私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



らくご IN 六本木 (1981)

該当番組画像募集


あたしゃ小学生の時にお楽しみ会で落語ぶった事が有りましてね。
ウケましたねえ、そりゃあの時分。
てめえで考えたワケじゃねえんだ。本の丸覚え。
それだってアンタ、ガキの分際でつっかえもせずにスラスラまくしたてりゃ、
同級生にそんな野郎なんざ二人といませんからね。こりゃウケた。
こいつが良くなかったね。
人間ってのは勘違いを道理と認識して生きていく生きモンですからね。
勘違いを道理と認識すりゃ本人にとってはそれが道理なんだが、
他人様からすりゃあくまでも勘違いってのが道理でね。
何言ってるかわかんねえだろうがそりゃそれでいいんで。

とにかくあたしの勘違いがそっから始まったのかもしんないね。
俺は面白えんだっていう。
ところが或る時、気付くわけですよ。
成長すりゃ客観性も出てくるってんで、てめえの至らない点が見えてくる。
ま、アタシの事なんざどうでもいいんだ。
問題は落語なんであってね。
落語ってのはもうしめえなんですよね。
道理で考えればそうなるんですよ。

でも落語が好きな連中はネ、なんとか落語の寿命を延ばしてやろうって、
四六時中そんな事を考えてたりもしてきたんですよ。
連中って書いたけど、実際そんなに多いかどうかあたしゃ知りませんよ。
まあ噺家じゃ立川談志、それに三遊亭円楽ってとこが代表かもしれないね。
この二人が小さんとか圓生継がないで、どっかの坊ちゃんが
名前だけ名人上手になってお金かき集めてさ。
そりゃ落語も終わるだろって話でね。
あの野郎はしっぺー(失敗)じゃねえかってなモンでしてネ。

とまあ、こんな具合に本題のハナシの前に、自然と客の興味を惹き付けるために
言ってみりゃわりとどうでもいい話をしゃべるのを「マクラ」って言いましてね。
まあ落語の本筋だってわりとどうでもいいハナシって言えばそうかもしれない。
ま、そりゃそれとして今回なんでこんなマクラやってるかって言えば、
談志の野郎がとうとうおっ死んじまいやがったんでね。
シャレのわからねえ野郎だよなあ。
死ぬ死ぬガンガン言ってて120まで生きやがんだろどうせなんて、
こっちは思ってるわけですよ。憎まれっ子なんとかって言いますしね。
本当に死んじまってどうすんだよどうオチつけんだって事なんでしてネ。
しようがねえからコッチで「だんしがしんだ」って言うしかねぇじゃねぇかって。

ああ見えて実は小心モンで、ちったあ善人に見られたかったのかもしんないね。
了見の良くねえ野郎だったしね。
でもまあ、野郎は野郎なりに落語の事ばっか考えてたのは間違いないと思うんですよ。
野郎なんて言っちゃいけない。師匠です。立川談志師匠。
ンな事ァわかってんだよ、こっちだって。
なんかしんねえけど談志の口移しで書きたくなっちまったんですよ。
上手いか下手かなんてどうでもいいんだ。あたしがやりたいってダケの話でね。
もし不愉快に感じた人がいたらごめんなさい。
腹ン中じゃ御免なんてこれっぽっちも思ってないですけどネ。
仕方ないんですよ、大衆ってのを相手にすると。


レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ