私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ヘッド・ライト (1962) → 青年弁護士 (1963)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、法廷ものドラマ全盛期を振り返る、この番組です。





昭和50年代中頃、2時間ドラマ枠が持て囃され、その中核を為していた
サスペンスという番種が、一大流行然となった時期が有りました。
しかし、そのサスペンスの流行はテレビの草創期から繰り広げられたもので、
当時はスリラードラマとも呼ばれ、様々な形態が繰り出されました。
二時間ドラマの流行以降、その手のものは刑事もの・探偵ものが主流でしょうが、
流石にドラマ黄金時代の作り手たちは、サスペンスという味付けも、
もっと違った具材は無いかと、あれこれ模索していたものです。

民放第二局TBS開局早々の大ヒット、日真名氏飛び出すで注目を浴びたスリラードラマ。
日真名氏は探偵ものでしたが、意外に最も早くその手の番種で注目されたのが、記者もの。
やはり、あまり現実味の無い探偵より、実際に事件と関わる記者の方が描き易かったのでしょう。
TBS『特ダネを逃がすな』、NHK『事件記者』、フジテレビ『トップ屋』等々、
記者を狂言回しに事件を描くドラマが流行然となったのです。
中で日本テレビ『地方記者』は、地味な記者活動を描いたものでしたが。

並行するように警察・刑事ものが出てきまして、NTV『ダイヤル110番』、
関西での『部長刑事』、少し遅れてNET『特別機動捜査隊』、
TBS『七人の刑事』という具合に作られていくわけです。
それも一通りの局で出揃うと、今度は法廷ものが出てくるようになりました。
フジテレビ『検事』、NET『判決』、そしてこのNTV『青年弁護士』。
中で『検事』『判決』は、純粋な法廷ドラマ。
勿論、長く放送された中には事件性の強い話も有ったかもしれませんが、
基本は原告・被告と検事や判事の人間ドラマを描いたものでした。

その点、この『青年弁護士』は、推理ものの色濃い法廷ものでした。
昭和37年10月4日、日本テレビ木曜20時からの45分番組として、
『ヘッド・ライト』という番組名で開始。
主人公は伊達一郎という、弁護士であって私立探偵という変な立場(笑)。
演じていたのは中山昭二で、『ウルトラセブン』キリヤマ隊長が最も有名ですか。
更に、やはり当時注目を浴びていた職種のトップ屋・坂本浩を配し、
そちらの方は亀石征一郎が演じておりました。

何故、探偵兼弁護士が主役の事件もので、題名が『ヘッド・ライト』なのか。
その鍵は古のテレビ界での天皇・提供会社にございまして、
提供はいすゞ自動車だったのですね。
少し前からフジテレビで始まっていた、元祖法廷もののような『検事』が、
鈴木自動車提供の番組でしたから、宿敵のいすゞをそそのかして、
あちらが検事ならこちらは弁護士で行きましょうとか作ったんでしょうね。
しかも後発なので、より刺激を強くした内容にして。

昭和38年1月3日放送分より多少の変化が有りまして、
トップ屋の亀石征一郎は、おそらく『鉄道公安36号』出演のため降板。
代わりに伊達の助手として久里博という男が加わり、岡本四郎が演じました。
それを機会に、判りづらかった番組名も、『青年弁護士』と改題。
ウィキペディアには弁護士としての伊達を描く事が主となると有りますが、
内実としては相変わらずサスペンス色の強いものでした。
ただ、探偵兼業という訳の分からない設定と怪しいトップ屋は消えた感じですね。
きっと本職から抗議が有ったのでしょう(笑)。

例えば第24回「楽しく地獄へ」は、嫌々ながら頼まれた推理小説を書いた女流作家が、
相手の編集長に嵌められて、表紙だけ残して白紙にされてしまう話。
編集長は表紙だけの原稿を持ってきて、信じてたのにこんな事をするなんてと
一方的に作家を非難し、取り付く島も無いまま彼女を誌上で指弾の上、絶縁を宣言。
心当たりの無い非難をされた作家が相談に訪れたのが、伊達の事務所でした。
この少し前に、男性ミステリー作家が自殺しており、その遺書とされたのが、
件の編集長に送られてきたという、「俺は楽しく地獄へ逃げる」というメモ書き。
ところがこの言葉こそ、女性作家の消えた推理小説の題名だったのです。
男性作家はなぜ自殺したのか。また、なぜ女性作家の作品題が遺書の言葉に。
という内容でした。

続く第25回「小さな遺産」は、運送店店主の妻が死亡した事件で、
そこの店員が自首をしたものの、身重の妻が、主人は無実と弁護を依頼する話。
調べていくうちに久里は、実は被害者の夫である店主が犯人で、
店員は恩ある店主を庇って自首したのではないかと思うのですが。
しかし、新たな目撃談によって、その時刻に店員の妻が現場にいた事が判り、
事態は急転していくのです。
犯人は、店員の妻で、夫は身重の妻を庇ったのか。
しかし、なぜ店主までが店員を犯人としようとしていたのか。
複雑な人間関係が謎の解となる回でした。

そんな訳で、ドラマの中で大部分を占めるのは、事件の詮索。
探偵という肩書きこそ公言されなくなりましたが、
やっている行動は探偵そのものでした(笑)。
ま、実際の弁護士も、頼りになる人はきちんと独自調査するのでしょうが。
だから、探偵という当初設定は本当に無用の長物でしたね。
法廷場面は本当に少なく、その弁護ぶりも、
素人目に見ても、とても敏腕弁護士とは言い難い物言いで(笑)、
内容としては、やはり探偵ものに限りなく近いものでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ