私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



わが家の青春 (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、歌手が演技でも注目されだした頃を振り返る、この番組です。





ラジオ時代、本格的な歌手は、直立の姿勢で歌っていれば良かったわけです。
ワタクシの子供の頃、懐メロ番組でよく見た東海林太郎が、
正しく直立不動の姿勢で歌っていたのは、非常に印象に残っています。
しかしテレビ時代になると、歌手も最初から見た目の動きも考えるようになり、
更には本当に初期から、演技の方でも活躍しておりました。
これは以前にも書きましたが、やはり美空ひばりの存在が大きかったでしょう。
歌手として押しも押されもせぬ売り上げを誇りながら、映画の動員数も安定している。
言ってみれば、元祖マルチタレントと言えた存在でした。

先行・映画媒体から生まれたこの新種のスタアを、人材難で四苦八苦していた
初期テレビは、自前で育てようとしていた節が有ります。
だから本当の黎明期には童謡歌手にまで演技をさせたり、
昭和30年代に入ると、まだ手垢の付いていない歌手たちに手を伸ばし始めます。
その先陣を切るような存在だったのが、中原淳一の姪っ子で、
つまり葦原邦子の義理の姪ともなる中原美沙緒。
昭和30年に歌手として売り出し、早くも昭和31年には、
既述『ママのお荷物』に出演し、以後も『あんみつ姫』等で人気を博しました。

とにかく、昭和30年代中頃までテレビの人材難は慢性的で、
既に映画では自分の持ち歌の映画化で活躍していた歌手という存在を、
純粋に演技方面でも使おうというやり方でやっていたものです。
中でこの番組は、既に歌手としても映画でもひとかどの存在だった
雪村いづみを引っ張って来たという事で、昭和33年には、
テレビもかなり注目される媒体となっていた事が偲ばれます。
出演者はいずみの他に、北沢彪、堤真佐子、朝比奈愛子、有村洋二という面々。

この出演陣を見て、ピンと来たあなたはかなりの芸能通。
配役としては、北沢・堤の夫婦に、雪村・朝比奈・有村の子供達という設定ですが、
実は北沢彪と堤真佐子は実の夫婦、雪村ら三人は実の姉弟という関係でした。
つまり、二つの芸能一家を組み合わせた劇中の一家という、
テレビ史上でも、これはなかなか他に例が無いものとなっております。
いずみは、この配役に大喜びだったようで、劇中の両親と、
実の両親を会わせようという計画もしていたようです。

昭和33年9月3日に始まった番組でしたが、1クール(3ヶ月)して、
昭和34年1月からはコロムビア・ローズが主演となりました。
ローズは花屋の一人娘の役で、母役が吉川満子、父役が坂本武。
この一家、お母さんがしっかり者で、お父さんは尻に敷かれた感じ。
お父さんは近所の人にかこつけてお酒を飲むのが楽しみという、憎めない人物。
更に、この頃からテレビのお婆さん役でよく見かけるようになる飯田蝶子が、
一家で一番モダンなお婆ちゃんとして出演しておりました。

ローズは、それまで地方巡業で月20日は稼いでいたという存在。
それが、この番組を担当するようになったため、ロクに地方へ行けず、
収入面ではかなり激減したという事でした。
それでも、生活に困らない程度の収入さえ有れば、
実になる仕事をしたいと抱負を述べていた彼女でした。
そして、コロムビア・ローズ版は一年ものあいだ放送され、
昭和36年1月からは、ペギー葉山が登場。

このペギー版は、「ペギーの日記」という副題がつけられ、
内容もそれまでと違って、歌が中心のミュージカル調と、
ペギーご希望の内容に変わっていたようです。
こちらも9月いっぱいまでと、9ヶ月も続くものとなり、
最初期から合算すると丸々三年も続いていた、結構な長寿ドラマ枠でした。
しかし、放送時間が15分という短さで、当時もその後もほとんど扱われず、
調査が非常に困難なため、これも埋もれた存在となってしまっております。
提供は三越のようですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ