私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



私のお母さん (1954)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビ子役タレントの始祖を振り返る、この番組です。





チャイドルなどという言葉が使われるようになってからこちら、
子供タレントという存在が、けっこう持て囃されるようになったものです。
ところで、そうした子役タレントの元祖はどのようなものだったのでしょうか。
以前に日本テレビ『悦ちゃん』を扱った際に、松島トモ子こそ相応しいと書きましたが、
それは、あくまでも当時の番組人気、そして全般的な知名度まで含めての一般的記述。
専門的には、更に先立つ存在がテレビにはおりました。
テレビの真の黎明期、まだ日本テレビすら出来る前の、NHKしか無かった頃、
童謡歌手の存在が、大きく注目されておりました。
子供と動物には勝てないと言われるテレビ番組ですが、
その端緒は、可憐な歌声と愛くるしい姿の童謡歌手が開いたのであります。

時の人気歌手は、一番手にはビクターの古賀さと子。
NHKラジオ『ピー子ポン太郎世界めぐり』、KRラジオ『ちえのわクラブ』の他、
テレビではいわゆる子供の時間に、ほぼ毎日のように出演していたといいます。
更に、最年少の5歳でありながら注目されていた、小鳩くるみ。
コロムビアは、音羽ゆりかご会ほか児童合唱団を複数抑えており、
人数で言えば、驚愕の頭数を誇っておりました。
戦後第一の童謡歌手として一世を風靡した川田正子は変声期を迎えましたが、
その妹の孝子も、ラジオ番組を持っておりました。

キングレコードは、基本として特定の子供をスター扱いしないというのが
有ったようですが、近藤圭子が表紙モデルとなって人気が出始めると、
彼女を売り出す路線へと転向したようです。
そして、民放の日本テレビが開局。
それから半年経つか経たないかという昭和29年3月より始まった『星を見つめて』は、
なんと、この近藤圭子を主役とした連続ドラマでした。
これは、不幸な少女・根里が、夢見た母親との再会を果たすまでのドラマ。
制作側としては、テレビを通じて彼女を美空ひばりや雪村いづみのようにしようという
大望を抱いての起用だったようです。

その『星を見つめて』は、まだ疎遠だったテレビと映画が、
非常に珍しく共同歩調を取るようだと話題になりました。
と言いますのは、TVドラマ放送が3月から、そして4月から映画でも公開しようと、
東宝が非常に乗り気だったというのです。
おそらく、近藤圭子の歌の実力と見た目の良さなどから、
数年前に子役から大スターとなった美空ひばりを意図的に作り出そうと、
キングレコードが色気を出していたのだろうと思いますが、その更なる背景には、
テレビが自ら大スターを作り出そうという野望に燃えていたというのが有りましょう。
人材不在の畑に自ら種を蒔き、刈り取ろうという大望が有ったのは間違い有りません。

そしてなんと、近藤圭子は、日本テレビの専属タレント第一号となるのです。
即ち、おそらく民放テレビ専属タレント第一号でもあります。
それが童謡歌手・子役だったというのは、社史にも刻まれている意外なる事実です。
そんな近藤圭子主演の第二弾として制作されたのが、『私のお母さん』でした。
これは当時としても、そして今に至るまで非常に珍しい形態のドラマで、
主演は子供である近藤圭子固定。そして、そのお母さん役が基本4回ごとに替わり、
都度違う話を構築していくという、変形オムニバスドラマでした。
最初の母親役は高杉早苗で、以後、4回毎に母親役を替えて、次の話となりました。

高杉は、庭から日本テレビの電波塔が見える位置に住んでいた奇縁。
映画育ちの彼女にとって、初のテレビドラマ出演は面喰らう事ばかりでした。
たった一日の本読みと、たった一日の立ち稽古。そしてすぐ本番。
観客もおらずラッシュフィルムも見られず、ただ演りっ放しの不安感。
ただ、池の場面で、小さな水たまりに木の葉を浮かせ、
作り物の月を映して大きな池を感じさせるという予算節約の工夫には感心したり、
映画では感じられない初めての異常な緊張感を味わうという体験を語りました。

その後お母さん役は、村瀬幸子、笠置シヅ子、霧立のぼる、堀越節子、
南美江、滝蓮子、芦川弓子、加藤治子、橘薫と続き、
風見章子がお母さん役4回目の昭和30年9月6日をもって、放送終了となったようです。
まだ誰も細かく調べていない感じでしたので、今回、全お母さんを列記してみました。
高杉早苗による第一篇「コスモスの花のごとくに」を昭和29年9月4日に放送開始以来、
丸々一年間、都合11人のお母さんを登場させたこのドラマは、
いわゆるサスプロ、提供会社を持たなかった感じです。
局にとっては、色々な意味で実験作だったのでしょう。

華々しい出立となった近藤圭子でありましたが、子役スター大成せず、むしろ不幸に、
という数多くの事例に連なる事になってしまったのは、とても残念です。
昭和三十年代も中頃には、既述『豹の眼』で少女・錦華を演じて注目もされましたが、
その後の活動は、少しずつ見られなくなっていきました。
そして昭和40年、草津温泉で心中未遂という衝撃的な事件で紙面を飾る事に。
ナイフでお互いのお腹を刺したという事で、近藤圭子は二ヶ月の重症、
そして自動車セールスマンの男性は重体と伝えられましたが、無事だったのでしょう。
あわや殺人犯にまでなりかねなかったこの事件以後、
本当に一切、マスコミには登場しなかったのではないでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ