私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



アマチュア・スター道場 (1953)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、新人発掘番組の発祥を振り返る、この番組です。





テレビによるタレント発掘番組が誕生したのは、いつ頃だと思いますか。ちなみに、
NHK放送開始は昭和28年2月1日、民放の日本テレビ放送開始は同年8月28日です。
これはけっこう意外な話だと思いますけど、実は民放開局二日目、
昭和28年8月29日に、日本テレビが早速始めているのです。
たしかに初期のテレビは人材難でしたが、この早さは多くの想像を超えるのでは。
ラジオ時代から、のど自慢系の素人発掘番組は有りました。
しかし、日本テレビが始めた『アマチュア・スター道場』は、歌手に限らぬ、
いわゆるタレントを発掘する番組で、その目的を明確にしておりました。

毎週土曜、昼12時45分からの40分番組で、司会は高橋陽。提供は寿科学。
この40分放送というのは、開局当時ではスポーツ番組を除けば最長でした。
歌、演技等、あらゆる面から審査するもので、人材難を自力でなんとかしようとしていた、
初期関係者の熱意は偲ばれます。
審査員は、東宝プロデューサーの藤本真澄、オペラ歌手の佐藤美子、
宝塚歌劇演出家で、日劇ミュージックホールにも関わった東郷静男の三名。
更に毎回、2名の特別審査員が加わるという布陣で、
第一回放送では、千葉泰樹監督と女優・木暮実千代だったという事です。
更には視聴者による投票結果も発表されていたようです。

毎回の生放送で10人が審査され、13回放送されて、最後11月21日の13週目は決戦審査。
最終審査は二十人の審査員で選ばれたといい、第一位は藤本プロに所属しての
スターとしての出発が保障されるというものでした。
ところが、テレビの強みと言いますか、映像と音声、すなわち容姿・声・挙動、
全てを目の当たりに出来るこの番組には、時の映画界も大注目。
最終第13回を待たずして、途中で映画入りの勧誘が有ったりしました。
しかし、東宝お目当てのその女性は青山学院在学中で、映画出演が認められず、
取り敢えず卒業を待つという事になりましたが、その名はその後も聞かないので、
家族の反対でも有ったか、気が変わったかしたのでしょう。

司会の高橋陽という人は、文化放送でクイズ司会をしていた人という事で、
今で言うアシスタントとして、窪田寿美子という女性が進行を担当しました。
この窪田寿美子、日本テレビ広告と南旺映画が特殊教育で準備した、
テレビ女優第一号とも言うべき存在。
先の青学女子を諦めざるを得なかった東宝関係者が、
行きがけの駄賃として彼女を抜擢。
日劇ショー「フラッシュ・ジャズ」に起用したという話ですが、
その後の活動は杳として明らかではありません。

このように、日本テレビ開局当初は、東宝と日本テレビの関係が良好で、
『私のお母さん』の稿でも書いたように、やはり近藤圭子主演ドラマの
『星を見つめて』を、テレビ側と同時に映画制作に入る計画も有ったりしました。
これは、まだまだ映画関係者がテレビという存在を舐めきっていて、
いずれは自分達を脅かすと認識するどころか、歯牙にも掛けていなかったのでしょう。
世上よく伝えられる阪急グループ総帥、すなわち東宝の天皇でもある小林一三が、
「テレビは恐竜の卵。いま潰すのは簡単だが、孵化したら怪物になる」のように
発言したのは、こうしたあまりに無警戒な関係社を見かねてのものだったのでしょう。
昭和30年代に入ると、東宝はテレビと距離を置きだす事になります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ