私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



しゃあけえ大ちゃん (1964)

しゃあけえ大ちゃん

只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、国際放映お得意の子供主役劇を振り返る、この番組です。





テレビ映画史上空前の予算を投じ、映画会社がテレビ映画を作るとこうだ、
という流石の冴えを見せて大人気となった、大映テレビ室による『図々しい奴』。
主役を演じた丸井太郎の演技も非常に魅力的でした。
ただ、主役・戸田切人の半生を描いたドラマだけに、
子供時代から描いており、その時分は当然、子役が演じていた訳です。
その子役というのが、岩上正宏。
実は開始当初、この岩上の演技が注目を浴びていたのでした。

山陰地方の方言なのか、「しゃあけえ、~ぞな」といった言い回しが憎めず、
また、彼の演技力も当時の子役としては大したものだった。
この時の好評と、彼の演技上の役柄には捨て難いものが有り、
それは視聴者のみならず、制作側、局側にもきっと有ったのでしょう。
『図々しい奴』の翌年、なんと岩上少年の完全主役ドラマである、
この番組が始まったのでした。

岩上少年は、東京のおじさんの家に世話になる田舎の少年。
『図々しい奴』での姿そのまま、かすり姿に草履履き、
ズック鞄に学帽をちょこんと乗せた姿。
家を出る時はおばさん達の手前、きちんと靴を抱いているのですが、
途中で様子を伺いながら、また草履に履き替える。
「しゃあけえ」「~ぞな」「~ですら」「つかあさい」などの言葉遣いに愛嬌が有り、
都会っ子や大人たちは、その姿や言行に些か戸惑いながら、
大ちゃんの自然児ならではの魅力に引き込まれていく、といった感じの話でした。

大ちゃんが世話になっているのは、大工の兼吉と松江の夫婦。
大飯喰らいの大ちゃんは、一人でお釜を空にしてしまう豪傑。
それだけに力は強く、番長たちも一人でなぎ倒してしまうのですが、
普段はまったく昼行灯のように諸事を気にせず、泰然自若としております。
言ってみれば、大物なのか馬鹿なのか、わからない。
ただ、ゆかりちゃんのようなか弱い女の子を苛めるような奴には、
それを許さないという正義漢でありました。

その、ゆかりちゃんを演じていたのが、この当時の売れっ子だった上原ゆかり。
子役は本当に本名と役名が同じ場合が多いですね。
大ちゃんには他に、田舎から一緒に来た親友もおりました。
それが、手乗り文鳥のブン太。
困った時、迷った時等、何か有るとブン太に話しかける大ちゃん。
不思議な事に、ここ一番の時にはこのブン太の声が聞こえたり。
ちょっと早回しの感じの、甲高い声で大ちゃんに話しかけておりました。

この番組最大の魅力は、やはり岩上少年の傑出した岡山弁?演技でしたが、
題名になっているので、特に「しゃあけえ」は何かにつけて連発してましたね。
「しゃあけえ… しゃあけえ…」。
決して押しは強くなく、どちらかと言えば引っ込み思案なのだけれど、
おどおどしているわけではなくて、芯には強いものが有る。
実際に腕っ節は強いけれども、ぼーっとした感じの、不思議な少年でした。
制作は、NAC(国際放映)。という事は、大映テレビ制作で受けたあの少年をと、
TBS側が主導して企画した感じでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
しゃあけえとは
岡山方言で、「だけれども」という意味です。東北で言う「んだども」、北海道で言う「したっけ」、あるいは九州で言う「ばってん」に相当しますね。
テレビの中の岡山弁と言えば、先年亡くなった長門勇氏の愛用語「おえりゃあせんのう」も有名ですが、こちらは「だめだ、こりゃ」といったニュアンスの言葉だそうです。
(詳細はリンク先・昨年6月13日のエントリーも参照のこと)
2014/06/20(金) 12:06:31 | URL | うみがめ
やはり岡山弁ですか。
そもそもは『図々しい奴』で、主人公の戸田切人が使っていた言葉でした。
それをそのまま、この番組で岩上少年に使わせていたのです。
2014/06/20(金) 21:54:38 | URL | ごいんきょ
今の今まで
「しゃーけん大ちゃん」だと思っていました。

♪しゃーけん(え)、しゃーけん(え) という主題歌の一部が耳に残っています。
2014/06/28(土) 18:20:28 | URL | 鱸
そう言えば、この番組の主題歌情報が見当たりません。
ご存知の方、お教え下さい。
2014/07/03(木) 21:55:06 | URL | ごいんきょ
しゃぁけぇだいちゃん主題歌
みぃんな笑おと大ちゃん
おおきなことを
お国訛りがなかなかなおらない
どうか勘弁してつかあさい
しゃぁけ,しゃぁけ,
がんばれ大ちゃん
がんばれぇ~~
2015/01/31(土) 22:38:27 | URL | ゆかりと同い年
これはありがとうございます。
レコードにはなってないのかな。

「ゆかり」というのは、上原ゆかりさんでしょうね。
2015/02/01(日) 06:05:44 | URL | ごいんきょ
スポンサー
日曜日の午前中に見ていました。スポンサーはパスナスだったような。
2017/02/13(月) 21:44:46 | URL | 関西人
パルナスですか。
七色仮面も再放送していたようですが、関西地方では多くの人が楽しんだ再放送枠だったようですね。
2017/02/19(日) 13:00:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ