私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



おれは男だ! (1971)

おれは男だ!

CSに本格参入したのはたしかフジテレビが最初でしたかね。
その後、TBS、テレビ朝日と開局したんですが、日テレは出遅れてました。
いや、正確に言うと、実はフジテレビよりもはるか以前、
それこそスカパーの前身であるパーフェクTVが開局する前から
CS日テレはあったのですが、無料という事もあり、
内容は地上波再送信を中心としたパッとしないものでした。
先頃、とうとう日テレも本格参入。という事もありまして、
数回にわたり、日テレものを扱ってみようと思います。

オレたち ひょうきん族 (1981)

オレたち ひょうきん族(1981)
此度の冬は例年になく寒さが厳しかったせいか、
身の回りの多くの人が亡くなったと小林のよしりんが描いてました。
他ならぬよしりんの親父さんが亡くなった話で、
そこには朝まで生テレビのプロデューサーも亡くなったと描いてました。
朝生については当ブログでも既に記述済みですが、
非常に惜しいPを亡くしたのではないかと思います。
ワタクシは作曲家を殊のほか尊敬申し上げておりますが、
山下毅雄先生と宮川泰先生が立て続けにお亡くなりにもなりました。
ワタクシが幼き頃、若い頃、テレビを大いに盛り立ててくれた人々が、
次々と彼の地へ旅立つ人生の季節になってきているという事です。
これからは段々とこのような知らせが増えてくるでしょうし、
そうこうしているうちに自分自身も彼の地に近づいているわけで、
まあ、こういう侘びしさも人生の楽しみの一つよのうと。

今度はお笑い界から、それもとうとう、ひょうきん族メンバーからの訃報。
松本竜介という芸人それ自体に思い入れがあると言えば嘘になるけれど、
彼がほぼ唯一輝いていた?番組、オレたちひょうきん族に関しては、
これはもう、語るに足る堂々たる資格があると自負しております故、
今回は、彼の追悼をも兼ねさせて戴いて、この番組といきますか。
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ