私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ああ無情 (1955)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、外国で活躍した俳優第一号とテレビの関係を振り返る、この番組です。





テレビの草創期、テレビという存在は己に自信が有りませんでした故、
少しでも己を良く見せようと努力をしておりました。
それは、往時に比べて日本全体から希薄になっている、
嗜みとか、外聞といったものが重んじられる世であったからでもありましょう。
もっとも簡単に他者に認めてもらう方法、それは、権威に縋る事であります。
テレビ放送開始わずか一年にして、いや、わずか一年で他者に認めさせるためにこそ、
テレビは早くも、芸術祭に参加をしているのであります。
NHKも、民放の日本テレビも。

日本テレビが参加作としたものが、『鬼の九右衛門』。
提供は丸見屋。ミツワ石鹸ですね。あのバトンガールのCMが使われた可能性も高いです。
これは袴垂保輔こと藤原保輔の子分として悪行を重ねた鬼の九右衛門が、
夢に見た月の輪の大臣の娘・卵姫の優しい心に触れ、悔悟の念を持つようになるという話。
主役の九右衛門を演じたのが、早川雪洲でありました。
早川雪洲という名が出てくるのですから、本当にテレビの初期も初期、
神話時代という説得力も一入であります(笑)。
日本人俳優としてハリウッドやヨーロッパで名を売った第一号、
その彼は、黎明期のテレビとの縁も、意外に浅からぬものが有りました。

この時に、後に昼バラエティの『いただきます』にも出ていた千石規子も出演。
彼女が卵姫かというとそうではなくて、なんと乞食の役だったようですが(笑)。
更に、もう一人の主役がいたといいます。いや、もう一匹と言うべきか。
それが犬だったわけで、こんな初期からドラマで犬を使っていたのですね。
ただ、当時は芸術祭参加作品と言っても生放送ですから、
すべて期待通りに動いてくれたのかどうか。
少なくとも予行の時には、いざとなると逃げ回ってしまっていたとあります。

その早川雪洲が初めて連続テレビドラマに挑戦したのが、今回の『ああ無情』。
山一証券提供の「山一名作劇場」第一作目で、
勿論、世に名高いヴィクトル・ユーゴー作のドラマ化ではあります。
ただ、舞台を明治初期の日本に移し替えて、西南戦争を背景として翻案していたのですね。
それ故に登場人物の名前も変わってきていて、雪洲が演じるジャン・バルジャンは三蔵(笑)、
ジャベール警視(笈川武夫)は無名山、コゼットは小百合という名前となっております。
コゼット役がなかなか決まらず、雪洲の長女案も当初は出ておりました。

雪洲はこれより5年前、東横映画の大作「レ・ミゼラブル」に主演しており、
そちらも舞台を明治初期の日本に翻案し、西南戦争を背景とした話でした。
で、このテレビ版は早川雪洲脚色として喧伝されたのですが、
これってどうなんでしょうね。パクリのような気もしますが、話は通ってたのかな。
どうも、まだ小さな存在だったテレビという場で、ドサクサにやっていた気が(笑)。
「この放送でテレビドラマに一つのエポックを作り出し、カメラの操作技術だけでなく、
 脚本の意図するところにも新分野を開拓したい」と、
およそ俳優としての文言を超越した抱負を語っていた雪洲の意気は高く、
しかしそれが、局側制作者にはかんに障る部分も有ったようで。

いま一般的に流布されているこの番組での雪洲評は、「重厚な演技」で統一されてますけど、
当時見ていた人々によると、外国暮らしが長かったために、
英語みたいな日本語で、どうにも様にならないという評も有りました。
その上、自分の脚本でありながら台詞覚えが悪く、
一人で四苦八苦していたという(笑)。
出演料が異常に高いのに失敗が多いということもあって反発していた制作側、
或る時、生放送に緊張する雪洲に対して嫌がらせで、
普通は15秒前くらいから、10、9、とやっていくものなのに、
40秒、30秒前から秒読みを始めたというんですね(笑)。

ただ、こうした雪洲の意気込みや失敗も、信託されていた役割が大きかったから。
まだまだ創生期のテレビ界にあって、ハリウッドという大舞台での生活、
更には数少ないアメリカドラマの出演経験を持つこの大御所に期待された役割は、
非常に大きいものが有ったのでしょうし、また、本人もそれを自覚していたのでしょう。
実務的にも、役者の他に脚本、更には演出まで担当していたため、
自分の事だけに集中するわけにはいかず、他者の事も考えなければいけなかった。
それが故の失敗の多さでも有ったわけですが、生放送だった時代ならではでもありました。
期待の大きさが端的に表れていたのが、やはり出演料。
この頃、ちょっとした30分ドラマの制作費が五万円だったといいますが、
早川雪洲の30分ドラマ出演料は、6万円だったといいます。
そりゃ、薄給の制作者からはやっかみの目で見られますわな(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ