私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



チロリン村とくるみの木 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、帯放送人形劇の原点を振り返る、この番組です。





アッポ・しましま・グー (1969)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、テレビ朝日がまだNET、日本教育テレビと名乗っていた頃の、この番組です。


ひょっこり ひょうたん島 (1964)

該当番組画像募集


井上ひさしさんの訃報が流れた時に、ガッツさんに看破されてしまったのですが、
実際、この番組の記事を今こそ書かずにどうする、とは思ったんですね。
ただ、今回少し確認し直してみて思ったのは、
意識しないうちに、随分とこの人の作品にお世話になっていたんだなあと。
実写忍者ハットリくんをはじめ、特にピュンピュン丸とムーミンは、
ギャグアニメとメルヘンアニメに於ける我が人生ベスト作品と総括できます。
わけてもムーミンは別格の作品となっておりますが、
そこで組んでいた山元護久と作曲の宇野誠一郎らとの繋がりは、
この作品こそが原点となるわけです。


レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ