私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



わが輩ははなばな氏 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビドラマの原点としてあった姿を振り返る、この番組です。





昭和30年代には、実際の夫婦や家族がドラマに丸ごと出演するという例も有りました。
既述『パパの育児手帖』では、安井昌二一家が出演して人気を博し、
チャコちゃんこと四方晴美が子役スターとなったのが、割と有名でしょう。
その後はCMでは例が有るものの、なかなかドラマでは実現が難しそうです。
今回の番組は、『パパの育児手帖』より更に遡る、生放送ドラマ時代の作品。
中心人物は、黎明期からテレビで大活躍だったフランキー堺で、
彼の妻であり、元日劇ダンサーの谷さゆりと、倅の堺俊哉も一緒に出演しており、
『アイ・ラヴ・ルーシー』日本版を狙ったものと喧伝されておりました。

この俊哉君、御年まだ二歳に満たぬ幼児。しかも、先にも言ったように生放送時代。
これではドラマ放送などまともに行かなそうなものですが、
おそらく企画し、実現させた人々は、テレビの本質を勉強していたのでしょう。
何が起こるか判らないという生放送こそ、テレビが映画に勝てる部分なのであると。
特に、予算や技術で著しく劣っていた当時は、殊更でした。
そして、この俊哉君が、関係無くドラムを叩いたり駄駄をこねたり眠ったりと、
おそらく関係者期待通りの大活躍(笑)。
勿論、そうした事が通じるように、設定はコメディー路線にしてあるわけです。

物語としては、広告代理店に勤務する花村花太郎と妻・花子の一家を中心に、
家庭や職場で起きる騒動を描いたホーム・コメディーという感じです。
夫人は元日劇ダンサーとは言え、演技等は専門でなかったし、
まして当時は既に家庭の妻として過ごしていた訳で、素人っぽさも。
しかし、そういう部分もこうした番組では却って好感を持たれていたようです。
つくづく、『欽ちゃんのどこまでやるの!』の原型のような番組だと思いますが、
萩本欽一はこの番組を見ていたのでしょうか。

子供に振り回される両親のアタフタした様子が好評だったのでしょう、
結局この番組は二年半も続く事になるわけですが、
その人気ぶりを証明する出来事が、ラジオ番組化でしょう。
TBS(当時KR)は、元々がラジオ局。
テレビ版は昭和31年7月18日より始まりましたが、
早くも9月9日からラジオ放送もされたのでした。
但し、音声のみのラジオはテレビと特質が違いますから、
子供役を実の子とはいかず、こけし座というところから子役を使いました。

ラジオ用の子役は、当初予定していた子がハシカで収録不可能となり、
替わりの、みつるくんという5歳の子供が収録する事になったのです。
「パパおしっこ」とか「あちょこへ行くの」「僕つまんないよー」
といった簡単な幼児語の台詞でしたが、5歳といえども
なかなか元気な子だったようで(笑)、マイクの前でじっとしておらず、
プロデューサーはチョコやキャラメルをマイクの前に置いて釣るのでした(笑)。
実のお父さんが横から口移しで台詞を伝授。

父「さあ、”パパおしっこ”」
子「さあ。パパおしっこ」
父「”さあ”は要らないよ。さあ、もっと大きな声で。”パパおしっこ”」
子「もっと大きな声で」

落語かよと(笑)。こんな調子でスタジオは爆笑の渦。
ところが、みつる君は笑われて御冠で、側に有った鐘や太鼓を鳴らしだす。
という具合に、全体でわずか1分ほどの台詞を収録するのに、
1時間もかかったという事でした(笑)。
これがテレビなら、こうした様子をそのまま流す事で、
コメディーとしては十二分に成立するわけです。
こうした自然な作為を施して突発事故を演出していたフランキー堺、
やはり只者では無い才人だったと改めて認識致します。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ