私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

娘たちはいま (1967)

今回はモデラートさんのリクエストにお応えし、この番組です。


[娘たちはいま (1967)]の続きを読む
スポンサーサイト

火曜日のあいつ (1976)

今回はカースケさんの依頼により、そのコメントを転載する形でのスレ建てとなります。
(改行は手直しさせて戴きました)


素顔の青春 (1967)

レコード版ライト巻之伍発売を記念しまして、
巻之伍で音盤をご紹介したドラマを数本扱ってみたいと思います。
今回は、夕方6時台に子供番組が普通に有った時代に、
やや対象を上にした青春ドラマ枠が有ったという、この番組です。



柔 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、ドラマ主題歌レコードの最大ヒットを振り返る、この番組です。






美しい灯に (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はテレビに映画の大スターが出た当初を振り返る、この番組です。






あしたの虹 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は北原三枝の女優復帰を振り返る、この番組です。






さつきさん (1953) → さつきさんの花嫁修業 (1954)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は民放開局期の連続ドラマを振り返る、この番組です。





青い怒濤 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、日活とテレビの蜜月時代を振り返る、この番組です。





われら青春 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、真面目な若者番組が作られ愛された時代を振り返る、この番組です。





少年航路 (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、番組タイアップの原点を振り返る、この番組です。





ふぞろいの林檎たち (1983)

ふぞろいの林檎たち

只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、名ドラマを振り返る企画で大体出てくる、この番組です。


若いやつ (1962)

該当番組画像募集

レコード版発売記念企画、金曜夜のTBS特集です。
今回は、昭和37年に19時台でやっていた、この番組です。

セーラー服通り (1986)

該当番組画像募集

レコード版発売記念企画、金曜夜のTBS特集です。
今回は、昭和61年1月から20時台でやっていた、この番組です。


若者たち (1966)

該当番組画像募集


今、本当にテレビが腐っている。
広告代理店が大きく腐っているし、幹部も腐っているのだろう。
上が先か下が先かは検証が難しいだろうけれども、現場も腐っている。
まず、目に見える出演者が腐っている(場合が多い)。
という事は、そんな連中を大挙して出す方も腐っているという事に他ならない。

そんなものを見なくても、大丈夫なんですがね。
近年つくづく実感するのは、ラジオに面白い番組が多い。
ラジオは、利権が減った分、滓共があまり寄って来てないんでしょう。
特にTBSは良いものが多い(朝~夕)。
テレビは微妙なんだろうけど(笑)、ラジオはいい雰囲気の番組が多い。
ニュースも森本、大沢なんてとこを聞いていれば、
少なくともテレビを見ているよりは馬鹿にならずに済みそう。
AKB総選挙なんて報道しないしさ(笑)。

それから、歌謡ポップスチャンネルが良い。
「大人のヒット曲総合放送局」と謳っているけれど、まあそんな感じ。
親が来た時など、ここをつけておけば文句は出ない。
自分もボケーッとしたい時にはよく見ている。
思えば少年時代、地上波放送をのべつ意味無く見ていた時のように。

中でも泉麻人氏がやっている、「ルート65」が面白い。
毎回、昭和音楽に関するテーマを、ゲストを一人招いて繰り広げる。
泉氏のインタビュアーとしての才覚は置いておいても、
ゲストの方達の語りが非常に貴重で、よく語ってくれる。
くだらない不必要な混ぜっ返しも、目障りな字幕も無い。
ご意見番として一人、レコード会社の重鎮が出ているだけで、
彼から付け加えられる言葉は、どれもゲストの語りをより深めるものばかり。
正常な作り手が作る正常なトーク番組の姿が、CS放送ではまだ見る事が出来る。

そして、昭和時代のテレビ番組にも、まだまだ傑作、名作は多い。
当ブログで扱っていないものに限っても、枚挙に暇が無い。
それらはCS放送でも結構やっているし、ソフトになっている場合も多い。
今のテレビが腐っているなら、見なければ良い。
ただそれだけなんですね。
そんなものを見なくても、まだまだ昔の本やソフトで見ていないものに、
絶対に見ておくべきものは山と残っているんです。

これから数回にわたり、ワタクシがこれはと自信を持ってお勧めする、
掛け値無しの傑作をご紹介しようと思います。
ジャンルその他の嗜好性の違いにより、一人一人は楽しめないものもございましょう。
けれども、そのジャンルの中に於いては、紛う方無き傑作と
ワタクシがお勧めできるものを、ご紹介して参りたいと思います。
もう我々も恐らく、人生半分は過ぎておりましょう。
貴重な残り少ない時間、娯楽一つもできるだけ良いものを、
できるだけ多く楽しんでいきたいなと、思っております。
まず最初は、1960年代国産ドラマの中から、当番組を選んでみました。




青年の樹 (1961)

該当番組画像募集

さあ、知らない番組ばかりだった音楽番組特集も終わり(笑)、
今回からは国産ドラマ特集と参りたいと思います。
でも、今回も基本は、皆さんが知らない番組中心となるでしょう。
それでは一般的な方々は、約二週間の間サヨウナラ(笑)。

おれは男だ! (1971)

おれは男だ!

CSに本格参入したのはたしかフジテレビが最初でしたかね。
その後、TBS、テレビ朝日と開局したんですが、日テレは出遅れてました。
いや、正確に言うと、実はフジテレビよりもはるか以前、
それこそスカパーの前身であるパーフェクTVが開局する前から
CS日テレはあったのですが、無料という事もあり、
内容は地上波再送信を中心としたパッとしないものでした。
先頃、とうとう日テレも本格参入。という事もありまして、
数回にわたり、日テレものを扱ってみようと思います。
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。