私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ディズニーぱれーど (1973)

該当番組画像募集The MOUSE FACTORY

[ディズニーぱれーど (1973)]の続きを読む
スポンサーサイト

なつかしの歌声 (1968)

該当番組画像募集


先のザ・サスペンスの稿で、市川森一先生が我が父と同郷と書きました。
で、この正月に我が家に両親が来ましたおり、知っているか聞いてみたのです。
こちらとしましては、何か噂でも聞いてるかくらいの気持ちでした。
田舎の人間、特に我が父くらいの年代までの者は同郷意識も強く、
ましてや数少ない著名人とあれば(笑)、絶対に何か知っているとは思いまして。
ところが先方の返答は想像を絶していて、一瞬、対応する言葉を失いました。

「親戚じゃん」

は?
初耳だっつーの、そんなこと。
どうせデタラメだろうと思って詳しく聞いてみると、
どうも市川先生のご母堂と我が祖母が従姉妹らしいです。
まあ、親戚と言うには非常に微妙な距離で(苦笑)、
実際ワタクシもそんな事は初耳でしたし、
向こうさんもこんな卑賤な者にあまり親戚と吹聴されたくないでしょう(笑)。

でも、一応家系図で表してこじつけでも無い距離にあのような巨人がいたという事は、
このようなブログをやっている身としては、力を頂ける思いにはなりました。
今後のワタクシのライフワークに、市川森一研究が入るかもしれません。
それにしても、もっと早く話してくれていたらとも思いますし、
ワタクシの事ですから、知っていても状況に特に変化は無いかとも思いますが、
一抹の無念さは拭えません。

先生が取り組んでいた脚本保存施設に関してはワタクシも念願している事であり、
寄贈できる資料もそれなりの数あるので、
遠くともそちらの方向も目指して行きたいと。
とにかく抱負だけは豊富な身に、またいろいろ目標が増えました。
数少ない文化的取り組みをしてくれているテレビ人と期待・尊敬していた人が、
まさか縁者だったとは、縁(えにし)というものの不可思議を思います。

で、取り敢えずワタクシの方は、昨年中には形にする予定であった、
レコード版の方の歩を進めねばなりません。
主題歌は番組の顔であり、歌を聞けば番組の雰囲気を思い出したりします。
本放送時に見ていたなら、その見ていた家庭の風景まで思い出せるでしょう。
主題歌研究は、番組研究から切り離せないものです。
ここから、更にもう一つの発展先も抱えているのですが、
あまり風呂敷を広げてばかりいても畳むのが大変なので(笑)、それはその時に。

レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。