私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



若者たち (1966)

該当番組画像募集


今、本当にテレビが腐っている。
広告代理店が大きく腐っているし、幹部も腐っているのだろう。
上が先か下が先かは検証が難しいだろうけれども、現場も腐っている。
まず、目に見える出演者が腐っている(場合が多い)。
という事は、そんな連中を大挙して出す方も腐っているという事に他ならない。

そんなものを見なくても、大丈夫なんですがね。
近年つくづく実感するのは、ラジオに面白い番組が多い。
ラジオは、利権が減った分、滓共があまり寄って来てないんでしょう。
特にTBSは良いものが多い(朝~夕)。
テレビは微妙なんだろうけど(笑)、ラジオはいい雰囲気の番組が多い。
ニュースも森本、大沢なんてとこを聞いていれば、
少なくともテレビを見ているよりは馬鹿にならずに済みそう。
AKB総選挙なんて報道しないしさ(笑)。

それから、歌謡ポップスチャンネルが良い。
「大人のヒット曲総合放送局」と謳っているけれど、まあそんな感じ。
親が来た時など、ここをつけておけば文句は出ない。
自分もボケーッとしたい時にはよく見ている。
思えば少年時代、地上波放送をのべつ意味無く見ていた時のように。

中でも泉麻人氏がやっている、「ルート65」が面白い。
毎回、昭和音楽に関するテーマを、ゲストを一人招いて繰り広げる。
泉氏のインタビュアーとしての才覚は置いておいても、
ゲストの方達の語りが非常に貴重で、よく語ってくれる。
くだらない不必要な混ぜっ返しも、目障りな字幕も無い。
ご意見番として一人、レコード会社の重鎮が出ているだけで、
彼から付け加えられる言葉は、どれもゲストの語りをより深めるものばかり。
正常な作り手が作る正常なトーク番組の姿が、CS放送ではまだ見る事が出来る。

そして、昭和時代のテレビ番組にも、まだまだ傑作、名作は多い。
当ブログで扱っていないものに限っても、枚挙に暇が無い。
それらはCS放送でも結構やっているし、ソフトになっている場合も多い。
今のテレビが腐っているなら、見なければ良い。
ただそれだけなんですね。
そんなものを見なくても、まだまだ昔の本やソフトで見ていないものに、
絶対に見ておくべきものは山と残っているんです。

これから数回にわたり、ワタクシがこれはと自信を持ってお勧めする、
掛け値無しの傑作をご紹介しようと思います。
ジャンルその他の嗜好性の違いにより、一人一人は楽しめないものもございましょう。
けれども、そのジャンルの中に於いては、紛う方無き傑作と
ワタクシがお勧めできるものを、ご紹介して参りたいと思います。
もう我々も恐らく、人生半分は過ぎておりましょう。
貴重な残り少ない時間、娯楽一つもできるだけ良いものを、
できるだけ多く楽しんでいきたいなと、思っております。
まず最初は、1960年代国産ドラマの中から、当番組を選んでみました。




レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ