私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



私の秘密 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、特ダネものの原点を振り返る、この番組です。





テレビ初期には、NHKによる娯楽性が少なめのクイズ番組も、
非常に人気が高かったのですよね。
初期と言うか、昭和も五十年代まではそんな感じでしたか。
ワタクシなんぞ、当時から『連想ゲーム』を大人が楽しんでみているのが、
不思議で仕方なかったですけどね。
変化に乏しいし、単純だし、特にワンワンコーナーなんて、
大の大人が「ニャーニャー」とか答えてると、阿呆か?と思いました(笑)。
でも本当の初期には、他に娯楽性が有る番組も少なかったでしょうし、
それはワタクシでも楽しんでみていたろうなあと思うのです。

そんな単純ながら、故に様々な番組の基礎となっているものが多い
NHK初期娯楽番組の一つが、この『私の秘密』で、やはり非常に高い人気を誇りました。
『それは私です』と題名からして区別しづらいですけどね(笑)。
内容としては、ある秘密を持った出場者が登場するので、それを出演者が当てるもの。
固定出演者は藤浦洸、渡辺紳一郎、藤原あき。更に特別出演者が加わります。
各出演者は、秘密を持った出場者に4問だけ質問ができますが、
それに対する回答は、イエスかノーのどちらかしか許されません。
そうして、その「秘密」がどんなものか当てるというものでした。

司会はご存知、ドーモドーモの高橋圭三。
「事実は小説より奇なりと申しまして」という冒頭の挨拶がお馴染みでした。
初期に出た特別出演者の顔触れは、長谷川一夫、高峰秀子、上原謙、山口淑子、
古川ロッパ、中村メイコ、八千草薫、月丘夢路、乙羽信子、佐田啓二といった面々で、
変わった所では作家・里見弴、森田たま、吉屋信子などが出ました。
それら特別出演者にはご対面の人が用意されていて、この人は誰かとなる。
これがなかなか思い出せない場合が多かったようです。
水師営の会見で乃木大将とステッセル将軍の通訳をしたという人あたりが、
ごくごく初期の驚愕秘密さんでしょうか。

昭和32年5月27日に出演したフランキー堺のご対面さんは、
子供の頃に真言宗の日曜学校で、宗教・道徳観を導いてくれた恩師の僧侶。
一緒にお経を上げながら涙するフランキーの姿が有りました。
昭和33年1月27日放送では、汽車の各種第一号券を何千枚と集めた人が登場。
この人が当然と言うか国鉄職員だったため、職権乱用?という指摘も有りましたが、
古い知人が氏の人柄の良さを述べ、幼少時よりの努力の賜物だと弁護が有りました。
これなどかなり貴重なものだと思いますが、どこかで保存されているのでしょうか。

昭和33年3月10日には、日露戦争の英雄・内田軍曹が登場。
歌にまでなって崇められた英傑でしたが、昭和の世となった当時では、
藤浦洸あたりでも答えられない人物となっておりました。
この頃には番組人気も最高潮。
NHK調査では、50%に迫ろうかという視聴率で第一位でした。
10月8日には、台風22号で家族7人が流され、
一人だけ奇跡的に助かった少年が登場。
往時のテレビ倫理意識の低さが偲ばれます。今もあまり変わらないか。

しかしながら人気の方は相変わらず絶好調で、力道山のプロレスや、
子供の間での月光仮面と並び称される存在でした。
そして、第七回菊池寛賞をNHK芸能局が、この番組の企画により受賞したのです。
昭和34年1月12日には、なんと、小原庄助さんの子孫を自称する人が登場。
しかし小原庄助は架空の人物というのが定説で、昭和10年に小唄勝太郎が吹き込んだ時、
会津の古老でも、小原庄助を知る者は一人もいなかったといいます。
よほど話の種が無かったのでしょうが、NHKもわりといい加減な時代でした。
1月19日放送は、長崎から。番組最後に高橋圭三が、「私、これから急いで東京へ
帰る事に致します」と言ったあと、続く時間の『歌の広場』冒頭で、
「長崎から東京までわずか20秒」と、腕時計を見ながら宣いました(笑)。

昭和37年4月からは、NHKを退社、独立した高橋圭三に替わり、八木治郎が登場。
6月には、回答の藤原あきも参院全国区出馬のため降板。後任は塩月弥栄子でした。
裏千家の茶道家で、それまでに2回ほど特別出演しておりました。
6月4日は、乃木将軍と辻占売りの話となっている、辻占いの少年だった人物が登場。
少年は将軍の励ましを胸に、立志伝中の人物となり、
市へ養老院や孤児院を建てて寄付したというのです。
この手の話にはとかく「自称~」の人が何人も湧いてくるものですが、
この場合には何か傍証なりが有ったのでしょうか。

昭和39年3月23日には、小学校を62回も替わりながら卒業した、サーカスの少年が登場。
昭和40年代前半、色々な漫画・テレビでサーカスの子供の悲哀を描いた話が有りましたが、
その元の話は、この少年を紹介したこの時の放送だったのでしょう。
6月1日には、第二次大戦中にシンガポールで日本軍人に世話になった戦災孤児が、
事業に成功して実業家となって来日し、その元軍人と対面する場面が有りました。
しばらくその顔を見つめた後、思い出したかのように元軍人の名を呼んで抱きつき、
涙にくれるその姿は、茶の間の涙腺を絞りました。

昭和40年5月3日に特別回答者となったサトウハチローには、非難囂々。
「落第したほど頭の悪い者が考えられっこない」とか、
「先輩がいるからお任せする」といった調子で、まともに質問をせず、
質問拒否するくらいなら最初から出演拒否するべきという尤もな指摘が有りました(笑)。
『春夏秋冬』の稿でも思いましたが、詩人なんて人は結局、一人よがりなんでしょうか。
八木治郎アナは、毎日放送のウイーク・エンド・ショーを担当する事になり、
この年の11月いっぱいをもってNHKを退社。
代わりに長谷川肇アナが三代目司会者となり、丁度一年で番組そのものの寿命が尽きました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ