★ 円谷一(白石雅彦)
以上 双葉社
★ ぼくたちのアニメ史(辻真先)
以上 岩波書店
★ 1980年代 全ドラマ・クロニクル
以上 学研
★ NHK連続人形劇のすべて(池田憲章・伊藤秀明)
★ 懐かしのNHKこども番組コレクション(泉麻人ほか)
以上 ASCII
★ ぼくらのヒーローが帰ってきた(上之二郎)
★ 広告キャラクター大博物館(ポッププロジェクト編)
以上 日本文芸社
★ 君は、ハリマオを覚えているか(ヒーロー倶楽部 編)
以上 PHP研究所
★ テレビ大観
★ テレビ大鑑
★ テレビの黄金伝説
★ 宮崎駿、高畑勲とスタジオジブリのアニメーションたち
以上 キネマ旬報社
★ テレビドラマ伝説の時代(升本喜年)
以上 扶桑社
★ 東京ムービーアニメ大全史
★ タツノコプロアニメ大全史
以上 辰巳出版
★ 外国テレビフィルム盛衰史(乾直明)
以上 晶文社
★ 外国TV映画大全集(阿部邦雄)
以上 芳賀書店
★ 放送史事典(南利明)
以上 学友会センター
★ ポップスNo.1 テレビ映画篇(小森和子)
以上 東芝音楽工業
★ 新版 広告キャラクター大博物館
以上 日本文芸社
★ 蔵出し 絶品TV時代劇
以上 フィルムアート社
★ 刑事コロンボ レインコートの中のすべて
★ 円谷 THE COMPLETE
以上 角川書店
★ 昭和のTVバラエティ(高田文夫)
★ 完璧版 テレビバラエティ大笑辞典(高田文夫)
★ コンプリート ジェリー・アンダーソン(アダム・ピラーニ)
以上 白夜書房
★ 昭和千本のドラマたち(高瀬昌弘)
以上 廣済堂
★ 昭和テレビ放送史(志賀信夫)
以上 早川書房
★ スペクトルマン VS ライオン丸(鷺巣富雄)
以上 太田出版
★ ACC CM年鑑(全日本CM協議会編集)
以上 誠文堂新光社
★ ザ・ベストテン
以上 角川インタラクティブ・メディア
★ TVアニメ青春記(辻真先)
以上 実業之日本社
★ 昭和30年代のTVガイド(週刊TVガイド編集部編)
以上 ごま書房
★ 黄門様はテレビ好き(逸見稔)
以上 近代映画社
★ テレビ映画音楽
以上 筑摩書房
★ アメリカTV映画ハンドブック(阿部邦雄)
以上 洋販出版
★ アメリカTVドラマ劇場(内野真一郎)
★ 世界名作劇場大全(松本正司)
以上 同文書院
★ テレビの青春(今野 勉)
以上 NTT出版
★ 魔女っ子アニメ大全集
以上 バンダイ
★ ザ・テレビ欄(テレビ欄研究会)
以上 TOブックス
★ テレビ・アニメ最前線(石黒昇・小原乃梨子)
以上 大和書房
★ 作曲家・渡辺岳夫の肖像(加藤義彦/鈴木啓之/濱田高志)
以上 ブルース・インターアクションズ
★ アニメ・特撮 ヒーロー誕生のとき(藤川桂介)
以上 ネスコ(日本映像出版)
★ モーニングジャンボ 奥さま8時半です 10年間のうらおもて(鈴木治彦 編)
以上 櫂書房
★ 時代劇 解体新書!
以上 メディアファクトリー
★ マエタケのテレビ半生記(前田武彦)
以上 いそっぷ社
★ ケンケンと愉快な仲間たち(高桑慎一郎)
以上 イーハトーヴ出版
★ 東映ヒーロー名人列伝(平山亨)
以上 風塵社
★ モーレツ!アナーキーテレビ伝説
★ 必殺シリーズを作った男(山内久司・山田誠二)
★ モンティ・パイソン大全(須田泰成)
以上 洋泉社
★ 東京12チャンネルの挑戦(金子昭雄)
以上 三一書房
★ くたばれTV・がんばれTV(菅沼定憲 片岡直彦)
以上 駒草出版
★ カータンのなみだ(山口真一)
以上 新風舎
★ ’60年代蘇る昭和特撮ヒーロー(石橋春海)
★ 伝説の昭和特撮ヒーロー(石橋春海)
以上 コスミック出版
★ 20周年記念 くいしん坊!万才 歴代くいしん坊9人が見つけたとっておきの味
以上 キッコーマン株式会社
★ 妻の道(高森篤子)
以上 JICC出版局
★ 兄貴(真樹日佐夫)
以上 筑摩書房
★ TV&ラジオ主題歌200(長田暁二 編)
★ みんなのうた名曲選
以上 ドレミ楽譜出版社
★ テレビマンガ大行進
以上 国際楽譜出版社
★ 現代用語の基礎知識
以上 自由国民社



【ソフト】

★ 東映TVアニメ主題歌大全集
★ 東映TV特撮主題歌大全集 現代劇編
★ 東映TVドラマ主題歌大全集
★ 東映アニメ モノクロ傑作選
★ エイケンTVアニメ主題歌大全集
★ ピープロ テーマ&変身コレクション
以上 東映ビデオ
★ 東京ムービーアニメ主題歌大全集
★ 虫プロTVアニメ主題歌大全集
以上 ビームエンタテイメント
★ 虫プロ手塚治虫アニメ主題歌集
★ 昭和キッズTVシングルス
★ 鉄腕アトム DVD-BOX
★ W3 DVD-BOX
★ ジャングル大帝 DVD-BOX
★ 悟空の大冒険 DVD-BOX
★ どろろ DVD-BOX
★ さすらいの太陽 DVD-BOX
以上 コロムビアミュージックエンタテイメント
★ 懐かし~いTVアニメ テーマコレクション
★ タツノコ傑作アニメ テーマコレクション
以上 ハミングバード
★ 懐かしのこども番組グラフィティー
★ 人形劇クロニクルシリーズ
以上 NHKソフトウェア
★ サンダーバードヒストリー
以上 バンダイ・メディア事業部
★ CRAZY CATS MEMORIAL
以上 東芝EMI
★ 3ばか大将 外国TV映画日本語版主題歌<オリジナル・サントラ>コレクション
以上 ウルトラ・ヴァイヴ



【Web】

★ ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/
★ テレビドラマデータベース
http://www.tvdrama-db.com/
★ 【海外ドラマ番組ガイド☆テレプレイ】
http://teleplay.seesaa.net/
★ クリスタベル安藤オンライン
http://www.h2.dion.ne.jp/~ando777/
★ あきぼうライブラリー 昭和テレビ館
http://www.aquibow.com/1960tv/1960tv-j.html

作者紹介


ハンドル:ごいんきょ
年代:昭和30年代生
性別:男
属性:おばか


勝手師匠
上岡龍太郎師匠
野坂昭如先生
大橋巨泉様
高田文夫さん
明石家さんま


特に好きな昭和テレビ番組

ドラマ
ベスト:細腕繁盛記
現代劇:ちょっとマイウェイ
時代劇:新選組血風録
外国作:奥さまは魔女
子供向:悪魔くん

バラエティ
クイズ:アメリカ横断ウルトラクイズ(福留時代)
トーク:テレビ探偵団
コント:欽ちゃんのどこまでやるの!
ショー:笑っていいとも!(明石家さんま降板前)

音楽番組
ザ・ベストテン(久米宏時代)

アニメ
ルパン三世(第1シリーズ)、ムーミン(東京ムービー編)

カルチャー
教育:ママと遊ぼう!ピンポンパン
教養:人に歴史あり
趣味:パソコンサンデー

スポーツ
ワールドプロレスリング

報道
朝まで生テレビ!

CM
サントリーオールド(野坂昭如)

当ブログにコメント下さった方のサイト・ブログ一覧

管理者の独断により、常連と判断される方のもののみここでは紹介しております。
URLにカーソルを合わせると紹介文が表示されます


● モデラートさん
モデラートのMIDI屋さん(自作MIDIブログ)
http://pfmoderato.blog.fc2.com/

● SATOさん
東京鉄道見たまま日記(ブログ)
http://rail-sato.way-nifty.com/mitamama/

● 路傍の石さん
帝都熱烈音盤解放戦線(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/mickbanzai/

● ハナユビさん
1965’s 盛り上がりの夜空に☆(ブログ)
http://hanayubi.seesaa.net/
おじさんの米屋から見た街角(ブログ)
http://blog.drecom.jp/hanayubi/

● ファイアー負男EXさん
そんなこんなで3分経過。@ココログ(ブログ)
http://firemakeo.cocolog-nifty.com/blog/

● はに丸さん
Hanimaru H.P.!
http://utauouji.gozaru.jp/

● marrrsanさん
どっこい抄:Scrapblog(ブログ)
http://marrrsan.exblog.jp/

● get_better4u(自由人大佐)さん
失われた時を求めて(サイト)
http://hw001.gate01.com/temps-perdu/
失われた時を求めて(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/get_better4u/

● うなみさん
南 うなみの部屋 昭和大好き(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/unami-ch/

● 桃さん
じんせいもあまければいいのに(ブログ)
http://denmomo.blog.eonet.jp/

● かじかさん
かじかの総合ブログ(ブログ)
http://sogo.cocolog-nifty.com/

● オンデン1970さん
オンデン70’S(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/onden1970/

● うみがめさん
カメログ・アーカイブス
http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/umigame/

● 犬山パグ子さん
粉末ジュースの味(ブログ)
http://ameblo.jp/funmatu/

● nardoさん
街の風景
http://blog.fc2.com/?jump=http://home.u07.itscom.net/nardo/

● yigさん
Mr.yig(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/yig2x2ga4

● TOSSYさん
デジカメ散歩日記(ブログ)
http://kannnon.blog11.fc2.com/

当ブログについて

ここは作者である『ごいんきょ』が、自身で集めまくっていた資料と、
ガキの頃は誰にも負けなかったほどのかじりつき度を誇る
テレビへの思い入れ、個人的な記憶などを柱に、
テレビに関する事をほぼなんでも取り扱っていこうというブログです。
特に、個人的な記憶、思い入れを中心に、
一個人の視点から見た私的昭和テレビ番組列伝であります。
故に、そこに書かれている評論や記述に、なんの権威も正当性もありません。

【推奨動作環境】
ブラウザ:chrome
表示画面:1024×768dot 以上


カテゴリー解説

●ドラマ[国産一般] 下記以外のいわゆる実写ドラマ。
●ドラマ[子供向け] 下記以外の子供向けのいわゆる実写ドラマ。
●アニメ       国産のセルアニメ、人形アニメ、人形劇 等。
●外国作品      すべての外国制作作品。
●バラエティー    上記に属さない、喜楽を目的とした番組。
●報道        ドキュメント、討論、ニュース、天気予報等。
●カルチャー     上記に属さない教育・趣味・文化的番組。
●音楽番組      上記に属さないすべての音楽番組。
●スポーツ      上記に属さないすべてのスポーツ・武術番組。
●特番        スペシャル番組枠、特別番組等。
●映画        映画番組、映画番宣等。
●ローカルCM    特定地方のみで放送された国産CM。
●CM        上記以外のすべての国産CM。



・画像使用について
画像を勝手に使ってますけど、アメリカでは
サムネイル使用は認められているようですし、
日本も文化的発展のためにそうあるべきだと思います。
当ブログでは、版権者さんの利益を著しく損ねること無く、
『引用』の趣旨に準じた画像利用を心掛けているつもりです。
けれどもどうしても使用して欲しくないと言う版権者さんは、
ちこっとワタクシに連絡して下さい。
画像・投稿コメントを含む当ブログ内の記述に関して、
一切の文責は『ごいんきょ』にあります。
管理者メールアドレスは sammadaisensei@yahoo.co.jp です。

・記事の内容は基本的にデタラメです(笑)
解説文中では著名人の敬称は基本的に省略させて戴いております。
解説文はあえて記憶を第一に書いています。
従いまして、資料性、正確性をなんら保証するものではありません。
当ブログの記述を元にしてよそでお話しされるのは構いませんが、
そこら辺をご理解の上、自己判断でお願いします。

時々、なんとかの知恵袋みたいなページで当ブログの記述を提示している例を見かけますが、
以上のように、それはあまりに無責任な行為と言えましょう。
ここの話はヒントくらいに考えて、他の情報と総合して確度を判断してください。
実際に、これまで何度となく間違いを指摘されていますし、
また、記憶に間違いは有って当然なのだという趣旨のサイトです。
他にどうしても記述が無く、ここの記述を採用したい場合は、当方に確度を尋ねるべきでしょう。
もちろん、ただの雑談の中で気楽に使う分には問題ないと思います。

コメント、トラックバックもご自由にどうぞ。
問題あると思えば勝手に削除します(笑)。
勧誘、広告、アダルト、出会い系、反社会的な内容は、間違いなく削除します。

・皆様のコメントがここの命です
茶化しましたけど、個人的な思い出などコメントして戴けると、
これはもう、望外の喜びです。
今のところは必ず返信コメントさせて戴いてます。
トラックバックに関しては、オートトラックバックで書き込まれるものもあるので、
管理上、一応チェックはしますが、こちらでもそちらでもコメントしていません。
コミュニケートされたい方は、コメントを残して下さいませ。
本文以外は空欄でも投稿できます。
レンタルCGI
ブログパーツ