私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



テレビ週刊誌 ただいま発売! (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、ワイドショーの初期を振り返る、この番組です。





昭和三十年代初頭、週刊新潮・週刊文春という、いわゆる出版社系の週刊誌が創刊され、
大衆の野次馬根性を惹起させる見出しや記事を漁る記者連中が、
多分に侮蔑的な意味合いをも含む、「トップ屋」と呼ばれて持て囃されました。
戦後日本の文化も、これをもって加速度的に伸長していく事となります。
続いて昭和34年には、少年マガジンと少年サンデーが創刊され、
子供文化にも週刊化の波が押し寄せ、情報取得の速度が速まっていきました。

よく言われることですが、出版にとっても脅威となるであろうと見込まれていた、
他ならぬテレビというこの存在こそが、週刊化文化を誘発したのだとも言えます。
当時のテレビはワイドショーのような野次馬番組も有りませんし、
これにより出版業界も、かなり活気づいていたわけであります。
さて、ワイドショーは無かったと書きましたが、実は、
野次馬番組という事で言えば、実は、わりと早い時期に登場しておりました。
それが、今ではまったく振り返られない、今回の番組です。

その名もそのまま、『テレビ週刊誌 ただいま発売!』。
週刊誌の魅力を、そのままテレビで再現してみようという企画でした。
昭和36年6月15日からNETで始まった45分番組。
当時45分番組と言えば、「ワイド」と呼称される枠だったのです。
言ってみれば、これこそがワイドショーの先駆けと言って良いでしょう。
内容は週刊誌をそのまま模したようなもので、
歌、踊り、フィルム、ドラマ、漫画、コント、手品など、
とにかく様々な興趣を盛り沢山に詰め込んでしまおうという企画。

司会は、べらんめえ外人のロイ・ジェームスで、アシスタント、
当時はお手伝いと称しておりましたが(笑)、それが市川和子。
構成はこれまた前田武彦らで、音楽は前田の同士・いずみたくで、演出が竹内義明。
沢村みつ子と中村八大トリオの歌や、脱線トリオのコント、
岡田晋の小説に、小島功の漫画と、更に特別出演者も複数いるわけで、
45分にちょっと詰め込みすぎだろうと思うのですが、
実際、放送が始まってからも、いい所なのに時間が足りないという苦情が多いのでした。

第一回で、婚約を発表した宇津井健と阿部千恵子の二人が登場したあたりが、
当時のテレビとしては非常に時機を得て、週刊誌的な動きだったかもしれません。
ただ他の部分に関しては、ただ構成を並べ立てているだけという見方も。
最後の部分は「夢のチャリティー・ショー」で、有名人が出品した物を競るという企画。
収益金は小児麻痺対策に使われるという触れ込みでした。
ただ、7月27日放送では、藤本二三代の出した鳥籠や、
プロ野球・大毎の田宮謙次郎選手が出したバットに買い手がつかず(苦笑)、
やや淋しい感じとなりましたが、考えてみれば仕込みやヤラセが無かったという事です。

11月30日放送は、「女性対男性」と題して、NHK『夢であいましょう』の構成として
名を売り始めた永六輔と、それに歌手として出演していた坂本スミ子が対談。
この時、最後のチャリティーで岩井半四郎の前で時間切れになってしまうという失態。
昭和37年3月8日は、「変貌する奈良」と題して、古都・奈良に建設された
奈良ドリームランドの是非を白熱の討論。
建設者の松尾国三は、「頼まれて作ったのだ。どこが悪いのか」と大見得を切りました。
旅役者から立身出世した豪傑らしく、些かもたじろぐ様子は無かったようです。

翌々週の3月22日は「日本のお坊さん」と題し、住職作家で売り出した寺内大吉、
朝比奈宗源、岡本太郎らが仏教に関して語り合うというもの。
ただ、岡本太郎が例によって感情的になり(笑)、
この部分で20分という時間配分が少なすぎるという感想が有りました。
そして4月26日は最終回、「週刊誌自身」。
この番組のお手本となった週刊誌という存在を正面から取り上げ、
トップ屋による覆面座談会など興味を惹きましたが、例によって時間が短かったと。

この番組、発想自体は決して的外れではなかったであろう企画でしたが、
結局どうしても45分という時間が短すぎて、いつも尻切れトンボのような
煮え切らない感想を持たれていたためか、成功しませんでした。
この番組開始から3年、終了からでも2年の時を要して、
ようやく現在のワイドショーの始祖とされる『木島則夫モーニングショー』が、
局も同じ、このNETで始まる事になります。
そちらも当初は60分番組ですから、今から見れば短い感じですが、
きっとこの時の経験を活かして、内容を絞って上手く行ったのでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
NETの設立に関わったとされる東京タイムズの流れを感じさせる番組
全くの私見ですけど、NETの設立に関わったとされる東京タイムズ(開局前に撤退したとされておりますけど)の流れというか匂いを感じさせる番組ですね・・・・、東京タイムズというのは終戦直後に発刊された戦後派新興新聞の一つで、後に田中角栄秘書となる早坂茂三が記者として在籍していた事で知られている硬派な娯楽紙路線(何のこっちゃ?って表現ですけど、分かり易く言えばエロや芸能記事を排除したタブロイド紙(但し殆どの時期を朝刊紙の体裁で通し、判型までタブロイド判という時期は極短かったですけど)という辺りが適切かと)と、昭和30年代以降続々発刊される出版系週刊誌とも親和性の高さを感じさせた新聞でして・・・・・、って偉そうに書けるほど、その新聞について知っている訳ではありませんけど(汗)。

私にとっては断片的にしか知らない昭和30年代のテレビ番組の発掘作業ご苦労様です。
私からするとただただ感心するばかりで・・・、
テレビの歴史を辿るにテレビが最も熱気を持っていたこの時代を振り返るのが絶対に欠かせないと思いますけど、映像どころか資料すら乏しい状態ですのでからね。
だからこそ当時のテレビをリアルタイムで見ていた方々からの情報が非常に貴重な資料となる訳ですけど、中々集まりませんよね・・・。
2014/05/31(土) 06:01:04 | URL | nanashi
上は私が書いた文です
上の文は私が書いた文です。
2014/05/31(土) 06:02:59 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
ちなみに開局前のNETには
ちなみに開局前のNETには前田久吉率いる産経新聞も設立メンバーに加わっていた様でして、その関係から同じく産経が深く関与し、先に開局した関西テレビも当初はNETとネットを組む事を想定していたらしいですね。
東京版の売上不振に起因する経営不振に喘いでいた前田久吉氏が、東京タワー設立で協力関係にあった水野成夫文化放送社長に産経を売却した事で、産経のNETからの資本引き上げと代わってフジへの合流が急転直下で決まり、関西テレビのフジ系列入りと相成る様ですけど。
2014/05/31(土) 06:23:33 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
そう言えば早坂さんの経歴で、東京タイムズとか出てたなあ。
なんでnanashiなんて名前で書いているのかよくわかりませんが(笑)、
この昭和30年代発掘は、ワタクシにとっても再発見の連続で、やって良かったなとしみじみ思います。
文体を清書して、過去作の分もこの路線で新規に書き下ろして、
電子書籍でまとめてみようかなと思ってるんですよね。

当時の視聴者のコメントは、難しいとは思ってましたが、本当に無いですね(笑)。
以前いてくれた漫中老さんとかが常駐していてくれた頃に、これが出来ていたらなあと思います。

前田氏の株売却ですが、ワタクシの勝手な推理として、
フジテレビ側との密約が有ったかなと思うんですよね。
どうせ赤字の産経を手放させる代わりに、東京タワーの創設社長としての食い扶持と名誉を確保してあげたと。
フジ側は、後発として弱かった報道の強化になりますしね。
前田氏としては渡りに船の話だったかと思いますが。
2014/06/01(日) 07:54:32 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ