私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

おかっぱ侍 (1957)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、ドラマというものの原初を振り返る、この番組です。





テレビ初期に活躍した関東喜劇人として、三木のり平と共に忘れてはならないのが、
ありちゃんと呼ばれていた有島一郎でしょう。
左卜全、由利徹、楠トシエ、水谷八重子(初代)、森繁久彌ら、
錚錚たる舞台人を輩出した新宿ムーラン・ルージュを皮切りに、
戦後ラジオの金字塔『日曜娯楽版』で活躍という、
当時の喜劇人としては、これ以上無いというくらい中央を歩んでいるものの、
その芸風にはどこか知的な味わいも有る、少し毛色の違う人物でもありました。

既述『教授と次男坊』は、「教養番組」と称する人もいるほど、
有島教授の役柄と台詞に説得力が有ったようですし、
ワタクシなどが忘れ難いのは、『飛び出せ!青春』での理解ある校長の姿です。
そのような役柄がハマる、風貌、佇まいを持っていたわけですが、
本当のテレビ黎明期には、ゴリゴリの喜劇人として名を馳せておりました。
その活躍で端緒を開いたと言えるのが、この番組となるでしょう。
正式題を『ありちゃんのおかっぱ侍』と称し、
以後も出た「ありちゃん~」ものの初めてになると思います。

当時の有島は東宝演劇部で、三木のり平と組合せのように、
宝塚劇場での舞台や、映画で活躍していた存在。
ただ喜劇人は映画界の住人ではなく、舞台人として勘定されていたようで、
映画界の縛りがキツかった初期テレビに於いて、大いに活躍していたものです。
ありちゃん演じるおかっぱ侍は、頭のてっぺんが禿げているカツラに、
提供会社である田辺製薬の徴を紋とした着物を着た浪人。
長屋住まいで、庶民のために活躍するという形で、
途中からは世相風刺の色も非常に濃く取り入れたものでした。

プロデューサーの宮武昭夫によれば、総予算は二十万円だったと言いますが、
どうも当時の予算としては破格に高く感じるのですが。
とにかく、有島には一万円の出演料を提示し、
既述『キリ子さん』でテレビに出始めた中原早苗も、
飲み屋のみっちゃん、お光の役で出演。
中原はこちらでも人気を呼んだようです。
もっとも、昭和32年1月8日の第一回あたりの内容は、
あまり良い評判とは言えなかったですが。

昭和33年元日の45分拡大版は、出演者も超豪華。
当時はもちろん生放送ですから、芸能人には暮れも正月も有りませんでした。
と言うよりも、世間様が休んでいる時に忙しいのが「芸人」だったわけで、
一丁前に正月休みとか満喫している芸NO人どもを見ると、ワタクシなどは虫酸が走ります。
大晦日はゆっくりしたいから紅白には出ないとか言ってる奴は、まともに働けよと(笑)。
その正月拡大版ですが、同志・三木のり平を筆頭に、水谷良重、宮城まり子、
益田キートンといった面々が出演という、正に正月ならではの顔合わせ。
22時放送という事を考えると、街頭テレビで見ていた人はいないでしょうから、
家にテレビが有る人だけの特権だったわけで、なんとも贅沢な時間だったと思います。

が、この時も顔触れは豪華であるものの、内容はそれほど評価されず。
4月2日の第60回『駆ける神風の巻』で新人・土屋晴忠が、
時の神風タクシーを風刺した神風籠の話が、この番組の転機でしょうか。
世相風刺の色合いが、この時から出てきたような感じなのです。
ですが、何故か土屋脚本は、他には採用されてないようですが。
いつからか、みっちゃんが夕刊を持っておかっぱ侍の家に遊びに来て、
そこから世相を語るという場面がお馴染みになりました。
これなどは、生放送の威力を十二分に使っていたと言えましょう。

警職法デモが盛んだった頃、悪代官が悪法を作って庶民を苦しめるので、
おかっぱ侍が懲らしめるという話を放送しました。
すると、ピンと来た自民党のお偉いさんから、
「怪しからん」という苦情が局のお偉いさんに寄せられたというのですね。
台本を見せろと言われたりしたようですが、たまたま一冊も無く、
当時はビデオも残っていないので、そのまま有耶無耶になったという事です(笑)。
そのように、有島一郎の作品には一種知的な空気も流れていたのでしょう。

番組の最後には、視聴者に向けて「バイバイ」と手を振って別れていたのですが、
今、そのような味わいの生ドラマが、どうして一本も無いんでしょうかね。
有島一郎も語り残しておりますが、一本くらい原点に返った
生ドラマ枠を確保しても良いのではないかと思います。
テレビの根本的な魅力は、生の映像にこそ有るんですよね。
それなのに、昼の番組にもロケ企画が横行していて臨場感が激減しているし、
朝のワイドショーでもわざわざ録画で放送したり、阿呆としか思えないです。
事故を意識して起こすのはいけませんが(笑)、突発的な事故を怖れているというのは、
それだけテレビに情熱や愛情を注げる人材が、制作者にも出演者にもいなくなっているのでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。