私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

夜のプリズム (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、サスペンス枠の原点を振り返る、この番組です。





昭和50年代後半あたりから、長時間ドラマブームが起こりました。
テレビ朝日の『土曜ワイド劇場』を先鞭として、毎週2時間もの
違ったドラマを放送するという、それまでから考えると非常に豪華なドラマ枠。
テレビのあらゆる力が充実してきたからこそ出てきた枠だと言えますが、
その中でも特に力を持っていたのが、「サスペンス」と称されるドラマ。
この言葉はテレビ黎明期から有りましたが、同等か、
むしろ、より多い頻度で使われたのが、「スリラー」という言葉でした。
今だと怪奇ものという意味で使われているかと思いますが、
テレビの黎明期は、サスペンスと同義のような感じで使われていました。

昭和34年1月21日から、日本テレビが日野自動車の提供で始めた、
この『夜のプリズム』は、毎回違ったスリラードラマを放送していた、
当時としては非常に贅沢な枠でした。
この頃、テレビは第一次サスペンスブームとも言える様相で、
各局でスリラーとかサスペンスと題したドラマが頻発しておりました。
基本は毎回違う話として始まったものの、
回が進むと様々な形態で話が作られるようになり、
昭和35年4月から、「怪盗太郎シリーズ」というものが始まります。

これは月一回の定期シリーズで、ヒッチコック・マガジン連載の
「ルビイ・マーチンスン」を原作にしているのだといいます。
間抜けな強盗の二人組、石川太郎と石川進の、おとぼけ怪盗もの。
どこがスリラーなのかとも思いますが、こうした流れも、
後のワイドサスペンス枠に通じるものが有るでしょう。
石川太郎は小池朝雄、その恋人ルミには市川和子。
石川進というのはもちろん役名で、キューピーちゃんの石川進とは関係ありません。
その進は、高野恭明という人がやっておりました。

昭和34年5月20日放送「ある脅迫」に出演した宮口精二は、
後方から小声で台詞を口移ししてもらっていたのが丸聞こえ(笑)。
しかし生ドラマ時代、このような例は少なくなかったと思われます。
11月11日「死者の呼び声」で死体役をやった岸田今日子は、
手が大きく動いてしまうという失敗もしていたようです。
このように、生ドラマとしての失敗も幾つか散見されましたが、
この番組では、後々まで数多くの目撃談を生んだ、
いわばテレビ史に残る失敗が有りました。

それが、「尊像紛失事件」。
題名を聞いただけで、ああ、あの話かと判る方も多いでしょう。
置いてあった仏像が無くなるという事件であるはずなのに、
スタッフの失敗で、仏像がどけてなかった。
仕方無いので発見者というか、事件に気付いた人物が、
自分でその仏像をはたき落として、「無くなった!」と騒いだという(笑)。
この話、様々な形で伝えられておりますが、
どうやら『夜のプリズム』の話というのは間違い無く、
非常に詳しい考察をしている所も見つかりました。
http://toita1214.exblog.jp/21465866/ (全4回)
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。