私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



事件記者 (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、広告代理店二強時代を振り返る、この番組です。





いわゆる記者もののはしりとして有名な作品で、長く超絶人気を誇りました。
TBS『特ダネを逃がすな!』の方が放送時期はずっと早いのですが、
やはり、その社会現象とまで言えるほどの人気の前に、
この番組が記者ものの元祖のようになってしまっておりますね。
内容としましては、警視庁記者クラブ詰めの記者たちを描いたもので、
時には好敵手、時には同志といった他社とのやり取りや、
各社名物キャップと部下のやり取り、事件を追う緊迫性などを描きました。
舞台は大きく二ヶ所だけで、一つは勿論、警視庁内にある記者クラブ。
もう一つが、記者たちが入り浸っているおチカさんという女将の料亭「ひさご」でした。

この主役無きドラマの記者連中の中で最も中心的に描かれていたのが、
東京日報・相沢キャップの永井智雄。
彼の下には、滝田裕介のイナちゃん、原保美のベーさん、園井啓介のヤマさん等。
新日タイムスには前田昌明の青梅どん、清村耕次のアラさんがおり、
中央日日には近藤洋介のシロさん、山田吾一のガンさん、高城淳一のウラさん、
アラさんの清村が病欠した際に補充された、藤岡琢也の矢島記者などがおりました。
お茶汲みの女の子にお光ちゃんがいて、ガンさんの恋人でしたが、
記者クラブのアイドルといった感じで八木千枝が演じてました。
この八木、TBS社員と結婚の後、昭和43年には作詞家としても活動しました。

当初は30分番組で、2週完結という方式だったのですが、
昭和38年4月より、番組一時間化が進むのに合わせて、この番組も1時間に。
一時間完結は同じではないかと思うなかれ。
脚本を書いている身になれば、2週間に一本と毎週1本ではエライ違い。
殊にこの番組は、島田一男が徹頭徹尾、一人で書き抜いていたと言われます。
「事件記者」という言葉も、この島田の造語だという説が有力で、
以後は、この言葉をパクった番組は数多く作られました。

さて、1時間となった事により、話の水増しと言いますか、
どうしても内容の劣化は避けられなかったようで、
視聴者からの非難も、目に見えて増えていきました。
当初は生放送で、活きのいい実際のニュースを劇中の話題にしたりできたものが、
VTR制作となってもおり、この番組の魅力は本当に急速に薄れたのでした。
それでなくともマンネリの指摘は既に有ったのです。
そんな中、先に少し触れたように、アラさんこと清村耕次が、
内蔵不良のため5月下旬から一ヶ月ほど降板。
間を務めた藤岡琢也の好演が、視聴者の目を惹きました。

そして昭和41年2月になると、この番組の民放への移行が、
表立って取り沙汰されるようになりました。
つまり、4月で番組が終わるという事が決定したわけですね。
しかし、昭和33年開始以来丸8年も苦楽を共にしてきた作家、役者連には、
一種の同志感情のようなものが有り、できれば全員揃って、
引き取ってくれる先が有るならそちらで、という動きだったのですが。
この中心にはフジテレビと電通がおり、また、対極にはNETと博報堂が有ったのです。
ドラマ制作がどうしても弱かった後発二局が、それぞれ代理店と組んで、
有力番組獲得に熾烈な争いを繰り広げたのでした。

『お笑い三人組』も俎上に載っていたようですが、そちらは実現しなかったようですね。
作者側が終わらせると決断したわけですが、三人とも仕事は有ったというのが有ります。
しかし『事件記者』固定出演者は、長年の放送で膨れあがっており、
その中には、番組が終わると仕事が無くなる人物も含まれており、
島田一男はあまり乗り気で無かったものの、全員を引き取ってくれるならと、
民放への移行に柔軟な姿勢を見せるようになります。
そんな中、アラさんこと清村耕次の急死という衝撃が走りました。
2月1日午前二時半頃の心臓麻痺と報道されました。
前日に『事件記者』ビデオ撮りをした後だったといいます。

その2月1日放送「執念」放送後に、黒枠のテロップが流されました。
「荒さんの清村耕次さんがけさ急病で亡くなられました。ごめい福をお祈りいたします」。
翌2月8日は、記者クラブ内にアラさんの遺影を飾るという演出で放送されました。
そして15日になると、実は自殺だったと報じられ、衝撃は更に深まりました。
原因については、遺書に明記されていなかった事もあって諸説ありましたが、
まず第一には、やはり病気の事は有ったでしょう。
そんな体で心身ともに弱っているところへ、仲間達が二分されかねない、
番組争奪戦が巻き起こっていたのですから。
「どうせ移るなら全員で行こうじゃないか」と自説を述べていたといいますが…。

結局、最後まで調整はつかず、終了即民放移行という線は消えました。
そして3月29日放送をもって、NHK版は幕を閉じたのです。
その最終回で、挿入歌「ブン屋小唄」が披露されました。
番組ファンだという北海道在住の放送作家・みおだみづほが送ってきた詞に、
中村八大が曲を付け、ガンさんこと山田吾一とトシちゃんこと谷沢裕之が歌ったのです。
みおだみづほは、青島幸男版『意地悪ばあさん』の作詞家でもあります。
ウィキペディアには、まだ青島自身が作詞なんて事が書かれてますね。
誰か早く訂正して下さい。

事件記者争奪戦は、この歌でも起きたのでした。
コロムビア、ビクター、キング、クラウンの四社が激しい争奪戦。
こちらも調整は付かず、結局、ただ一回だけの挿入歌を四社で共作するという事に。
中ではクラウン版が最も豪華で、トシちゃんの谷沢ともう一人が歌い、
永井智雄、高城淳一、近藤洋介の三人が、お馴染みの台詞で参加しております。
コロムビアは、三島敏夫の歌に高城の台詞。
ビクターはフランク永井、キングはダーク・ダックスの歌だけで、
しかもフランク版はドドンパ、ダーク版は音頭調に編曲というものでした。

調整に難航した移籍先も、半年ほどしてついに結論が出ました。
作者・島田一男は、フジテレビ&電通を選択。
これにより『事件記者』は10月4日、半年ぶりにフジテレビで復活しました。
一方、永井智雄、高城淳一、近藤洋介、山田吾一、前田昌明、藤岡重慶、滝田裕介、
谷沢裕之といった主立った役者の面々は、NET&博報堂を選択。
作者が向こうへ行ったため別の作品にせねばならず、
中国新聞社が暴力追放運動の戦いを記録したベストセラー、
『ある勇気の記録』をドラマ化して対応しました。

6月24日放送のNET『星空のデイト』という番組では、谷沢としやんと
相沢キャップの永井、滝田裕介、前田昌明、石井淳、藤岡重慶らが出演。
谷沢がブン屋小唄を披露しましたが、『事件記者』を向こうに持って行かれた
憂さ晴らしと言いますか、顔触れはこちらこそ事件記者だと言いたかったのでしょう。
そんな視聴者そっちのけの争奪戦は、無論、どちらにも利せず。
第一、NHKでマンネリになっていたものを平均視聴率で判断しても詮無く、
『チロリン村』といい、成功すると考えたとすれば甘すぎるでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
星空のデイト
確かクラウンレコードの歌番組でしたね。
山田太郎と松平マリ子(梅木マリ)が同名のシングルを1966年に出してますがおそらく主題歌?
提供は忘れましたが、たしかピアス化粧品だったような
2014/05/26(月) 02:24:16 | URL | 鳥飼
あ。クラウンの番組だったんですか。
新興だから、ずいぶん沢山の番組をやっていたんですね。

あらー、ほんと。
レコードも有るんですね。まったく見た事無いですが。
梅木物ですし、かなりの貴重盤と思われます。
時期も同じですから、主題歌だった可能性は高そうですが、明記はされてない感じですね。

あー。ピアスはその当時、NETで提供番組を持ってましたから、きっとそうなんでしょう。
なかなか記憶している人が少なそうな番組ですから、貴重な存在ですね、鳥飼さん。
2014/05/26(月) 07:07:49 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ