私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



お昼の演芸 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、トリオ演芸の原点を振り返る、この番組です。





まず昭和29年に歌奴司会の『お昼の演芸』という番組が有って、
そこからお笑い三人組が出てきて『青春カレンダー』という番組が出来、
更にNHKに目を付けられて『お笑い三人組』という番組が出来た、
という事は、既に少し前の『青春カレンダー』の稿で述べました。
今回は、その『お昼の演芸』に関して書いてみようと思います。
ところが、この『お昼の演芸』という番組名がクセ者で、
要するに「お昼の時間に演芸を放送する枠」といった意味で使われたのですね。
言ってみれば「天気予報」みたいなもので、番組名であって番組名でない。
だからラジオ番組でも有りましたし、テレビでも日本テレビの他に、
TBSでもフジテレビでも有りましたし、同時期にやっていた事も有ります。
今回は、あくまでも脱線トリオを扱う意味での『お昼の演芸』に限ります。

先の『青春カレンダー』は、当初サスプロという局の自主制作枠だったものが、
お笑い三人組の活躍でシルバーラジオという提供会社を獲得。
木曜昼から、見事に月曜夜7時台へ昇格となりました。
その『青春カレンダー』の前日、水曜昼にやっていたのが、『正成君罷り通る』。
これもテレビ初期の歴史に残るコメディーなので、いつか扱えたら良いのですが。
その『正成君罷り通る』に手取り八百円のチョイ役で出ていたのが、南利明。
昭和22年にエノケンの内弟子となり、エノケン劇団解散後は、
新宿セントラル劇場や浅草フランス座といったストリップ場で、
場繋ぎ役のコメディアンをやっておりました。

『青春カレンダー』の村越潤三プロデューサーは、論功行賞か、
この『正成君罷り通る』の後枠である水曜お昼も受け持つ事になった。
そこで彼は、貞鳳、猫八、小金馬に替わる三人組を探そうと思い立つのですね。
まず、『正成君罷り通る』で見かけていた南利明に目を付けた。
その理由は、安く使えて筋の良い奴(笑)。
次に、森川信一座からやはりストリップ小屋の芸人となり、
『正成君罷り通る』にも一度チョイ役で出た、八波むと志。
最初は、この二人で『お昼の演芸』で使ってみたというのです。

そこへ、ムーラン・ルージュ出で日劇へも出ていた由利徹が、
コメディアン仲間の二人を訪ねてきた。
局のスタジオ脇で話している三人を見た村越は、この三人だ!と閃き、
話を持ちかけたところ、もちろん三人とも大喜び。
こうして脱線トリオが出来上がった訳で、先のお笑い三人組といい、
トリオ芸というのはテレビが生み、育てた芸だと言えるのでしょう。
お昼の演芸の前半は普通の演芸披露で、真打ち昇進前の林家三平なども出ました。
そして後半が、脱線トリオによるコント、たそがれシリーズでした。

脱線トリオ初のコントは、「石松代参」。
八波が石松、由利が江戸っ子で、南が虎造のレコードを回す係。
二人が虎造の節に合わせて劇を進めて行くのですが、
レコードには傷がつけてあり、少し進むと同じ場所を繰り返す。
二人はそのレコードに合わせて同じ演技を繰り返すというもので、
これは初期テレビでは考えられないくらい斬新な笑いでした。
それというのも、三人ともストリップ小屋などで場数を踏んでいて、
引き出しが豊富に有ったから。
テレビとは違う空気で練り上げられた生の笑いは、たちまち注目されました。

勿論、その後はきちんと作者が付いてのコントとなったわけですが、
それでも三人の持ち味は衰えず、昭和35年頃までこの番組を引っ張りました。
ただ、その昭和35年頃にはもう引き出しも開けきってしまった感じで、
やたらとポカポカ殴ったり、椅子を引っ繰り返したりの単なるドタバタが増え、
相手の言う事に吹いたり、カメラ目線を意識したり、
とにかく舞台上の様々な所作が論われるようになっていきました。
一口に言えば、マンネリだったのでしょう。

また、脱線トリオの面々も大いに売れて、それぞれが忙しかったようで、
芸も疎かになりだしていたというのも有ったでしょう。
中でも八波むと志は度々抜けていたようで、
それを佐山駿二が埋めていたのだといいます。
こうなっては番組も寿命なのは明らかでした。
末期には前半が、コロムビアトップ・ライトの受け持つ「トップ・ライトの眼」
というコーナーとなったようですが、内容はよくわかりません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
歌奴司会の「お昼の演芸」vs三平司会の「今日の演芸」
そういえば三平師匠も元々は昼の演芸番組の進行役でそのキャラクターを見初められて、あれよあれよとテレビ普及に併せて爆笑王に登りつめた口なんですよね。

確か、KRT(あえてTBSといわないところがミソです)の「お昼の演芸」という番組でしたっけ、三平さんが司会やってた番組って。
資料では昭和30年の秋頃に週1回の編成で平日正午の時間帯に「新人落語会」という落語専門の演芸番組が作られて、それが司会の三平さんの人気上昇によって平日13時台に移動して「今日の演芸」に代わり、彼が真打昇進する頃には週1回がベルト番組へと拡大して、35年まで続いた(なので局の略号が「TBS」となった時点ではもうやっていなかったようです)・・・ということみたいですが。

この番組も恐らく歌奴(圓歌)と並ぶ”落語界のTVスター”の草分けである三平さんを世に知らしめた番組という意味でもっとテレビ史・演芸史的にも大きく扱われていいはずなのですが、どうも資料が殆どないせいか殆ど語られることがないですよねぇ・・・。
2014/05/27(火) 18:34:12 | URL | (ハンドル未記入)
三平さんについては、高田文夫さんとか精力的にやっているので、
ワタクシはあまり食指が動かなかったのですが。
でも、少しだけ調べてみようかな。
どうせあの人たちに情報量で敵うはずはないのですが。
2014/05/29(木) 21:57:16 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ