私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

テレビ千一夜 (1955) → のり平喜劇教室

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、関東テレビ喜劇の原点を振り返る、この番組です。





テレビの黎明期、先達の映画界からは、まったく相手にされませんでした。
本当の初期には、「商売敵」とすら思われていなかったでしょう。
作りがチャチで報酬も安く、見ている人間も少ないとあっては、
いわゆる「スタア」からは相手にされないのが当然でした。
そんなわけで初期のテレビは慢性的な人材難だったわけですが、
それを補う方法としては、舞台方面の役者、つまり新劇とか歌舞伎方面ですね。
それから、数は少ないながらあまり映画会社に縛られていなかった人々、
轟夕起子などのように盛りを過ぎた人間とか、エノケン・ロッパら喜劇役者。
更には、一般人から募集するという方法も、テレビ初期にはごく普通の方策でした。

そんなテレビ初期を彩った関東喜劇人として、三木のり平も忘れてはならない人物です。
ラジオの『お笑い入学試験』などで人気を博しましたが、
テレビでの出始めと言えるのが、この『テレビ千一夜』。
いま検索したら、本当に誰も何も調べていないので、
面倒臭いですが、またワタクシがやります。
使えない連中だな、まったく(笑)。
放送開始は昭和30年2月3日で、提供は早川電機。
と言って解る人も、今ではかなり少ない部類でしょう。
シャープですね。当時は愛称に過ぎませんでした。

この日本テレビ木曜19時30分枠は「シャープ劇場」と称するのですが、
この番組の始まりは、そのシャープ劇場の名が入った丸枠にのり平が顔を出し、
「ガオーッ」という効果音に合わせて口を開くという、MGM映画のパクリでした。
これはずっと後にライオン油脂・歯磨が、「ライオン劇場」でも用いた手法で、
そちらは昭和も50年代に入ってから、当のMGMに抗議されてしまい、
悲しき封印映像となってしまった事は、ケンちゃんシリーズの稿で解説済みです。
あれはパロディという使われ方ではなかったからかもしれないですね。
どこかできちんと承諾を取って、ソフト収録して戴きたいものです。
他にも沢山ありますでしょ。不二家、松下、三菱、東芝、ブラザー等々、
枚挙に暇無いほどの企業オープニングを集めてソフト化。企画あげますよ。またタダで(笑)。

そののり平の顔に被せるように、出演者名が下から上に上がってくる。
最後にのり平の名前が出るとそれを目で追って、のり平がニコッと笑うという始まり。
当時としてはなかなかお洒落な演出で、子供達もガオーッと真似していたといいます。
この演出のために、テレビで初めて1mものロールテロップが発明された訳です。
そしてのり平が生でやるコマーシャル、「シャープのテレビはいいテレビ。
九万九千八百円」と調子よくやったのには、シャープ側も大喜びだったとされます。
内容は、言ってみればゲバゲバの先駆けのような感じで、短い滑稽ものの羅列だった感じ。
非常に古典的な、バナナの皮で滑るとか(笑)、雑巾がけするのり平が、
そのまま書き割りの壁に突っ込んで消えていくとか、そんな感じだったようですね。

とにかく黎明期というのはその後に伸びる様々な才能が秘かに集っているのも、
故きを温ねてみると改めて知る驚きを得られる歓びの一つだったりします。
この番組のその他大勢の中には、長門勇や早野凡平らがいたと言います。
制作側には、演出の津田昭の下にゲバゲバの井原高忠もいて、
津田も井原も、初期日テレにゴロゴロいた音楽に精通した人材でしたから、
この番組は実は、音楽方面も凄かった。
まだ世に出る前の浜口庫之助がいたアフロクバーノ、
フランキー堺とシティ・スリッカーズ、ハットボンボンズ、
新倉英子、星野みよ子といった演奏家・歌手が参加していたのでした。
「バラエティの日テレ」の元祖と言える番組でしょう。

この井原が台本に、三木のり平のイラストをイタズラというか、書いていたと。
井原が言うには、それを三木のり平が戴いた形で、
あの桃屋のイラスト、あちらはのり平本人の画によりますが、
あれが始まったのだという事です。
笑いも音楽も絵もこなす才人達が集結していたのが、初期テレビでした。
もっとも、いかな才人たちとは言え、その当時はゲバゲバのような
何十人もの本書きを集められるはずもなく、当初のような短い滑稽モノの羅列は、
どうしてもタネ切れしてきたんですね。

そこで昭和31年の4月より、題名を『のり平喜劇教室』に改題。
内容も、設定と筋とが決められている、コメディー劇となりました。
それを機会に梗概を一般募集したようで、4月19日にその第一弾、
「ぼろぼろ人生」が放送されましたが、評価はあまり芳しくない感じです。
その後は風刺も効かせて、基地問題や住宅問題などの時事を織り込んだりしました。
新婚役ののり平が、新居で飛行機の爆音も気にならない風でイチャイチャしている。
そのうち大風が吹いて家が吹き飛ばされても、二人は構わずイチャイチャしている。
飛行機たちが呆れて二人を見ている、といった感じ。
演出は、途中で津田昭から蒲生順一へと引き継がれます。

往時は制作費も極限まで低いので、簡単な小道具は全てその場の手作り。
鉄砲が欲しいと言うと「ほいきた」と美術の人が板を持ってきて、
ギーコギーコと切り出して黒く塗って、「はい」(笑)。驚きの職人芸でした。
その他大勢の役なども、局員がお手伝い(笑)。
コーヒー一杯で通行人や乞食をやった人が、後の幹部にソロゾロいたとか(笑)。
そんな日テレ美術にいたのが、声優として大成する熊倉一雄でした。
あんまり無料出演が多いので本職になってしまったという事ですが、
その後も「どうして熊倉に出演料を出すんだ?」としばらく言われたようですね(笑)。

放送中に起きたジラード事件も題材にされましたが、この時、
当初ジラード役にはジョージ・ルイカーを想定したものの断られ、
更にはEHエリック、ロイ・ジェームスといったところにも断られたようです。
仕方無くのり平の付き人が、赤毛のカツラを被って演じたというのですね。
土曜に移動となっていたこの番組は、ジラード事件を扱った影響でもないでしょうが、
昭和32年3月16日をもって終了となっているようです。
そんな『のり平喜劇教室』ですが、なんと、一本だけ現存している可能性が有ります。
のり平の都合で、「サラリーマン交響楽」の回だけフィルム撮りしたというのです。

それはチャップリン映画のような、コマ落としのテケテケ動く映像で、
スパイク・ジョーンズ調の音楽に乗って、サラリーマンののり平が、
顔を洗って飯を食い、バスに乗って会社に着くまでを撮ったというのですね。
そして会社に着いて仕事を始めるとダラダラとスローモーションにし、
昼休みになるとまたコマ落としの素早い動きで外へ出ていく。
夜遅く酔っ払って帰宅すると、中田康子の演じる奥さんが怒る部分は早く、
叱られるのり平の部分は遅くと、交互に流すという実験作でした。
その回も例によって資金が少ないので、早川電機をロケ現場にし(笑)、
約三十分のテレビ映画を、わずか二日で撮ってしまったのだといいます。
話だけ聞いても面白そうだし、何よりも貴重な、昭和三十年代初期のテレビ番組。
なんとか関係者の手によって発掘、公開して戴きたいものです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。