私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



東京・赤坂・六本木 (1963)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、昼帯ドラマの初期を振り返る、この番組です。




♪ あゝわからない わからない 赤坂村はわからない
  と 一羽のつばめが言いました
  おいなりさんの屋根だと思ったら
  ナイトクラブの窓だった
  按摩さんと思ったらレスラーで
  ツイストしてるのが芸者さん
  イギリス人が禅をして 子供がパパを叱ってる
  これでも東京新名所?
  ほんとにほんとに 赤坂村はわからない
  
  あゝわからない わからない 赤坂村はわからない
  と 一羽の蝶が言いました
  お坊さんが寺へ行くと思ったら
  ステーキハウスへ行っちゃった
  ショウダンサーがべらんめえの江戸っ子で
  お寿司屋さんが中国人
  三味線がジャズがなり立て ビルに朝顔咲いている
  これでも東京新名所?
  ほんとにほんとに 赤坂村はわからない
  

NET開局初期の名物昼ドラマとして、『水道完備ガス見込』というのが有りました。
そちらもいつかは扱えたら良いなと思っておりますが、
今回は、更に輪を掛けて資料の少ないその後番組であるこれを、
おそらくテレビ資料史上初めて扱ってみたいと思います。
『水道完備ガス見込』は、一応コメディーの範疇として作られていたようですが、
この番組は、コメディー要素というのは無い感じです。
ホームドラマのような何でも無い人間模様が描かれる、昼帯ドラマでした。
放送時間は、月曜から土曜までの連日昼12時45分からの15分。

提供は花王石鹸で、後にTBSで『花王愛の劇場』を作る事になる花王ですが、
既に昭和30年代にして昼帯ドラマに注目していたのでした。
主題歌は「赤坂村はわからない」。作詞寺山修司、作曲牧野由多加。
歌ったのは坂本スミ子という事ですが、レコード化されたのでしょうか?
どうも東芝レコードは、テレビ主題歌のレコード化が鈍かった印象です。
主題歌の通り、東京は赤坂界隈の奇妙な人間模様を描いたドラマで、
設定としては、ホテルニュージャパンやラテンクォーターが有る通りの近くですが、
現実の赤坂とは微妙に違った街並みとなっております。

そこに有る喫茶店・バー、「森」を主な舞台として、周辺の人間達が描かれる。
ママはみさ子といい、富永美沙子が演じました。
その下で働くバーテンの梶が、梶哲也。
ホステスたちとしては、潤子が翠潤子、ユキが二階堂有希子、杉弓子を高杉裕三子。
主な客としては、乗仁和尚に藤原釜足、良太郎に穂積隆信といった配役でした。
彼らが群れ集う当時の赤坂は、銀座と比べるとまだまだ垢抜けず、揶揄して言うは「赤坂村」。
その先の六本木は、まだ田圃と、更に軽んじられてました(笑)。

昼は喫茶店、夜はバーという「森」に集まる客も、
バーの方をサービス本位にしてから客層が落ちたと梶と潤子。
人を斬りまくったヤクザ者が軍歌を放歌高吟し始めるに及び、
だんだんと店に対する気持ちが薄くなっていくのでした。
このヤクザ者、先の戦争や特攻隊に特別な感情を抱いている男で、
そうした人間がヤクザ者かつ店の雰囲気を損ねる存在として描かれ、
もしかすると当時の空気が現れているのかもしれませんが、
作者キノトールの世界観丸出しという気もしないでもありません。

結局、梶と潤子は中華料理店に転職。
今度はそちらでの人間模様が描かれていく事となります。
そちらの店主は、原みさ。演じるは中原美沙緒。
主な客の顔触れは基本的に変わらず、ユキと弓子も客側となりました。
この店に、香港料理を作りにやって来た陳という男として、太宰久雄。
昭和時代のステロタイプな中国人を演じておりました。
~ネ、~ネという語尾ね。~アルは使ってなかった感じですが。

うちの会社にも中国から来た人いますけど、やっぱり「~ネ」という喋り方なんですよ。
あれって、周りにいた日本人が、昔の創作物から影響されて、
相手が中国人だと「~ネ」っていちいち喋ってたからなんだろうと思うのですが。
~アルってのは、何から発祥したんでしょうね。
長袖になると両袖に手首を隠して輪を作り、
「ワタシチュウコクジンアル」とか、小学生の頃やりましたよね(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
~ある。というのは、009の張張胡(006)辺りが元祖ではないですかね。
2014/06/07(土) 12:42:48 | URL | カースケ
と、思たらうやらまん満州国で使われた、協和語がルーツみたいアルね。
2014/06/07(土) 17:44:37 | URL | カースケ
ワタクシも結構前にウィキペディアでその記述を見つけた時は、目ウロの思いでしたけど。
ただ、テレビではどうだったのだろうと思いましてね。
『らーめん親子』あたりだとは思うのですが。
2014/06/11(水) 01:23:37 | URL | ごいんきょ
ユキ役の二階堂有希子さん
影も形の無い生まれる前に放送
されたドラマですが、なかなか
面白そうで、興味深い内容で
ぜひ観てみたいですね。
ホステス役の女優さんたちの
本名(芸名?)が役柄に使用
されていますね。
特にユキ役の二階堂有希子さん
「ルパン三世」のパート1で、
初代峰不二子の声をやっていまし
たね。
その二階堂有希子さんですが、
講談社の「ルパン三世・DVDコ
レクション6号」で、現在の姿の
写真が掲載され、放送当時の思い出
話や現在の近況などを、インタビュ
ーで答えていらっしゃいます。
この「東京・赤坂・六本木」も
含めた実写ドラマにも少し触れて
いましたが、TVドラマの主役とか
演じる事があったのですが、あまり
覚えていないし、その事でファンの
人達から声をかけてもらう事も
ほとんど無いそうです。
2015/05/10(日) 23:59:21 | URL | くも
見てみたいと思っても、それは叶わぬ生放送だったと思うのですよ。

え。
こんな番組の事に触れてましたか。
よく覚えてましたねえ。
というか、覚えてないのか(笑)。
関係者の記憶でしか再現できないものなんですがねえ。残念。
2015/05/14(木) 23:57:32 | URL | ごいんきょ
赤坂と言えば、TBSの様な
テレビ局や大使館・高級ホテル
が思い浮かびますが、赤坂の街の
歴史をちょっと調べてみましたが、
1960年代は、米軍住宅や
ゴーゴー喫茶・外国人向けの
バーがあった様ですね。
そんな事から銀座と比べると
洗練されていないとか、不良っ
ぽい部分があったのかもしれません
あまり東京の実情に詳しく無い
地方の視聴者向けと言うより、東京
の地元の視聴者の受けを狙って
いたのでは?
フィルムが残っていないのは
残念です。
話はかわりますが、二階堂有希子
さんは、初代峰不二子の
声をやっていた当時、すでに既婚者
で、産休だったと言うのには
びっくりしました。
当時の思い出は楽しかった思い出
しか無いそうです、現在でも
「ファーストシリーズの、峰不二子
さんですよね?」と、ファンの人が
たずねてくるそうです。
2015/05/30(土) 21:53:24 | URL | くも
この頃、NETにはネット局なんかほとんど有りませんからね。

『東京赤坂六本木』に出てましたよね?って尋ねてくる人は一生出て来ないでしょう(笑)。
2015/06/01(月) 06:56:12 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ