私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



森繁百夜 (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、喜劇人・森繁久彌を振り返る、この番組です。





テレビ初期の人材不足を補ってくれた大きな存在として、
お笑い方面の人材というのが東西を問わず大活躍しておりました。
それは落語家漫才師のような寄席芸人もおりましたし、
舞台で活躍した喜劇人たちも、東西を問わず大いに活躍していたものです。
西では、これまでここでも数多く扱った花登筐系の他に、
なんと言っても藤山寛美。彼に関してはまだ当ブログでは扱っていないのですが、
これも遠からず何かの番組で扱えたらいいなと思っております。
そして東では、既に扱った三木のり平・有島一郎と並んで、
後に超大御所となる森繁久彌の存在を忘れるわけにはいきません。

そう。
超大御所となってからしか知らない人には、もしかしたら意外かもしれないのですが、
森繁と言えば、喜劇人の範疇だったのですよね。
とは言え、テレビとの関わりは有島やのり平と違い、
ほとんど最初から、俳優かタレントとしての参加が中心だったように思います。
と言っても、特別出演とか勿体付けた出番が多かったのが彼らしいと言うか。
一緒独特の洒脱さと、それと表裏一体のような、どこか鼻につく感じは、
当時から好き嫌いが分かれていたかと思います。
ただ、その芸の力に関しては、誰人も否定の仕様が無かった訳ですが。

そんなタレント森繁久彌が、ほとんど初めて真っ向からテレビと関わったのではないか
と思われる番組が、この『森繁百夜』だろうと思います。
それもそのはず、当人が、「これこそ僕のやりたかった番組」と宣うほど、
森繁のやりたいように出来た番組でした。
企画・構成・演出、そして主演まで、全てが森繁久彌。
それだけに当人の意気込みは、相当のものが有ったようです。
森繁らしく、アドリブをふんだんに盛り込み、スタッフも本番まで内容を把握できない。
提供は、アサヒビールでありました。

昭和35年3月26日の第一回では、東京の巣鴨中学三年生11人をゲストに迎え、
前年7月より小使いを持ち寄って貧しい施設の子供達に寄付していた善行を称えて、
サトウハチローの詩を朗読。彼らの新しい門出を祝いました。
そして、大工道具を持ち出して、板を削ったかと思えば、
そのまま鰹節を削って冷や奴で一杯といった芸を披露し、笑わせました。
いかにも森繁らしく、ゲストは在り来たりの有名人などではなく、
件の中学生のような善行者とか、新人タレント、街の名人、時の人など。

オープニングでは、スイスのボウグアントバウド社製の、
世界最大というオルゴールの音が流されました。
これは、森繁が昔、大阪で聞いて気に入っていたというもの。
なんとかその音を使いたいと探し回った結果、
名古屋の堀田時計店というところに有ったらしく、
スタッフが名古屋まで出向いて録音してきた音だったのでした。

当時としてはまだ稀少なカラー放送と気合いも充分でしたが、
当人の意気込みも虚しく、わずか1クール、3ヶ月ほどで終了となりました。
百夜というのは番組放送回数ではなく、期間日数のつもりだったのでしょうか(笑)。
以後は本当に、俳優か、せいぜい語り役での出演しかテレビでは無いと思われ、
舞台喜劇人・森繁の最後を飾った番組だったのではないかと思います。
放送時期と回数の少なさから、見た人、覚えている人は非常に少ないでしょうが、
覚えている方は、なかなか貴重なご記憶をお持ちと言えましょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ