私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



一心茶助 (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、関西公開喜劇の成り立ちを振り返る、この番組です。





♪ それ来たやれ来た やっこらさのさっさ
  今日もさっそう町を行く ソレ
  一心茶助は魚屋だい プージャンジャン プージャンジャン
(茶助)笑顔明るくドンと気はいさむ
(鯉吉)トンカチふるえば日本一
(糸左)天下御免のご意見番
  それ来たやれ来た やっこらさのさっさ
  七色の飴 味覚糖 ソレ
  プージャンジャン プージャンジャン
  
  それ来たやれ来た やっこらさのさっさ
  今日もさっそう町を行く ソレ
  一心茶助の魚屋だい プージャンジャン プージャンジャン



「まげものコメディ」と銘打たれた番組で、題名で判るように、
一心太助を元にした、茶川一郎主演のコメディーでした。
目玉の茶ァさんと呼ばれたように、大きな目玉が売りだった喜劇人で、
関西で売り出したものの生まれも芸能界入りも東京でしたから、
江戸っ子・一心太助ならぬ茶助の役も適役でした。
関西で売り出したと書きましたが、その最たるものが、あの『番頭はんと丁稚どん』。
同じく花登筐による『やりくりアパート』にも出ていて、
佐々十郎、大村崑とともに、正に飛ぶ鳥を落とす勢いだったわけですが。

好事魔多しと言いますか、そんな花登筐が東宝とやり合ってしまい、
東宝側は大宝芸能という新しいプロダクションを作って、
佐々、茶川という、花登が一から育てたというわけでもない二人を囲い、
一方の花登は子飼いの大村崑、芦屋雁之助・小雁らを引き連れて「笑いの王国」設立。
両者は完全に分断されてしまったのでした。
そうして一本でやる事になった茶川が、見事に主演で花開いたのが、この番組。
と言っても、以後はあまりパッとした代表作も無く、
佐々十郎ともども、今日的にはあまり振り返られない存在となってしまいました。

一緒に主題歌を歌っていた糸左・鯉吉というのは、
それぞれ夢路いとし・喜味こいしが演じており、茶川との三人が主に活躍。
それからお京という、茶助を慕う娘に小桜京子。
お京の父親・清太郎が人見きよし、大家が藤尾純。
鯉吉の女房・お京を双葉京子が演じ、こちらを女房お京、
小桜の方を娘お京と呼んで区別しておりました。
それから、末期でしょうか、芦屋雁之助と小雁も出てるんですね。
茶川一郎の本拠地、南街シネマからの公開生放送。

最終回は、茶助と娘お京が祝言を挙げる話、「手をとり合って」の巻。
なかなか結婚を切り出してくれない茶助に業を煮やした娘お京が、
みんなに背中を押される形で告白しに行くも、
雁之助・小雁兄弟が横から入ってきて思いを遂げられず、
仕方無く女房・お京が茶助に全てをぶちまけて、話が進むというもの。
最後には茶川一郎による挨拶が有りました。
「二年以上にわたってご贔屓にして戴きましたこの一心茶助も、
 今日で終わらせて戴く事になりました。長い間ありがとうございました」
 
後番組はしばらく場繋ぎでしたが、少しして、『おけらの学校』が始まりました。
これは茶助の茶川一郎、いとしこいし、更には雁之助・小雁に加え、
佐々十郎と大村崑も加わるという、呉越同舟番組。
花登筐の『笑いの王国』設立に伴う佐々・茶川らと、大村・芦屋兄弟らの断絶は、
当の花登の著書などで舞台裏まで書かれておりますが、
この呉越同舟に関しては、まったく触れているものが見当たりません。
そもそもこの番組に芦屋兄弟が出ている事そのものが意外でしたが。

で、ワタクシなりの推察なのですが、きっと二種の敵を前にして、
関西喜劇旧勢力の求心力が高まったのではないかと思います。
一つは、関東。
花登筐が脚本を書いていた『やりくりアパート』や『番頭はんと丁稚どん』は、
関東でも出色の視聴率を誇っていたのです。
それが、佐々十郎や茶川一郎が抜けた事により、翳りが生じていたのでした。
尤も、この最たる原因は、当の花登に喜劇よりも普通の劇を書きたいという
欲求が高まったためであり、後に花登は、関西根性ドラマで人気を博すのですが。

親分の花登がそんな調子でもあり、また、関東人に大阪の笑いを浸透させるには、
バラバラにやっていたのでは駄目だという危機意識が生じていたのかもしれません。
そしてもう一つの敵が、藤田まことでした。
フジ・関西テレビ日曜夕方6時からのこの一心茶助、髷物ミュージカルコメディーという、
やや新しい路線を開拓して非常に人気を博しました。
この番組と丁度入れ替わるようにして、真裏のTBS・朝日放送で、
あの『てなもんや三度笠』が始まるのです。
しかも、髷物ミュージカルコメディー路線を戴いて。

花登の『笑いの王国』は、何度も藤田にも声を掛けておりましたが、
当の藤田は、上にいる人間が多すぎて抜くのに時間がかかると相手にせず。
王国側にはそうした恨み辛みも有りましたし、また、
大きく東宝という立場から見ても、自分達の息がかからぬ喜劇人を、
今のうちに潰してしまおうという考えが有ったのではないでしょうか。
結局は、『おけらの学校』の旧勢力は返り討ちにあってしまうわけですが、
こう考えると、藤田まことが渡辺プロダクションという、
喜劇とまったく繋がりの無い、しかし芸能界での力は抜きん出た
プロダクションに寄って行った理由も、見えてくる気がするのです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
はじめまして
時々気になる番組を見つけるとのぞかせていただいています。
さて、今回なぜ気になったかというと、先日NHKのラジオ深夜便で「上方コメディの時代」というテーマで当時の人気番組を手掛けたNHK元プロデューサーの棚橋さん(ラジオの「お父さんはお人好し」を手がけた)と澤田隆治さんのインタビューが放送されていて、澤田さんの証言の中で、藤田まことさんのブレイクするまでの行程で「一心茶助」というフレーズが出ていたんです。「スチャラカ社員」で一定の評価を得た藤田さんに対して関西テレビから「一新茶助」の重要な役でのオファーがあったことをマネージャーから聞き出した澤田さんが、「彼を手放したくない」と藤田さんを囲い込もうとするために「てなもんや三度笠」を企画したとか。放送の中では花登さんの名前は出ていませんでしたが、一サラリーマンが大巨匠を相手に喧嘩を吹っ掛けたなんて…。時代ですね。
とめどない話で失礼しました。
2015/07/14(火) 00:21:54 | URL | 関東のラジオ聴き
はじめまして。
時々でも書いて戴けると嬉しいです。

沢田さんも、初期テレビを知る少ない存在となっておりますねえ。
もっと色々と聞き出して欲しいですが。

結局、東宝は関西テレビと関係が密ですから、
沢田さんとしては、向こうを充実させるのは避けたかった訳ですね。
そして、王国・東宝と両方の誘いを蹴った藤田さんが真裏に来たという事で、
敵の敵は味方という意識で王国・東宝の呉越同舟が実現した感じですね。
2015/07/18(土) 06:41:46 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ