私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



まりっぺ先生 (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、初期松下電器提供ドラマを振り返る、この番組です。





琴姫七変化、黄金バット、巨人の星、天才バカボンと並べて
ピンと来るあなたは、なかなかのヲタク(笑)。
これらはみな、読売テレビ制作の日本テレビ系土曜19時の番組。
大塚グループ提供の、大塚アワーと呼ぶべき時間でありました。
その端緒を開いたのが、かの大村崑による『頓馬天狗』でありまして、
そちらも遠からず扱う予定でありますが、今回の作品は、更にその前の番組。

主演は、宮城まり子。それで題名が『まりっぺ先生』となるわけです。
壺井栄の『二十四の瞳』から発想を得たのだろうと思いますが、
東北の寒村・渋民村の分教場に赴任した女性教師が、
そこの教師、村人たち、和尚さんらと触れ合いながら、
住人の子供たちとの学校生活を過ごしていくというもの。
まだまだ初期のテレビという事で、出てくるのは基本、善人ばかりと思われ、
本当にほのぼのした味わいのホームドラマだった事でしょう。

そもそも宮城まり子はこの前段として、TBS月曜の、
ナショナル劇場の記念すべき第一作である『てんてん娘』で主演。
そこで人気を博し、有名タレントとなったのでありました。
『てんてん娘』は好評のうちに終了。
終了後も宮城はしばらく忘れられず、思い入れの強い番組でありました。
企業CMソングである『明るいナショナル』を作曲した三木鶏郎が主題歌も担当し、
宮城が歌ったその歌は、当時としてはそこそこのヒットともなりました。

その後TBSナショナル劇場は、やや重厚な路線へと転換し、
宮城まり子が主役として要請される雰囲気ではなくなっていきます。
そこでという事で日本テレビが目を付けたのか、
はたまた宮城と再び明るいドラマをと松下電器側が考えたのか、
おそらく局側が動いたのだと思いますけど、『てんてん娘』から約一年半、
日本テレビで松下提供の、この番組が始まったという次第です。
こちらも音楽はもちろん三木トリローで、タイトルは谷内六郎が担当。

ネット局は日本テレビ、読売テレビ、テレビ西日本、西日本放送、南海テレビと、
まだまだ東北地方のテレビ事情はお寒い限りで、この番組は放送されず。
でも、だからこそ東北事情を伸び伸びと表現できたかもしれませんね(笑)。
なにしろ第三話「黒いチョーク」(須崎勝弥作)は、
山奥のため白墨が無い分教場の生徒たちに、まりっぺ先生が炭を使うという事を
思いつく話でしたが、いくらなんでも教育の場に白墨くらい有ったでしょう(笑)。
もし東北に放送されていたら、馬鹿にするなという抗議が有ったかも。
最後の場面で涙をこするたび顔が黒くなるまりっぺ先生が、
可笑しくも感動的な話でした。

昭和33年12月20日放送「学校温泉」では、ドラム缶風呂の場面が有り、
なんと、宮城まり子が体当たりの演技をしたとあります。
まさかおっぱいは出してないでしょうが(笑)、これなどは、
後の『水戸黄門』に於ける由美かおるを想起させます。
松下電器、よほど入浴場面が好きと見た(笑)。
昭和34年1月17日放送は、雪男騒動の話。
その正体がタドン(黒星)続きの相撲取りというオチで、
これは子供騙しという評価がされておりました(笑)。

まりっぺ先生こと小宮先生は、一ヶ月という約束でこの分教場に赴任。
昭和33年11月29日放送開始ですから、東北はもう厳寒の頃合いで、
チャンチャンコ姿がとても愛らしかったのです。
ところが実際に来てみると、村人や子供達に絆されてしまい、いつく事に。
結局、番組は人気が有ってか一年も続く事となりました。
「チャンチャンコの先生」と呼ばれていたまりっぺ先生、
衣替えの季節になると、さすがに東北でもチャンチャンコでは暑い。
そこで、まりっぺ先生の姿をどうするかとなったのですが、
宮城まり子は、夏でも着て通すと宣言して打ち込んだのでありました。

そそっかしくて慌て者、けれども明るく朗らかで曲がったことが嫌いな
まりっぺ先生は、歌も上手くてみんなの人気者でした。
即ち、『てんてん娘』同様、この番組でも宮城はよく歌っていたのでしょう。
宮城まり子の仕事は、『てんてん娘』でもなんでも、常に絶賛されました。
この番組も好評のうちに終わる事となったのですが、
後番組は松下側の事情でしょうけど、もう松下提供の番組ではなく、
先にも述べた通り、大塚提供の『頓馬天狗』へと替わることになります。
そこからは、暫く大塚アワーが続く事になりますが。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
原作(?)マンガがありました
まりっぺ先生のマンガを読んだ記憶があります。友達の家の物置から引っ張り出して来て読んだと思います。もう50年ほど前。たしか雑誌の付録で、表紙の裏にテレビの「まりっぺ先生の」写真が掲載されていましたが、マンガが先かテレビが先かわかりません。作者はなんと赤塚不二夫でした。私が読んだストーリーは分教場にチョークがなくなり、本校に取りに行ったものの、途中で川に落としてしまうというものでした。
2014/11/08(土) 15:14:58 | URL | 連翹庵
丁度、漫画もテレビも伸びていた時期で、テレビの漫画家も多かったんですよね。
おそらくそれも漫画化したものでしょう。
赤塚さんが『まりっぺ先生』を描いていたとは知らなかったな。
2014/11/09(日) 10:20:59 | URL | ごいんきょ
生徒役で出演していました。懐かしいです。
2017/06/07(水) 10:28:32 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ