私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ひこばえショー (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、初期の日本テレビと映画の日活との蜜月時代を振り返る、この番組です。





昭和30年代初頭まで、まだまだテレビの実力は全方面で陳腐なもので、
映画会社側とすれば、基本的に敵ではあるけれども歯牙にも掛けていない、
という感じだったかと思います。
だから、本当にチラホラと映画人が関わっていたりもしたのですが。
特に日活はテレビに親和的だった事は、かなり以前にも触れました。
そんな日活では、正にこれからという若手俳優達を「ひこばえ」と呼び、
十数人の新人グループとして、劇場挨拶やパーティーなどで売り出しました。
「ひこばえ」というのは蘖と書き、「孫(ひこ)生え」の意味から、
切り株や木の根元から出る若芽をいう言葉だと、辞書にはございます。

一度映画製作が断絶した日活の若手俳優達に、これ以上無い命名で、
本当に往時の文化人は、知性が有ったなと思いますが。
昭和31年4月7日、日本テレビが、この年の1月に発足したという
ひこばえグループを起用した番組を放送するのです。
題して、『ひこばえショー 愛すべき狂人たち』。
夜8時からの1時間番組で、当時としては例外的な1時間ドラマでした。
出演者は、岡田眞澄、長門裕之、芦川いづみ、桂典子ら男七人、女六人に加え、
その「ひこばえグループ」の総出演という触れ込み。

内容としては青春喜劇と、要するにコメディーだったようですけど、
舞台が精神病院だというのですから、今日的には再放送不可能な設定でした。
ま、したくても素材が現存しないわけですが。
そもそも「狂人」という言葉だけで、今なら通らないでしょうね。
岡田眞澄が精神科医で、狂言回しとなって数々の患者と対面。
浅丘ルリ子が純愛狂といった具合で、各人の持ち味に沿った「狂人」となり、
岡田眞澄と寸劇を繰り広げて笑わせる、といったものだったようです。
日本テレビは、流石にこの番組を特別視していたようで、
史上初のスタジオ公開ドラマとして第一スタジオを一般公開し、宣伝効果を狙いました。

この、新人とは言え映画俳優大挙出演という、テレビ史上でも画期的な試みは
かなりの注目を浴び、またやって欲しいという要望が殺到しました。
そこで今度は夏の8月29日に、第二弾『ひこばえショー 銀座の夜は生きている』を放送。
母を訪ねる銀座の花売り娘を巡って、警官、浮浪児、女給、易者などが描く人生模様を、
こちらは歌あり踊りありのミュージカルショーとして放送したようです。
出演は、前作同様に芦川いづみ、浅丘ルリ子、桂典子、長門裕之、葉山良二らで、
坪内美詠子が特別出演という名目での出演でした。
この時、かの石原裕次郎も出演。おそらく、これが彼のテレビ初出演でしょう。
この二作を演出した岸田功による、これら新人の印象が残されています。

浅丘ルリ子=ぜんぜん子供。女優の感じは無く、
      大人になったら結婚して家庭に入りそうな大人しいタイプだった。
芦川いづみ=アップに耐えるマスクで芝居も上手く、スターになれると思った。
多摩桂子=女優としてはまだ個性が出来ていなかったが、一番の美人だった。
香月美奈子=当時としてはエキゾチックなマスクで、妖婦役が務まる唯一のタイプ。
桂桂子=丸い顔で明るい感じで、最もテレビ向き。
長門裕之=努力する優等生型で、コミカルな味と共に演技派の素地は充分あった。
宍戸錠=スマートで初々しいスポーツ青年だったが、平凡で個性が無く、
    後のアクションスターの片鱗も見えなかった。
葉山良二=典型的な二枚目。
石原裕次郎=慎太郎の弟というだけで、この男だけは俳優の感じが全然無かった。
      育ちの良さか、度胸満点だった。

さて、なぜ日本テレビがこのような番組を制作し得たか。
後に映画会社側のテレビ締め出し策として悪名を馳せる「五社協定」ですが、
そもそもは、テレビ放送開始とほぼ同時期に映画製作を再開した、
日活による人材引き抜きを妨害するために結ばれた相互協定だったのです。
つまり、この時の「五社」に日活は入っておらず、孤立無援の状態でした。
そんな折り、やはり映画から基本的に敵視されていたテレビとの協調も、
執るべき手段の一つとして検討されていたのでしょう。
日本テレビは日活の旧作映画を流し、代わりに日活スターの撮影風景などを
『日活だより』という番組で週一回放送したりしました。

映画宣伝を兼ねたニュースなので、出演料は無し。
しかも、当時のテレビでは他に映画スターなど見る機会が無かったので、
非常に好評だったのでした。
そんなわけで昭和30年代初頭、日本テレビと日活とは、蜜月なる関係。
日活側としても、ぜひ売り出したい新人たちを使った番組をというのが有り、
またテレビ側としても、映画俳優を縦横無尽に使えるという、またと無い話で、
どちらからともなく纏まっていった話だという事です。
言ってみれば、日本テレビと日活のタイアップによる企画だったのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ところで
記念すべき千件目の話題は細腕繁盛記にすると公言しておられたのでは?

もしや最大一万件目まで目標にしておられてそれはそこまでのお楽しみという風になっていたりして
2014/06/05(木) 22:00:08 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
いやあ、古くからの常連の人って、結構その事を覚えているのかな(笑)。
勿論、ワタクシも忘れた事は無いですよ。
「一千番組目」と言いましたよね(笑)。
2014/06/05(木) 22:08:39 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ