私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



びっくり捕物帳 (1957)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、森光子と藤田まことのを振り返る、この番組です。





日曜お昼と言えば、喜劇という雰囲気が、少なくとも関東では結構長く有りました。
それは『大正テレビ寄席』が爆発的人気を得るまでだったと思いますが、
その端緒を開いたのが、この『びっくり捕物帳』。
それは、関西喜劇が関東に雪崩れ込んでくる前兆でもありました。
主役は漫才師の、中田ダイマル・ラケット。
しゃべくり漫才としては史上でも五本の指に入る練達の冴えを見せながら、
ラジオ番組『お笑い街頭録音』で自由なしゃべりでも人気を博していた、
ダイマル・ラケットをテレビで使おうというのが有ったのでしょう。

その当時、関西でただ一つの民放だった大阪テレビの番組で、
プロデューサーの吉村繁雄が、香住春吾にこう相談したのだといいます。
「なんとか、二人の動きのある漫才の味を活かした髷物コメディが出来ないものか」。
探偵作家クラブに属していた香住は、それなら捕物帳仕立てにしたらと進言。
ラケットが目明かし・天満の五郎長、ダイマルが子分のびっくり勘太で、
武家娘の来島妙に、森光子が決まりました。
森光子もラジオの人気番組、『漫才教室』で既に人気者。
まだまだラジオが強かった時代、お笑いの人間もラジオが主戦場でした。

この妙の兄である天満与力・仙之助がなかなか決まらなかったのですが、
ダイマル・ラケットの舞台によく出ていた藤田まことを、
ダイマルが強く推したのだといいます。
藤田はとある縁で二人の舞台に加わるようになり、
ダイマルの使い走りのような事をしておりました。
嫌な顔もせずに雑用をこなす藤田に、ダイマルが好機を与えたのです。
勿論、これが彼のテレビ初登場でした。

大映しの御用提灯が消えると、五郎長と勘太が現れ、
「親分」「なんや」、「ポカン」と軽い掴みで番組が始まります。
提供は、既に吸収されてしまったモナ化粧品。
当初は日曜19時からの番組だったようですが、6月16日放送分より
関東や中部にも放送される事となり、日曜昼12時15分からとなりました。
これが記念すべき、関西のお笑いが全国的となった嚆矢であります。
そして、この番組の人気により、日曜昼は喜劇と言う流れが暫く続くのです。

この番組で最も注目されたのは、森光子でした。
一刀流免許皆伝の妙は、頼りない五郎長・勘太を救うべく、
毎度毎度、見事な殺陣を披露していたのでありました。
主役三人の殺陣は、当初は即興だったのですが、段々と定型化したために、
きちんとした殺陣師の的場達雄を起用。
森は映画時代に武家娘も演じておりましたから、立ち居振る舞いは出来ておりましたが、
さすがに実践的な殺陣は経験していなかったのでしょう。
この殺陣の冴えと、既に三十六とは思えぬ見た目の良さに、
当時の男連中はメロメロとなったのでありました。

その人気の森が、菊田一夫の眼鏡に適って、東京の舞台に進出する事に。
これには制作側も大いに弱ったのですが、TBSの岡本愛彦と既に恋仲とあっては、
これを認めざるを得ず、やむなく録画での放送が増えたのであります。
この時、VTRの他に、キネコも使われていたという記述が有ります。
であれば、本来であればその回は現存していても良いはず。
ところが日本のテレビ人はまったくの阿呆でしたから、
フィルムの物も、ワザワザその場で廃棄したりしていたのでした。

昭和34年5月いっぱいで森は降板し、美杉てい子が後任の妙に。
更に環三千世が茶店の娘として新参加して、華を添えました。
環も刀を振り回していたといいますが、茶店の娘が刀を握るなど、
実際には有り得ませんがね。喜劇だから通じた描写ですね。
環も美杉も、どちらも宝塚出身。
しかし、なんでもこなした森の後釜には厳しかったか、
番組人気は見る見る落ちてしまい、森降板から一年で終了となりました。

昭和33年12月、録画が増えた事を森が紙上で視聴者に詫びました。
それによれば、中断しないために5回分の録画が必要で、
それには経費も非常にかかるし、他の出演者の予定や作家の香住の都合等、
様々な無理を言って録画になってしまい、申し訳無いという事でした。
当時のディレクターである澤田隆治等、関係者らの暖かい理解が、
この無理を可能にしました。これも関西ならではだったのかもしれません。
何故わざわざ紙上で断った上で謝罪したかと言えば、
キネコ画面が生に比べると、非常に汚い絵面となるからでしょう。

捕物帳と言うからには毎週毎週事件が起きる訳ですが、
この番組には驚くべき大前提が有りました。
それは、人を殺してはいけない。 捕物帳なのに(笑)。
提供会社のモナ化粧品が嫌がったのだと言いますが、これには香住も苦労したようです。
そして、生時代には、刀が折れたりといったお定まりの失敗談も多数。
或る時フスマが倒れてきたので、ダイマルが咄嗟にカメラ前に立ち塞がり独演。
この機転に感心した視聴者が、「きんいっぷう」を贈ってきたのだそうです。

ところがその中身が、「金将」「歩兵」の将棋の駒が一つずつ。
「きん」「いっぷ」という事らしいと悟ったダイマル、
その後も大事に取っていたそうです。なんとも関西らしい逸話ではないですか。
と、ここまで書いて、藤田まことの逸話は一つも無し。
テレビ初体験の彼は、まだ名を残すだけの事が出来なかったようです。
「破格のギャラ」と言われて貰ったのが、2250円。
ここから、関西喜劇人の中で独立独歩を貫いた藤田まことが出帆したわけです。
また、菊田一夫の舞台とTVコメディーで名を成した森光子も、然りでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ