私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ママとあそぼう!ピンポンパン (1966)

ママとあそぼう!ピンポンパン(1966)
ピッピロ誰かが ピッピロどこかで
ピッピロ笛の音 鳴らし続けるよ~
ピーローピュロッリー ピーピロリロー…

笛の音を文字で表そうとしても無駄やっちゅーねん。
でも、ついついやっちゃうなあ。
教育テレビでやっていた、『ふえはうたう』という番組のテーマ、
ご存知ですかね、皆さん? 当時の小学生は知ってるかな。
ワタクシはもうちょっと年行ってたと思いますが、
高校くらいまでは夏休みとかついつい教育テレビ見ちゃいましたね。
で、この『ふえはうたう』で石毛恭子おねえさんを見た時、
なんだかワケも無く嬉しくなったのを思い出します。
ピンポンパンの時と同じ様な溌剌さでリコーダー一生懸命吹いてましたが、
そんな事より何より、すんげえ美人だなーって視点で見てました。
あなた世代はそんなお年頃になっていたんですよ、おねえさん(笑)。

ひょうきん族のプロデューサーとして名を挙げたフジの横沢彪の番組、
この『ママとあそぼう!ピンポンパン』初代おねえさん役は渡辺直子。
二代目がその石毛恭子でした。ワタクシはどちらも覚えてますけど、
一番熱中してみてたのは石毛恭子時代ですかね。
初代の頃で覚えてるのは、なんだか変な人形劇。タイトル思い出せない。
主人公の頭に角があったような気もしますが。
こどもショーの方でもありましたけど、人形劇が知育番組の定番でしたね。
東京コミックショーみたいな土台があって、そこを舞台に
裏で人が手を入れている人形がお芝居をする感じ。
今はもう、このスタイルは絶滅状態なのかな?
中でも、デベロンっていう目玉の飛び出たキャラが人気になりました。
デーベロ~~ンってみんなが呼ぶと、「なんですとー」と出てくる。
デベロン音頭って歌も出されましたね。
♪ なんですとー なんですと

石毛恭子時代になると歌が強力に導入されてきます。
もっとも有名なのが、ピンポンパンたいそうの歌ですか。
今でも要所要所おどれてしまいそうなのがコワイ(笑)。
『おかあさんといっしょ』の ♪ お手手をぶらぶらぶらぶら… もですけどね。
ガキの頃に叩き込まれた芸は身に染みついてしまうものなのか。
そんな大袈裟なもんじゃないか(笑)。
♪ 虎のプロレスラーはしましまパンツ
よーく考えたらこれ、タイガーマスクの事なんだわな。
♪ 履いても履いてもすぐ落ちる
なんか貶めてますけど、タイトルを替えさせられた怨みですか?(苦笑)
タイガーマスクのEDテーマ『みなしごのバラード』が注目され、
『みなしご』という言葉が大きく浸透したと思います。
少し後に『みなしごハッチ』というアニメも、フジで作られましたしね。
おそらくはその辺の事情なんでしょう。
初期は『ママとあそぼう!』だったタイトルが
『みんなであそぼう!』に替わりましたね、一時期。
で、ハッチが終了してほとぼりも冷めた頃、また元のタイトルになりました。

あと、パンツマンってのありましたね。パンツいっちょになっちゃうの。
♪ いそげー パンツマン すすめー パンツマーン
男の子も女の子もパンツ一丁になって歌って踊ってましたね。
当時は幼稚園児のパンツ姿なんて誰もなんとも思いませんでしたが、
気触れ当世、尋常ならざる方々を刺激するやもしれず、
この手の描写も有り得ないものとなってきてますかねー。

これら初期のCMで思い出されるのが、「東京、こどもクラブ」っての。
子供達が声を合わせてそう言うだけなんですけどね。
どんな企業なのか、実態は知らない(笑)。
ミニカーのマッチボックスも懐かしいな。
♪ マッチボックス知ってるかい?
  パーパゴン ママーゴン ババゴンよ~
  ポケットに入っる 車だよ
当時見ていた人は涙チョチョ切れでしょう(笑)。
ママゴンなんてのが流行語にもなってましたな、そう言えば。

そして、プラレール。
♪ プーラプラプラプラレール プーラプラプラプラレール
  トーミ~ トミーのプラレール、シリーズ
これまた当時見ていた人は涙チョチョ切れでしょう(笑)。
複数の玩具会社が提供していたんですかねえ?
プラレールは本当に憧れだった。
線路をつなぎ合わせて、いろんなパターンの路線を造れるんですよね。
ワタクシはわりと機械モノへの憧れは少ない方で、電車も興味なかったけど、
あんなフレキシブルな楽しみ方ができる玩具は当時画期的だった。
次から次とバリエーションが増えていったしね。
持っているヤツが羨ましかったな。

ヤクルトもやってたかもしれない。
ジョアのCMをこの時間帯で見た気がする。
ヤクルトはたまに飲めたんですけど、この新発売のジョアは、
ちょっとお値段が高いので(笑)、高嶺の花だった。
小柳ルミ子が小気味よく歌ってましたねえ。
♪ 感じる感じる幸せ感じる朝 味わう味わう幸せ味わうジョア
  ジョア ジョア 誰のもの ジョア ジョア 君のもの
  ジョア ヤクルトジョア 誰のもの
  ジョア ヤクルトジョア みんなのみんなのジョアー
この歌が聴けると本当に幸せ感じる朝になる、そんな楽しい曲だった。

三代目おねえさんは、現在もよく姿を見る酒井ゆきえ。
この頃はもう、ワタクシの記憶も鮮明で、一番語れます。
中学生になってもバリバリでピンポンパン見てたんだゼ!
……べつにいばれないか(笑)。
でもね、歌が本当に良かったんだよね。
ゆきえおねえさんも歌うまかったしね。もう聞けないのかな?
その頃あった歌で一番好きなのはジャストンピー。
♪ チンゲントンガラガッタ ジャストンピーナツカレーライス
いきなりチンゲンですからね。ガキは食いつきます(笑)。
♪ どうして世の中ややこしいのかな あいつの好きな女の子
  僕もやっぱり好きなんだ あいつに譲ればいいんだけれど
  結婚したいんだ 譲れない
そうだよな。男なら好きな女の子譲ったらダメだよな。
何を納得しながら書いてるんだろう(笑)。
で、おねえさんが「○○くん、勝負!」とか言って、
♪ チンゲントンガラガッタジャストンピーナツカレーライス で、じゃんけんすんですね。
ワタクシはロンパールームの魔法の鏡コーナー同様、
絶対に呼ばれるわけない名前なんで少々傷つきながらも(苦笑)、
ちゃっかりおねえさんとじゃんけんしてましたね。
ああ、なんて純朴で素敵な少年だったんだ(笑)。

パジャママンてのもありましたな。オジャパメンじゃないよ。
♪ パジャパジャ パジャパジャ パジャママン~
  夜になったらやってくる 9時になったらやってくる
  正義の味方 カッコいい仲間 その名は強いぞパジャママン
幼児のパジャマお着替えを楽しくさせるいいアイデアですね。
しかも、就寝時間まできっちりしつけになってる。
我々お兄さんも見ていて楽しかったですしね。

♪ チムチムチェリー チムチムチェリー チムチムニー
ディズニーの映画、メリー・ポピンズ挿入歌だったんですね。

♪ おとぎ話の王子でも 昔はとても食べられない
  アイスクリーム アイスクリイム
ああ、そうか、そうだよなと思うと、ただのアイスキャンディーも
なんだか誇らしく食べてたっけな。単純ですいません(苦笑)。

ビッグマンモスっていう男の子集団があって、彼らも歌ってたかな。
今日で言えばジャニーズジュニアみたいな感じでしたね。
小学生の女の子には人気あったかも。
初期はこれほど歌ってなかった気がしますねー。
やっぱ、石毛恭子→酒井ゆきえの頃に歌が強化されたんでしょう。
ピンポンパン体操大ヒットも大きいんでしょうね。

この頃のスポンサーは、なんと言っても明治乳業。
♪ カルケット カルケット カルケット カルケット
  カールケット カルケット カールケット カルケット
  カルケ~ット
カルケットしか書いてないけど、見てた人は歌えるはずです(笑)。
工作のコーナーがあるんですよ。牛乳パックを必ず使ってましたね。
パックをハサミで切って細工していろんなモノを作るんですが、
使われているのは、もちのろんで、明治牛乳です(笑)。

4代目、5代目の頃にはさすがに卒業して、見てませんでした。
全体を通してのレギュラーで特筆されるのがカッパのカータンと新兵ちゃん。
カータンはね、媚びない。 我々子供と等身大で接してましたね。
絵が上手いんだ、カータン。ムチャクチャ上手い。
で、子供と一緒にお絵描きするんですよ。 相手をけなしますからね。
「なんだお前の絵、ヘッタだなあ」 こんな子供番組、アリ?(笑)
アリなんです。カータンは完全に我々の仲間だった。
言われた子は多少は傷ついたろうけどね(苦笑)。
でも、実際カータンは滅茶苦茶うまかったら納得できた。
鼻歌まじりでイラストを描くカータン。
♪ 6月6日に雨がザーザー降ってきて アッという間に可愛いコックさん~
「ほらできた。えっへん」と得意がってCMへ。

新兵ちゃんこと坂本新兵。ふくよかでにこやかで、愛された人だった。
あの手の子供番組で一番好きなキャラは、カータン、次に新兵ちゃんだな。
一番最後、体操が終わると新兵ちゃんが「おもちゃへ、行こう~!」
と叫びますと、子供達は木のセットの中にある山のような玩具の取り合い…
なぜこうまでテレビの前の我々を羨ましがらせたんだ、あんたらは!
と考えてみれば、スポンサー玩具への購買欲を促進させてたんだなと、
身も蓋もない解説もできる年になりました(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
こんばんは!
ごいんきょ!「ふえはうたう」知ってますよーん。確か”うえすぎこうぞう先生”じゃなかったでしたっけ?
そしてピンポンパンの歌!懐かしい~!”がんばらなくちゃー、あ!がんばらなくちゃ。がんばらなくちゃー”ですよね?
2005/02/16(水) 23:17:25 | URL | キャサリン
うえすぎこうぞう
おお! なんと懐かしい!(笑)
懐かしいという事は、うえすぎこうぞう先生であっているんでしょう。
石毛恭子おねえさん、笛も上手かったけど
やはり音楽学校の出身なんでしょうねー。

体操の歌、あってます。
CMでも、曲は違うけどがんばらなくっちゃーってのありましたね。
あの頃の日本人はたしかに頑張ってたと思うなー。

♪ ありがとー ありがとー 体操ありがとー
「ありがとうございまーす!」
ってみんなでご挨拶して、おもちゃへ行こう~!ですね。
テレビ画面の中に入っていきたかったです(苦笑)。
2005/02/16(水) 23:51:27 | URL | ごいんきょ
酒井ゆきえおねーさん
こ、これは、酒井ゆきえおねーさんではありませんか!
懐かしいッスね。私は世代的に、この酒井ゆきえおねーさんがスキでした。あと、カッパのカータンも良い味出していて好きだったなァ。

最後に子供達が大きい木の中でオモチャをGETしているのを視て、「自分もピンポンパンに出たいッ」と憧れたものです。

パジャママン、こちらにありましたね(汗)。
あと、「ピンポンパン体操」も好きでした。
♪ズンズンズンズンズンズンズンズン ピ~ンポンパポ~ン
 ズンズンズンズンズンズンズンズン ピ~ンポンパポ~ン♪
2005/04/22(金) 12:25:17 | URL | RTV局長
らくごのご
わるべ… いや、笑福亭鶴瓶の『らくごのご』が好きで見てましたが、
アシスタントというか司会をやってましたね、ゆきえさん。
その頃はもう、40をはるか超えてたと思うんですよね。
それなのにムチャクチャキレイで可愛くて、
一時的に時の流れを止めるのに成功した人ですね。
顔だけ取れば一番好きなのはゆきえお姉さん、次に恭子お姉さんかな。
ゆきえさんって結婚してたっけな?
ああ。お付き合いしたい(笑)。
2005/04/22(金) 18:27:54 | URL | ごいんきょ
タイガーマスク
「ポンポンパン体操」は私が大学生のころヒットしていました。
番組は見ていなかったのdeathが、なぜかこの歌にはハマりました。
♪トラのプロレスラーはシマシマパンツ 履いても履いてもすぐ脱げる
ガンバラナクッチャー、あ ガンバラナクッチャ
ガンバラナクッチャー
空手をビシビシ パンツをスルスル

でも佐山サトルのタイガーマスク出現はそれより後ですから、
ここの「トラのプロレスラー」とはアニメのタイガーのこと?

♪温かい人の情けも 胸を打つ熱い涙も
知らないで育った僕は みなしごさ
強ければそれでいいんだ 力さえあればいいんだ
ひねくれて 星を見上げた僕なのさ…
2005/04/27(水) 18:23:47 | URL | 飲酒リン男。
しましまパンツ
アニメのタイガーマスクですね。
そらもう、凄い人気でしたから。
体操というのは完璧にこじつけでしたね(笑)。
むしろ、お遊戯そのまんまでした。
2005/04/28(木) 00:03:50 | URL | ごいんきょ
ふえはうたう
こんばんみー
「ふえはうたう」の先生は上杉紅童だよ!
石毛恭子さんの後は酒井ゆきえさんがなると、かなり期待していたんだけれど、残念でした!
2005/05/13(金) 23:55:33 | URL | きの字
上杉先生
こんばんもー。
って、これを書いてる今は朝ですが。

おお。情報ありがとうございます。
さっそく検索したところ、間違いないようです。
http://www.h3.dion.ne.jp/~tutti_a/sensei.html
言われればオカリナも吹いてた気がしますね。

しかし名前は、「うえすぎこうぞう」ってクレジットされてた気がするなー。少なくとも初期は。
「こうどう」だと言いづらいという事で、「こうぞう」名義にしてたんじゃないですかね。
というのは単なる憶測なんですけど。

14年もやってたんですね、あの番組。
最後の方はさすがに知りませんが、ずっと恭子さんがやってたのかな?
2005/05/14(土) 07:03:51 | URL | ごいんきょ
こんばんみー

『あかおにボンボ』ですよー

恭子さんは最後までやってませんでしたね、途中で歌の上手い若い女の人にかわりましたよ!

2005/05/29(日) 17:16:06 | URL | きの字
あかおにボンボ…
こんばんもー。
って、これを書いている今は朝ですが。

最初、なんの事かと思いましたが、本記事でワタクシが書いた、
初期の人形劇のことですね。
そうだー。言われればそうですね。
あかおにボンボってタイトルだったかもしれない。
みなさん、よくご存知で。
やはり主人公の頭には角がありましたか。
って、ここまで書いて、きの字さんのコメントタイトルがわかりました。
「かく」?「かど」?って感じでしたから(笑)。
しかし、当時のピンポンパンは九州じゃ放送されてなかったんでしょうね。
そういう意味で、凄いタイトル(苦笑)。

『ふえはうたう』、やはり出演者交代しましたか。
思えば恭子お姉さんは、オカリナもこなしてた気がしますね。
かなりの音楽達者だったと思われます。
2005/05/30(月) 05:51:54 | URL | ごいんきょ
ボボ・ブラジル
こんばんみー

恭子さんは、ピンポンパン卒業後、よく、「ローラー・ゲーム」というスポーツ番組にゲストとして出演されていましたね!
「ローラー・ゲーム」と言えば、コリン・ミュレルが好きだったんですけど、勝手にダニエル・ビダルとかエリス中尉に似ているのではないかと想像していましたね、最後まで顔はハッキリしませんでしたけれど。

それから
ジャストンピーじゃなくてジャストンピンですよー
トンガラカッタじゃなくてドンガラカッタですよー
チミチムチェリーチムチムチェリーチムチムニーじゃなくてチムチムニーチムチムニーチムチムチェリーですよー
2005/05/30(月) 23:56:26 | URL | きの字
こんばんもー。
って、これを書いている今は朝ですが。

ローラーゲームも懐かしいですね。
しかし、ワタクシが観ていた頃には恭子お姉さんがいた記憶がないですなあ。
しかし、なんだったんだろ、あれ。
絶対に普及するわけがない試合形態でしたね。

たくさんのご指摘、有り難うございます(笑)。
折を見て訂正しておきますです。
2005/05/31(火) 07:00:31 | URL | ごいんきょ
ピンポンパンといえば、いまだに覚えてるのが、最末期のある日のゲームコーナーのこと。何のゲームかは忘れたけど、男の子と女の子が最後まで勝ち残って、さあ決勝、というところで、おにいさんが「女の子が好きだから」って云って、女の子にだけ賞品のおもちゃをあげた・・・その時、この番組が終わるとは知らなかったけど、こんな非道なことをするようでは、もうオシマイだなーって思ったものでした。もし自分が、その男の子の親だったら、たぶん、そのおにいさんと番組とフジテレビを告訴しただろう・・・と、あれから長い時が経ったけど、今なおそう思います。「公の場で、わが息子を差別した」って。
2006/06/25(日) 20:43:51 | URL | あしたにのぞみ
へえ
最末期は観てないのでまったく事情もわかりませんが、
ただの冗談だったんだろうと思いますけどね。
そら男なら女の子の方が好きと言えば好きだろうし(笑)、
子供達もその程度の冗談はわかったでしょう。
とは言え本当に賞品を女の子だけにあげたならショックでしょうが、
おそらく裏では両方にあげてたんじゃないですかね。
2006/06/25(日) 22:17:31 | URL | ごいんきょ
かっぱのカータン
わんばんこ。

ピンポンパン、懐かしいですね。
学校があったので、夏休みなどたまにしか見られませんでしたが、楽しんで見ていました。

カータンの物真似のコツは、声帯を強く振るわせることですね。
「し~んぺ~いちゃん!ひどいや、ひどいや~、プンプンプンプンプンプンプン!」
このコツは、プリンプリン物語のつボイノリオさんに教えてもらいました。

ピンポンパン体操の歌は、阿久悠さんの作詞ですが、当時の世相・流行が満載の歌でしたね。

酒井ゆきえさんの、「雨にぬれても」は印象深い歌でした。
あの、てっぺんに小さな球が着いている、赤(ピンク?)と白の染め分け帽はなかなか良かったですね。
2006/06/27(火) 02:05:52 | URL | 藤四郎
カータンの物真似…
わんばんこ。
って、これを書いている今は朝ですが。

ワタクシはこれを観て、ポンキッキの頭もかなり観てから登校して間に合ってました。

>カータンの物真似のコツは、声帯を強く振るわせることですね。
さりげなく書いてますが、普通できないッス、そんなの(笑)。
つボイノリオさんはそんな教授もしてたんですか。

雨にぬれてもも歌ってましたっけ。
いろんな名曲も歌ってたんですよね。

そう言えば帽子もポイントですよね。
2006/06/27(火) 06:02:06 | URL | ごいんきょ
ピンポンパンの記憶
 記憶に残っている人形劇(?)は、「パックン」という緑色のヘビの人形です。声は三輪勝恵さん? これの手踊り式の縫いぐるみが発売された時は、本気で欲しいと思ったのですが、さすがに年齢が‥‥。それで諦めました(^^ゞ

 私は直子おねえさんの記憶は無く、すっかり石毛おねえさんの世代です。歌では
♪昨日出会った ちいちゃなウサギ
の「ピンクのバニー」や
♪待っていてネ パンダちゃん
の「パンダちゃんの歌」
などが記憶に残っています。「ピンクのバニー」はどうしても聴きたくて、昨年コロムビアの「昭和キッズ」のCDを買ってしまいました(^^ゞ
「パンダちゃんの歌」は、ちょうど昭和47('72)年の日中国交正常化で上野動物園にカンカン・ランランがやって来た頃の歌でしょうか。時代を感じさせてくれます。

 「雨にぬれても」は
♪雨降り小僧さん
という出だしのものですか? 『ピンポンパン』の歌だったのですネ。オリジナルの『明日に向かって撃て』のB.J.トーマスのものは、私が自転車に乗るとつい口ずさむ歌です。

 おにいさん(金森勢さん)がカッコよかったと記憶しています。『それいけカッチン』という斉藤こず恵さん主演のドラマに、妖精か何かの役で出演されていましたネ。最近はどうされているのでしょう。
2006/06/27(火) 23:06:31 | URL | get_better4u
うわあ!
な、懐かしすぎる~(笑)。
いましたね、緑のヘビ!
パックンっていうんでしたっけ。ああ、そうかも。

ピンクのバニーはかすかに覚えてる気がしますが、
パンダの方は記憶に無いなあ。
まあ、絶対に観ていたはずですから、聞けばどちらも思い出すでしょうが。

あのお兄さんと言えば、それいけカッチンという事になりますが、
実はワタクシはカッチン正式には観てませんでした…
ので、なんとなくしかわかりません。
NHKのお兄さん達はわりと振り返られますが、
民放の教育番組のお兄さん達はあまり振り返られないですね。
どうなんでしょうねえ。
ご本人達としてはそっとしておいて欲しいものなのか、
当時のファン達が嬉しいものなのか?
後者なら、機会があったらどんどん語り残して欲しいですね。
2006/06/27(火) 23:38:42 | URL | ごいんきょ
カータンの物真似はこれにも応用できます
こにゃにゃちは~!

カータンの物真似。
声帯を強く震わせることがポイント。
マスターすると、
小松政夫さんの物真似にも応用できますよ。
「表彰状、あんたは、エライ!」
とか、ゆうひが丘の総理大臣の、
「だってそうでしょ、そりゃあそうだもん!」
とか、いろいろ重宝しています。
その点でつボイさんは偉大です。
シモネタから時事ネタ、このような小技まで。

「雨にぬれても」は終りの部分は
♪雨だれのくびかざり~♪でした。
ピンポンパンで育った私は、
「映画:明日に向かって撃て」をみて、「あっ、ピンポンパンで酒井ゆきえさんが歌っていた歌だ!」と感動しました。

偉大です、ピンポンパン。
2006/06/27(火) 23:55:40 | URL | 藤四郎
こにゃにゃちは~!
って、これを書いている今は夜ですが。

小松政夫さんとカータンに共通点がありますか(笑)。
それは気が付きませんでしたなあ(笑)。
ワタクシは一つも物真似できない不器用者なんで、
物真似得意な人に憧れます。
大体、一つできる人は他にもできるようですが。
やはり物真似それ自体のコツがあるんでしょうね。

明日に向かって撃てはワタクシもビデオで観た事ありますが、
ピンポンパンは思い出さなかった! 修行が足りない(笑)。
自転車に乗ると歌ってしまうget_better4uさんはわかりますよ、そういうの。
ただあの歌とあの映画って、どうもアンバランスな気がするんですよね自分。
ヒル監督はワイルダーやヒッチに並んで、かなり好きな監督なんですが。

>♪雨降り小僧さん
>♪雨だれのくびかざり~
おぉ!たしかにうまくハマりますね(笑)。
皆さん素晴らしい。
2006/06/28(水) 00:09:15 | URL | ごいんきょ
雨にぬれても
この歌は、ピンポンパンの番組の中では定番の歌ではなかったと記憶しています。

でもこの歌がとても印象的に記憶に残っています。

酒井ゆきえさんが、長靴をはいて、
片手に傘をさして、この歌を歌っていらっしゃいました。
その姿がとても素敵でした。
♪ピッチ、チャップチャップ、ピッチ、ほらっ! 
あまだ~れ~の~
く~びか~ざ~り~♪
2006/06/28(水) 00:36:48 | URL | 藤四郎
パックンはパトリックハーラントの愛称
蛇のパペットはパクちゃんという名である
間違えて挙げられたこの名の御仁は第二のウィッキーさんを目指しているかは不明だが英語番組等々の旬の顔として活躍している
ちなみに世間的に比較的嫌われ者であろう蛇のパペットはその後のおかあさんと一緒で蛇君という名でリバイバルしている
でも俺っちもこの番組懐かしいわな
やっぱピンポンパン体操はインパクトあったしそれまでの幼児番組にはなかった体操のお兄さんもそれがなければ果たしてその考えに到達していたかも思うし
俺っちも元は洋楽の雨にぬれてもは好意的に聴いていたし後カータンの声の大竹氏はアッコちゃんの大将の声とかマジンガーシリーズのボスの声とかやっていて当時もインパクト感じていた
2006/06/28(水) 21:24:00 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
パクちゃん
パクちゃんっていうんでしたっけ。ああそうかも。
節操が無くて本当にすみません(笑)。
おかあさんといっしょにも出たんですか。
節操のないヘビだなあ(笑)。

雨にぬれてもも結構よく歌われてましたよね。
藤四郎さんがおっしゃる通りで、だんだんと思い出しました。
そうそう。情感ありましたよねえ。

カータンの声って大将だったのかぁ。
ぜんぜん気がつかなかったなあ(笑)。
2006/06/28(水) 22:10:11 | URL | ごいんきょ
あ、パクちゃんだ
 ガッツィンガーさん、訂正ありがとうございます。
2006/06/28(水) 23:11:12 | URL | get_better4u
ひょっとしたら、私だけ?
この番組、夕方に再放送をやっていたような。朝よりもむしろその時間帯に見ていた気がします。 うちに「ピンポンパンの絵描き歌」のLPレコードがあったのを思い出しました。私が生まれたときに父が買ったものらしいです。ちなみに北海道ではUHBの開局とともに番組が始まったので(私は昭和46年生まれ、UHBは昭和47年開局)、父はたぶんジャケットの写真(お姉さんとカータンが2ショットで写っている)で子供向けだと判断して買い求めたのでしょう。(この番組自体知らないと思われる)
2007/01/04(木) 17:08:32 | URL | 北国の人
再放送
そうです。なぜかは知らねど、この番組は夕方から再放送してました。
だから、この時代のこの手の番組にしては珍しく、
各お姉さんの回のビデオが残っていたりするんでしょう。
ワタクシは次のポンキッキも終了近くまで観られたくらいですから、
朝の登校前に観る時間があったので、夕方のは観てませんでした。

しかし、新生児にピンポンパンのレコードとは、
また気が早いお父さんですなあ(笑)。
46年だと石毛恭子さんですね。
カータンも懐かしいなあ。またなんかで出ないもんだろうか。
2007/01/04(木) 21:44:50 | URL | ごいんきょ
実は…
渡辺直子おねえさんの時代に出演させていただきました。
当時は出演した子供が一人ずつ歌うコーナーがあって、私は「犬のおまわりさん」を歌いました。

オープニングがお城の門が開いて子供たちがお城に駆け出していく…というものだったのですが、門のセットがすごく汚くてがっかりした記憶が(笑)。

あと、ロケット型の巨大な円筒形にみんなでお絵かき歌にあわせて絵を描いて、最後にそれが飛んでいく(上に上げるだけ・爆)というコーナーもありました。

最後の体操は全然覚えてないんですが、親子ペアでやるものでした。私も母と一緒にやっている写真が残っています。

新兵ちゃんはとても優しい人だった記憶が。ちょうどお正月ごろの放送で獅子頭を持って出ていらして、頭を「カプっ!」と挟んでもらいました。そうすると頭が良くなるといわれたのですが…それでこの程度とは、元がよほど悪かったのでしょうね。

石毛お姉さんや酒井おねえさんの歌は大好きでした。ビッグマンモスも!うーん、語りつくせない(笑)。
2007/01/04(木) 23:16:12 | URL | ダイアナ・シールズ
リアルな感想(笑)
おやまあ。
しばらく定住して下さっているダイアナさんですが、
まさかそんな貴重な経験をお持ちだったとは。
最初にその話をしてくれても良さそうな感じですが(笑)。

ああいうセットって長い間ずっと置きっぱなしでしょうから、
たしかにそばで見ると薄汚いかもしれないですね。
こりゃリアルな感想です(笑)。
出演者が歌っていたっていうのはまったく覚えてないですね。

ロケットに絵を描くのは言われてうっすーらと思い出しました。
そう言えばそんなの有ったなあ。
やはり出演すると記憶もより確実に刻まれますよね。
貴重な話が目白押しだ。

親子ペアでやる体操なんて有ったかな?
レコードになってるはずだから、コレクターの人はわかるかもしれませんが。
聞けば思い出すんでしょうけどねえ。

新兵ちゃんはもう、テレビ草創期から子供番組一本と言って良い人で、
私生活でもそういうイメージから離れない生活をしていたようですね。
たしか保護司だったか。
獅子舞に噛まれると頭が良くなるんでしたっけ?
健康になるっていう伝承じゃありませんでしたかね。
頭なら頭が良くなるのかな。
じゃあ体中くまなく噛まれたいですな(笑)。

歌はあの後もいろいろ思い出しました。
キャンディマンって有りましたね。
  そうだキャンディマンはわかるのさ 小さな心やー
  みんなの気持ちがー パパやママよりも~
西洋屋台のキャンディ屋さんでお姉さんがキャンディを買って、
周りの子に配ったりする演出でしたか。
アイスクリームのうたも似た感じでやってましたね。

語り尽くせないですか。
じゃあ何日に渡ってでも書いて下さいよ(笑)。
2007/01/05(金) 01:00:27 | URL | ごいんきょ
それでは(笑)
とりあえず出演時の話を。
私は幼稚園入園前だったのですが、兄がそろばん教室へ通っていて、そこの先生がテレビ出演が好きで私も出ることになったようでした。
当初は「ママと遊ぼう…」の名前どおり、母親も一緒に出演していたわけですね。

上に書いたコーナー以外に、全員で楽器を合奏するところがありました。渡辺おねえさんはマリンバを中央で弾いて、他の子供やお母さん達は打楽器などを弾いていました。私はリハーサルが鈴で、本番がカスタネット(逆かも?)と、違うものを持たせられて、すごくあせった記憶が(笑)。

出演時にテレビ局の方でスタジオの写真を撮ってくれたのと、写真が趣味だった叔父がテレビ画像を撮影してくれた写真が残っているので体操も合奏も覚えているのですが、直接の記憶となるとあやふやです。

以前のコメントでRTV局長さんが書かれていた「おもちゃ」ですが、当時もありまして、木の中ではありませんでしたが、スタジオに山積みで早い者勝ちでした。
私は名前は忘れましたが、すごくリアルなモダン洋家具のセットでした。とにかくこれがほしくてたまらなくて当日も一目散に向かった記憶があります。

もう少し後になって「みんなあつまれキーパッパ」というフジ系の幼児番組があったのですが、これにも出ました(笑)。
2007/01/05(金) 11:07:42 | URL | ダイアナ・シールズ
キーパッパ!
これはこれは。
多大な時間と手間を掛けて貴重な話を聞かせて戴き、有り難き事です。
算盤教室の先生がテレビ出演好きだからという流れがよくわかりませんが(笑)。

そうか。そう言えば初期は本当にママとあそんでいたかも!
オープニングからしてお母さんと一緒に踊ってませんでしたか?
♪ ママといっしょに ピン♪ ポン♪ パン♪
  裸足で駆けておいで 手を繋ごう~
  虹を超えておいでよ 雲を抜けておいでよ
  だってーー ほ♪ら♪
ってテーマソングだったですかね。
最後の部分がちょっとムリヤリな終わり方で、子供ながら違和感感じてました(笑)。
「手を繋ごう」の部分でお母さんと子供が手を取り合って回っていたような。

渡辺お姉さんというか、直子お姉さんですよね(笑)。
うーん、マリンバ演奏もそう言われれば有った気がする。
しかし、子供相手にリハと本番の楽器をいきなり替えるなんて、
そんな事があるんですかね。 失敗を期待してたんでしょうか(苦笑)。

写真が残っているとは、お父さんに感謝すべきでしょうね。
ぜひご自身のブログでアップされてはいかがでしょう。

木の中の玩具についてはワタクシの本文でも触れているのですが、
どうも長すぎて皆さんに全文は読んで戴けてないようですね(笑)。
あれー、初期は木の中じゃなかったでしたっけ。
さすがにそこまでは覚えてないです。
しかし子供に玩具の取り合いをさせるなんて、
つくづく露骨な制作姿勢だったなあ(苦笑)。
ちょっとした喧嘩になってた事も有りましたね、当たり前ですけど。
洋家具の玩具ってどんなものかわかりませんが、
ミニカーやプラレールからすればかなり地味ですよねえ。
競争率は低そうですが。

直子お姉さん当時にご出演じゃ、キーパッパの頃はもう高学年ですよね?
幻の、みんなあつまれキーパッパ(笑)。
ちょうどパンポロリンのコメント欄で少し話題が出ているところなんですが、
そのパンポロリンをも超えるマイナー番組で(笑)、
非常に調査が困難なんですよね。
そちらもスレ建てしますので、是非お話を伺いたいです。
って、スレ建てするのも大変だなあ。話題無さ過ぎ…(苦笑)
2007/01/05(金) 23:15:34 | URL | ごいんきょ
キーパッパといえば…
伝説の「アントン体操」です。実際、これしか記憶がありませんw
横槍、失礼しました
2007/01/05(金) 23:24:21 | URL | おやじバンザイ
アントン体操
いま検索して知ったんですが、なかなか凄いですね(笑)。
これは是非スレ建てに挑戦したいが…
2007/01/06(土) 00:04:11 | URL | ごいんきょ
もちろん(笑)
踊りましたよ。アントン体操。昨年懐かしくてCD買ってしまいました。

キーパッパについては以前、自分でやってたブログで書いたのですが、某ドラマを話題にしたとき、いやな「荒らし」にあったため、閉鎖してしまいました。その時、ご兄弟がキーパッパにレギュラー出演していた子供グループに在籍していて、当時の記念アルバムのようなものがあるというコメントをいただきました。こちらでスレ建てられたら、そういう方もまた出ていらっしゃるかもしれませんね。
2007/01/06(土) 01:06:39 | URL | ダイアナ・シールズ
元にもどって
ピンポンパンのほうですが、曲の最初は
♪マーマとあそぼーピン・ポン・パン
のように記憶していますが、あいまいなので違うかも。

1回の放送で出る親子は複数いたわけですが、個別で参加ではなく、グループ参加みたいなやつだったのですね(毎回かどうかは知りませんが)。で、テレビ出演好き?の先生が塾在籍の親子を誘って出たという次第です。私はこれだけですが、母はワイドショーの後ろに座っているのとか、テレビ体操?とかいうのに出たりとかしてました。

直子おねえさん(笑)の時代は先に書いたようにセットがお城だったので木がなかったんです。だからおもちゃもむき出し?だったような。

あと、あの帽子は参加記念で確かもらったような気がします。
写真が全部実家なので細かいところが検証できずすみません。
2007/01/06(土) 01:32:08 | URL | ダイアナ・シールズ
オープニング・テーマ
荒らしですかあ。勿体なかったですね。
幸いここは対象年齢が高いので(笑)、酷い荒らしというのは無いんですが。
軽い荒らしや荒れ気味のコメントはごくたまに来ますけど、そのくらいは対処可能で、
お陰様で或る程度好き勝手書いてますけどね。
大抵は禁止措置を執る事で回避できるので、
ほとぼり醒めてまたおやりになってみてもいいんじゃないでしょうか。

キーパッパ、なんとかスレ建てに挑戦してみたいですが、
きっと挫折すると思います(苦笑)。話題が無さ過ぎ…

ああ、オープニングテーマは、「マーマとあそぼう…」ですよね、当然。
なんで間違えたんだろ(苦笑)。

いやあ、そんな算盤教室が世に有ったなんて。
ワタクシも通いたかったなあ(笑)。
子供時代のワタクシなら、きっとテレビ向きのいい仕事したと思うんですが(笑)。
ワイドショーの後ろの奥様方、いわゆる仕込みの奥さんですよね。
なるほどー。その先生、きっとテレビ局に知り合いがいたんでしょうね。

あ。お城のセットでしたっけ、そう言えば。
ロケットお絵かきの話といい、続々と記憶が甦ります(笑)。
帽子は貰えたんですか。
じゃあ、日本中のあちこちに眠ってるんでしょうね。
鑑定価格は幾らくらいになるんだろう(笑)。
2007/01/06(土) 06:49:33 | URL | ごいんきょ
まぼろしのキーパッパに
ご出演の方がいらっしゃるとは、びっくりです(^o^)

で、「ピンポンパン」は最初の頃、確かに♪ママのおこごとピンポンパン おでこをぶつけてピンポンパン
…ママと一緒にピンポンパン
というような、テーマソングだったかも、うろおぼえですが。
ちょうど私は、直子お姉さん(その後、キリンの「お天気ママさん」に出ててびっくりしました)と恭子お姉さんの過渡期でして…。
うちの親が
「前のお姉さんは、楽器演奏もできたのに、今度の子は下手な歌しかできない」と批判的だったのを覚えてます。
恭子お姉さん、歌上手いのに…親は、子どもの歌を“流行歌”っぽい節回しで歌うのを毛嫌いしてたみたいです。
直子お姉さん、料治アナウンサーと結婚したときも話題になりましたね。
料治さんの半生を書いた本を、最近「武骨の人 料治直矢」というのを最近読みました。
料治さんの生前、幸せそうな家族との写真が「クロワッサン」に出ていたのを覚えてます。
2007/01/06(土) 12:30:29 | URL | 桃
改めまして・・・
書き込みます。
>北国の人さま
同様、私も同郷の身。ピンポンパンをリアルタイムで視聴できたのは、フジのネット局uhbの開局以降のこと。ですから、石毛恭子おねえさん以降です。渡辺直子おねえさんのご尊顔をテレビで拝見したことはありませんw(幼児雑誌か何かではお写真を拝見してました)…いや、待てよ!「食器洗い洗剤」のCMか何かで観たことあるかも?ず~っと後年、直子おねえさんの旦那様が、TBSの「武闘派記者」故・料治直矢さん!と知って、非常にビックリしましたっけ。
ピンポンパンのお唄で記憶にあるのは…「パジャママンのうた」です。
失礼しました!!
2007/01/06(土) 14:19:39 | URL | おやじバンザイ
新テーマソング
私も歌詞は「ママといっしょに」だったと思います。ちなみに4歳下の弟の世代ではオープニングテーマが全く異なっていたと思います。
 ♪ピンポンパーン ピンポンパーン
  ピンポンパーン ピンポンパーン
  あつまりましたか~
  (子)あつまりました
     あつまりました
     あつまりました よ
ていうような感じの。
 パジャママンの歌ありましたねー。この歌、パンツマン、かーたんやしんぺいちゃん、ピンポンパン体操等断片的にしかこの番組の記憶がないんです。ちなみに当時、一灯式の点滅信号の上にカータンのイラストが乗っかっている夢を見ました(笑)。私が年長のときに買ってもらった図鑑のうちレコードの巻には、「おテ々をブラブラ・・・」ほかこの番組ソングのメドレーが「元気に1・2」と銘打って収録されてました。
 大人になってから、親に「(ピンポンパンの)おねえさんが出てくるとはしゃいで拍手して。当時から女好きやったもんな」とからかわれてしまいました。図星。でも大人になって「クイズ!地球まるかじり」見ても、酒井ゆきえさんが昔のお姉さんだって分かりませんでした。
 「ひらけ!ポンキッキ」は私は見ない派だったのですが、こちらも午後に再放送されてませんでした?
 キーパッパは全く知らないですね。料治さんは以前「ネットワーク」や報道特集でキャスターやってたイカツイ顔の人ですよね。
 民放の教育番組は半ば封印状態になってそうな気がします。放送大学の開学のときも、当初はNHKの系列会社とテレビ朝日(元教育局&民教協として?)とが協力してましたが、今はNHK関係だけですもん。
2007/01/06(土) 17:15:16 | URL | かじか
テーマソング…
たぶん、私が言っているのは古すぎるバージョンのような気がします。歌詞はうろおぼえなんですがメロディーはなんとなく覚えていて、でもごいんきょさんの書いた歌詞にまったく当てはまらないんです。

↑でかじかさんが書かれている歌詞はゆきえおねえさんが歌っていたような記憶がありますが…どうでしょうか。

1966年秋放送開始ということなので、私が出たのはそのすぐ後の冬だと思います。
体操のお兄さんはいなくて、直子おねえさんが子役の子と一緒に体操してました。(もしかしたらスカート姿???笑)

石毛恭子お姉さんの「キャンディ・マン」は原曲がサミーディビス・ジュニアのヒット曲だそうですね。ほかに、ゆきえお姉さんのほうだったかに「あいうえおばけ」というのがあって、これがビートルズのAll Together Nowだとか。このあたりは後から知ったことで、当時はオリジナルだと思い込んでました。
それくらい歌詞がよかったです。

ビッグマンモスは「火の玉ロック」と「あの子の心はボクのもの」が好きだったんですけど、この2曲がすぎやまこういち氏と村井邦彦氏という、私の好きなGAROにゆかりの二氏による作曲だとは今調べて初めて知りました。
2007/01/06(土) 18:18:32 | URL | ダイアナ・シールズ
主題歌バージョン
● 桃さん
まあそうは言っても、広い日本のどこかに
何十人かいるのは間違いないんですからね(笑)。
これもネット時代ならではですなあ。

桃さんの私的も恭子お姉さんバージョンですね。
ダイアナさんは直子お姉さんバージョンで書いていたようです。

お天気ママさんはTBSですが、直子さん出てましたか。
なんかそんなような名前の人はいたような気もしますが。

恭子お姉さんもべつに歌謡曲調には歌ってなかったけどなあ(苦笑)。
西洋音楽が増えたんで理解できなかったんでしょうかね。
我が親も、当時の最新歌謡曲歌手はそれだけで「下手」と評価してました。
テクニック的には下手と言うほどでもないだろーと思う人でもね。
楽器をやらないって… ふえはうたうの映像を見せてあげたい(笑)。
しかし、直子お姉さんも楽器を自在に操っていたのは、
ここんとこのコメントのおかげで思い出してきました。
このスレ建てて良かった(笑)。

料治さんの話も避けられませんね。
こんないかつい旦那が、なんて軽い嫉妬に近い感情を覚えましたが(笑)。
無骨と言う言葉が合う人でしたなあ。


● おやじバンザイさん
googleアクセス解析によると関東人が圧倒的な割合を占める
ここの閲覧者分布なんですが、コメントをくれる人というのは
北海道の人もけっこう頑張ってくれてるんですよね。
他にも数名いらっしゃいますが。
そう言えば直子さん、ママレモンのCMとかやってましたっけ?


● かじかさん
ワタクシが書いたのは恭子お姉さんバージョンでしたが、
かじかさんの年代でもそれで覚えてるもんですかねえ?
ゆきえお姉さんの頃も同じだったのかな?
ちょっとよく思い出せませんが。
弟さんの頃と書いているのがゆきえお姉さんバージョンだったかなあ?
なんか、その次のお姉さんのバージョンだったような気もするし。
レコードお持ちの方ならよくわかるんでしょうけどね。
元気に12とかお手手をブラブラは、おかあさんといっしょですよね。
かじかさんの年代でもその歌が通じますか。

ああ、ゆきえさんは地球まるかじりに出てたんでしたっけ。
あと、ズバリ!当てましょうの末期にも出ていたですかね。
その稿のコメント欄で少し話が出てますが。

ポンキッキは再放送してなかったんじゃないですか?
ピンポンパンは5時頃に再放送していたんですけど、
地方でもやっていたようですね。
ポンキッキは開始当初、夕方の4時頃からでしたが、
それと混同しているのではないでしょうか。
それとも後年はしてたのかな?

今の地上波放送局、特に民放はもう終わってますよ。
公共の電波を独占して私益を貪るだけの存在になってます。
イグアノドンの卵から恐竜が生まれ、いま思いのまま暴れている状態です。
いずれ絶滅状態になるんですけどね(笑)。


● ダイアナさん
ワタクシが書いたのは恭子お姉さんバージョンですね。
直子お姉さんバージョンは今のところ思い出せません。
かじかさんのはゆきえお姉さんバージョンですか。
うん、そうかもしれないです。
ゆきえお姉さんまで観ていたワタクシが知ってるんですからね。

ピンポンパンのお姉さんの衣装は、いわゆる
キュロットスカートみたいのじゃなかったですか。
後期はホットパンツとかだったのかな。
ロンパールームの先生は激しい体操が無かったので、
ごく普通のロングスカートをはいてましたよね。

キャンディマンはサミーの歌だったんですか。
いやあ、初めて知りました。
恭子お姉さんが歌ったからか、イメージ違いますね、かなり(苦笑)。
ああ、オール・トゥゲザー・ナウもそう言えば日本語詩で歌ってたかも。
うわあ、記憶が甦った(笑)。
♪ ボンボボン 真夜中の ボンボボン 祭りだ~
ポンキッキでもビートルズソングはよく使われてましたね。

ワタクシはクレヨンしんちゃんみたいな子だったのか、
お姉さん以外の歌はまったく空見してました(苦笑)。
ビッグマンモスの歌はあまりよく覚えてないですね。
聞けばもちろん思い出すんでしょうが。
2007/01/06(土) 20:41:08 | URL | ごいんきょ
モノクロ時代のopテーマは
♪ピンピンピンと立った犬の耳~と続く後に「見ごろ食べごろ笑いごろ」での「ピンピンピン」というこの番組のパロディーのコーナーみたいな歌詞でありyoutubeでの映像も今のところある

ちなみに今からずっとまえに資生堂の紙おむつで「ピンポンパンツ」というのもあったっけかな
2007/01/06(土) 22:55:19 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ピンピンピン体操
ガッツィンガーさん! ありましたね、「ピンピンピン体操」って。スタジオは完全にピンポンパンのパクリなんだけど、この体操実は「げんこつやまのたぬきさん」の最後の「またあした」を「ピン・ピン・ピンッ!」に変えただけ!

 料治さんは「ネットワーク」の第1回で「私はテレビ向きの顔ではありませんので」と視聴者におことわりをしたそうです(私も確か見たと思うんですが覚えてないですね)。
2007/01/07(日) 00:25:39 | URL | かじか
ピンポンパン
ピンピンピンってなんか有りましたね~。
みごろはあまり見てなかったので、なんとなくしかわかりませんが。

ピンポンパンツ、ワタクシも書こうとしてやめていたのですが(笑)。
松田聖子さんがさやかさんを産んだ後、たしかCMをやっていたと思います。

料治さんもよく見ていたのは間違いないんですが、
今のところ記憶を整理できていません。
報道にピッタリの顔だなとは思いましたけどね。
2007/01/07(日) 11:47:29 | URL | ごいんきょ
ポンキッキは
はじめは2時からやっていたはずです。「およげ!たいやきくん」がはやっていた頃だったと思います。
そのあと2時半からは演芸番組みたいなもの(手品の伊藤一葉さんが出ていたのがなぜか記憶にある)をやっていて、さらに奥さまニュース(有馬真喜子さんが出ていた)と続いていたような。
2007/01/07(日) 19:29:11 | URL | 北国の人
ポンキッキ再放送
って、やっぱり有ったんですか。
2時じゃ見てないわな(苦笑)。
夕方時代は恒常的に見てましたけど。
2007/01/08(月) 00:27:52 | URL | ごいんきょ
調べてみました(全国紙テレビ欄のコピーより)
ポンキッキ、昭和50年の前半までは2時から本放送で、同年の後半より8時15分からの放送になりました。ピンポンパンも7時45分から8時15分までの30分番組になっています。
ポンキッキの夕方の再放送ですが、5時半からやっていましたね。(昭和50年後半のテレビ欄によると)
日テレ、TBS、NETでは5時台にニュースの表記がありますが、これは全国紙のニュース?北海道ではSTVで全国紙のニュースを放送していました。(読売新聞。昭和40年代は毎日や朝日のニュースもやっていたらしい)
TBSで「ぎんざNOW」の後にやっていた「東京エコー」が個人的に気になります。
テレビ欄を見てると、いろいろ気になることがあったもので。ずいぶん本題とかけ離れてしまいました。失礼しますm(_ _)m
2007/01/08(月) 11:20:40 | URL | 北国の人
初期ポンキッキ
ウィキペディアに拠れば初期は2時半からとなってますが、どうなんでしょうね。
いずれにせよ、4時頃というワタクシの記憶は完全に誤りだったわけですか。
うーん、2時台の番組なんかよく観たなあ。
夏休みに観てたのかな。
しかし、ずいぶんと中途半端な時間帯だ(苦笑)。
その時代を知っている人間も少なそうですね。

再放送もやってたんですか。
いやー、全然記憶にありません。
東京エコーも初めて聞きましたよ(苦笑)。
ぎんざNOWはれだけ観ていたのに、不思議だ。
2007/01/08(月) 22:31:36 | URL | ごいんきょ
電気屋さんで・・・
1973~75年くらい、近所の電気屋さんでピンポンパンのシングルをもらった記憶があります。記憶がかなり曖昧で、もしかして友達がもらったのかもしれません。学研の学習科学の、科学の付録でいつも単三の電池を買っていたのですが・・・。石毛恭子おねえさんのパンダちゃんと雨にうたえば(?)がはいっていたかも。しかし、販促にしては高価です。パクちゃんやデベロン、懐かしすぎます。おかあさんといっしょは当時はまだマイナーぽかったですが、とんちんこぼうずは誰に聞いても覚えてないのがさみしいです。
2007/04/18(水) 23:18:34 | URL | くりお
ピンポンパンの歌の数々
電気屋さんでくれたんですか。
それは、たまたまその電気屋さんが配ったんでしょうね。
パンダちゃん有りました。
雨に歌えばは、レイン・ドロップスとして歌われてました。
ワタクシはキャンディマンがなんとも懐かしくなったので、
こないだ夢のチョコレート工場の中古ビデオを買ってしまいました。
他にもいろんな歌が有りましたね。
♪ かったマメかったんたん 残りはやったんたん
とか、わけのわからない歌詞をピンポンパンレギュラー全員が
メドレーで歌う、たんたんはやしうた。
♪ ふんふん たったの 十円一個
と生意気バニーを歌ったピンクのバニー。
そばかすつけた女の子あたりが、石毛恭子さん時代で印象深い歌です。
酒井ゆきえさん時代では、♪ 関係ないのは 金魚
の、海の大家族が何度も繰り返し歌われたんで、
非常に記憶に残ってますね。

おかあさんといっしょは決してマイナーではありません(笑)。
ピンポンパン登場以前は、幼児がいる家庭では100%視聴だったんじゃないかな。
ただ、ピンポンパンやおはよう!こどもショーなどが人気になると、
かなり印象が薄れてしまったのは確かです。
とんちんこぼうずもそんな頃でしたが、
あの不気味な出で立ちは、見ていた人間は忘れようが無いです(笑)。
2007/04/19(木) 06:01:50 | URL | ごいんきょ
古い話で…
かなり以前の話題だったのですが、「ピンポンパン」のオープニングで桃さんが記憶されている歌は石毛恭子さんになってからのものです。
渡辺直子さんのころは、初期が
♪ピンピンピンと立った犬の耳
ポンポンポンと打った大時計
パンと鳴ったらピンポンパン
はずんでピンピン たたいてポン
ひっくり返ってスッテンパン
ママとあそぼうピンポンパン
(ヤッホー ヤッホー)
ピンポンパンポン ピンポンパン♪
という歌でした。
このころの直子お姉さんは、野暮ったくて(ゴメンなさい!)、お姉さんというよりは「お母さん」という感じでした。
その後、顔や体型がスリムになると、メイクも垢抜けて若々しさが出てきました。この頃は、番組名も「みんなであそぼうピンポンパン」になったようで、オープニングも次の曲に変更されています。
♪なんだか なんだか なんだかなんだかいいことありそうだ ピンピン
なんだか なんだか なんだかなんだかうれしくなっちゃうね ポン ポン
だってだって始まるもん
みんなのピンポンパン♪
果たして、直子お姉さんの変化にはいかなる理由があったのか、真相をご存知に方、ぜひお聞かせいただきたいものです。

2007/04/19(木) 21:11:12 | URL | Mr.テレビっ子
オープニングテーマ
大佐殿もコメントしている昭和キッズTVシングルスというCDに、
恭子さんゆきえさん時代の歌が大挙収録されています。
ワタクシもそれを聴いて、思わず感涙ものでした。
オープニングも非常に懐かしいものでした。
♪ あの子にチューしてピンポンパン
という部分が妙に照れくさかったのを覚えてます。

が、これには直子さん時代が収録されておらず、
ワタクシにとってはまだ闇の部分です。
ここでの皆さんのコメントで少しずつ思い出してきてますが、
オープニング曲は本当に思い出せません。
ですので、たいへん助かりました。
が、どちらもピンと来ませんね。
2バージョン有ったんですか。
やはり曲を実際に聴いてみたいものです。
どっかピンポンパンのCD全集を作ってくれないかな。
と言っても、直子さん時代はオリジナル曲って無かった気がしますが。
ピンポンパン体操が社会的ブームになって以降ですよね、
歌の路線が強化されたのは。
2007/04/19(木) 23:09:12 | URL | ごいんきょ
直子おねえさんオープニング
Mr.テレビっ子さんが書いてくださっているオープニング、最初の1行分くらいはyoutubeの画像で確認できていましたが、自分が出演したときと同じなのかどうか、ちょっとはっきりしていませんでした。(私が出たときはカータンがまだいませんでしたので)

私が記憶していたのは
 はずんでピンピン たたいてポン
 ひっくり返ってスッテンパン
 ママとあそぼうピンポンパン
の部分だけでした。ですので、同じ曲なのだと安心しました!

なにしろ「スッテンパン」というのが変なので、私の記憶違いではないかとずっと思っていたものですから…。
すっきりしました。ありがとうございました。

2007/04/20(金) 00:01:16 | URL | ダイアナ・シールズ
カータンがいない!
最初期にはカータンいませんでしたっけ?
それは意外でした。
ダイアナさんが言っていたロケットのお絵かきは思い出せましたが、
てっきりカータンも一緒に書いていたと思いましたが。
これって意外に思う人は多いでしょうね。
2007/04/20(金) 18:11:04 | URL | ごいんきょ
♪はーなこーさん はなこさんー 
ママの名前ははなこさんーいらっしゃいませ はなこさんー ごいっしょにどうそー 
ずんずんずんずん ずんずんずんずん…♪

覚えているものですねー。
コレに、母の名前を当てはめて歌ったら、怒られたっけなぁ。
…今日は、母の日ですね。

さて、ピンポンパン、といえば、初めて観た時の記憶があります。
まだ幼稚園に入る前、ということは、二歳の時の記憶かな?
直子お姉さんが、あいうえおの歌を歌っていました。

あ あーかるっくー
い いーつでっもー
う うーれしっいー
え えーがおっでー
お おはよーう おともだち
あいうえおーは まほうのことば
ためしてごらん さけんでごらん
ままーぁ 
ほら「あ」になった♪

もう、40年は(おっと、歳が…)詳細が謎のままで。
本当にこの歌はあったのか、
実際にピンポンパンで歌われていたのか…。
こちらへうかがえば、
ひょっとして、何かわかるかな…と思ったのですが、
いかがでしょう。
少なくとも、私の作詞作曲じゃ、ないと思うのですが。

そして、
観ていた我が家のTVには、扉があったことを覚えています。
もちろん、白黒。
その後、家族そろって歌合戦に出ることとなったため、
カラーテレビが我が家にやってきたと記憶しています。
2007/05/13(日) 20:54:28 | URL | 秋桜
ありましたね
>秋桜さん
冒頭の部分は「はーなこーさん花子さん、ママの名前は花子さん」だったと思います。しかし母親の名前を強引に花子にするとは・・・。
「♪ズンズン・・・」は冒頭をはじめ曲に頻繁に出てきてましたね。

この歌、私の保育園時代とどんぴしゃです。カラオケのDAMにはこの歌のレゲエバージョンがあります。
2007/05/14(月) 01:23:18 | URL | かじか
● 秋桜さん
怒られましたか。カワイイじゃないですかねえ。
当時は子供はなにかにつけて小言言われてましたもんね。
直子さんの頃はワタクシも記憶が杳としておりますが。
しかし2歳の時の歌を完璧に歌えるって凄いッスね。
女性は40代50代がベストだとワタクシは思うんですけどね。
そら見ているだけなら十代の方がキレイだけど(笑)。

ウチの白黒テレビはそんな豪華じゃなかったです。
おそらく14インチで、足だけは4本ちゃんとありました。
あれは畳やカーペットがへこんでね(笑)。
こないだ両親に少し昔の話を探り入れてみたんですが、
テレビを買ったのは昭和36年頃だったようで、想像よりも早かったです。
その頃には、ウチのような貧乏人でも踏ん切れば月賦で買えたんでしょう。
カラーがキドカラーだったのも、その次がブブだったのも、
両親共に見事に忘れてました。
やはり駄目ですね。テレビなんかその場その場で忘れている人たちで。
或る意味それも健全なんでしょうが、つまらない(苦笑)。
ただ、ワタクシがアトムから何から、次々とチャンネル替えて
アニメを順番に片端から見ていく事には、
よく放送時間を覚えているなと感心していたようです。
本人としては、一つが終わったら適当にガチャガチャやって、
面白そうだったら止めてただけなんですけどね(笑)。


● かじかさん
それは有名なピンポンパン体操ですね。
冒頭ではなくて、ほとんど終わりに近い部分でした。
秋桜さんは、花子さんの部分をお母さんの名前に替えて歌ってたんですよ。
カワイイのにねえ(笑)。
2007/05/14(月) 02:10:58 | URL | ごいんきょ
レゲエバージョン、聴いてみたい。
かじかさん、ごいんきょさん、コメントをありがとうございます。

ここ数日、すっかりこちらにはまってしまっています。楽しいったら!
落ち着くまで、あちこちへ顔を出すことでしょう。お許しくださいね。

>怒られましたか。カワイイじゃないですかねえ。

ねぇ。
母の名を歌いながら、両手をフラダンスのようにゆーらゆーらと、踊って、ね。

>当時は子供はなにかにつけて小言言われてましたもんね。

そうなんです。
TV番組だって、子どもの見たいモノ、なんて、大人が許してくれた時だけでした。

>しかし2歳の時の歌を完璧に歌えるって凄いッスね。

いやいや。
ですから、怪しいんです。胡散臭いでしょう?
無意識に、何かねつ造してるんじゃないか、って、自分を疑っちゃいます。
どなたか、この歌をご存知の方がいらっしゃるといいのですが。

>女性は40代50代がベストだとワタクシは思うんですけどね。

歳を重ねるごとにどんどん色々楽になってきて、歳をとるっていいことばっかりじゃん、って思ったりしている今日この頃。
内面、のお話ですが。

>そら見ているだけなら十代の方がキレイだけど(笑)。

はい。私も、そう思います。
2007/05/14(月) 16:17:52 | URL | 秋桜
おでこをたたくと
ごいんきょさん。私が「冒頭」と書いたのは、秋桜さんが冒頭に書いたこと、ということでして、ピンポンパンの冒頭という意味じゃないんです。紛らわしくてすみません。JAROに訴えないでくださいね(笑)。
 「♪おでこをたたくとピンポンパン」という番組冒頭の歌は私も覚えてますよ。
2007/05/15(火) 01:16:26 | URL | かじか
● 秋桜さん
なんか、まるちゃん思い起こしちゃいました(笑)。ちびまる子ちゃん。
ああいう小さい子の話かわいくて大好きです。
お母さんの名前にするというのは、みんなやったでしょうね。
実際に母親の前でやったかは別として(笑)。


● かじかさん
読み直してそう思ってたんで、書き加えようと思ってたとこです。
で、それだと秋桜さんが書いたままなんですよね(笑)。
コメントタイトルも見てみましょう。
それと、「しかし母親の名前を強引に花子にするとは・・・。」
というのは歌詞に対するツッコミだったんですよね。
当時はまだ、日本人女性の代名詞が花子さんだったからね。
♪ 太郎さんと、花子さんは、結婚できるでしょう~か
  小さな恋人 カバヤのマスカットキャンディー
というCMも有りました。
2007/05/15(火) 06:36:07 | URL | ごいんきょ
はなこ
はなこ、という名前については、
今でも、銀行の記入例なんかに、よく登場していますね。
そこを参考にして書いていると、
自分の名前を「花子」にしてしまいそうになります。

私の場合は、実際の知人に、はな子さんがいるので、
日本女性の代名詞と言うよりは、
具体的なイメージが浮かんじゃいますが。

>なんか、まるちゃん思い起こしちゃいました(笑)。ちびまる子ちゃん。

まぁ。光栄です。
さくらももこさんは、世代も近いので、
マンガを読むと、思い出が重なり、好きです。
でも、私には妹がいましたので、
私はおねえちゃんの、さきこちゃんの方かな。

最近、TVで実写版が放送されていますが、
最初は、お母さんの役、
イメージぴったりの清水ミチコさんだったのに、
今は、酒井法子さんなんです。
のりぴーだと、優しすぎて、なんか、違う気がします。
2007/05/15(火) 09:41:54 | URL | 秋桜
太郎と花子
ははは。まあ日本の標準が花子だったことは知ってますが、あの歌の場合、突然花子という名前を出して呼んだ挙げ句それを母ってことにしてしまおうというのがすごいなーって思ったんですよね。
 ちなみに平成に入ってから「太郎と花子」ってクイズだかがありましたよね。
2007/05/16(水) 01:55:56 | URL | かじか
● 秋桜さん
今でもああした例は太郎・花子が多いのかな。
何を隠そう、我が祖母が花子でした。
実際に多かったですね、太郎も花子も。

ちびまる子ちゃんは原作で相当ハマりましたけどね、可愛くて。
それがアニメになったらあんなダミ声になっちゃって(苦笑)。
原作マニアなので映像版はまったく興味ないのです。
それよりは秋桜さん姉妹の小さい頃を見たかったかな(笑)。


● かじかさん
ワタクシの高校時代、1970年代ですけど、友人の好きな子の話をしていて、
名前を聞いたら、よくある名前だとかボカしたんでね、
「何? 花子?」とかボケた事ありますけど。
「花子がよくある名前かよー(笑)」と返してくれたんで(笑)、
当時もう既に「~花子」が女性の代表名ってのは記号でしかなかったですね。
ピンポンパン体操の歌詞も、そういう効果も狙ってると思います。
逆にインパクト有ったというね。
2007/05/16(水) 02:51:32 | URL | ごいんきょ
絵の上手なしんぺいちゃん
私も子供の頃、見てました。。
5歳ごろは、まず「おはよう、子供ショー」を見て、その後ピンポンパンでした。

そのときの記憶で、誰も触れないことですが、坂本しんぺいさんは、よくイラストや紙芝居を自作で見せてくれましたよね。そのときに生まれたのが「あんぱんマン」だったと記憶しています。あんぱんマンは、やなせたかし作になっていますが、オリジナルは、坂本しんぺいだったと思うのです。
2008/01/06(日) 11:10:51 | URL | キョウコ
うん。新兵ちゃん、たしかに紙芝居をよくやってました!
ただ、アンパンマンやってたかなー?
おそらく丸顔の別の主人公の話じゃないですか。
2008/01/07(月) 02:19:04 | URL | ごいんきょ
ポンキッキの再放送
上でポンキッキの再放送のことが
触れられていましたが、2時も再放送枠ではなかったでしょうか?
「リビング4」とバーターする形で
昭和51年くらいに4時の再放送に変更されたはずです。
2008/01/14(月) 08:47:55 | URL | まのり
うん、なんか夕方だった気がするんですよね。
んで、5時台にピンポンパンの再放送が有って。
そう言えばリビング2ってのもリビング4ってのも有りましたね。
2008/01/14(月) 13:17:54 | URL | ごいんきょ
虎のプロレスラー
虎のプロレスラーはしましまパンツ、
履いても履いてもすぐ落ちる、
※がんばらなーくっちゃー、あ、がんばらなーくっちゃ
※がんばらなくっちゃー
空手をビシッビシ、パンツをずるっずる、(2回)
勝て勝てトラーのプロレスラー

カバの忍者は間抜けで困る
化けても化けてもすぐバレる
※※
手裏剣シュッシュ、煙をモクッモク(2回)
いけいけカバーの忍者くんー

二番を合わせて考えると、タイガーマスクと考えなくてもいいんじゃないでしょうか。タイガーマスクは黒パンツですし。

ついでに正調デベロン音頭。

ウッヒョォ~ 正調デベロン音頭ですと。ウッヒョォ~

ウッヒョッ ウッヒョッ ウヒョヒョのヒョ
デーベロン音頭で踊りゃんと
なんですとォーォ なんですとー
デーベロン ロンパリ 目ー玉ーをちょっと出せ
グッと出~せ パッと出せ
みんなで一緒にそれそれ ウヒョ~~
すっからかーんのデベロンパ!
ウヒョ~~~ あビックリしてヒョ!
デベロン音頭で踊ってヒョ!

ウッヒョッ ウッヒョッ ウヒョヒョのヒョ
デーベロン音頭で回りゃんと
なんですとォーォ なんですとー
デーベロン ベロベロ おー顔ーをちょっと出せ
グッと出~せ パッと出せ
みんなで一緒にそれそれ ウヒョ~~
すっからかーんのデベロンパ!
ウヒョ~~~ あビックリしてヒョ!
デベロン音頭で回ってヒョ!

ウッヒョッ ウッヒョッ ウヒョヒョのヒョ
デーベロン音頭で騒ぎゃんと
なんですとォーォ なんですとー
デーベロン デベデベ おーへそーをちょっと出せ
グッと出~せ パッと出せ
みんなで一緒にそれそれ ウヒョ~~
すっからかーんのデベロンパ!

順番ちがうかもしれません。あと

走れー走れー ○○○ー お茶碗新聞飛び越えてー
走れー走れー ○○○ー トイレは近いぞ ○○○

って歌もピンポンパンでやってませんでしたっけ。
2008/04/24(木) 00:54:04 | URL | あぶもんもん
あの当時で虎のプロレスラーって、タイガーマスクでしょ。
最後の歌詞はピンポンパン体操の中盤ですね。
2008/04/24(木) 07:25:08 | URL | ごいんきょ
おにーさーんおったんこーの
ピンポンパン、キーパッパ、ポンキッキなど、このジャンルの番組は頭の中で渾然一体となっています。この歌はピンポンパンだったかどうか思い出せません。カータンが出てきたような気がするんですが・・・
 おにーさーん おったんこーの おーじるし おーじるし
 おーらーらーんの おったんこーの
 おったん 忍者の忍者の子
 おったーかまったーか おったーかち
 おったまーめー 食ったんたーん 残りはやったんたーん
例によって山上たつひこが何かの漫画でこれをスケベネタに使っていました。そーかそーかおった豆食ったか、残りはやったんたーんかウヒヒ、という感じで。
2008/07/20(日) 23:17:02 | URL | あぶもんもん
○○○は
きんたろー,ですね。
あとの○○○は,がんばろう,ですね。
2008/07/21(月) 12:14:41 | URL | いくちゃん
タンタンはやしうた
おにいさん オッタンコの~

の歌は「タンタンはやしうた」ですね。

ちなみに、その「おにいさん~」の部分を歌っていたのが、カータンです。 

歌詞は4番まであり、恭子おねえさん、新平ちゃん、お兄さん、カータンと順に、歌い継いていきました。

それから、

おったか まったか おったかち~

以下は全員で歌っていました。

あぶもんもんさんが書かれていたのは、最後の4コーラス目になります。


2008/07/22(火) 00:23:59 | URL | カントスカン
しんぺいちゃん 
その、しんぺいちゃんも
早すぎる死だった。
酒井ゆきえさんをはじめ 
ピンポンパンの歴代お姉さん元気
かな。 
2008/07/22(火) 14:01:49 | URL | 梅吉
● あぶさん
あれ?
たんたんはやしうたについてコメントしたように思ってましたが、
いま見返したところ書いてないですね。
カントスカンさんが書いてくれた通りです。
新兵ちゃんしったんこのしじるし
恭子ちゃんきょったんこのきょーじるし
カータンかったんこのかーじるし
と来て、おにーさんおったんこのおーじるし
と来るのが、いま思えばオチだったわけですね(笑)。
しかしお兄さんだけ名前が無かったのもどうかと。
山上先生もなんでピンポンパンなんか見てたんだ(笑)。


● いくちゃんちゃん
ピンポンパン体操の後半の部分ですね。
あれもとりとめないっつーか、ダラダラした歌だった(笑)。


● カントスカンさん
わっけわかんない歌でしたよねー(苦笑)。


● 梅吉さん
新兵ちゃんはその後、保護司としてボランティア活動され、著書も出版してますね。
現実の教師には屑人間が多くなってますが、
こうして我々の夢を壊さないでまっとうしてくれた人は素晴らしいと思います。
2008/07/29(火) 05:18:19 | URL | ごいんきょ
ダン、ドン、デン
何かの体操の一節なんですが、
♪ダンドンデン (どーラーソー)×3回
 ダンドンデン (ドードードー)
 お手手ぶらぶら~~
というのをどなたかご存知でしょうか。私はその部分しか覚えていません。民放の子供番組でやっていたと思うんですが、ピンポンパンかポンキッキかキーパッパか、はたまた別の番組だったか、すっかり忘れました。とりあえず老舗であるピンポンパンのスレッドに書かせていただきました。
2009/05/15(金) 00:44:38 | URL | あぶもんもん
始まり方
記事にあるキャプチャを見ていると、
 ピンポンパンの時間ですよー
という声が聞こえる気がするんですが、そんな風に始まっていたんでしたっけ。
これ、あまりに周知のことなので今まで書かれていないのか、それとも私の記憶の捏造なんでしょうか。あまり熱中して見ていなかったのでウロ覚えです。
坂田靖子の漫画『ライラ・ペンション』で、主人公の女子高生が「ピンポンパン最後まで見ちゃった~遅刻だ~」と言ってる場面があって可笑しかったのを思い出しました。
2009/05/15(金) 23:16:55 | URL | あぶもんもん
「ピンポンパンですよ~」
あぶもんもんへ

あのキャプチャーは確かにOPのシーンでしたね。
せりふは「ピンポンパンですよ~」でしたね。

「ピンポンパンですよ~」
(ジャカジャーカジャカジャ~ン、ジャカジャカ)
「ピンポパーン、ピンポパーン、ピンポパーン、ピンポパーン、ピンポパーン、あつまりましたか~」
「は~い、あつまりました、あつまりました、あつまりました、よ!
ウォーウォウォウォー、レッツピンポンパ~ン」
(注、聞き取りのみのためおかしな表現はご容赦ください)

こんな感じで始まっていましたね。

「ピンポンパン」はゆきえお姉さんのときはリアルタイムでよくみていました。(特に夏休みなど)

今まで出ていない中で、以下のネタで絡めると嬉しいです。

①「ドラねこブチャさん」(by富山敬)
②「ガンちゃん」(もう一人のお兄さん)
③「ビックリシャックリメクリゲーム」(週末によくやっていたゲームコーナー)
④「ニッキニャッキ」(嫌いな食べ物が消えて好きな食べ物が出てくる魔法の呪文の歌)
⑤「大野かおりお姉さん」(ゆきえお姉さんの後任)
2009/05/16(土) 12:50:06 | URL | yig
● あぶさん
「ピンポンパンですよ~」って呼んでるんですね。
オープニング、レコードなどには歌しか収録されませんが、
イントロが始まるとお姉さんが、「さあいらっしゃい」とか手招きして、
スタジオの子供達がフレームインしてくるんですね。

● yigさん
ブチャ猫も懐かしいですね。ブチャワンショー。
やはり手の部分だけ出して操作する人形でした。
ガンちゃんってのも後からお兄さんに加わりましたね。

ビックリシャックリめくりゲームって、なんか他で聞いたような。
ああ。3時のおじゃまクイズだったかな。
元はピンポンパンだったんですか。

ニッキニャッキは、我々にすれば『黒ネコのタンゴ』のB面なんですけどね。
この番組でもそう言えばゆきえさんが歌ってました。
かおりお姉さん時代になるとワタクシは卒業していますので、
なんでもいいから教えて欲しいですね。
2009/05/23(土) 07:06:36 | URL | ごいんきょ
大野かおりお姉さん
実のところ、ゆきえお姉さん程のインパクトはなかったように思います。声が細かったような感じでしたし………

むしろ衝撃的だったのは
「人生ゲームハイ&ロー」でアシスタント席に座ってクイズの出題や商品の紹介をしていたのが
「かおりお姉さん」ということでした。しかも「大野香菜」という名前で!!

他の番組でもいくつかアシスタントで出ていた記憶があるのですがどんな番組だったかは?です。
2009/05/24(日) 22:34:52 | URL | yig
あこがれのおもちゃは
前の職場の子に聞いた話なのですが、当時の子供達のあこがれの的であったラストのおもちゃは、実は出演した子供達の親に予め用意させた物だったそうです。
その子のお姉さんが出演したとの事で、その裏話を教えてもらいました。

確かにちっとも欲しくもない物をもらった子供に仏頂面されたら、テレビ的にも困りますもんね(笑)
2009/07/05(日) 00:13:53 | URL | カピバラ
ちょっとだけよ
ピンポンパン体操じゃなかったかと思いますが、違うかもしれません。
 ちょっとだけ~よ ウィ~ダァバシャバ
 ズンズンズンタカタッタ (←この部分、記憶が不正確です)
 ピンポンパァ~ン
2番と3番の間あたりに入っていたような気がするんですが、どなたかご記憶でしょうか。
「ちょっとだけよ」は全員集合から、「ウィ~ダバシャバ」というのは 11PM でしょうか。どちらも他局ネタですね。
2009/08/21(金) 17:10:27 | URL | あぶもんもん
手足ふってふって
 ピンポンパンじゃなかったかもしれません(もしかしたら「おかあさんといっしょ」?)が、なんとなく雰囲気がピンポンパンぽかったかなと思います。最後の部分しか思い出せませんが、
 ファソラ ミミファソ レレミファレ~
 ファソラ ミミファソ ファ~レララーファ~
の間奏の後、阿波踊りみたいな調子で
 振って振って振って振って さ~あ振って振って振って
 もっともっともっともっと さ~あもっともっともっと
 手足ふってふって おっどろっよワイワイ! ワイ!!
で番組が終了したような覚えがあります。そんなに昔ではなく昭和50年代だったでしょうか。
2009/09/02(水) 16:40:31 | URL | あぶもんもん
はじめまして
ピンポンパン、懐かしい。でも、皆さんの感想を読ませていただくと、記憶って本当、人それぞれですね。

私は歴代のお姉さん、それぞれ好きですが、私の記憶では、恭子お姉さんは唄は上手かったけどルックスは貧相。ゆきえお姉さんは可愛いけど唄は下手でしたね(泉麻人も同じような事を書いてました)。
かおりお姉さん時代は、私も見なくなっていて記憶が乏しかったけど、ようつべにアップされているものを観て、その可憐さと唄と踊りの上手さに感動しましたよ。
母は、一番綺麗だったのは直子お姉さんだと言っております。
2010/01/16(土) 22:57:49 | URL | meimy
● yigさん
ワタクシの当時の印象では、初代直子お姉さんから、どんどん声と歌の質が落ちていった感じでした。
特に恭子お姉さんからゆきえさんに替わった時に強く感じましたし、
おっしゃるように、ゆきえさんからの交代時もまた感じました。
かおりさんがハイ&ローのアシスタントだったとは気付かなかったなー。
たしかゆきえさんもズバリ!当てましょうのアシスタントをやりましたけど、
あれはフジの番組でしたからね。
たしかおねえさんたちはフジのアナウンサーだったんだがなあ。
かおりさんの頃は違ったのか、やめてすぐに独立したのか。


● カピバラさん
あ、それはそうでしょうね。
それは子供の頃から感じてました。
奪い合いがほとんど起きませんでしたので、あらかじめ決まってるんだなと。
でも、貴重なインタビューが出来て良かったじゃないですか(笑)。


● あぶさん
体操も何度か替わりましたからねー。
踊りも含めて、ワタクシはちょっとわからないです。


● meimyさん
はじめまして。
記憶、感覚、人それぞれですね。
ワタクシは今の視線で見ると、ゆきえさん、恭子さんが好きですけど(笑)、
当時はあまりルックスは気にしてなかったです。
歌は、初代からどんどん下手になっていった印象でした。
特に恭子お姉さんの時代から歌に力を入れてくるのですが、
次のゆきえお姉さんになった時には、しばらく違和感ありましたね、歌は。
2010/01/18(月) 07:28:41 | URL | ごいんきょ
歌のランキング
きつねばんみ~

私が正しい歌のランキングをつけるなら

1位:酒井ゆきえ
2位:渡辺直子
3位:石毛恭子
4位:井上佳子
5位:大野かおり

これが正しいランキングです。
2010/01/22(金) 00:05:03 | URL | きの字
追悼、横澤彪プロデューサー。
フジテレビの名物プロデューサーだった、横澤彪さんがお亡くなりになりました。

横澤さんなら「ひょうきん族」では…、と言われる方も多いと思いますが、
私が横澤さんの名前を知ったのは、『ピンポンパン』のエンドロールが最初でした。
そのため、ここで書かせていただきました。

横澤さんの御霊がどうか安らかでありますよう、
衷心よりお祈り申し上げます。合掌。
2011/01/10(月) 01:19:47 | URL | 甚六
● きの字さん
ゆきえさんの時が一番歌が華やかでしたからね。
印象的なものも有るでしょう。


● 甚六さん
横沢さんの訃報も結構ショックでしたが、業界ではあまり評価されてない人なのかな、
業績のわりにはちょっとリアクションが少ないように感じました。
ピンポンパンは、ビッグマンモスとかが活躍しだした頃からですかね。
ワタクシはこの番組の路線変換が嫌で視聴が遠ざかりましたけど、
新たなファン層はできたんでしょう。
2011/02/08(火) 03:25:49 | URL | ごいんきょ
カータンどんぶり
当時、「カータンどんぶり」と「パクちゃんやきめし」なる商品のテレビCMがガンガン流れていた記憶があります。

カータンの絵の上手さは本当に凄かった。ただ絵が上手いというだけでなく、最初は別の絵だったものが、終わってみると別の絵になっていたりしました(マンガ太郎さんのパフォーマンスに似ている感じ)。

体操の金森勢さんは渥美清主演の「ヨイショ」という番組で調理士の役でも出ていました。

新兵ちゃんはケンちゃんシリーズでおまわりさん役でも出ていましたね・・・。
2011/02/08(火) 22:36:20 | URL | つかさん
ピンポンパンのレコードも研究のために集め出したんですけど、
ボブ・マグラスさんが歌っているテーマソング、「ママと遊ぼう」というのが有るんですね。
そう言えば、最初期のエンディングでは、外人っぽい歌声が流れて静かに終わっていた気が。
ご記憶の方はいらっしゃいますかね。


● つかさん
パクちゃんとは蛇ですか。
その頃も見てましたけど、そういうCMは記憶に残ってないですね。
商品も見たこと無いし。メーカーはどこなんだろう?

カータンは、本文中でも少し触れましたけど、
一番最初に登場した頃は、仲間感覚で接してきていたのか、
「なんだお前の絵。ヘッタだなあ」とか言っていて、
テレビに出てる人がそんな言葉使いで少々違和感を覚えながらも、
なんだか身近な感じも確かにしたものです。
でもやはり抗議が有ったのか(笑)、すぐに態度を改めまして、
「うわあ、上手だなあ」とか誉めるようになりました(笑)。

そうそう。最初に何かの簡単な絵を描いて、それに書き足して別の絵にしたりしてましたね。
新兵ちゃんやお兄さん、お姉さんもみんな絵が上手くて、
残されているサインとかを見ると本当に楽しくなります。
子供の扱いが上手い人は、絵心や話心も有りそうですね。

ほー。金森さんがヨイショに出ていたとは知りませんでした。
新兵ちゃんのお巡りさんは忘れられませんね。
2011/02/09(水) 02:14:52 | URL | ごいんきょ
この番組の最晩年の頃に体操のお兄さんを勤めた「宮沢芳春」さんの娘さんは


今をときめく「AKB48」の「宮澤佐江」さん(長身のショートカットの人)だそうです。
2011/03/08(火) 21:43:53 | URL | ナベチン
ピンポンパン体操74
 2年近く前に書かせていただいた疑問、自己解決しました。「ちょっとだけよ」「ウィ~ダバシャバ」の他に、「じっと我慢の子であった」という子連れ狼の文句も確か入ってたな、変だな変だなと YouTube を見たら、「ピンポンパン体操74」というのがアップされてました。音だけで、画像はシングルレコードの写真ですが。
 体操そのものも、体操してる部分に当たる歌の歌詞も覚えていないのですが、間奏部分に「ちょっとだけよ」「じっと我慢の・・・」などが入っていて、ここは楽しく思い出しました。「さすが分かっていらっしゃる」なども入っていました。
2011/05/04(水) 21:11:32 | URL | あぶもんもん
● ナベチンさん
かおりお姉さんになってからですかね。
ワタクシが見なくなってからのようで、記憶には有りません。
回る回る四時台は回るという感じですね(笑)。


● あぶさん
聞いてみました。
たしかに有りましたけど、印象薄い歌です。
多分、早口なので覚えきれなかったんでしょうね。
流行語や時の人物を羅列しているのは前作からの流れですね。
2011/05/05(木) 23:17:23 | URL | ごいんきょ
私が覚えている歴代のおねえさんは・・・・・この人しかいない!!
お邪魔します~~!!マスダっちです。「ママとあそぼう!ピンポンパン」ですよね!?覚えてますよ!!懐かしすぎます!!私は1971年生まれで、今年アラフォーです。石毛恭子おねえさんはリアルタイムで観ていたので、覚えていますが。一番よく覚えているのは・・・・・酒井ゆきえおねえさんですね!!もちろん大野かおりおねえさんも、井上佳子おねえさんも覚えていますよ!!私の姉が「ビッグマンモス」のノンノンのファンだって言ってましたね。[私の姉が、「ビッグマンモス」のカネゴンとノンノンと学年が同じ[タメ]でした。]
2011/05/08(日) 20:53:18 | URL | マスダっち
暑~い暑~い夏の日の思い出
私の記憶にあるピンポンパンの歌の思い出ですが、残念ながら全コメントを読んでみましたが、出てきませんでした。
♪ぴょこーん ぴょこーん ぴょんぴょんぴょん 麦藁帽子 ♪ぴょこーん ぴょこーん ぴょんぴょんぴょん 駆けていくよ ♪蝉が鳴く 蝉が鳴く 緑の道を ♪ぴょこーん ぴょこーん ぴょんぴょんぴょん 麦藁帽子 ♪ぴょこーん ぴょこーん ぴょんぴょんぴょん 駆けていくよー♪
恐らく初代のお姉さんが歌っていたと思うのですが、夏になるとこの曲と幼かった頃の暑~い夏の日の思い出が今でも蘇ってきます。
以上私のピンポンパンの思い出でした。
2011/05/26(木) 18:36:15 | URL | 麦藁帽子
● マスダっちさん
71年生まれですと、恭子さんの記憶は希薄だと思われますが、
ギリギリ覚えているであろう最後の年代ですかね。
やはり四代、五代お姉さんの情報が頂きたいとこです。
カネゴンなんていましたか(笑)。


● 麦藁帽子さん
爽やかなハンドルだなあ(笑)。
と思ったら、歌に有ったんですね。
直子お姉さんですか。
その頃はオリジナルソングはほとんど歌ってなかったんですけどねえ。
ワタクシが入手できているレコードでも、今のところは確認できません。
2011/05/27(金) 06:14:08 | URL | ごいんきょ
以前『YouTube』に『ママとあそぼう!ピンポンパン』の酒井ゆきえおねえさん、大野かおりおねえさん、井上佳子おねえさんの時の映像が投稿されていたんですが・・・・・削除されてました(-_-;)たぶん・・・・・『ピンポンパン』の映像を閲覧した当時『ピンポンパン』に出演していた子供(現在は大人ですな。)が「著作権侵害!!」とかでクレームを入れたんですかね。
2011/07/25(月) 18:52:00 | URL | マスダっち
フジテレビはけっこう精力的に削除要請しているようですよ。
先日の27時間テレビのバスケットも速攻削除されてますし(笑)。
2011/07/25(月) 22:32:59 | URL | ごいんきょ
そうなんですか・・・・・フジテレビも酷い事をするな・・・・・。『ママとあそぼう!ピンポンパン』ってフジテレビの看板番組だったんだから別に削除要請しなくてもいいのに~~!!あの番組で酒井ゆきえおねえさん が有名になったんだから~~!!そういえば・・・・・体操のおにいさんの金森 勢おにいさんの、次の体操のおにいさんの宮澤(宮沢かな??)芳春おにいさんってご存じですか??芳春おにいさんって・・・・・AKB48の宮澤佐江さんのお父さんだそうですね!!
2011/08/13(土) 22:03:45 | URL | マスダっち
酷いと言いますか、著作権者ですからね(笑)。
ただ、自ら著作権放棄していた時代のものは大らかに扱えよーとも思いますけど、
ピンポンパンは素人さんも参加してますし、いろいろ難しい要員もあります。
こうした文化的視点からの提言や社会基盤が、日本はあまりに未成熟ですね。
正直、もう諦めました。どうとでもなれや糞テレビという思いで、
今ではワタクシは、むしろテレビの敵です。

ガンちゃんまでは知ってますが、その後は見てませんでしたので、
三代目お兄さんは知りません。
二代目金森さんのお子さんも芸能界にいるようですが、それだけ経ってるんですよねえ。
2011/08/26(金) 05:49:18 | URL | ごいんきょ
「ガンちゃん」[石村治樹さん]って・・・・・。
そういえば・・・・・ガンちゃんって、石毛恭子おねえさん[2代目おねえさん]から→酒井ゆきえおねえさん[3代目おねえさん]になった時に登場したんですか??ガンちゃんというニックネームは、本名の石村から来ているのかな??ちなみにガンちゃん、2002年に・・・・・53歳でお亡くなりになったそうです。
2011/09/11(日) 21:00:28 | URL | マスダっち
53歳でですかぁ。
それは若すぎでした。
たしかご指摘のように、苗字の「石」から来ていたと思いますが…
2011/09/11(日) 21:05:42 | URL | ごいんきょ
思いつくままに…。
ボンボちゃんにはテーマ曲がありました。途中からですが、
「♪いつか頭のツノが取れて 人間になる日もくるだろう
 あかおにボンボは ボンボンボン」
…子供心に、何かを考えさせられる歌詞でした

しんぺいちゃんとパクちゃんのコーナーでは、時々
パクちゃんの他に、パク子ちゃんやパクばあちゃんが登場しました。
と、言っても、パクちゃんの頭にヅラを乗せるというものでしたので、
当然のことながら、パクちゃんとパク子ちゃん(ばあちゃん)が
同時に出てくる事はありませんでした。
なお、パクちゃんですが、たびたび目が取れる事がありました。

ブチャとワンタンのコーナーですが、たしか
「知りたがり屋のおらっちブチャと、お勉強好きのぼくワンタンがお送りする
 “いいこと聞いた、聞いちゃった”」というタイトルだったと思います。

おじゃましました。
2011/09/12(月) 23:59:36 | URL | 甚六
ボンボちゃん(つづき)。
ボンボちゃんの仲間を思い出しました。
まずは、オランウータンの「ウータン」で、声は熊倉一雄さん。
「はいな、はいな」が決まり文句でした。
そして毛虫の「モンローちゃん」。声は向井真理子さんだったと思います。
ボンボちゃんのテーマと同じメロディーの、「モンローちゃんのテーマ」があったはずです。

おじゃましました。
2011/09/14(水) 22:54:44 | URL | 甚六
赤くて角があるボンボちゃん。
うーむ。絶対セクハラだよな(苦笑)。
子供はわからないからと隠れ蓑に使っておいて、その実、
当時は抑圧されていたお母さんたちの心を刺激していたに違いない。
これがオフィスだったら、「~クン、ぼんぼちゃんだよ、ぼんぼちゃん」
「課長、イヤですわ。やめてください」
なんて顔を真っ赤にする女子社員の反応を見て楽しんでるエロ上司ノリだったんでしょう。
物凄い決めつけですけど(笑)、実際、今じゃ有り得ない名前かと。
何も考えてない返信で大変申し訳ないです(苦笑)。

そうだ。いろんなキャラ付けしてましたね、パクちゃん。
レッドスネークカモンのパクリですけどね、ネタとしては(苦笑)。
最後とうとう追いつかなくて、真ん中から顔が出てくるってノリで。
そこまでやってないですけどね、この番組では(笑)。

「いいこと聞いた、聞いちゃった」 懐かしいなあ。
富山敬さんの声がまざまざ甦ります。
マイクを持ちながらMC然とするブチャ猫ね。

ぼんぼちゃんについてまで、よくご記憶ですねえ。
なんか鬼の子が旅していたような記憶しか無いんですが。
2011/09/18(日) 17:37:06 | URL | ごいんきょ
カータンのおえかき
幼稚園時代は朝、小学生になってからは夕方の再放送を兄弟で見ていました。カータンのおえかきは、まず子供たちにひと筆書かせてカータンが仕上げるというスタイルだったと記憶してます。やらせなしのガチンコだったのでしょう。ピカソのようなひと筆の子供がたまにいて、その時はカータンが頭を抱えて「カータンまいった。」と一言。それをちょっと楽しみにしてました。
2013/01/29(火) 21:54:23 | URL | とらお
そうそう。そんな趣向もありました。
いつも上手いなーって、唸ってました。
なにしろ、大体の場合、捻ってるんですよ。
子供が書いた目茶苦茶な図形から、何かを書くってだけでも結構大変そうなのに、
カータンは更に捻って、すぐにはわからない絵を描くんですよね。
で、?と思ってるとひっくり返して、「でーきた」とやったり。
尋常ではない才能でした。
2013/01/31(木) 02:01:58 | URL | ごいんきょ
『ママとあそぼう!ピンポンパン』のDVD
そういえば…5月のはじめに『ママとあそぼう!ピンポンパン』のDVDが発売されましたが。どなたか購入されました?
2013/07/08(月) 14:58:16 | URL | マスダっち
ピンポンパンのキャラには
3匹の犬で「シャバダバダ兄弟」ってのがいました。
耳が垂れてて、ペリーヌのバロンみたいな。
3匹でシャバダバダ~♪ってハモッてた記憶が。

刑事ジャガーとブチャ猫さんを使い分ける富山敬さんもお見事でしたね。
「うんも~、オバカッチョねぇ」なんて恍ける可愛いブチャさん

♪ひるがえる~マントは~
お〜ジャガ~!刑事ジャガ~
黄金の目~キラ~リ光ればXXXXX(失念)ぞ~♪
と歌い上げる刑事ジャガー
(二番の歌詞は「鞭」「悪を倒すぞ~」だったような…)

同じネコ科なのに違い杉!w

ゆきえお姉さんがカバーするフォークソングも好きでした。
♪うちのおとうさん♪
♪とんがらし♪

うちのおとうさんのイラストは西岸良平さんだったような気がするのですが
どうだったかしら。
2014/01/20(月) 00:46:07 | URL | ぼの子
● マスダっちさん
ワタクシにはとても無理(笑)。
買われた方、内容を教えて戴きたいですね。


● ぼの子さん
ブチャワンショーとか、あの辺、なんか被ってますよね。
声優が同じだったからかな?
刑事ジャガーは二役でしたっけか。
あー。言われればそうだったな。
刑事ジャガーの歌なんか有りましたっけ。
LPに入ってるかな。

うちのおとうさんは元々、ポンキッキで作られた画像でしたが、
西岸さんっぽい絵ではありましたよね。
2014/01/22(水) 01:14:16 | URL | ごいんきょ
夕方の再放送で♪
なおこお姉さんが、小さいカミナリのようなキャラクターと一緒に出てた覚えがあります。
2014/03/14(金) 10:21:36 | URL | kyoko
酒井ゆきえおねえさん
私が生まれたのは1971年6月でその頃はまだ渡辺直子おねえさんでした。同じ年の10月に…渡辺直子おねえさん→石毛恭子おねえさんにチェンジしました。その3年半後の1975年4月に…石毛恭子おねえさん→酒井ゆきえおねえさんにチェンジしました。酒井ゆきえおねえさんが初登場した1975年4月頃は、ワタシは3歳の終わり頃で、幼稚園入園前でしたね。今でも思い出すのは…ゆきえおねえさん初期に番組のOPで歌っていたテーマ曲「ピンポンパンだよ!ピン」ですかね。
2014/03/15(土) 11:17:54 | URL | マスダっち1971
● kyokoさん
あかおにボンボちゃんですね。
きっと、まだ九州ではネットしていなかったのでしょう(笑)。


● マスダっち1971さん
ゆきえお姉さんは二つOP曲を歌って、後期は「はじまりましたよピンポンパン」という、
非常に短い、おざなりな主題歌になりました(笑)。
2014/03/16(日) 09:11:35 | URL | ごいんきょ
ゆきえおねえさんのスカーフ
酒井ゆきえおねえさんといえば…首の辺りにスカーフを巻いていましたね。ゆきえおねえさん、スカーフが似合ってた〜〜‼︎日によって…スカーフの水玉が「赤い水玉」の時と、「緑色の水玉」の時がありやしたね。
2014/03/16(日) 16:52:20 | URL | マスダっち1971
いやあ、模様までは気にしてなかったなあ(笑)。
それにしても急に江戸弁になりやしたね(笑)。
2014/03/17(月) 00:43:27 | URL | ごいんきょ
牛乳パック
工作コーナーで牛乳パックを良く使っていましたね。当時は牛乳は瓶入りで宅配が一般的だったので紙パックはわざわざお店にお願いして「子供が使うから紙パックを1本お願いします。」と電話して用意した覚えがあります。まだまだ牛乳は貴重品で当時7人家族の我が家で2本しか取っていなかったので毎日は飲ませてもらえなかった記憶があります。
2014/03/21(金) 08:33:50 | URL | とらお
酒井ゆきえおねえさん・パート2
ワタシ…お子ちゃま時代は気付かなかったというか知らなかったんですが、酒井ゆきえおねえさんや歴代のおねえさんたち(渡辺直子おねえさん、石毛恭子おねえさん、大野かおりおねえさん、井上佳子おねえさん)って…フジテレビのアナウンサーだったんですね。ワタシ…当時ゆきえおねえさんはタレントさん⁇ってずっと思っていて、ゆきえおねえさんが1975年入社の元フジテレビアナウンサーだと知ったのは、16歳か17歳の時でしたね。それと、ゆきえおねえさん時代のOPテーマで短いのがあったでしょ⁉︎アレは「あつまりましたよッ!ピンポンパン」です。
2014/03/21(金) 10:48:36 | URL | マスダっち1971
● とらおさん
そうです。
明治乳業がCMをやっていて、特に本文に書いたカルケットのCMソングが脳裏にこびり付いてますが。
たしか二回続けて流してたから、余計なんでしょう。
歌いやすい歌で、覚え易すぎる歌詞だったし(笑)。
ですから、テーブルに用意されている牛乳パックは、必ず明治牛乳なんですよね。
当たり前ですけど、ラベルが見えるように置く訳です(笑)。
それは酒井ゆきえさんの頃です。


● マスダっちさん
一応、アナウンサーという肩書きではありましたが、
アナウンサーとしての仕事は見た事無いですね。皆さん。
直子さんは、後にTBSのお天気ママさんに出ていたらしいですが。
ああ、そうですね。「あつまりました あつまりました あつましましたーよ」でしたっけ。
短い歌だったけど、抱き合わせとは言えきちんとシングル化したのは立派(笑)。
2014/03/21(金) 22:56:35 | URL | ごいんきょ
カータンの後釜のバビちゃんについて。
そういや、『ママとあそぼう!ピンポンパン』の末期(1982年1月~1982年3月)だから、5代目の井上佳子おねえさんの時でしたかね。カータンの後釜でウサギのバビちゃんが登場しました。声は秋山るな(当時。現・あきやまるな。)さんでしたね。着ぐるみの中身も…たぶんるなさんだったのかな、当時まだ20代だったから。バビちゃんの着ぐるみの中身は、るなさんだったのかは定かではないのですが。るなさんの代表作が『忍者ハットリくん』のユメ子ちゃんだったと思います。現在ですと、『がんこちゃん』の声もされていました。その…るなさん、3月の初めにお亡くなりになったんです。享年59歳だったそうですよ。まだお若いのに…(泣)
2014/04/07(月) 16:31:01 | URL | マスダっち1971
佳子おねえさん時代はまったくわかりませんので、情報はありがたいです。
バビちゃんですか。
でも、女性には着ぐるみは無理だと思うんですけど。
おそらく声だけでしょうね。
亡くなったばかりですか。
2014/04/08(火) 07:02:25 | URL | ごいんきょ
刑事ジャガーの歌詞
♪ひるがえる~マントは~
お〜ジャガ~!刑事ジャガ~
黄金の目~キラ~リ光れば謎を解くぞ~♪
だとおもいます。
2014/04/08(火) 20:25:18 | URL | しぃ♂
LPレコードに収録されているのですが、番組そのままの形で、えらく懐かしいです。
新兵ちゃんの紙芝居コーナーだったんですよね。
2014/04/09(水) 00:06:40 | URL | ごいんきょ
渡辺直子さんについて
渡辺直子さんは確かこの番組をやっていた最中だったかにTBSをい代表する”いがつい顔の記者”(笑)料治直矢さんと結婚して、番組を降りると同時に3年ぐらい家庭と育児優先で放送の現場から遠ざかっていたようです。

その後、1974年から「奈良和モーニングショー」の女性進行役として現場に復帰(のち、溝口泰男モーニングショーになった後も司会を続け、1980年に藤田美保子と交代)、「お天気ママさん」の担当に起用されたのも多分これと同じ頃だったと思います。

どうも当時のワイドショーの女性司会者は主婦の感覚を番組に取り入れたいという考えが番組制作の主流にあったせいか、”出戻り”で起用される人が多かった記憶があります。
1969年の夏から4年間「小川ショー」のサブ司会をしていた松村満美子さんもNHKを結婚退職した上での民放移籍でしたし、1974年から「3時のあなた」の司会陣に入った寺島(富司)純子さんも然り。「あなたのワイドショー」の水曜の司会をやってた木元さんも多分このパターンでの起用だったような記憶が・・・(もっとも寺島さんの場合はそれ以上に”あれだけ銀幕で一時代を作った華のある女優をこのまま梨園の妻にしておくのはもったいない”という思惑も働いていたとは思いますが・・・)

ただ、そういう起用方法もワイドショーが芸能ゴシップにひた走るようになった1970年代後半以降はめっきり減ってしまいましたけどね。須藤何某とか梨元何某のあの存在からして”獲物を24時間狙い続けている”という雰囲気をプンプン漂わせている胡散臭い風貌(汗)の面子が伝える生々しいスキャンダル報道に主婦感覚が入り込める余地はちょっとなさそうな感じですし(笑)。

2014/04/09(水) 03:18:13 | URL | (ハンドル未記入)
オレンジ村から春へ
YouTubeに、ゆきえお姉さんが、リリィの「オレンジ村から春へ」を歌っている映像がありました。

この曲は、1976年春の資生堂のCMソングでしたが、化粧品のCMソングが子供番組で歌われるのは珍しいです。

あるいは、ピンポンパンが先で、後にCMソングに使われたのでしょうか。
2014/04/11(金) 05:28:55 | URL | 10000k
10000kさんへ。
YouTubeにUPされている「オレンジ村から春へ」の映像ですが…ゆきえおねえさんではなくて、かおりおねえさんですよ。そういや、かおりおねえさん、2番目のコスチュームは、ゆきえおねえさんと同じ色違いのキュロットスカートだったな。ゆきえおねえさんが黄緑色のキュロットスカートに対して、かおりおねえさんはオレンジのキュロットスカートだった。
2014/04/11(金) 11:07:14 | URL | マスダっち1971
マスだっち1971さんへ
これはどうもすみませんでした。
m(_ _)m

かおりおねえさんということは、ゆきえおねえさんよりあとですね。

だったら、CMよりずっと後のことになりますね。

かおりおねえさんは、後に大野香菜と芸名を変えて、人生ゲームハイ&ローなどのアシスタントをやっていました。
2014/04/13(日) 08:58:35 | URL | 10000k
CMソングとして使われたのが先ですよね。
どういう事かな。
おそらく、りりィさん救済だったのではないかと(笑)。

ハイ&ローの出題だったのかあ。
大野香菜と言われると、そんな名前だったような気もしますけどね。
2014/04/13(日) 14:55:45 | URL | ごいんきょ
歴代のおねえさんで人気があったのは?
「ピンポンパン」の歴代のおねえさんで人気があったのはどなたですかね?ワタシが思うに、ゆきえおねえさんかな!一応ゆきえおねえさん世代ですから。
2014/04/28(月) 16:34:04 | URL | マスダッチ1971
人気が爆発したのは、やはりピンポンパン体操が社会的ヒットとなった石毛恭子さんからでしょうね。
そこから、ゆきえさんの初期くらいまでが全盛でしょう。
2014/04/29(火) 03:53:41 | URL | ごいんきょ
Re: 歴代のおねえさんで人気があったのは?
もちろん、ゆきえおねえさんだっちゅ~の!

断トツで可愛くて、断トツでスタイル良くて、断トツで歌が上手だった。
2014/05/04(日) 00:25:39 | URL | きの字
ワタクシは、恭子さんもゆきえさんも直子さんも、やめてからの方が美しいと思うし、好きですけどね。
単に年増好みなのかもしれませんが(笑)。
2014/05/07(水) 02:28:16 | URL | ごいんきょ
幼稚園に行く前に観ていました。
ごいんきょさんのリポートも勿論、コメントする皆さんも思い入れがありますね。石毛さんの時代に幼稚園生でしたので、朝ご飯を食べながら工作や歌など時間に余裕があったので全部のコーナーを見る事が出来ました。パンダブームもあってパンダちゃんの歌が今でも印象に残っています。ある時はドレミの歌を海外で歌うPVもありましたが、当時の幼い発送ですので日本と解釈していました。子供向けの面白いCMが特に多かったのが当時のオープンさが伺えます。当時の情報を調べると面白いと思うので、いろいろと調べてみたいですね。
2014/05/31(土) 00:00:32 | URL | ちーたま
ピンポンパン
私も石毛さんの時代に保育園児で、歌や体操いろんなコーナーの記憶が濃いです。ちょうど歌の途中ぐらいからそろそろカバンをかけて・・スモック着て・・という感じでした。
ネッシーの歌や、帽子をかぶった男の子、などの歌は幻想的で歌の世界にひたっていたい感じでした。
工作のコーナーでは牛乳パックや、いちごなどの透明の入れ物にお姉さんが「ここをセロハンテープでペタペタペタ・・」と言って、手元が大写しになって、そこのところがなんだか好きでした。
2014/05/31(土) 12:13:20 | URL | kyoko
● ちーたまさん
♪ ねえ聞いて パンダちゃん(パンダちゃん) お話ししたいの
あれも確かに忘れ難い歌です。
ピンポンパン体操が大ヒットとなったために、レコードで儲けようと、
急に独自楽曲がゴソッと増えた時期でした。
ドレミの歌は覚えてますが、海外の場面は覚えてないですね。
もしかしたら『サウンド・オブ・ミュージック』の一場面が流れたのかな。
ピンポンパンの歌で、そこまでお金かけるとは思えないんですよね。

子供向けのCM、この番組中ではプラレールと、何よりマッチボックスのCMが強烈に残ってますね。

♪ プーラ プラプラ プラレール
  プーラ プラプラ プラレール トーミ~~
  トミーのプラレール シリーズ

♪ マッチボックス知ってるかい
  パーパゴン ママーゴン カバゴ~ンよ~
  ポケットにポイッの車だぞ!

阿部進、カバゴンが子供向け番組でやたら出ていた頃でした。

本文で書いていたカルケットのCMは、明治CMのDVDに収録されていて嬉しかったです。


● kyokoさん
歌は記憶に残りますね。
帽子をかぶった男の子は、男の子としたら、ちょっと照れくさい歌でした。
俺もカタツムリ可愛がったらそんな風に思ってくれるかな、とかね(笑)。
でも、なんか叙情的というか、童話みたいな歌でしたね。
あれは断然、恭子さん時代の方が良かった。

皆さん、牛乳パックは覚えているんですね。
ワタクシのようにかじり付いてテレビを見ていたら、明治の牛乳だという事も焼き付いて、提供会社様の思惑通りになっていたのに(笑)。
2014/06/01(日) 07:41:05 | URL | ごいんきょ
恭子おねえさんの衣装。
そういえば、2代目の石毛恭子おねえさんって、出始めた当初は短いホットパンツの衣装だったでしょ!?でも、何年か経って太ももが隠れる衣装になったけど、なぜ??
2014/06/12(木) 18:54:51 | URL | マスダっち1971
そんなに深い意味は無いと思うんですけどね。
どちらでも素敵だし(笑)。
2014/06/13(金) 23:14:05 | URL | ごいんきょ
「ピンポンパンディスコ」だ!
ごいんきょさん、新・ロンパールーム」で「ロンパランポン」について語りましたが、「ママとあそぼう!ピンポンパン」で流れていたディスコ調の曲って、佳子お姉さん時代末期に流れていた「ピンポンパンディスコ」だよ!
確か、「ピンポンパンディスコNo.1」とピンポンパンディスコNo.2」があったよ!
2014/06/21(土) 18:39:00 | URL | マスダっち1971
最末期のエンディングで使われたんですね。
2014/06/29(日) 08:08:57 | URL | ごいんきょ
「ピンポンパンディスコ」で思い出した‼︎
「ピンポンパンディスコ」で思い出したんだけどさ、その時の芳春おにいさんの衣装が…西城秀樹みたいだったわさ‼︎
2014/06/30(月) 14:19:34 | URL | マスダっち1971
ヤングマンの衣装って事ですね。
2014/07/03(木) 22:23:41 | URL | ごいんきょ
ビッグマンモス
レギュラーの子役集団でビッグマンモスっていませんでしたか?ミーハーな母親が当時私を子役養成所に入れようと画策したんですが周囲の反対と何より本人(私)のNGにて頓挫しました。そのまま話が進んでいたら、坂上忍のポジションは私だったかも(笑)
2014/07/05(土) 08:58:15 | URL | とらお
ビッグマンモスは有名ですが、坂上さんもいたんですか?
芸能界なんて吹き溜まりのような場所ですからねえ。
まともな人生を送らせようとして周囲は正しかったと思います。
坂上さんの人生も、見ている分には面白いですけどね(笑)。
2014/07/11(金) 07:12:41 | URL | ごいんきょ
酒井ゆきえおねえさん時代のピンポンパン体操について。
ワタシは酒井ゆきえおねえさん世代なので、リアルタイムで見ていましたが、今でもよく思い出すのが、ゆきえおねえさん時代のピンポンパン体操ですね。ゆきえおねえさんがデビューした当時のピンポンパン体操は「チュンパラ・ブギ」でした。その「チュンパラ・ブギ」ってワタシはよく覚えていないんだけど、曲調がブギウギ調だったらしくて。「チュンパラ・ブギ」の次のピンポンパン体操が「あたふたバンバン」、「あたふたバンバン」の次が「おはようさんさんピンポンパン」、「おはようさんさんピンポンパン」の次が「ミクロの探検隊」だったそうです。ワタシがゆきえおねえさん時代のピンポンパン体操で、今でもよく思い出すのが「あたふたバンバン」と「おはようさんさんピンポンパン」ですね。「ミクロの探検隊」って、作詞が阿木燿子さん、作曲が宇崎竜童さんだったそうですよ。
2014/07/15(火) 10:51:59 | URL | マスダっち1971
7月24 日は…ゆきえおねえさんの誕生日。
明日7月24日は、ゆきえおねえさんの誕生日だよ。
2014/07/23(水) 18:12:10 | URL | マスダっち1971
今日は…ゆきえおねえさんの誕生日だよ!
ごいんきょさん、今日7月24日は酒井ゆきえおねえさんの誕生日だよ!ゆきえおねえさんは今日で…アラ還(60歳)になりました。ゆきえおねえさんは昔から全然お変わりないので、アラ還には見えませんね!1975年4月に「ママとあそぼう!ピンポンパン」の3代目おねえさんでデビューした頃は、まだ20歳でした。ゆきえおねえさん、お誕生日おめでとう〜〜!(^^)いつまでも永遠のおねえさんでいてね〜〜!
2014/07/24(木) 10:09:00 | URL | マスダっち1971
随分とゆきえさん押しの マスダっち1971さんですが(笑)。
体操はそんな流れでした。
ピンポンパン体操が当たったものだから頻繁に替わりすぎて、
とても付いていけなかったです。
2014/07/26(土) 07:14:09 | URL | ごいんきょ
トッポ・ジージョの人形劇で、ジージョの声は…!!なんとあのタレントだった!!
1978年頃で酒井ゆきえおねえさんの時だと思いますが、トッポ・ジージョの人形劇のコーナーがございました。トッポ・ジージョの声は故・山崎 唯さん(女優の久里千春さんのご主人)かと思っていたら…なんと!!声帯模写の団 しん也さんがジージョの声をされていたのです。
2014/08/08(金) 11:06:09 | URL | マスダっち1971
出てましたね、トッポ・ジージョ。
なんで今更、とワタクシは訝りましたが、
昭和40年代のトッポ・ジージョを知っているお兄さんお姉さんは視聴対象ではないですからね(苦笑)。
歌もかなり歌って、レコード化もされてます。
2014/08/10(日) 10:49:46 | URL | ごいんきょ
アナウンサーと言っても
当時のフジでは、鹿内信隆氏に「女性従業員はあくまでも職場の華に徹し、早く結婚して、家庭に従事すべき」との考えがあったらしく(当時の経営者は何処もそんな感じでしたけど)、女子アナウンサーも正規採用では無く、契約社員採用しか受け付けていませんでしたので、石毛さんや酒井さん辺りも事実上「ピンポンパン」レギュラー期間限定の契約社員採用だった筈です。
邪推すればその方が芸能プロ所属タレントを起用するよりも安上がりって考えだったのでは無いか?と。
確かフジの正規採用女子アナの第1号は「なるほど!ザ・ワールド」等でお馴染の益田由美アナ辺りじゃ無かったかと。

フジのそんな社風は、(後にフジが民放の雄となったが為か)「女子アナ30歳定年」等の業界内の風潮(暗黙の了解?)で残されていますね。
2014/08/11(月) 12:09:25 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
Re:アナウンサーと言っても
>>「ピンポンパン」レギュラー期間限定の契約社員採用だった筈です。

石毛恭子さんは1975年4月にピンポンパンを卒業して1976年3月にフジテレビを退社しました。

>>邪推すればその方が芸能プロ所属タレントを起用するよりも安上がりって考えだったのでは無いか?と。

ゆきえおねえさんと同じ頃ポンキッキのおねえさんをしていた可愛和美さんは歌手だった。
2014/08/12(火) 23:57:33 | URL | きの字
けっこう上の方で、「渡辺直子さんについて」というコメントに返信し忘れていたのに、いま気付きました (^_^;
申し訳ありません。

モーニングショーに出てましたっけ。
なんだかまったく覚えてないんですよねえ。
なんでだろう。


● TXさん
それって、完全なるセクハラ企業ですよね(苦笑)。
女子社員はデモすべきですよ、デモ(笑)。

経費というよりも、管理上の問題じゃないのかな。
やはり子供番組のお姉さんですから、或る程度は生活に関する事も縛る必要が有りますもんね。

ひょうきん由美さんが最初の頃ですか。
だからあんなに酷使してたんだな(苦笑)。


● きの字さん
やはりピンポンパンが終わると使い捨てられていた感じですね。
ポンキッキの方は、初代ペギーさんから外部で使ってますからね。
2014/08/15(金) 06:50:13 | URL | ごいんきょ
ヒッテさんとハッテさん
「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」でさ、「ピンポンパン」のパロディで「ピンピンピン」なるコーナーがございましたね??伊東四朗さんがお兄さん役で、二木てるみさんがお姉さん役で出演されてましたね。その「ピンピンピン」で、ヒッテさんとハッテさんなる歌がございましたが、どなたかご存じ??
2014/10/12(日) 13:17:32 | URL | マスダっち1971
ヒッテさんとハッテさんと間違って
ケンカしてケンカして逃げテンテン追っかけて
ちょいと引き戻しにっころにっころピンピン
謝った
とんからとんからトントンめがねさん
⚪︎⚪︎ひげじいさん
ほれピンピンピン
2014/10/12(日) 23:02:27 | URL | (ハンドル未記入)
マスダっち1971さん
ピンピンピンYouTubeで見ました!なんとあの超有名歌手が体操のお兄さんやって変な体操やってました(笑)下記URLから見れます ブッたまげますよ(爆)
2014/10/12(日) 23:07:23 | URL | 鉄ドン
有りましたよね、ピンピンピン体操。
『みごろ』もいずれ扱いますので。
と言うか、まだ扱ってないのかというものですが(笑)。
2014/10/13(月) 12:04:35 | URL | (ハンドル未記入)
再び2009年のあぶ様へ
ふえはうたう→恭子お姉さん→ピンポンパンとたどりつきまして1番上のコメントから楽しく拝見していると、またまたあぶ様の記事にひっかかり♪ダン・ドン・デンみんなのみんなの合言葉~ダン・ドン・デン!これロンパールームだった気がします。
カータン・パクちゃん・ダバダバダ3兄弟などなつかしいですね。カータンの上手な絵と動きと声があまりに一体化していたのでロバくんのキンキン同様大竹ニャロメ宏さんが演じていたのかと思っていましたが真相は分からずじまい。遊星から来たブラザー・ザラブ星人の声もスーツアクターも青野氏がやっておったぐらいじゃから可能性がなきにしもあらずじゃなぁまる子や。
2014/11/29(土) 13:41:33 | URL | hey
あ。カータンの中の人も大竹宏さんですよ。
伝記にきちんと書かれています。
2014/11/30(日) 23:09:01 | URL | ごいんきょ
シンペイちゃんは…唯一の皆勤者!!
「ママとあそぼう!ピンポンパン」の出演者でシンペイちゃんだけは…唯一の皆勤者ですね!!
2015/01/04(日) 11:10:18 | URL | マスダっち1971
それも、月曜から土曜までの朝の番組ですからね。
自分の名前を冠した番組でも平気で休む昨今の連中には不可能な偉業でしょう。
ラジオの世界では近い人がまだいるのかな。
2015/01/06(火) 00:19:41 | URL | ごいんきょ
ゆきえおねえさんはゴルフへ行ってピンポンパンの収録をサボったことは有名な話ですね。
2015/01/09(金) 16:32:58 | URL | (ハンドル未記入)
ハンドル未記入さんへ
マジですか!?それは!!ゆきえおねえさんったら〜〜!!収録をサボったら…ダメよダメダメ〜〜!!(^◇^;)
2015/01/11(日) 18:21:24 | URL | マスダっち1971
んー?
当時はゴルフなんて今ほど一般的ではないし、
ゆきえさんも20そこそこですよねえ。
そういう事が有ったとしても、ピンポンパンより後の話じゃないかな?
2015/01/18(日) 16:48:58 | URL | ごいんきょ
「ごきげんよう」とか「明石家多国籍軍」で、ご本人が嬉々として話していました。
2015/01/19(月) 19:53:51 | URL | (ハンドル未記入)
「明石家多国籍軍」じゃなくて「踊る!さんま御殿」でした。
2015/01/19(月) 20:58:00 | URL | (ハンドル未記入)
● 未記入さん
他にご覧だった方、詳しい話をお聞かせ願えればと思います。
ピンポンパンという番組が嫌いだったのかな。
2015/01/25(日) 05:55:03 | URL | ごいんきょ
ゆきえおねえさんは、ピンポンパンの人気を自分ひとりが背負っていると思い込み、その重圧に耐えられず、ピンポンパンを辞めたくて仕方ありませんでした。
2015/02/07(土) 13:14:21 | URL | (ハンドル未記入)
えー。そうなんですか?
子供達はむしろ、カータンとかの方が好きだったと思いますが(笑)。
ただ、タレント志向は歴代で一番強かったんでしょうね。
2015/02/08(日) 08:07:59 | URL | ごいんきょ
「おはようさんさんピンポンパン」
酒井ゆきえお姉さん時代の体操で、「おはようさんさんピンポンパン」という曲があったと思うのですが、覚えている方はおられますか??「おはようさんさんピンポンパン」のコーラスに、シンガーズ・スリー(伊集加代さん《旧芸名・伊集加代子さん》が在籍している女性コーラスグループ)が参加していたそうなんですが、曲のどの辺りにシンガーズ・スリーのコーラスが登場していましたか??
2015/06/27(土) 10:59:21 | URL | マスダっち1971
ピンポンパン体操
ピンポンパン体操のLPレコード持ってました(^^)当時小学2年生だったかな?そろそろ番組を卒業する年代だったかもしてませんね。

確か作詞はあの阿久悠だった記憶が。。。(既出だったらゴメンナサイ)
2015/07/01(水) 22:56:41 | URL | ほけみん
● マスダっち1971さん
ピンポンパンは結構な数のレコードを持ってますが、
あまり聞いてないので即答はできないです。
わかる人が出るのを待ちましょう。


● ほけみんさん
ワタクシは高校になっても見てましたよ、ポンキッキとセットで(笑)。
ピンポンパン体操は、阿久悠氏と小林亜星さんの大ヒット曲ですね。
あまりにヒットしたものだから、TBSのレコード大賞も無視できずに童謡賞を与えざるを得ず、
それが悔しかったからか、すぐに廃止になりましたけど(笑)。
2015/07/01(水) 23:11:18 | URL | ごいんきょ
おはようさん
「おはようさんさん体操」というのは知らないけど、ピンポンパンを放送していた頃、NHKの朝ドラ(ピンポンパンの裏番組)で「おはようさん」というのをやっていたと思います。

もしかしたら、それにひっかけた名前かもしれないですね。

情報になってなくてすいません。
2015/07/01(水) 23:23:17 | URL | 10000k
時期的には、NHKの少し後になるかな。
だから影響は有るんでしょう。
2015/07/19(日) 15:10:50 | URL | ごいんきょ
ゆきえさんのブログを見たら、ゆきえさんの眉間に2本の大きな皺が!ゆきえさんと言えども歳には勝てずでしょうか!何かがっかりしちゃいました!
2015/07/24(金) 16:48:36 | URL | (ハンドル未記入)
おはようさんさん体操とアニメーションの歌
こんにちは。
おはようさんさん体操は確か、
♪おはようさんさんサンシャイン
おはようさんさんピンポンパン
ニャンコはシッポで歯をみがき
シッポのないネコこまったニャン
(ここでゆっくりした感じになる)
朝のー空気って
どんな味
青空ジュースの搾りたて―
ストローでいっぱい吸い込めば
風船みたいにとべるかなーー
(またはじめのテンポに戻る)
・・っとここまでは覚えています。


そして(石毛お姉さん?)酒井お姉さんが歌う、アニメーション仕様の歌がありましたが、それは、中近東のようなモロッコ?のような朝の市場の風景を歌ったうたで、ゾウや、頭にツボを乗せて運ぶ女性がでてきます。
歌詞はゾウがてくてく歩く、
♪カースタネットがカタカタとーー(鳴る)というところだけ覚えています。
この曲ご存じでしょうか(^^ゞ
また出会いたいです。


2015/07/25(土) 11:24:49 | URL | Kyoko
● 未記入さん
ワタクシは、しわを取る手術してるだろ~というツッパリ顔の方にガッカリします。
年齢相応に素敵な人に憧れますね。


● Kyokoさん
なんか良い詞ですね。
みんなのうたで動画化したら面白そう。
カスタネットの方は、多分ワタクシが見なくなってからだな。
だから、ゆきえさんの後期でしょうか。
2015/07/26(日) 07:37:29 | URL | ごいんきょ
山田邦子はピンポンパンのおねえさんになりたかったのかも知れない。
ゆきえおねえさんに憧れていたのかも知れない。
絶対に無理だけどね。。。
2015/07/31(金) 00:53:43 | URL | (ハンドル未記入)
ごいんきょ!!!!!
『そばかすつけた女の子』は酒井ゆきえ時代で、石毛恭子時代ではありません!!!!!
2015/08/01(土) 15:57:21 | URL | (ハンドル未記入)
あ、そうですね。
かなり前のコメントなんで、多くの方は探すのが大変でしょうが。
おそらく「帽子をかぶった男の子」と混同したのだと思います。
ご指摘ありがとうございます。
2015/08/02(日) 18:14:51 | URL | ごいんきょ
kyokoさん、「インドの街を象に乗って」ではないでしょうか?
2015/08/27(木) 20:47:47 | URL | (ハンドル未記入)
調べてみたら間違い無いですね。
恭子さんの頃のようですが、何故か聞き覚えが無いなあ。
2015/08/28(金) 01:30:11 | URL | ごいんきょ
ハンドル未記入さんありがとうございます。異国情緒(想像ですが)を感じる曲でした♪。
2015/08/29(土) 13:47:27 | URL | Kyoko
パクちゃんのコーナー
ヘビのパクちゃんのコーナーでは、しんぺいちゃんが垣根のところで
「パクちゃーーーんよぉ~~~♪」と節をつけて呼ぶと垣根のセットの向こう側からパクちゃんがでてきてやりとり。家でよくハイソックスなどを手に履いて(パクちゃんのつもり)、お膳の立てかけた向こうとこっちで「パクちゃんごっこ」をやりました。
しんぺいちゃんの呼び声の真似がミソでした。
2015/10/09(金) 12:19:24 | URL | kyoko
パクちゃーーーんよぉ~~~♪
お~~。懐かしいなあ。
新兵ちゃんの声が蘇る。

パクちゃーーーんの部分で子供たちが純粋に声の続く限りに思い切り伸ばし、
んよぉ~~~♪の部分は新兵ちゃんがこぶしを利かせるように声を引っ繰り返しながら思い切り伸ばすんですよね。
息が苦しい(笑)。

うわー。
ハイソックスを使ったパクちゃんごっこ、なんと可愛いのでしょう。
女の子のごっこ遊びは本当に可愛いなと、こういう子供番組のコメントでつくづく思います。
2015/10/11(日) 05:58:13 | URL | (ハンドル未記入)
だん どん でん
 この番組じゃなくてキーパッパかあるいはロンパールームかも知れませんが、「ダンドンデン」という体操がありました。1番から3番ぐらいまであったと思います。途中は覚えていなくて、ワンコーラスの締めくくりだけ記憶にあります。
♪ ダン ドン デン (ど、ソ、ミ) × 3回
  ダン ドン デン (ド、ド、ド)
  お手手ぶらぶら〜
体操も覚えていません。雲をつかむような話ですが、これだけで、どなたかわかる方いらっしゃるでしょうか。
2015/11/24(火) 14:33:47 | URL | あぶもんもん
音程まちがえました。
↑申し訳ありません。3回くりかえすのは ど、ラ、ソ です。「ど」は上のドです。

 さらに自分で追い打ちをかけるようですが、ダンドンデンのメロディーとそっくりな
♪ ど、ラ、ソ、どーどラ、ソ、どーどラ、ソ、ファ、ミーファソ、
  ど、ラ、ソ、どーどラ、ソ、どーどラ、ソ、ファ、ミーレド
という主題曲を同じ頃しょっちゅう聞いていました。なんとなくアメリカの子供向けドラマだったか、セサミストリートの中でかかっていたのか、日本のだったか、輪に輪をかけて雲をつかむような話です。
2015/11/26(木) 16:27:01 | URL | あぶもんもん
たびたび2009年5/15及び24日のあぶ様へ
あぶ様ごぶさたです!以前2009年のあぶ様の疑問にちょうど1年前の29日にコメントさせて頂いていたのを「ダン・ドン・デン!」で思い出しました!歌詞は途中からですが・・♪デ~ンと野原にねころんでー飛行機雲と~おはなしし~よおーっ!ダン・ドン・デン!みんなのみんなの合言葉!ダン・ドン・デン! ダン!ドン!デン!
この部分しか覚えていません、まして体操の歌だったなんて再発見!!
でも歌詞があぶ様のと微妙に違うので別物だったらご勘弁!
2015/11/27(金) 12:29:10 | URL | hey
hey 様、ありがとうございます!
 そして、一年も前ですが、コメントを読まずにおり大変失礼しました。しかし自分で同じ疑問を同じスレッドにまた書いていたとは衝撃でした。来るべき時が・・前から来ていたような気もしますが。
 おっしゃる通りロンパールームだったようにも思います(雰囲気が)。ただ私は歌詞をまったく覚えていなくて、最後の「お手手ぶらぶら〜」で水泳の準備運動みたいに手首をぶらぶらするところだけ記憶にあります。で、なんとなく体操だったと思ったのですが、考えてみると体操じゃなかったかも知れません。私が見ていたのは昭和47〜50年頃だったはずです。
2015/11/28(土) 22:59:20 | URL | あぶもんもん
「お手手ぶらぶら〜」♪
あぶ様のフレーズで砂川啓介さんの♪お手手をぶら×12パッ!トン!by「うたのえほん」を思い出しましたが、またまた別物だったらご勘弁!
私の中でのダン・ドン・デンは今のPVの様な感じで「ダンダン!ともだち増えてきて~ドンドン・・・(憶えてない)デ~ンと野原に(以下上記)」てな感じでみどり先生と子供たちが広場で歌ってるイメージです。
2015/11/29(日) 11:47:10 | URL | hey
赤鬼ボンボとオットくん
赤鬼ボンボのテーマ曲

「(前半略)頭の上に光ってるのは東京タワーかな、そんなの少し余計だな、取っちゃったらどーかな、ボン・ボ・ボン・ボ、
ボボンボーン」「ボクは赤鬼さ、そんなの失礼だよ」

この歌、後期には歌詞違いがありました。「~ボン・ボ・ボン・ボ、
ボボンボーン」「ボクは赤鬼さ、~」
この「~」の部分の記憶のある方、教えて下さい。


更に赤鬼ボンボの後釜「オットくん」のテーマ曲は、赤鬼と同じ人が作ったと判る類似曲でした。断片的ですが
「~オットトのオットくん、でぶりんこ、~りんこ、~なオツムがチンチクリン、ハゲハゲピロピロハゲハゲピロピロオットトのオットくん、ゴーゴーゴーゴーオットくん、ゴーゴーゴーゴーオットくん」

補完お願いします。
2015/12/07(月) 01:16:28 | URL | ツェルマット
● あぶさん
ダンドンデンねえ。
聞いた事も無いですな(笑)。


● heyさん
それでも聞いた事も無いですな(笑)。
ワタクシはピンポンパンもロンパールームも、結構見てましたがねえ。


● ツェルマットさん
オット君って、オットセイのオット君でしょうか。
それはこどもショーの方ですが、ピンポンパンにもオット君っていましたっけ?

ぼんぼくんなんて聞いたら、亡き野坂さんが数え歌歌い出しそうだな(笑)。
2015/12/13(日) 20:23:41 | URL | ごいんきょ
タンタンはやしうた
 レコード発売が昭和47年らしいので、テレビで歌われ始めたのもその頃なんだろうと思います。
 あの歌は、子供が友達の実名を使って歌う応用バージョンとして流行ったんでしょうか。
 友達の苗字を意味もなく囃し立てる歌というのは前からありました。
 私の田舎では例えば寺田という奴に対しては
 てらだ てーすけどんど てりかっぱ てりあたま てってもてっても てりきらない
という郷土色豊かなのがありました。昭和44年に東京から転校してきた子が東京ではこう歌うと言って
 てらだ てんころもち てりぶた てんこ てってもてっても てりきらない
というのを教えてくれました。私はさすがに東京の歌は洗練されているみたいな感想を持ったのを覚えています。最後の部分が共通であることも不思議でした。
2016/04/06(水) 20:13:49 | URL | あぶもんもん
大元はみっちゃんみちみちなんでしょうけどね(笑)。
ワタクシはあの歌の誕生した背景と、流布された経緯を知りたいです。
おそらく日本全国に広まっており、それぞれの方言でオチの部分が歌われているはずなんですよね。
たんたんたぬきといい、子供の世界では下ネタ歌の伝播力は凄まじいものが(笑)。

タンタンはやしうたは、面白く聞いてはいましたが、
自分で日常生活で歌う気にはなりませんでしたし、周りで歌っている奴も見た事ありません。
2016/04/11(月) 07:04:46 | URL | ごいんきょ
元祖は「かっちゃん」?
 カズオ、カツヒコなどをからかう歌が明治時代からあります。栃木県では
 ♪かっちゃん かつぶし なまりぶし なまりが食いたい 銭がない 銭函たたいて叱られた
ですが、子供のころ読んだ本に
 かっちゃん 数の子 にしんの子
と書いてあって、別の歌詞があったのかなと思いました。
 カッちゃんにしてもミッちゃんにしても名前が「カ」や「ミ」で始まる名前をはやすだけですが、タンタンはやしうたや「あーすけどんど」「あんころもち」は誰にでも応用できる改良型といったところでしょうか。
2016/04/11(月) 13:12:06 | URL | あぶもんもん
かっちゃん 数の子 にしんの子 ってのは、古い歌で有ったのはワタクシも知ってます。
なまりが食いたいってのがわからんなー(笑)。
2016/04/12(火) 22:34:14 | URL | ごいんきょ
香具師の口上?
 田舎だからでしょうか、私が子供の頃にも生鰹(なまり)節はその辺で売っていたと思います。
 ミッちゃん、カッちゃんと並べてフト思ったんですが、どちらも七五調の名調子なので、もしかしたら元は「結構毛だらけ・・・」みたいに、寅さんでお馴染みの叩き売りの口上と関係があるかもしれませんね。
 そうだとすると、全国に流布した背景には、香具師とか旅役者、旅芸人の活躍があったのかもしれないと思いました。
 「あら松っちゃんデベソが宙返り」というのもありました。名前を囃すというより単なる駄洒落ですが。よく、目玉の松っちゃんから来ているなどと説明されますが、「あらマーさん・・・」というバージョンもあるので、目玉の松っちゃんをダシにした香具師の口上(その時その時で変える)だったんじゃないかと思います。
 香具師や旅芸人の口上なら、全国津々浦々、大人の世界から広まったのかもしれません。
 その他の、子供の世界の唄や文句が全国あちこちで似ていたりするのは、子守りや小僧の奉公、出稼ぎなどによるんじゃないかと想像します。

 名前を囃すのとは別に、一年生から始まって全学年をからかう文句もあったと思います。いま、私の郷里バージョンを思い出そうとしても出てこないのですが。九州の方には
 一年生は犬の糞・・・
で始まるのがあるそうで、栃木県のも似ていたと思います。少年マガジンに載っていた創作ものは
 一年イライラ、二年憎まれ、三年酒飲み、四年酔っ払い、五年強盗、六年牢屋に入れられた。中学中気、高校こん棒、大学団地で伸びちゃった。(それぞれイラストつき)
でしたが無理があり、子供心にも「あとの方になると変だ」と思いました。
 押井守の「決死の亜空間アルバイト」に出てきたお手玉唄「一代さんは芋食って・・・」は創作なんでしょうか、それともどこかの地方にあったんでしょうか。
2016/04/13(水) 13:07:30 | URL | あぶもんもん
懐かしい・・
あぶもんもんさんがコメントに書かれている言葉、何だかとっても懐かしかったです。
「一年イライラ」が私たちは「一年いじわる」と言ってました。あとは、六年まで同じです。そして六年で終わりでした。

寺田さんの歌は、
てらだ てんころもち てらまつ てらじ てーんこてんこ
と言ってました(笑)。
因みに私は東京の子でした。
2016/04/13(水) 18:05:06 | URL | モデラート
でも、子供の間の伝播力も凄いですからねえ。
♪ 誰かに誰かにこれあげる
なんてのも、おそらく全国的に広まっていると思いますが、
とても香具師とか大人が噛んでいるとは思えませんし。
みっちゃんみちみちも、大人の発想ではないですよね(笑)。

たしかに!
ありましたねー、懐かしい。
一年は忘れましたが、二年からは正にその通り。
それだって誰が作ってどのように広まったのか、とても興味が有ります。
2016/04/13(水) 22:30:38 | URL | ごいんきょ
♪誰かに誰かに
これあ~げぬ!「ちょうだい!ちょうだいっ!」「あげぬ!」って言ったんだよ~!「ちぇ!」
こんな変化形もありました。ん~ひねた小学生でやんしたね~。
♪インドの山奥でんでんでん六豆うまい豆っと!
2016/04/14(木) 11:42:41 | URL | hey
か〜がつくから考えよう
 モデラートさん、ありがとうございます! 少なくとも六年生までは、少年マガジンの創作じゃなかったんですね。やっぱり東京バージョンは洗練されていると思います。
 栃木県バージョンは思い出せなくて、思い出そうとすると「決死の亜空間アルバイト」と重なってしまいます。もしかしたら本当に
 一年坊主
イモ食って、二年坊主肉食って、三年坊主酒飲んで、四年坊主酔っぱらって
だったかもしれません。五年と六年は霧の中です。
 ごいんきょさんと hey さんの書かれた♪誰かに誰かに は知りませんでしたが、その代わり(?)
 これあげようか、かーがつくから考えよ、よーがつくからよーそう、うーがつくからウ〜ソ、そーがつくからそ〜ん(損)だ、だーがつくからダ〜メ、めーがつくからメ〜ンコ、こーがつくからコッツンコ(リピート)
と言って相手の頭を叩くのがありました。昔の子供は気が長かったんですね。
 たぶん全国版の「あーららこらら」「言〜ってやろ言ってやろ」「い〜けないんだいけないんだ」「知〜らないんだ知らないんだ」も、郷里にはありませんでした。その代わり、栃木県だけじゃないかと思う歌は
♪あれー、あれー、誰だんべ、誰だか知ってるけど誰だんべ(リピート)
 ソラー、ソラー、ラソミ、ミ ※ララララララシシ ラソミ、ミ D.S.
です。伯母は、「誰だか知んねけど誰だんべ」が正しいのだと言ってました。伯母の歌った昔のメロディーは悠長なもので、友達を糾弾するというより、ほのぼのと注意する感じでした。テンポがゆっくりで、
 ソラー、ソラー、ララソーラ レレレレララソソ ララソーラ (リピートなし)
2016/04/14(木) 13:30:35 | URL | あぶもんもん
みっちゃん
 連投すみません。書き忘れました。
 郷里では、「みっちゃんみちみち」は子供は歌っていなかったんです。同級生のみち子ちゃんも、歌われたことはなかったと思います。その代わりに、うちによく来るオジさんがある時教えてくれました。
2016/04/14(木) 13:43:15 | URL | あぶもんもん
かっちゃん
 カッちゃんの囃し文句も、私の世代の子供はもう歌っていませんでした。小学校のときの校長先生が、下の名前がカで始まる方だったんですが、私の祖母が「先生の前で歌うんじゃないよ」と言って教えてくれた文句でした。
2016/04/15(金) 04:23:03 | URL | あぶもんもん
超がつくほど懐かしい
あぶもんもんさんが書かれた かーがつくから考えよ・・またまたとっても懐かしいです。
私が覚えているものと同じです。
めーがつくからメ~ンコのところ、子供心に違和感がありました。
でも最後まで言って、コッツンコしたりコッツンコから逃げたりしてました。
懐かしい言葉!ありがとうございます。
2016/04/15(金) 18:20:29 | URL | モデラート
東京でも言ってましたか!
 モデラートさん、ありがとうございます。私もメンコだけ変だと思っていました。他の箇所では「よそう」「だめ」などと拒否なのに、コッツンコを出すために「メンコ」はとってつけたようですが、それ以上に変なのは、栃木県ではメンコとは言わず「パー」と言っていたんです。メンコという言葉を知ってはいましたが。「何して遊ぶ」「パーやんべ」
 もしかしたら東京から来た歌だったのかもしれません。
2016/04/15(金) 18:53:46 | URL | あぶもんもん
かーがつくから考えようは、ワタクシの世代の東京では無かったな(笑)。
モデラートさん世代の東京から、あぶさん世代の北関東へと伝播していったのでしょうね。
柳田国男式に考えると(笑)。

ワタクシはこの手の囃し歌を大人から聞いた事は一度も有りません。
同級生か近所の子どもか、せいぜい上級生ですね。



● heyさん
ええ、やりましたね(笑)。
作詞作曲者はどうしてこれだけの功績を名乗り出ないのか(笑)。
2016/04/16(土) 21:32:03 | URL | ごいんきょ
例の49年前の音声について
と言い出しっぺとしてポッカの生風のcm以外について書くと明らかにカータンやパクちゃん等の先輩格の存在が窺えたりまだ体操が無いのに玩具の土産が付いていたりとか色々面白い
2016/04/17(日) 23:02:18 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
これですね。
https://www.youtube.com/watch?v=q1WwjDUG6fQ

当時の子供達は、こうやって画面の中で飲食するのがとても羨ましかったものです。
ロンパールームでも、うつみみどりお姉さんの頃までは生CMをやっていたようです。
それで母たち達から苦情が出て、幼児番組中での露骨な生CMは無くなりました。

昭和43年とかなり初期の音声なのですが、既にED主題歌の「ママとあそぼう」が使われていませんね。
ワタクシも、かなり初期の頃から見ていたし、うっすら記憶していた事になります。
実際、カータン登場前とか登場の頃の記憶も有りますからね。
昭和41年から見ていたと思われます。
2016/04/29(金) 12:18:15 | URL | ごいんきょ
一つ二つの婆さんが
 東京と田舎の違いでしょうか、私の郷里では「みっちゃん」などの標準版はやはり少年漫画雑誌とかテレビとか、周りの大人から伝わったように思います。
 子供にロクでもないことを教えて喜ぶ大人がその辺に大勢いました。昭和40年代の後半、モンキーパンチの漫画(たぶん少年ジャンプ)で、やっぱりそういう大人が右手の人差し指と、左手は丸を作って子供によからぬことを教えようとしているのがあって、ああこれこれ、あのオジさんみたいと思いました。
 また別のオジさんに習った文句ですが、

一つ二つの婆さんが 四十五六の孫連れて
曲がった道をまっすぐに 底なし沼に落っこちて ミミズの骨に引っかかり
それを盲が発見し 唖が聾に電話して
一人の警官どやどやと 二梃拳銃四つ持ち 前へ前へとバックする

というのがありました。オジさんはラジオで聞いたとか言っていました。
2016/04/29(金) 13:47:19 | URL | あぶもんもん
折角ガッツさんが空気を入れ換えてくれたのですから。
あくまでもピンポンパンスレであるという事はお忘れなく。
話が逸れるのもご愛敬ですが、本分で話す方が出て来たら引き下がりましょうか。
2016/04/29(金) 14:07:31 | URL | ごいんきょ
体操ありがとう
 調子に乗って失礼しました。私の記憶の中ではピンポンパンと繋がっていたんですが、書いてませんでした。
 阿久悠の「愛すべき名歌たち」で読んだんですが、ピンポンパン体操を見た当時6歳の息子さんが、作詞者であるお父さんに「なんで最後にありがとうって言うんだ」と言ったとのこと。それに対する答えは書いてありませんでした。私も当時、最後が変だな、(今の私の言葉なら「とってつけたよう」「無理矢理まとめた」)校長先生の「オアシス運動」みたいだな、と思っていたのを思い出しました。
 うちによく来るオジさんの一人も、いわゆる「小さな親切大きなお世話」をしては「あ〜りがと、あり〜がと」と自分から歌っていました。
2016/04/30(土) 16:11:27 | URL | あぶもんもん
あれは、ドラマ「ありがとう」が流行っていたからですね。
意味など無いのだから意味を考えたら不思議になる事ばかりです(笑)。
ワタクシはむしろ「お茶碗ありがとう」の、お茶碗がいまだにわかりません。
2016/05/02(月) 06:47:49 | URL | ごいんきょ
ピンクの戦車
歌のコーナーでは、石毛お姉さんの頃のキャンディマンと一緒に思い出されて好きだったのはピンクの戦車です。
歌の時のセットで現れたのは、戦車ではなくて、ピンク色の大きなオープンカーのジープでした。
出演している子供が7~8人ぐらいは乗っていたと思います。
歌は、

ピンクの戦車は行くよー
僕らの夢乗せてー
OOOOO-(忘れました)
かっこいいー
ピンクの戦車だよー

ガタゴトガタゴト走ってゆくよ
僕らの夢乗せて―(違うかも?)
OOOOO-
かっこいいー
ピンクの戦車だよー


2番は関西弁だったように思います。
♪ピンクの戦車やでー
・・というふうに。

3番もあったのでしょうか、
♪ピンクの戦車だぜー
・・とも歌っていたと思います。

ピンクのオープンカーのジープが楽しい感じだな、と思っていました。


2016/05/18(水) 14:26:38 | URL | (ハンドル未記入)
ピンクの戦車
すみません。Kyokoです。
2016/05/18(水) 14:29:53 | URL | Kyoko
ピンクの戦車はあまりピンと来なかったのですが、調べて聞いてみたら確かに思い出しました。
ジープでしたかね。車はなんとなく覚えてますが。

これ、北山修さん作詞で、シューベルツが歌ってたんでしょうかね。
どういう意味の詞なんだろう。
北山さんだから、おそらく反戦歌なんろうけど。
2016/05/20(金) 00:29:17 | URL | ごいんきょ
おーみんなで
 ピンポンパンだったか、他の幼児番組だったか思い出せないのですが、
 ミ、ミ、ド、  ミ、ミソーファミ、  ファ、ファ、レ、  ファ、ファラーソファ、
 ミ、ミ、ド、  ミ、ミソーファミ、 ソーソファミ、ド
というメロディーの歌を何度も聞いた覚えがあります。最後の部分には「おーみんなで」または「さあみんなで」という歌詞がついていました。どなたか覚えてらっしゃらないでしょうか。
2016/06/18(土) 16:50:47 | URL | あぶもんもん
空をみあげて
あぶもんもんさん

昭和40年発行のNHK版「みんなのうた」第3集に載ってます。
題名は「空をみあげて(おお!みんなで)」となってますね。
黒人霊歌・峰陽さん作詞です。

途中からコーラスとソロパートに分かれるのですが、それがとても斬新な感じで、気持ちが良くて、友達とよく歌ってました。

階名が書かれている箇所は
晴れた 空みあげて 若い 胸広げて 呼ぼう 白い雲を おお!みんなで

でした。
懐かしい歌を思い出させていただき、ありがとうございました。
2016/06/18(土) 19:34:00 | URL | モデラート
あとうございます!
 モデラートさん、またまた有り難うございます!
 みんなのうたでしたか。私もちょっとそんな気がしましたが、たびたび聞いたような気がして、子供向け番組だったかなと思いました。
 そうなんです、コーラスの部分がいいんですよね。カタカナで音階を書くのが大変なので省いてしまいましたが。上に書いた音程も本当はラで始まるへ長調の方がいいような気がしましたが、♭を書くと煩雑かなと思い、ちょっと低くしてしまいました。

 これで探せると思います。ありがとうございました。
2016/06/19(日) 15:38:19 | URL | あぶもんもん
Re:「おはようさんさんピンポンパン」
さんま司会の特番で、これがフルで流れましたよ!
録画できなくて、凄く残念でした。
なぜなら、電気屋さんのテレビで見たからです。
2016/06/24(金) 16:28:12 | URL | (ハンドル未記入)
おふろの数え歌
覚えているのは

ふたつとせーー双子の忍者が
ふろの中ーこりゃいい湯だね
いい湯だね

八つとせーー山からお化けがふろの中ーこりゃいい湯だね
いい湯だね


スタジオに3列x4列ぐらいの木製の湯船が並び、ほんとうに子供たちは
風呂につかっていました。
一つの湯船に二人ぐらい入っていた
と思います。

本格的なセットだなあと思っていました。

2016/06/26(日) 22:09:18 | URL | Kyoko
● 未記入さん
なんで今頃、そんな歌が使われたんでしょうね?


● Kyokoさん
おふろの数え歌って、みんなのうただと思いますが、ピンポンパンでも歌ってたんですか。
かなり後期ですね。
2016/07/17(日) 19:42:03 | URL | ごいんきょ
ピンポンパン
私もゆきえおねえさん世代ですね。カセットテープ買ってもらった記憶があります。
坂本新兵さん、後年「夕やけニャンニャン」にレギュラー出演していましたね。ピンポンパンのディレクターだった方がのちに夕ニャンのディレクターもされていたはずです。
曲ではビッグマンモスのみんなが「我が良き友よ」の替え歌を歌っていた記憶があります。本家ムッシュかまやつさんの歌を聞いて「この曲、ピンポンパンで聞いた覚えある」と思ったものです。おふろの数え歌は守屋浩さんの「大学数え歌」の替え歌ですね。
2016/11/08(火) 12:54:57 | URL | TSUSHIMA
懐かしいピンポンパンのファンサイトが見れます。所々抜けてますけど。

https://web.archive.org/web/20090217183101/http://tpmpyp.hp.infoseek.co.jp/
2016/11/08(火) 16:39:00 | URL | (ハンドル未記入)
歌おたずね
1974年の6~7月ごろにピンポンパンで石毛お姉さんが歌っていました。
覚えているところだけですが(すみません)歌は

♪・・・あの日のことをー
月の光で私が歌い(ネッシーは踊ったそうです)
・・・ネッシネッシーネッシー
サヨナラしたいとい言ったけど
出てきちゃーだーめよー
私のネッシー


という歌詞ですが、ゆったりとした幻想的な曲調で、石毛お姉さんがネッシーと知り合いのように語りかけるように歌っていたのがとても印象的でした。


youーtube見てみましたが
探せませんでした。
また出会ってみたいです

ごいんきょさまよろしくおねがいいたします
2016/11/10(木) 09:36:00 | URL | Kyoko
「かくれんぼネッシー」ですね。YouTubeで聴けますよ。
2016/11/10(木) 14:18:34 | URL | (ハンドル未記入)
ピンポンパン・歌
ハンドル未記入さんありがとうございます。タイトルが分らず「ネッシー」しか手がかりがありませんでした(^^ゞ
2016/11/10(木) 20:26:37 | URL | Kyoko
● 未記入さん
そのサイトは初見でした。
大竹宏さんが関わっていたり、かなり凄い所が有ったんですね。
皆さんがお元気だったうちに、もう少し掘り下げて貰いたかった。


● TSUSHIMAさん
新兵ちゃん、夕ニャンに出てましたっけ?
なんか記憶に無いです。


● Kyokoさん
なんか、静かな曲ですね。
だからワタクシは、ほとんど聞いてなかったんだと思います(苦笑)。
覚えてないんですよね。
2016/11/13(日) 21:47:46 | URL | ごいんきょ
ゆきえおねえさんの時代に早野凡平さんや江戸家子猫さんも出ていたんですよね~。
2016/11/17(木) 01:29:33 | URL | (ハンドル未記入)
歌お尋ね
ゆきえおねえさん達が歌っていた「おかの うえの さーかすごや きょうも わいわい おおにぎわい・・・」って言う歌、知ってますか?知ってたら教えてください。
2016/11/20(日) 00:55:37 | URL | (ハンドル未記入)
凡平さんとか猫八さん、何回も出ましたかねー。
一回くらいは出ていたような気も。

歌は、またわかる方待ちですね。
2016/11/20(日) 01:03:53 | URL | ごいんきょ
きょった豆、食ったんたん
ピッコロ吹いてた石毛恭子さんの世代です・・・嘘です。もう中学に入るころでした。「ピンクの戦車」は、きれいだな、かっこいい~だと思います。お前も乗らへんけ~(1234、1234ヘ~イという掛け声もありました。)「ピンクのバニー」「パジャママン」「シャンプーマン」という曲もありましたね。「ダバダバダ兄妹」は豪華声優陣でした。
2016/11/24(木) 21:49:43 | URL | bean.
先日、りりィさんが亡くなりました。
ゆきえおねえさんが、りりィさんの「オレンジ村から春へ」をカバーしていましたが、ゆきえおねえさんが歌うと、何だかとてもウキウキした楽しい気分になりましたね。
2016/11/25(金) 02:33:00 | URL | (ハンドル未記入)
ウインターワンダーランドが流れると、ピンポンパンの冬って感じだったなあ。
スキー姿でも歌ってたかな。

あ、りりぃさんの歌でピンポンパンの歌になったものも有ったんですねえ。
これは気がつかなかった。

アグネス・チャンって、児童ポルノどうこうで一部ネット民から蛇蝎の如く嫌われてるんですよね(苦笑)。
でも、あれを「ポルノ」扱いしたら気違いですよ。


● bean.さん
多分ね、歌詞が進むと関西弁になる部分が有るんだと思います。
そこだけだな、北山さんらしいの(笑)。

石毛恭子さんの時代から歌が華やかになりました。
ま、レコード会社の商売柄なんですが(笑)。
2016/11/27(日) 18:24:55 | URL | ごいんきょ
ピンクの戦車
きれいだなーかっこいいー
ピンクの戦車だよー♪

ごいんきょさま、beanさま、
ありがとうございました。
ピンポンパン・歌、またおじゃまいたします。

オープニング、エンディングの「おもちゃの木」(最後はみんなでおもちゃへ行こーーう!)も思い浮かびます。
2016/11/28(月) 10:23:27 | URL | Kyoko
日曜日に飴はいらない、聞いてみましたけど、原曲はわかりませんねえ。
元歌が有るんですか。
誰か知っている人がいますかね。


● Kyokoさん
おもちゃへ行こう~も、恭子さんとゆきえさんの頃だけみたいな。
そう言えば名前同じですね(笑)。
2016/11/30(水) 23:31:07 | URL | ごいんきょ
大野かおりおねえさんも井上佳子おねえさんも、「おもちゃへ行こう」って、言ってましたよ。渡辺直子おねえさんは知りませんけど。
2016/12/01(木) 01:18:11 | URL | (ハンドル未記入)
ん?
佳子さんの時に玩具あったんですか。
じゃあ、本当に最後だけかな無くなったの。
直子お姉さんの最初の頃は無いですね。
2016/12/05(月) 05:26:26 | URL | ごいんきょ
恭子おねえさんの「小さなカレンダー」の原曲?

https://www.youtube.com/watch?v=094MUaCizX4
2016/12/06(火) 00:57:24 | URL | (ハンドル未記入)
かおりおねえさんが歌った「君たちは太陽さ」の原曲?

https://www.youtube.com/watch?v=SDBwUIYTNwI

2016/12/08(木) 02:52:13 | URL | (ハンドル未記入)
ピンポンパンのレコードに入っていれば、番組で使ってますね。
ワタクシもなんとなく記憶に有ります。
2016/12/19(月) 01:13:16 | URL | ごいんきょ
ゆきえおねえさんが歌った『ママごめんなさい』の原曲?

https://www.youtube.com/watch?v=KZyshh9dseQ
2016/12/21(水) 23:56:21 | URL | (ハンドル未記入)
ゆきえおねえさんと子供達が歌った「ニッキ・ニャッキ」の原曲?

https://www.youtube.com/watch?v=YC5LPvrXxUo

ピンポンパン版の方がいいですね。

2016/12/22(木) 00:28:40 | URL | (ハンドル未記入)
「ピンポンパン」終了の原因または理由って......??
「ママとあそぼう!ピンポンパン」は、今から34年前の1982年3月31日に最終回を迎えて、
2016/12/22(木) 17:40:38 | URL | マスダっち1971
続きですわ(^^;)
15年半の放送を終了しましたが。そもそも「ピンポンパン」終了の原因または理由って......どなたなかご存じですか??
2016/12/22(木) 17:43:58 | URL | マスダっち1971
ピンポンパン終了の理由
フジS57年春改編での「FNNおはようニュース&スポーツ」スタートに伴ってのものでしょうか。ちなみにこの時に「小川宏ショー」が終了して「おはよう!ナイスデイ」がスタートしていますね。
2016/12/22(木) 21:40:08 | URL | TSUSHIMA
TSUSHIMAさんへ。
そうですか......「ママとあそぼう!ピンポンパン」終了の経緯には、そのような理由があったんですね。以前から気になっていたんすよ。よくよく考えてみたら、5代目の井上佳子おねえさん(のちの本間淳子さん)の任期も1年間(1981年4月~1982年3月)でしたから。
2016/12/23(金) 17:07:02 | URL | マスダっち1971
ニッキニャッキは、日本では「黒ネコのタンゴ」のB面として知名度を得ましたね。
証拠は示せませんが。


ピンポンパン終了の原因ですが、一番大きいのは、民放が商売を優先させだしたという事です。
元々、フジテレビは教育局での免許ではなかったのですが、
昭和30年代にエロ番組でお灸を据えられそうになって、
自発的に教育番組の比率を高めた経緯があります。
この辺は、来年こそは形にしたい『昭和エロテレビ史』に書いてありますが(笑)。

で、ほとぼりも醒めてきたし、全社的に視聴率もどん底だったんで、
フジ産経のドンだった鹿内信隆氏が、倅の春雄氏に実権を渡します。
そして春雄氏は、フジの顔ではあっても編成を硬直させていた番組を、次々と切るんです。
ピンポンパンもその対象となりました。

で、朝の番組で視聴率を稼ぐ手段として、TSUSHIMAさんが書いてくれた番組に委ねたんでしょう。

以上はいちいち証拠も示しませんし、いい加減な事かどうかは各自で判断ねがいます。


作詞家は調べないとわかりません。
他の誰かが書いてくれればいいですね。
2016/12/23(金) 22:30:45 | URL | ごいんきょ
スッキリお掃除しました。
ご本人が消しても構わないと言ってくれたので助かりました。
以後は不快な文章を書き散らかす暇人(本人談)は来ないのでご安心下さい。
2017/01/27(金) 23:22:14 | URL | ごいんきょ
もしピンポンパンがなかったら
「レッツゴーともだち」は西川のりおさんのギャグ「ラッタッタ」にも応用されたらしい。
「ララララララーラー」と歌いながら行進するみたいに歩くというパターン。オレたちひょうきん族、笑っていいとももピンポンパンがなかったらなかったのかもしれない。今のお笑いビッグ3(タモリさん、ビートたけしさん、明石家さんまさん)も売れてなかったのかもしれない。
2017/06/10(土) 02:59:08 | URL | (ハンドル未記入)
一個人のギャグどころでなかったりして
もしこの番組がオンエアされなかったら後続の幼児番組のポンキッキとかはなかったかあっても短命だったかもしれんし公共放送の幼児番組にも大々的な影響がおよんだであろうしその他出演者個人レベルもともしつつも他にもカルチャーショックと呼べるものを起こしているといえるのでは?
2017/06/10(土) 21:51:13 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
新参者からご挨拶を
拝啓 よろしくお願いいたします。皆様の豊富な知識と記憶力には脱帽で、自分の知っていた僅かな事のみ書かせて頂きます。「極初期、渡辺直子姉さん」の頃、最初のテーマ曲は一番良かったと。記憶では渡辺岳夫先生と記憶しており「ピンピンピンと立った犬の耳、ポンポンポンとうった大時計、パーンっと鳴ったらピンポンパン」と。忘れられない名曲でした。この当時は白黒で生放送と記憶しています。この中で忘れられないのが、当時中一ですから1970年?頃の「絵描き歌=クジラ」と言うのがありましたね。
「凸凹凸凹凸凹道が、どんどんどんどん続いているよ、大きなお山がボヨヨヨヨーン、ちびっこ山が出て来たよ、お船が出てきてドンブラこっこドンブラこっ、しぶきが上がってザンブラこっこザンブラこっ、向こうに見えるは尻尾じゃないか、潮吹きクジラだ大きいな」と。今でも忘れられず絵も書けますし歌もピアノも弾けますからね。強烈な印象が残っています。作者も何も解りませんが、ピンポンパンってやはり名作だったと確信しております。敬具
2017/06/11(日) 14:28:44 | URL | よしたかくん
お片付けの歌・・でしょうか
真ん中に木があるいつもの広場に、一面おもちゃが散らかされていて、子供たちがビデオの早回しのように(というか早回しです)チャカチャカとおもちゃを片付けていきます。そしてだんだん元のみどりのカーペット(地面)が表れてきて片付け終了。
歌は
♪片付けサッサッサ
片付けサッサッサ
スピードスピードサッサッサ

・・っとここだけ覚えています。
2017/06/12(月) 20:42:51 | URL | Kyoko
コメント感謝と追加情報です
拝啓 皆様の情報から段々思い出して参りました。ピンポンパンの最初期のテーマ曲歌詞は「ピンピンピンと立った犬の耳、ポンポンポンと打った大時計、パーンっと鳴ったらピンポンパン(感想)弾んでピンピン叩いてポン、ひっくり返ってスッテンパン、ママと遊ぼうピンポンパン、ヤッホー(ヤッホー)ピンポンパンポンピンポンパン」でした。更にこんな歌がありましたね。「デベロン音頭」=「うっひゃっうっひゃっうひゃひゃのひゃ、デベロン音頭で騒がんと、何ですとーっ何ですと?デベロンでべでべおへそをふっと出せっ、パッと出ーせ、サッと出せっ、みんなで一緒にそろそろバひょーーン、すっぱかぱーんのデベロンぱあっ」 こんな歌を思い出しました。いや懐かしいですね。どちら様かぜひぜひご参加お待ちいたします。 敬具
2017/06/13(火) 10:17:05 | URL | よしたかくん
乗ってしまいました
「よしたかくん」様、ありましたね~。『デベロン音頭』富田耕生さんの歌?セリフで子供たちが歌う曲でしたが。歌詞はあまりにもアドリブが多くて表現しづらいのですが「ウヒョ~」が口癖だったので、「ウッヒョ、ウッヒョ、ウッヒョヒョのヒョ」だったと思いますよ。「デベロン音頭で踊りゃんと♪(なんですと~?ま、なんですと?)デベロン、ベロベロ、お顔をヒョッと出せ!♪グッと出ぁせパッと出せ♪みんなで一緒にソレソレ~(ウヒョー)スッカラカ~ンのデベロンパッ♪(ウヒョ~2番ですウヒョ)」で3番まで歌ってました。ワタシは石毛恭子さんの時代ですから、テーマ曲は「タマゴひしゃげて」しか覚えてません。すみません~
2017/06/14(水) 00:52:27 | URL | bean。
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。