私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



虹の国から (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、西の子役横綱を振り返る、この番組です。





テレビ黎明期の子役スター、東の横綱格である松島トモ子の『悦ちゃん』は既に書きました。
さて、西にも横綱格と言える存在がおりまして、それが中山千夏でありました。
そもそもは、花登筐による人気コメディー『やりくりアパート』で注目されたのですが、
子供のいない花登が、その天才的な勘の良さに惚れ込み、
養女にならないかと持ちかけたほどのお気に入りだったのでした。
ところが、彼女の活躍を見た菊田一夫が、舞台『がめつい奴』に貸して欲しいとなった。
そこで菊田一夫にも気に入られた彼女は、東京・芸術座に呼ばれてしまうのですね。

菊田一夫は、花登が養女にまで考えているお気に入りだとは知らなかったようで、
当然の如く花登は怒り心頭。そもそも、『やりくりアパート』にも出られなくなるのです。
ここで東宝上層部が菊田に預けろという裁定を下したことが、
花登筐の東宝脱退、「笑いの王国」設立へと繋がるという話ですが。
ともあれ、これを機会に彼女の活躍場は東京へと移る事になったわけですが、
その舞台でも当然のように、千夏の才能は大いに発揮されたのでした。
そしてその流れで、菊田一夫が手掛けるこのドラマへの出演となりました。

KRテレビ(TBS)水曜19時。制作・栫井巍、提供・パントの第一製薬。
菊田一夫作詞・古関裕而作曲で千夏が歌う主題歌レコードは、
現在では、常人にはとても手が出せないほどの高値となっております。
物語は、益田キートン演じるボロ爺こと木股洋助という浮浪者が、
十一年前、内海航路の巡航船が遭難した際に、たまたま子供を助け、
その子の親になりすまして船会社から慰謝料をせしめたという設定。
ボロ爺は、チコの言葉を頼りに東京へ親類を捜し求めにチコと出てくるのですが。

東京で出会った若いサラリーマンとその恋人ら、
二人を助けようとする人々との暖かい善意が根底に描かれていたドラマでした。
ここでも千夏の才能は遺憾なく発揮されていたようで、
台詞覚えも抜群で、キートンの分まで全部覚えていたらしいです。
そしてキートンが忘れた時には、教えていたというんですね。
その他、積極性、行動力というものでも抜きん出ていたようで、
後に歌謡曲から脱ドラマ、政治家まで幅広くこなした才人は、
正に栴檀双葉より芳しを絵に描いたような存在だったのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
2人は船で暮らしてたと記憶しています。あの船は横浜の大岡川?にあったと思いますがどの辺だったんだろう?
2016/05/09(月) 03:31:15 | URL | (ハンドル未記入)
船上生活者がまだいた時代ですね。
横浜だったのですか。
2016/05/19(木) 07:06:13 | URL | ごいんきょ
おいら~は、本当の
「ボロ爺のおっちゃん」と呼んでいたように思います。
劇中歌、タイトルは覚えていませんが、「おいら~は、本当の親子じゃないが~」と中山千夏さんと益田キートンさんが歌っていたのを覚えています。当時5歳くらいの私、自分がもらいっこだったことを知っていましたが、母とこの番組を見ていると、いつも母がこの歌を唄いながら、私をぎゅっと抱きしめてくれるのが、悲しいような、でも母の優しさ、暖かさを思いながら本当の親子になれたんだなと思った、忘れられない場面、歌ですね。
2016/07/13(水) 22:55:57 | URL | おっち
なんというコメント。
当時の制作関係者にぜひ見せてあげたいですが。
そう言えば当時子供の千夏さんはバリバリに健在なんだけど、
なかなかこの番組の事を聞かれる機会なんて無いだろうからなー(苦笑)。
2016/07/17(日) 21:15:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ