私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ちえのわクラブ (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビがラジオの力を借りていた頃を振り返る、この番組です。






ピアノのおけいこ (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、お稽古ものの原点を振り返る、この番組です。





百万人の英語 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、英語教育番組の先駆けを振り返る、この番組です。





ふえはうたう (1974)

おめでたい方は明けましておめでとうございます。
おめでたくない方は、明けましてそれなりに(笑)。
昨年は多くの方にお引き立てご協力賜りまして、
改めてお礼を述べさせて戴きます。
本年もまだまだ、語りたい番組は山と残っております。、
ここは続いていきますので、引き続き宜しくお願い致します。

当座の目標は、おそらく前人未踏の、一千番組語る事。
大過なければ、本年中には半里塚である500番組に到達します。
もっとも、千番組語ったくらいでは先人が築き挙げた膨大たる番組数には
到底及びも尽きません故、語り尽くせるという日はおそらく来ないと思われますが、
千番組到達した際には、また新たな展開も考えております。
まあ、そこまで言ってしまうと新年早々鬼が笑うので(笑)、
取り敢えずは今年中の五百番組到達を目指してやって行こうと思います。

理科教室 小学校2年生

昨日、一回書き上げたんですけど、その後に資料が見つかって、
いや、そら先に探せばいいんですけど、そういういい加減さはしょっちゅうの人なんで
そこは取り敢えずおいておきまして(苦笑)、
で、かなりテキトーすぎる記事だったんで結構書き直しました。
それでも及ばない所が多いので、あとは皆さん任せです(笑)。

カリキュラマシーン (1974)

宮川泰先生がお亡くなりになったということで、先生にゆかりの深い番組をと思ったんですが、
シャボン玉はとっくにやっているし、ヤマトはいつかいつかと思いながら、
まだ1話たりとも観たことないし ←どこがテレビ研究家やねん(笑)
じゃあ自分がよく見ていた番組で宮川音楽が印象的だったのは何よ?と言えば、
まずはゲバゲバですね、なんと言っても。
しかしゲバゲバは、語れることはたしかにありますけど、あんま気が乗らない。
先生の追悼記事だからして、ノリノリで語れるものはないのかと言えば、
これがあるんですなァ、極め付けが。
ワタクシのみならず、当時のませガキ連御用達だった、朝の子供番組の常識を打ち破った、
そう、カリキュラマシーン!ですぜぃ。

レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ