私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

二十の扉 (1953)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、ラジオとの並立期を振り返る、この番組です。





先の『今週の明星』の稿で書きましたように、ラジオ放送という
非常に強い先行メディアを抱えていたNHKは、テレビ創設期、
脆弱な制作力を補う事と、お馴染み番組を映像で見られる事を
売りにするのとでしょうが、ラジオの人気番組を、
そのままテレビ中継するという事をしばらくやっておりました。
中で特に重要な位置を占めていた番組が、既述『今週の明星』、
そして『三つの歌』『のど自慢』、更にこの『二十の扉』でしょう。

『今週の明星』『二十の扉』を除き、いずれも聴視者参加番組で、
戦後の開放的な空気感と相まって、人気を呼んだものでしょう。
この『二十の扉』は、ラジオでは昭和22年放送開始という、
正に戦後の混乱期から国民の娯楽を請け負っていたわけです。
回答者は、柴田早苗、藤浦洸、大下宇陀児の三人に、
特別出演者が毎回2名の計5名。
進行は、藤倉修一の後を務めていた、長島金吾アナウンサー。
正答を教えてくれる影の声は、須永宏、佐藤美恵子に続く三代目・東儀教子でした。

内容は、至って簡単。
回答者たちが交代で質問を重ねていき、正答に至れば良いというものです。
例えば、正答が「昭和時代のラジオ番組」としましょうか。
それに対し回答者側が、「それは食べ物ですか?」とか、
「手で触れる物ですか?」などの質問を次々と投げかけていくだけ。
それに対して司会者が的確な応対をくれますし、
聴視者には「影の声」が、会場の人間には多分字幕で正答が告げられますので、
会場の反応などからも探りながら、正答を探り当てるわけです。

但し、この番組名が伊達ではなく、質問は全員合わせて20回まで。
これが多いようで意外と少なく、質問の仕方に慣れている必要が有りました。
このように、非常に簡単な決まりだったため、市井でもわりとやられていたかと思います。
道具も特別な知識も必要無く手軽に出来るものでしたから、
同級生とか、或いは会社の慰安会などで、けっこう遊ばれていたのではないでしょうか。
テレビでは、開局第一週の昭和28年2月7日から同時中継されましたが、
その実は、実験放送時代からといいますから、本当に神話期のテレビ番組です。

月末には、グループ別特別番組というものが放送されておりました。
例えば昭和28年3月28日は、洋舞家二十の扉。
江口隆哉、石井みどり、横山はるひ、貝谷八百子といった面々が出演しました。
この頃の準固定出演者として、早川雪洲、北条誠、岩井半四郎といった面々がおります。
早川雪洲は、わりと頓珍漢な質問をして三枚目的な役割だったようですね。
グループ別での出演では、落語家グループが一問目で十分も要するノンビリぶり(笑)。
ここでも金語楼の表情が、大いに湧かせていたようです。

6月27日は、映画コメディアン一同の出演。
益田喜頓、森繁久彌、川田晴久、伴淳三郎、清川虹子、堺駿二という、
いずれ劣らぬ伝説的コメディアンが集結していたのでした。
昭和30年3月、開始以来の固定出演で、「扉の女王」と称されていた柴田早苗が、
結婚のためにとうとう降板する事となりました。
それからすぐの4月30日、テレビ放送そのものも終了してしまうのです。
中核の柴田が抜けた事により、新機軸を打ち出す必要が出てきたのが契機となったのでしょう。
但し、ラジオでは昭和35年まで続いておりました。

『今週の明星』も、ラジオは昭和39年まで続くも、テレビは31年で終了。
『三つの歌』などは、テレビはやはり昭和30年で終了しましたが、
ラジオの方はずっと後年、昭和45年まで続いていたのでした。
何故、昭和30年前後にこうしたラジオ・テレビ同時中継が無くなっていったのでしょう。
おそらく、テレビの方の制作能力が上がってきて、
独自番組を作ろうという動きが強くなっていたのでしょうね。
テレビにはテレビにしか出来ない役割が有りますし、
昨今のBS独自番組のように、新しい媒体に人寄せするためには、
ラジオでは楽しめないテレビならではの訴求力ある番組を開発すべしとなったのでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
志ん生
「私の秘密」「ジェスチャー」などと並んで、この番組も一度も見たことがなく、あとから「見たかったなあ」と思う番組の一つです。
 何かで読みましたが、古今亭志ん生が出たことがあるそうです。クイズのやり方を、フリではなく本当にわかってなかったそうで、「あー、それは卵の殻ですか」「竜のひげですか」などと突拍子も無い質問ばかり出していたと書いてありました。
 ゲームとしては今でも面白がられると思うんですが、こんな地味なゲームはもう流行らないでしょうかね。
2014/05/23(金) 21:08:24 | URL | あぶもんもん
どうなんでしょうね。
ボケ役を自任した師匠のお茶目のような気もしますが。

地味ではありますが、だからこそ身の回りでもできたというね。
2014/05/25(日) 00:20:10 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。