私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

だいこんの花 (1970)

だいこんの花 第1部だいこんの花 第5部ナショナルゴールデン劇場

人知れず
忘れられた茎に咲き
人知れず
こぼれ散り
細かな白い
だいこんの花

みつを

あ。違った(笑)
主演・森繁久弥の手書き文字と主演格・竹脇無我のナレーションによる冒頭。
NET(現テレビ朝日)のナショナルゴールデン劇場で始まった、
向田邦子の代表的ホームドラマです。
この当時は『ありがとう』が50%を超えるバケモノ的人気を誇るなど、
まさにテレビドラマ黄金時代。
見下され続けてきた映画を完璧に亡き者とした開放感を満喫するかのように、
数々の伝説的ドラマが作られております。
松下電器は、TBSのナショナル劇場ともう一つ、
NETのナショナルゴールデン劇場を持っていました。
このNETの方では、頭の企業OPは無かったような気がします。
♪ 明るいナショナル 明るいナショナル ってやつね。
いきなりCMから始まって、そっから番組スタートになってたと思う。

冨田勲作曲のテーマが最高に心地よかったんです。
主演は、TBSのナショナル劇場をビッグにした森繁久弥が、
こちらでも引っ張り出されました。息子役が竹脇無我。
竹脇無我の顔を思い出すと、どうしても山上たつひこの漫画を思い出す。
そんな事はどうでもいいんですが(笑)、死んだ森繁の妻のような、
清楚な、だいこんの花のような女性をめとれと息子を諭す、そんな話です。
森繁が例の説教クサイ口調でやってました。
『ありがとう』とか『細腕繁盛記』とか、当時の人気ホームドラマは
みんな喧しい感じでしたが、このシリーズはむしろ静。
含蓄の深さみたいので見ている者を静かに惹きつけました。
木下恵介アワーもわりと喧しい作品が多かったですね。
作風は明暗両方ありましたが、静かな作品ではなかったと思う。
やはりこの作品は、風合いが違っていました。

最初は川口晶がヒロインだった。あきらと読むんですよ。
読みが男みたいな名前のまんま、男勝りな役が多い人だった。
よく見るとカワイイ顔してるんだけどね。
親父が『新吾十番勝負』の作家・川口松太郎。母が大女優の三益愛子。
兄が探検隊で有名な川口浩で、その妻が女優の野添ひとみ。
浩の次の兄の恒、弟の厚も俳優で、大芸能一家でした。
そんなバック・ボーンと、本人の独特なキャラクターがもて囃され、
この頃のホームドラマでは、とにかくしょっちゅう見かけたなあ。
『時間ですよ』にも出ましたよね。石立鉄男シリーズにも出てた。
それだけ静かに一世を風靡してた人ですが、川口家はちょっと変になり、
次々と不幸になってしまいましたね。彼女も、ちょっとありました。
それ故に何か感じる所があったのか、現在では陶芸家になっているそうです。
名前も国重晶になっているようですね。 http://www.g-beaux.jp/sd/sdkuni.html
ワタクシは個人的に、富永一郎センセの『せっかちネェヤ』なんてのがね、
印象に残っている、チョーマニアックな人間だったりしますが(笑)。
そんなワタクシですので、晶が出ていたこの作品は本当に好きだった。
よくみれば綺麗なんだけど、ちょっと見やぼったいイメージのだいこんの花に
ピッタリした女優さんだなあって見てました。
竹脇無我に迫られると、例の調子で強がったりね。
父の森繁は、そんな彼女の本質を見抜いていたんじゃなかったっけな。
この作品の成功で、以後この枠は野菜シリーズになっちゃいます(苦笑)。
『にんじんの詩』だの『どてかぼちゃ』だの…
おお。
水島新司の『野球狂の詩』って漫画は、『にんじんの詩』から取ったんだな。
いま書いてて気付いたアルよ。
中でもご本家『だいこんの花』はさすがに根強い人気で、
次から次と新シリーズが作られました。最後のヒロインはいしだあゆみですか。

バブル経済以後のテレビドラマはドラマとは似て非なるもんだぜよ、セニョール。
池中玄太以来、1時間も費やして見る気なんかにならない。
ああ、美味しかったなあ、この頃のドラマ。
きちんと手をかけて料理してくれてたから、
子供だって、大人の味覚で作られた野菜でも食べる気になれた。
そして、栄養になっている。
テレ朝チャンネルに強く放送を求ム!
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
お初です
お初に失礼いたします。そうそう、だいこんの花を忘れてはいけませんよね。最近向田女史の文庫本「だいこんの花」を読んでますが、あれ?という印象。文庫になってるのはたぶん石田あゆみバージョンなんですね。面白いのは面白いですけど。近年「雑居時代」はじめDVD、ビデオ、CSなどで見られるものが増えた中で、自分の中ではこの「だいこんの花」と「大都会」だけが残っている感じです。
2005/02/18(金) 21:50:22 | URL | だいこん役者
向田邦子全著作
『だいこんの花』は地味だけど面白かったですねえ。
やはり、森繁節と川口晶の存在感ですか。
それと、向田脚本の力もやはりあるでしょうね。
『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』なんかも定番ですね。
『だいこんの花』は、いしだあゆみとか関根恵子とか、
顔が綺麗な女優さんになって、自分の中ではパワー落ちましたね。
ちなみに、向田さんの全著作は↓こちらです。
http://www.jissen.ac.jp/library/mukoda/collection/tosho.htm

『大都会』ですか。
本格的には見てなかったので突っ込んでは言えませんけど、
格好良かったのはたしかです。
でも静と動、随分と両極傾向の作品が残っていますねえ。
そんなものかもしれないですね。
2005/02/19(土) 01:06:29 | URL | ごいんきょ
川口 晶自慢
当時、身を入れて見た記憶は無いのですが、川口 晶の若かりし頃を見たくて、最近「だいこんの花」のDVDを5本、購入しました。いや~、良いですね。彼女。最高にキュートです。彼女が「豆腐屋の四季」というドラマに出ていた頃に苦労して住所を捜し、ファンレターを出したところ、封書しかも手書きの返事をいただきました。今も大切に保管してあります。ブロマイドも1枚持っています。これも、今となっては相当レアでは無いかと、自慢の種です。晶ファンの方、メールください。「だいこんの花」がテーマなのに川口 晶がテーマになってしまいました。御免候。
2006/10/07(土) 15:47:39 | URL | すぎさ
DVD! DVD!
この記事を書いた当時はほとんどこのドラマの情報はネット上に無く、
DVDももちろん出ていなかったんですが、出てるんですね!
この記事を書いた直後だ。ちょうど企画が実現化している最中だったんでしょう。
これはスゲエ! ひょっとしたら現存しないんじゃないかと思ってました。
他のバージョンも出ているようですが、初代川口晶さんしか眼中に無いです(笑)。
買う。暮れのボーナスで絶対買う!

ただ、貧しいワタクシが可哀想だと思うテレビの神様がいらっしゃるのでしたら、
テレ朝チャンネルでもファミリー劇場でもホームドラマチャンネルでも、
どこでもCS放送してくれていいんですよ(笑)。

豆腐屋の四季は知りません。
ワタクシにとっての川口さんは、せっかちネエヤ、だいこんの花、
時間ですよ、雑居時代ってとこですかね。
みんな男勝りの役(苦笑)。

ブロマイド欲しいなあ(笑)。
ファンレターに返事くれましたか。いいですねえ。
ワタクシはあんまそういう思い出が無いですね。
想いが伝わりづらい人間なんだろうな(笑)。
出した事そのものも少ないですが。

>「だいこんの花」がテーマなのに川口 晶がテーマになってしまいました。御免候。
ここは謝罪禁止ブログなんですよ(笑)。
この説明も何度したろうか(笑)。
出演俳優さんの話はまったくスレ違いじゃないです。
そんなこと言ったら、ワタクシの本記事なんか書けなくなっちゃいますよ(苦笑)。
2006/10/08(日) 00:06:47 | URL | ごいんきょ
DVD情報
ありがとうございます。

DVDの件ですが、5本組みのDVDボックスは定価で17000円くらいで販売していますが、私も金欠病ですので、オークションで1本づつ購入しました。
中には1000円以下で落としたものもあります。ご検討くださいまし。

「だいこんの花」を今、見ると、セットなんかは大変チープですが、森繁さんをはじめ、芸達者の演技によって、グイグイ引き込まれますね。

自分はお酒が好きなんですが、あの料亭「日高」で一杯やりたい、と見る度、思ってしまいます。そこへトミ子(川口晶)が入ってくれば、最高なんですが。(笑)
2006/10/15(日) 09:13:12 | URL | すぎさ
森繁御大
なるほどー。レンタル落ちなんかだと安く販売してたりするんですね。
できれば売り上げに貢献したいので、新品で買いたいとこですが。
でも取り敢えずは、安いので我慢しようかな。
ああ、日高ってなんか聞き覚え有ります。
観たいなー(笑)。

森繁さんの演技ってなんなんでしょうね。
重厚とも違うし、自然とも違うし、
あの人一人で世界を作れるだけの何かがあって…
七人の孫でTBSのナショナル劇場を押し上げ、
このだいこんの花で、NETのナショナルゴールデン劇場の方も押し上げ。
松下幸之助さんもさぞやご贔屓にしていたでしょうね。
2006/10/15(日) 21:50:26 | URL | ごいんきょ
川口晶
「だいこんの花」は、あんまり熱心には観ていませんでしたが、いしだあゆみが出ていたときは結構観ていた気がします。それ以前は、川口晶、関根恵子だったんですね。そういえば観たことがあるような気が..。みんな、当時の売れっこ女優ですから、逆に覚えていないんですね。以前は、いしだあゆみの前にだれかいたよなあというかすかな記憶しかありませんでした。

この番組は森繁さんが、元巡洋艦の艦長で、牟田悌三、大坂志郎といった元の部下に艦長って言われて、よく飲み屋で飲んでいるという風景が多かったですよね。また、息子の無我によく、たしなめられているといった場面も多かったですね。
いずれにしても森繁さんの演技力は、今思うとすごかったと思います。当時はこういう軽い芸風はあまりわからなかったのですが、後に東宝の社長シリーズや一連の映画を観ることによってそのすごさをあらためて知りました。どんな人にでも違和感なくなりきってしまうというところと、頭の回転の速い人だなと思います。
川口晶さんはぽっちゃり型で、当時は結構好きでした。このDVDは、最近近くのレンタル店にあったのですが、しばらくしたら棚からなくなっていました。どこにやったんだよ、まったく。やはり、借りる人が少なかったのでほかにまわしたのかな。残念。また探します。
この人の出た「時間ですよ(第1部)」も私の頭の中では伝説と化していますので、何とかDVD化してくれないでしょうかね。
2006/10/23(月) 00:17:28 | URL | ブロンソン
ホームドラマ
新たに資料性を重視したブログも作りまして、
そちらからトラックバックしてございますが、
ワタクシ、取り敢えず1話と2話だけ観てみました。

いやー、やはりいいですわ。
ドラマなんぞ見るのに1時間も使ってられないよって感じになって
もうだいぶ(20年くらい)経つんですけど、
思い入れがある作品は、時間がアッと言う間に過ぎちゃいます。
もっと観たい。

で、本記事書いてる時も自分で書いててちょっと首傾げたんですが、
やはり川口晶さんが出ている以上は、喧しいドラマですね(笑)。
末期の関根さんとかいしださんの頃は、わりと静かなドラマだったと思うけど、
一番最初はツカミで視聴率を取らなければならないんで、
けっこうドタバタやってました。
川口さん、ここでも空手やってるなあ。
せっかちネエヤのキャラそのまんまだ(笑)。

そういう部分はあまり覚えてないのに、
父と子が背中を流し合うシーンはよく覚えてたりするのは、
細うで繁盛記と放送時間がダブってたからなんですね。
あちらが9時半から10時半までで、こちらが10時から。
だから、こちらは後半しか観てなかった事になります。
そう言えば、母親が細うでの予告まで必ず観るんで、
父親が、予告なんかいいじゃないかと、
いつもやり合ってたのを思い出しました。

70年を… いや、日本ドラマ史を代表する二作が同じ時間で競合していたなんて、
なんと勿体ない話だったのでしょう。
第1話で、森繁父が息子に内緒で母親の得意だった料理を作り、
それが食卓に並んでいるのを観た時に流れる、
あの父と子の空気がたまらない。
あの演出は最高です。
ホームドラマかくありき。っていう感じでしょうか。

ブロンソンさんはよくご記憶で。
その通りで、巡洋艦・日高で同じ釜の飯を食ったのが、
森繁さんと大坂さんらです。
竹脇無我さんは、いま観ても本当にいい男ですよぉ。
ああいう正統派の二枚目がとんといなくなってしまいました。
美輪明宏さんが言うには、男の制作者は二枚目に嫉妬してしまうんだとか。
阿呆ですね。自分達でコンテンツの魅力を落としてるんだから。
竹脇さんの息子はよく親父をたしなめるんだけど、
そこは親子、ってな締めが必ずあって、
我が親父もそこら辺でこのドラマが好きだったんだろうなあ(笑)。

森繁さんの力というのは、やはり演技力っていうよりも、
人間の器なんじゃないかっていう気がします。
川口さんは雑居時代の頃が一番好きでした。
この頃はまだ、あまりに垢抜けなさすぎですね(笑)。
そこがいい人には堪らないんでしょうが。
時間ですよ、TBSチャンネルで第1部からやったんですよね。
ワタクシ見逃してるんで、もう一度お願いします(笑)。
2006/10/23(月) 02:31:00 | URL | ごいんきょ
アドリブ?
そうですね。「時間ですよ(第1部)」再放送して欲しいね。
今度やったら必ず、録画します。スカパーさん、TBSチャンネルを契約するので、是非、再放送を頼みます。(笑)

「だいこんの花」のDVDを見てると、演技がミスってるのに、放送している所があります。

セリフをかんでいる所は多々ありますが、演技では竹脇無我扮するダンナが帰宅し、背広を脱いで、トミ子に渡すシーン。

トミ子がタンスを間違えて開けてしまい、隣のタンスに改めて背広を収めるシーンがあります。

最初のタンスの中は空っぽ!平然と演技を続け、平然と放映する。昔はおおらかでしたな~。

5巻あるDVDのうち、何巻目か忘れましたが、玄関でのいつものドタバタシーン。

酔った森繁さんをとりなす無我さんが森繁さんの軽妙な演技(アドリブ?)に笑うシーンではないのに、明らかに苦笑しています。(一瞬です。お見逃し無く。)

共演者をも笑かす、森繁の演技、恐るべし。放送してしまう局もスゴイ!(笑)

まァ、いつもは、こんな風にアラ捜しをしてドラマを見てるわけじゃないけど、やはり「だいこんの花」が好きなんでしょうな。熱心に見ているってことで、お許しを。
2006/10/31(火) 09:33:23 | URL | すぎさ
VTRドラマ
ってのは、或る意味生放送よりも出演者は緊張したようです。
生放送なら、失敗しても時間通り終わる。
でもVTRだと、失敗すると一番頭から取り直し。
編集するには莫大な金がかかる。
どちらにしても、NGを出した役者は顔面蒼白でしょう。
だからセリフをかむなんてのは日常茶飯事で(笑)、
当時のドラマは本当に多かったです。
これは当時から観ていて感じてました。
でも、実際の日常会話だって言い換え、言い直しなんかやりますからね。
或る意味リアルだし、それでOKだったんでしょう。
タンスにしてもそうですよね。
しまい場所を間違えるってのはあり得るわけで。
タンスが空っぽ?…
あるある。日常でも。たまに(笑)。
トミ子もそのままそこにしまえばいいのに(苦笑)。

相手を笑わそうとするアドリブってのは
『男はつらいよ』の渥美さんが凄かったらしいですね。
あれもVTRドラマですから、相手役は必死で笑いを堪えたそうですが。
2006/10/31(火) 19:38:48 | URL | ごいんきょ
この音楽を聞くと思いだす
竹脇無我さんが大好きで、この番組テーマが大根の花のイラストとともに始まると、子供心にも妙に心が穏やかになって楽しみに見ていた番組です。当時竹脇さんは、姿三四郎・3人家族・二人の世界・ぼっちゃん等々、TVの人気者。あんなハンサムな人に私もなりたいと思ってました。あれから40年。私は来年50歳。竹脇さんのうつ病も今は治って、お元気と思います。もっと竹脇さんにTVに出てもらいたいと思うのは、私だけでしょうか?
2008/11/22(土) 01:08:36 | URL | CANA
そうでしょ。
あのテーマソングは本当に名曲でしたよ。
竹脇さんもうつでしたか。
いかにも真面目そうですもんねえ。
またテレビでも拝見したいのはやまやまですが、
今のテレビ・映画は紛い物の世界ですから、役者さんの需要は激減してますよね。
ろくに演技なんか勉強していないアイドルが主役を張るドラマばっかり。
そういうのは傍流じゃなければ、世界そのものが縮んでいく一方なんですが。
2008/11/22(土) 07:20:21 | URL | ごいんきょ
なんとなくDVDを
はじめましてゴザイマス。中古が安かったので、たまたまなんとなくDVD全5巻を購入しましたが、面白くて1日で全部見ました!!他の方もコメントなさってますが、川口晶がイイ!!サイコーです!!こんな素敵な女優さんがいたんですね。決して美人ではないと思いますが、惹かれるものがあります。 私が生まれる前のドラマをDVDで見ることができる、というのも素晴らしいことだと思います。最近のドラマはほとんど見ない私ですが、これは人情味があって、セリフも面白くて、川口晶もかわいくて、竹脇無我も男前で、とにかく大好きです。 第3シリーズにも川口晶さんが出ているみたいですね。DVDが出たら、必ず買います!!ウィキペディアなどで川口晶、竹脇無我、森繁など検索しまくりです。。。またおじゃましますね。
2008/12/21(日) 07:47:30 | URL | ハリーは詩人
はじめましてゴザイマス。
ワタクシは新品が安かったので昨年に買っております。
正直、最初の方は面白かったですが、結婚のくだりはなんだかなあという感じです。
後年のいしだあゆみさんの頃は、もう少しきちんとしたドラマだったと思いますが(笑)。
どうも3部以降のイメージが強いようで、部分部分で覚えている部分も第1シリーズに有りますが、
こんなにコメディ色が強いドラマとは思わなかったですね。
川口さんがヒロインである以上、予想はしていましたが(笑)。

ワタクシは川口晶さんみたいな人がいいですね。
身近な感じで、でもかわいくて、愛嬌があって。
無我さんも最近はいい噂を聞かないですが、本格的な役者さんが見られるテレビ界がまた見たいです。
無理なんですけどね。
第3シリーズもDVD化はされてますよね。
2008/12/22(月) 19:50:33 | URL | ごいんきょ
川口晶、サイコー!! 無我さんがんばれー
二度目まして。 見やすい改行の仕方がわからないので、読みにくいと思いますが、ゴメンナサイ。。。そうですね、第1シリイーズはコメディ色が強いですね、確かに。私はそこが気に入ってるんですけどね。  私も川口晶さん、大好きです。かわいいし、演技が上手いとかいうんじゃなくて、光ってますよね、存在自体が。ええ、愛嬌もありますねー、同感です、私も大好きです。たとえるなら、高級なワインではなく、霧島や白波、島美人、伊佐錦など値段は庶民的ですが決して安っぽくなくしっかりとした味わいのある芋焼酎、といったところでしょうか。母親に聞いたら、川口松太郎と三益愛子は知ってましたが、晶さんのことは知らないようでした。まあ私も晶さんのことはつい最近まで全く知らなかったのですが。。。  無我さんのお父さんは自殺してしまって、無我さんは家計を助けるために俳優になったと、無我さん本人がうつ病克服体験本?に書いておられました。無我さんの表情に影というか憂いがあるような気がするのはそのためでしょうか。  第2シリーズのDVDは、とりあえず第1巻だけ買って見ましたが、「川口晶コメディ第1シリーズ」に洗脳?されてる私には、内容が大人しいというか、もうひとつといった印象でした。大原麗子も雑居時代の時ほどきれいではないですし、関根恵子も普通にしか思えませんでしたし、うなぎも出演していませんし。。。  第3シリーズのDVDは、まだ出ていないのでは?? 私は来年の6月頃に出るのでは?と予想しております。第3シリーズも晶さんは行儀見習いのお手伝いさんの役なのでしょうか?   せっかちネエヤの記事も拝見しました。九州弁の晶さんも見てみたい(きいてみたい)デス!!!私の田舎も九州なもので。。。でも映像が現存してない可能性大と思ってますが。。。  横浜市の放送ライブラリーというところに、豆腐屋の四季の最終話が現存していて閲覧可能ということはインターネットで検索してわかったのですが。。。ああ横浜市に住みたいデス。。。  乱文ですが、今から黒霧島を飲りますので失礼シマス。。。晶の母はミマス(三益)。。。
2008/12/23(火) 23:00:41 | URL | ハリーは詩人
つい最近無くなったお兄さんに、川口厚さんがおりました。
他にも川口浩隊長も有名ですし、有名人一家だったんですよね。
無我さんについては、本当に見かけ通り真面目な人だったんだろうなと思います。
またああいう味のある本格的な役者さんが演じるようにならないとテレビも駄目ですね。
だいこんの花は、たしか全シリーズDVD化されたと思いますよ。
数年前の事ですが。
2008/12/24(水) 07:35:30 | URL | ごいんきょ
川口厚さんは57歳で
亡くなられたんですね、早過ぎますね。。。  味のある役者ですか、私は仲代達矢なんか顔を見ただけで泣きそうになりますね。NHKの、大地の子、良かったです。そうですね、視聴率にとらわれ過ぎて、最近のドラマは良いものが少ないと思います。だいこんの花の第2シリーズも、中古の値段が下がればそろえようかな。。。第3シリーズ以降のDVDはもうすでに廃盤なのでしょうか、ネットで情報がないんですよ。。。
2008/12/25(木) 17:52:33 | URL | ハリーは詩人
上でワタクシがコメントしている2006年頃はアマゾンに情報が出ていたと思うのですが。
いしだあゆみさんシリーズは忘れましたが、その他のシリーズは全部確認しました、当時。
2008/12/26(金) 07:08:08 | URL | ごいんきょ
そうなんですねえ。
こんばんは。 色々と教えて下さって、ありがとうございます。 とりあえず??水もれ甲介のDVD-BOX1を注文しました。本当はまず雑居時代を見たいのですが、DVDの値段が高いので。。。気に入れば、BOX2も買うつもりです。  DVD、早く届かないかな。。。
2008/12/26(金) 22:07:16 | URL | ハリーは詩人
CS放送のチャンネルNECOでは、石立鉄男アワーというのを少し前にやっていて、
石立さんが出演したドラマをかなりの数放送してました。
CS放送もソースの一つとして有用ですよ。
いろんな昭和ドラマを嫌と言うほど見られます(笑)。
2008/12/29(月) 07:18:35 | URL | ごいんきょ
謹賀新年ゴザイマス
明けましておめでとうございます。去年はこんなすてきなマニアックなサイトと出会えて嬉しかったです。今年もよろしくですー。 CS放送ですか、なるほど、リーズナブルですね。 NECOチャンネルですか、確かに昭和のニオイプンプンのチャンネルみたいですね(笑)
2009/01/06(火) 04:11:37 | URL | ハリーは詩人
明けましておめでとうございます。
遅れまして失礼しました。

NECOでまた気になる嫁さんが始まりますね。
なんとか録画したいです。
2009/01/15(木) 06:36:37 | URL | ごいんきょ
気になります
こんばんは。 気になる嫁さん、全40話もあるんですね、当時(も)人気があった証拠でしょうね。うーん、見たいですね、気になる嫁さんが、それこそ気になります(笑)。 話は飛びますが、牟田悌三さん、お亡くなりになりましたね。ともだち、という1975年公開の映画を、ビデオで最近見ましたがそれに出ていました。若き日の地井武男や松田優作も出ていましたが、映画としては普通の出来でした。 あと、傷だらけの天使の第7話を川口晶が目当てで見ました。これもビデオです。結構きわどいシーンもあり、驚きました。。。
2009/01/16(金) 20:38:05 | URL | ハリーは詩人
晶さんのきわどいシーンって貴重な感じです。
お色気とは無縁の人だったからなあ(笑)。
それはぜひチェックしたいですね。
2009/01/20(火) 07:18:19 | URL | ごいんきょ
だいこんの花DVDは第2シリーズまで
はじめまして。あばばと申します。
ドラマ、だいこんの花を語ってるサイトがあるのを発見して嬉しくなってしまいました。
子供の頃、今は亡き父と家族そろって見ていた記憶がよみがえってきて懐かしさいっぱいです。
DVDを母と一緒に見ながら、当時を懐かしんでは泣き笑いしています。

だいこんの花DVDは第1シリーズ、第2シリーズとも入手しましたが、確認したところ、現在は第2シリーズまでしか製品化されてないですね。
この二つを比べると、個人的な感想としては関根恵子が奥さんの第2シリーズの方が完成度が高く、楽しめました。
第1シリーズは方向性が定まってなく、試作品的な感じがします。

トータルでは後期のいしだあゆみの編が最も印象が強く、ドラマの完成度も上がり
良い意味でのパターン化が確立された気がします。後期はシリーズが変わっても、いしだあゆみが起用され続けましたね。
きっとドラマにもハマる適役で制作サイドにも気に入られたんでしょうね。

早くDVD化されることを願っております。
では、また。
2009/05/17(日) 20:02:46 | URL | あばば
はじめまして。
いいお話をありがとうございます。
お母さんと一緒の時間も貴重ですね。

さて、だいこんの花のDVDの件ですが、
たしかに現在は最初の二作しか検索できません。
しかし、ワタクシが書いていた頃は、間違いなくその後のシリーズも検索できていたと思います。
いしださんのシリーズは勿論、川口さんの再シリーズも。
ただ、値段が値段でしたのでまったく食指が動かなかったのですが。

あれは一体なんだったんだろう?
ただの廃盤か、発売中止か、はたまたワタクシの見た幻だったのか(苦笑)。

いしださんのシリーズは、ほとんど普通のホームドラマで、
まあ安心して見られたというのは有ります。
あまり良妻賢母というイメージとも思えないんですけどねえ。
外見から言ったら、やはり川口さんが一番ハマリ役のような。
2009/05/26(火) 23:45:06 | URL | ごいんきょ
だいこんの花
懐かしいですね。
番組冒頭で竹脇無我が朗読した詩を知りたくで検索してここにたどりつきました。
いい番組でした。

森繁さんの番組で印象的だったのは、もう番組名を忘れましたが
 どんなに時代が移ろうと
 どんなに時代が変わろうと
 人の心は変わらない
 喜びも悲しみも
 みんなみんな生きている
 だけどだけど
 俺だけは違う
 人生はいいものだいいものだ

こんな主題歌で始まるドラマも隙でした。
2009/06/22(月) 19:57:10 | URL | かたくり
1970年台
10時半からテレ朝で再放送してます。
71年に彼女と付き合いだし40年目の今年久しぶりに電話しました。
青年だったのに、還暦。
75年までの日記を読み返していました。
光る海やだいこんの花を検索していて此処にたどり着きました。
世の中も私も輝いていました。
人知れず散るだいこんの花。
2009/11/18(水) 20:35:44 | URL | たか
面白い!
再放送をきっかけに検索したら
こちらに辿り着きました。
いやー面白いドラマですねー。
内容もさることながら
竹脇無我さんの男前っぷりに驚きました。今でいうと
妻武木さんでしょうか?
追悼企画のため
早々に放送終了するそうですが
当分放送してほしい感じです。
2009/11/19(木) 20:03:45 | URL | (ハンドル未記入)
関根恵子
第1シリーズのDVDボックスは三千円台でヤフオクでだいぶ前に落としました。

 細腕繁盛記のためか、このシリーズは覚えていません。武原英子や鮎川いずみが若々しい。

 やはり、印象に残るのは、第2シリーズの関根恵子、本当に初々しい。

 「豆腐屋の四季」は緒形拳が、デモに参加した、戸をがらがらと開けて、玄関に倒れこむシーンを覚えています。現存するのは、最終回ですが、どこかに保存されているビデオテープはないでしょかね。
2010/03/22(月) 21:51:34 | URL | 昭和ど真ん中
ご快復を祈ります。
今朝、スポーツ紙および各テレビ局が一斉に、竹脇無我さんの緊急入院を伝えています。

今はただ、一日も早いご快復を祈るばかりです。
2011/08/22(月) 07:00:10 | URL | 甚六
言葉が出ません…。
今朝、「ご快復を祈ります」と書きましたが…、既に旅立たれた後でした。
あまりにも突然の訃報に接し、言葉が出てきません。

竹脇無我さんの御霊が、いつまでも安らかでありますことを
衷心よりお祈り申し上げます。合掌。
2011/08/22(月) 21:54:44 | URL | 甚六
こちらも返信が滞っていて失礼しました。


● かたくりさん
無我さんの落ち着いたナレーションと、それに続く富田さんの名曲。
いまだに脳味噌から離れない、我が屈指の思い出オープニングです。
歌詞は、「森繁の人生讃歌」ですね。TBSの方のナショナル劇場「七人の孫」主題歌でした。


● たかさん
人知れず咲き、人知れず散る。
そんな花こそ美しいんですよね。
ベラベラ自分の終わり方をしゃべる人間は本当に見苦しいです。
べつに紳助さんがそうだと言ってるわけじゃないですけど。
ワタクシなんか、花も咲かずに来た気がしますから、更に悪いですがね(笑)。


● 未記入さん
森繁さんの追悼企画の頃だったんですね。
無我さんはまだまだ若いのに、森繁さんを追っちゃった感じだなあ。


● 昭和ど真ん中さん
ワタクシは、数年前に第2シリーズもなんとか安価に入手できました。
まだ未見でしたが、無我さん、森繁さんを偲んで見るつもりです。
豆腐屋の四季ですか。
まだまだ、本当に初々しい頃の晶さんが見られるはずですが、
例によって現存は厳しいでしょうねえ。1話でも御の字って感じです。


● 甚六さん
ま、今後もお別れの多い定めのブログですしね。
皆さん在りし日の活躍を、楽しんで送り出してあげたいと思ってます。
2011/08/26(金) 04:46:30 | URL | ごいんきょ
私もこのDVD買いました。
はじめまして。「ドラマ だいこんの花」の検索でこちらに参りました。
私は遅まきながら一昨年インターネット開設したのですが、最初にネットショッピングしたのがこの『だいこんの花』DVDでした。

いしだあゆみさんと共演された『だいこんの花』は、私がセーラー服を着ていた頃に夕方再放送していたので、学校から飛んで帰って見ていました。

竹脇無我さんの御冥福をお祈りいたします。
2011/09/11(日) 10:52:41 | URL | 胡蝶蘭
はじめまして。
そうですか。それほど好きな方にコメント頂ける事はワタクシの喜びです。
いしださんの姿は記憶にも新しいけど、いい雰囲気だったなあ。

TBから記事拝見しました。
関係者コメントを一望できて助かりました。
2011/09/11(日) 20:00:29 | URL | ごいんきょ
だいこんの花は名作
はじめまして。だいこんの花で検索していたらこちらを見つけました。竹脇無我さんの大ファンです。訃報はとていも悲しいです。だいこんの花はいしだあゆみさんのシリーズを見ていました。森繁さん追悼番組で初めて川口晶さんのシリーズを観ました。DVDが発売されたのは知っていたのですがなかなか観る機会がなく、ちょうど今宅配レンタルのDVDで関根恵子さんのシリーズを見ているところです。皆さんも書いていますがテーマ曲がすばらしく思わず涙が出ました。当時は子供だったので無我さんが見たいのが主な理由で、面白いドラマだなとは思っていましたが、他に特別な思いはありませんでした。今あらためて観てみるとほんとにすばらしい。出演者が芸達者ぞろいで超豪華、脚本もすばらしく何度も泣けてしまいました。森繁さんの憎めない親父さん、出演者全員がまるで家族のようで本当にあたたかい。こんなドラマは他にありません。牟田さんや大坂志郎さん、松山栄太郎さん、ミヤコ蝶々さん、みなさんすばらしい役者さんですね。森繁さんってやっぱりすごいと思いました。考えてみたら無我さんもお亡くなりになり、竹原英子さんも大原麗子さんも出演者のほとんどがお亡くなりになってしまったのですね。それを思ったらとても寂しくてまた泣けてしまいました。今の人にも見て欲しい作品です。久々にドラマを見て感動しました。DVDが欲しいけど甥っ子に頼んで焼いてもらおうとせこい考えでいます。でも近いうちに絶対に買います。昔のドラマはやっぱりすばらしい。もっと放送して欲しいし、DVDも出してもらいたいですよね。
2011/10/18(火) 14:39:22 | URL | はるなつ
初めまして。
いやあ。熱いコメント感謝です。
そうですねえ。亡くなった方も多くて。
森繁さんも竹脇さんも、代わりがいないもんなあ。
特に森繁さんのような役者って、時代も関係していると思うので、
二度と我々が目にすることは無いでしょう。
2011/10/24(月) 00:27:09 | URL | ごいんきょ
名作名優は永遠に
このDVDを借りて来た時、うちの夫は「なんだ、だいこんの花か」と大して興味も示さなかったのに実際に見始めると私以上にハマッてしまい、甥っ子に焼いてもらおうと言い出したのも夫なんですよ。川口晶さんのシリーズも予約してあるのですがお届け率が低くなっていて待たされるかも知れません。いやー、やっぱり人気があるんですね。オンエア当時はほんの子供で、その頃はドラマはTBSが一番という思い込みがあり(だいこんの花は10チャンネルですよね)出演者が渋い方ばかりで地味な印象があって見ていなかったのだと思います。最初のシリーズからちゃんと見ていれば良かったなと思います。森繁さんと無我さん親子は最高だし牟田さん大坂さんは文句なしの演技力、春川ますみさんのおかみさんも大好きです。出演者のほとんどがなくなられてしまっても作品として残りいつでも見られるのは本当に嬉しいですね。私もお酒が好きなので日高に行って飲んでみたいです。
2011/10/26(水) 13:31:03 | URL | はるなつ
当時はたしかに、TBSのドラマで当たったのが多かったです。
日テレはプロ野球優先でしたし、フジやNETは後発で、スポンサー獲得や制作能力で先行局に劣ってましたから。
このだいこんの花も、特に第一作はセットが非常にチャチです。
役者の力が大きかった番組だと思いますね。
日高、大坂さんもお亡くなりですからねえ。
しかし、晶さんはじめご健在の方も多いですから。
2011/10/30(日) 23:32:54 | URL | ごいんきょ
見てましたぁ♪
始めまして、リアルタイムで全篇見てました。竹脇無我さんの歌う主題歌が好きでEPレコードももちろん
DVDも持ってます。
私は加藤治子さんが好きでした。
2012/02/08(水) 18:37:46 | URL | 未萌
初めまして。
無我さんの歌はレコードだけのお楽しみだったと思うんですよね。
劇中で使われた事ありましたっけ?

加藤治子さんは亡妻の役でしたかね。
こちらもあまり劇中では見られませんでしたね。
2012/03/22(木) 04:41:14 | URL | ごいんきょ
だいこんの花1部感動~~^^
はじめまして。
「だいこんの花」を検索していましたらこちらにたどりつきました。
当時小学生だった私、川口晶さんと竹脇無我さんが大好きで2人のシーンなるとブラウン管にしがみついて見ていた記憶があります。
森繁久弥さんの歌が大好き。
心に染み入ります。
1部は先日DVDを購入しました。
このシリーズは観ていなかったので感動しました。
多分、私が当時見たのは3部だったのかと思います。
3部早く観たい。
1部が10話だったのが物足りない。(笑)
3部が早くDVD化されることを願っています。
2014/11/14(金) 20:48:45 | URL | ふーてんかぼちゃ
はじめまして。
無我さん、格好良かったからなあ。
DVD化は難しいでしょうけどねえ。
テレ朝チャンネルでやらないかな。
2014/11/17(月) 20:51:55 | URL | ごいんきょ
3部~5部
1部、新 はdvd持ってるんですけど
3部~5部見たいな
無我さんと森繁さん親子いいですよね
テレ朝チャンネルは相棒 2時間ドラマ
ばかりでやってくれそうもない( ;∀;)
2016/10/04(火) 21:34:33 | URL | 誠
ねえ。
出し惜しみしないで欲しいです。
2016/10/04(火) 23:24:14 | URL | ごいんきょ
テレ朝チャンネル2
テレ朝チャンネル2で放送開始!!
7月21日 毎週金曜日 19時〜

みんなで観ましょう!
2017/06/29(木) 14:40:53 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
だいこんの花(第一部)DVD
2006/10/22(日) 16:55:01 | 昭和テレビ大全集 資料版
      11月20日に渋谷で開催された 『川本喜八郎先生を偲ぶ会』 を日記に書いた際、黒柳徹子さんの美しいお写真を掲載したことについては、著作権のことがあるので黒柳さんの事務所の了解をいただきました。 その黒柳徹子さんから 数々?...
2011/09/11(日) 10:43:54 | 胡蝶蘭のブログ
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。