私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



愛の劇場 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビドラマの幸福な時を振り返る、この番組です。


まず最初に断らなければならない事として、
TBS『花王愛の劇場』とは別番組です。
そちらの枠としての記事は、当ブログには有りません。
その枠での個別番組記事をお読みになりたい方は、上部中央検索窓から、
再度「愛の劇場」で検索して探してみてください。





テレビの草創期は、その制作能力の低さから、言ってみれば垂れ流しのような番組、
お笑い系とか音楽・スポーツ中継などが力を持っており、
ドラマのような作り込みが必要な物は、どうしても弱かった。
しかし、普及度も上がり、経済的にも余裕が生まれ、機械的な進歩も有りと、
昭和33年頃から、テレビドラマというものが大きく台頭してくるのです。
TVドラマの作り手が最も幸福だった時代は、昭和33~37年頃だったでしょう。
ギリギリ、昭和30年代末までそういう空気を引き摺ってもいたでしょうが、
少しずつ手間の掛かるドラマは局に敬遠されだし、外注制作へと移り始めます。
外注会社にとっては、質より何より予算第一であります。

従って、昭和30年代中頃のテレビ局員でドラマ制作をしていた人間は、
テレビ史上でも本当にわずかな期間の、幸福な制作時期を送れていたと言えます。
まだ視聴率第一主義が徹底されておらず、提供会社は大概が一社だったため、
そこさえ口先三寸でその気にさせれば(笑)、芸術作であろうが制作可能でした。
また、芸術祭で受賞したともなれば、その番組枠は勿論、提供会社、
ひいてはその局全体の印象も上がるという効果が有って、
まだまだ電気紙芝居と揶揄されていたテレビ側としては、
そうした晴れの舞台で認められる事に躍起になっていた時代でした。

そのため、今では絶対に認められないような、作家・制作者の独りよがりのようなもの、
芸術性をあまりにも追い求めた難解な作品も、往々にして制作されましたし、
その頃はドラマの作り手にも、ドラマ作りに情熱を燃やす演劇・映画青年が闊歩してました。
勿論、今でも見られるような息の抜けるコメディーやホームドラマも普通に有ったわけで、
ことドラマに限って言えば、昭和30年代中頃がテレビの黄金時代と言えたかもしれません。
その後も映画会社の人材が流入してきたり、技術も上がったりで進歩は有りましたが、
自由闊達な制作現場の雰囲気が有ったのは、おそらくその時代だけだったでしょう。

その頃の各局は、芸術祭に対応する人材や作品を確保する意味が有ったと思いますが、
一回完結の単発ドラマ枠を複数抱えていたものでした。
そうした枠で様々なドラマ作りを経験し、各局の中核となるドラマ制作者が生まれ、
育っていったという重要な枠でもありました。
「ドラマのTBS」では、サンヨーテレビ劇場や近鉄金曜劇場(以上既述)、
純愛シリーズ、『おかあさん』といったところが、そのような役割を担っておりました。
そして老舗日本テレビでは、既述『夫婦百景』と、この『愛の劇場』こそが、
局を代表する単発ドラマ枠だったのです。提供は一貫して、旭硝子でした。

その前段として有ったのが、『窓のうちそと』という15分ドラマ。
わずか15分で毎回完結のドラマを描いていたようなのですが、
時間枠の短さも有って、当時もテレビ史的にもまったく扱われずに来ており、
現在、その詳細を掴む事は非常に困難です。
その第一回を千本福子(せんぼん・よしこ)が制作担当しており、
『愛の劇場』が始まった際、「30分に延びた」という同時代評が有りますので、
おそらく、当時『窓のうちそと』は『愛の劇場』の前段番組という認識だったと、
ワタクシは推測しているのですが、確定証拠はまだ見つかっておりません。

その名の通り、「愛」を主題とした単発ドラマ枠で、日本テレビの代表的ドラマ枠として
丸4年という当時としても長期にわたり放送されました。
先にTBSで定評を得ていた『東芝日曜劇場』の石井ふく子よろしく、
この枠は、女性である千本福子が概ね担当し、こちらも女性脚本家を抜擢したりもしました。
昭和35年6月13・20日に前後編で放送された「風光る朝」は、
身体障害者の実情と、現実の壁とを描いた作品でした。
8月8日から9月5日は、珍しく全5回で「草の実」を放送。
人物と配役が一緒に紹介される題部の演出が目新しく、好評でした。

昭和36年6月19日放送「その夜は雨だった」は、
バーテンに恋したマヌカン人形(昭和語)が雨の夜に逢いに来るという幻想譚。
昭和36年11月13日放送「結婚予約」は、大映監督の増村保造が脚本を書き下ろし。
この回の演出は通常の千本福子ではなく、『ダイヤル110番』の北川信でした。
この『愛の劇場』では、先に中平康が脚本を書いていて、
映画監督としては二人目となりましたが、どのような経緯だったかは不詳です。

そして11月27日、日本テレビでは二作目という芸術祭参加作品「縁」を、
70分と2倍以上の枠拡大しての放送。
これも千本福子の演出で、テレビでは史上初となる、女性の芸術祭作品でした。
作家・大原富枝の実母を念頭にした作品で、小さな小学校の校長と再婚した女性が、
神経衰弱となった夫を娘と共に励まし、ようやく平静が戻ったと思われた頃、
37歳の生涯を閉じるという物語でした。
そして年末、見事に奨励賞を受賞。
それまで芸術祭参加のドラマと言えば、芸術張ったもの、社会派志向のものでしたが、
千本はあくまでも普段着の作りで、いつも通りの『愛の劇場』を出品しての快挙でした。

昭和37年3月12日放送「屋根の下」は、この枠では4人目となる映画監督の、
井上和男による書き下ろしを、文学座がユニット出演で担当したもの。
この頃、日本テレビでは文学座だの民芸だのといった所の囲い込みを多用してました。
TBSを始め、後発局などが専属契約で個別に囲い込んでいるのに対抗し、
丸ごと面倒を見るという形で、舞台人たちに接する形を執っていたのですね。
このユニット出演は更に、TBSなどでユニット制作へと発展し、
舞台の大御所たちがその発表の場を、テレビにも意欲的に求め出すわけです。

4月30日放送と当初は告知されながら6月4日に延期された「夜は海だ」では、
漫画家やなせたかしが原作者となり、この枠で初めてのカラー放送が実現しました。
46歳の私大教授と魔女の心の交流を描いた大人の童話のような話で、
魔女の出る場面は青、現実場面はオレンジ系統の色調で統一。
ドラマ中間部では、やなせの漫画が11枚使われ、色彩感覚を一層豊かにしました。
昭和38年1月28日放送「恋の大和路」では、十朱幸代が祇園の舞妓役。
どうしても地唄舞いを踊らなければいけない場面が有り、
花柳大和の門を叩いて、初の日舞を一夜漬けで猛特訓しました。

昭和38年7月29日に放送200回という、当時のドラマ枠としては
結構な長寿となっていたこの枠でしたが、番組はその時、既に収束に向かっておりました。
以後は、その頃テレビドラマ界を席巻し始めた、原作路線&スターシステムを採用。
『愛の劇場』が持っていた、独自性、スター不在という特色が否定される世になっていたのです。
そうして11月27日から、最終作となる石川達三原作「愛の終わりの時」が、
5回(当初予定6回)連続で始まり、締めは流石に、千本福子の演出で収録されました。
千本かねてからの題材で、第二回からは石川達三が冒頭で語りを入れていたといいますし、
第三回からは、なんと千本福子自身も俳優に混じって出演する予定とされた、
正に愛の劇場の集大成で、流石せんぼん演出の迫力と好評を得ました。

昭和40年代には、千本福子は干され、長の空白期間に入ります。
井原高忠によれば、「(千本の作品は)金がかかって駄目だ」という事だったようで。
もう、ドラマ制作の夢の時代は終わっていたのに、対応できなかったんでしょうね。
それを井原が拾い、彼の番組を手伝わせているうちに、
千本は自分に無い番組制作の仕方を吸収したんでしょうね。
そして見事に復活し、昭和55年の『ああ!この愛なくば』で、
見事に芸術祭の大賞を受賞、昭和30年代の雪辱を果たしたのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
「日テレ」とあって「!?」と思ったが
タイトルからしてあの「月のマークの石鹸会社」提供の昼帯枠かと思いました(^_^;)
2014/05/30(金) 00:20:38 | URL | 鉄ドン
わかっているとは思いますが一応念のため…
当時「ガラス棒」のOPでおなじみだったアノ局で昼間やってたアレです
2014/05/30(金) 12:38:09 | URL | 鉄ドン
ええ。当然、そちらしか知らない人が今は多いでしょうし、
だから冒頭で断ってもいるのですけど。
木の葉隠れの術のように目立ちづらい書き方してましたからね。
2014/06/01(日) 06:03:57 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ