私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



われら青春 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、真面目な若者番組が作られ愛された時代を振り返る、この番組です。





♪ 君は若者 君こそは 汚れちまった あの空に 星をたくさん灯すんだ
  君は若者 君こそは 広い大きな あの海を 心に抱いて歩くんだ
  夢だ勇気だ辛抱だ いつかはきっと幸せが 夕餉の支度をしてくれる


おいおい。歌詞が違うだろ~。
とか言うあなたが思い起こしているのは、きっと中村雅俊の初主演作。
あちらは『われら青春!』。こちらは『われら青春』。
叫ばず淡々と読む方が今回の作品です(笑)。
東芝土曜劇場の作品でした。
おいおい。曜日が違うだろ~。
とか言うあなたが思い起こしているのは、きっとTBSの日曜夜9時枠。
あちらは『東芝日曜劇場』。こちらは『東芝土曜劇場』。
昭和30年代には、東芝の一時間単発ドラマ枠が土日で続いて有ったのでした。

こちらはフジテレビ土曜夜8時枠で、例の東芝CMソングで始まっていたか不明です。
フジテレビ開局から間も無く始まったドラマ枠で、
日本テレビの『ヤシカゴールデン劇場』、TBSの『サンヨーテレビ劇場』、
NETの『東芝家族劇場』に対抗する枠と当時考えられていたようですけど、
そう。東芝は、NETにも45分枠ですが、月曜に単発ドラマ枠を持っていたのでした。
松下電器、三洋電気と、家電会社がドラマ枠の提供で鎬を削っていた頃です。
特に東芝は、各局の単発ドラマ枠でドラマ制作そのものを育てた感すら有ります。

『東芝土曜劇場』もそのように、元々は単発ドラマ枠として長年続き、
フジテレビのドラマ制作陣を育てた枠でありました。
しかし昭和37年7月7日から始まった、この『われら青春』は、
翌年4月まで続く1話完結の連続ドラマとして発表されました。
その理由はよく判りませんが、一回こっきりで終わらせたくない企画だったのでしょう。
冒頭の、岩谷時子作詞・佐藤勝作曲、克美しげる歌唱の主題歌で始まりました。
『さいはての慕情』というのはエンディングで流れたのでしょうか。

戦後の混乱期、ある画伯に育てられた4人の戦災孤児が結束して生きていく姿を描き、
若者となった彼らの他に、一人の女性を交えた5人の青春を綴るドラマ。
この画伯はパリに行っているという設定でした。
この5人を演じたのは、いずれも当時無名の新人というのも話題でした。
曽根三郎を民芸研究生の新田昌玄、灘和夫を民芸俳優教室の金井進二、
五十嵐誠を万喜羽社の丹羽研二、稀代肇を文学座研究生の寺田農、
土田朝子を俳優座の加来敦子が、それぞれ演じました。

このドラマの当時評を見るに共通している言葉が、「善意」。
戦災孤児という境遇でありながら、善意に生きる5人の姿が早々に感動を呼びました。
しかし第一回では、煙草屋でマッチ棒の数を誤魔化したりしているようですが(笑)。
一話完結で、毎回違った主題を抱えた話作りが最初は理解されづらかったようですが、
すぐに登場人物の会話や真面目な話作りが、当時の若者達に響いていくのですね。
放送中の反響はそこそこながら、昭和38年4月の終了後にも、惜しむ声が寄せられました。

終了後すぐにも当然そうした声は有ったのですが、なんと、
終了後一年経った昭和39年にも、終了を惜しむ声が紙上に載りました。
当時、東芝から主題歌ソノシートが発売されているのですが、
それを何度も聞いて思い出しているというのです。
その声が載るや、賛同の声が5人ほどから寄せられております。
いずれも当時の中高生。
皆、その真面目で共感できる内容への郷愁を綴る再開要望でした。

この、終了直後から途絶えぬ再開要望にフジテレビ編成が回答を寄せております。
曰く、明るく健康な青春群像を描いて好評だったが、その後、
この番組の継続や再放送を望む声が多く、新しい青春ドラマについて検討を進めており、
『われら青春』がそのままの形で復活する事は無くても、
それに替わり青春ドラマを企画中という内容でした。
そして、このフジテレビの説明にまったく嘘は無かったのでした。

件の回答から約二年もの時を要しましたが、同じく戦災孤児の男4人、女一人という、
今度は実の兄弟ではありますが、彼らの青春を描いたドラマが、
昭和41年2月に始まる事になるのです。
当時をご記憶の方の貴重な話を見つけました。
http://www.utagoekissa.com/utagoe.php?title=wareraseishun
それによれば、その番組の事前紹介で『われら青春』の音楽がかかったというのです。
おそらく、それは事実でしょう。
なにしろ両作とも、演出は森川時久で音楽は佐藤勝なのですから。

この新作ドラマの方も地味な人気を呼び、根強いファンを育てました。
もうお気づきの方、ご存知の方も多いでしょうが、
その番組こそ、主題歌も大ヒットとなった、既述『若者たち』でした。
そちらの誕生秘話として、昭和40年11月29日付の毎日新聞朝刊特集記事で紹介された、
実在の家族を素材に企画されたという話が有名なんですけど、
『われら青春』との繋がりや人物構成が出来過ぎのような感じもしますね。
単なる偶然としたら物凄いものが有りますが。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ごっちゃになっていました
今まで この番組は 「わかものたち」だと記憶してしまっていました でも ネットで見る若者たちのキャストには 新田昌玄も寺田農の名前はなく あれはなんだったのか 気になっていました
 
やはり「わかものたち」とそっくりのシチュエーションの しっかり者の長兄みたいな新田昌玄 真っ白い綿パンをはいたちょっと不良っぽくてかっこいい寺田農がいた番組はあったのですね

喉につかえていた骨がとれたようです
ありがとうございました

歌は全く覚えていません
農をみのりと読むと知ったのはそれからずいぶん後になってからでした
2014/06/12(木) 05:03:04 | URL | TOSSY
新田さんの役は、『若者たち』での田中邦衛さんみたいな長兄的役割だったのですね。
寺田さんは、少し後の『青春とはなんだ!』でもモテる不良役でしたっけ。
2014/06/13(金) 23:00:11 | URL | ごいんきょ
ふと歌を思い出して…
昨日か一昨日、なぜかこの歌の歌詞が頭に浮かびました。あれ?確か小学生時代にやってたテレビドラマの主題歌だよなと思って、検索したらここにたどり着いた次第です。
ドラマの内容も出演者も覚えていません。なるほど、のちの「若者たち」につながるわけですね。「若者たち」は中学生の時で、第一次フォークソング・ブームの頃だったのである程度覚えてるし、同年代の連中も知ってますが、こちらは知らない人が多いでしょうね。音源とか映像とか残っていればいいのに。
ありがとうございました。
2014/07/04(金) 20:19:23 | URL | マジェスティ
若者たち、まさかのリメイクされるようですね。
この番組の映像の方は、残念ながら期待できないでしょう。
2014/07/09(水) 06:43:34 | URL | ごいんきょ
こんなところで聞けるとは!!
びっくりしました。
高校の時に見ていたドラマです。
あの主題歌の歌詞が分からず。でも口からはいつもメロディーが流れていました。大好きでした。
本当に懐かしく感激しました。
ありがとうございました。
2016/04/03(日) 01:50:24 | URL | すみこ
そうですか。
やはり印象に残るドラマだったのかな。
ドラマで覚えている事が有りましたらそれも是非書き込んで下さいね。
2016/04/11(月) 07:07:37 | URL | ごいんきょ
なつかしいです
多分、10年ほどのタイムラグがあるようで、僕は30年代はうちにテレビがなかったせいか、知らないタイトルがほとんど。今、頭に浮かぶ番組を羅列すると。「素浪人月影兵庫」「花山大吉」「青い青春」「男たちの旅路」「サンダーバード」「海底大作戦」「海底科学作戦」「てなもんや三度笠」「けったいな人々」シャボン玉ホリデー」・・・位でしょうか。あとタイトルは忘れましたがnhk の銀河ドラマ、小田原の蒲鉾やを舞台にあおい輝彦と仁科明子が共演した青春ドラマがあって、いやあ、
仁科明子が美しかったなあ、篠田三郎と大竹しのぶの「白い時」も印象に残ってます。楽しいブログありがとうございます。
2016/10/06(木) 00:33:39 | URL | ジェフトレーシー
ゴーゴーゴメス警部のあれかなと思ったら、サンダーバードの登場者ですね、トレーシー。

兵庫、大吉、サンダーバード、てなもんや、シャボン玉に関してはスレがござます。
検索窓で探して戴き、思い出などお聞かせ下さい。

銀河ドラマもそのうちやらないととは思ってます。
2016/10/09(日) 11:07:08 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ