私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

おとぼけ新聞 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、タレントが政治を斬るようになった先駆けを振り返る、この番組です。





番組題は『おとぼけしんぶん』。
出演者は漫才師のコロムビア トップ・ライト。
時間帯は、開局直後のフジテレビ毎週木曜昼1時からの30分。
直前の12時50分からは、あのクレージー・キャッツが連日、生放送で
時事風刺コントを繰り広げた『おとなの漫画』という伝説的番組。
どう考えても、トップライトによるお笑い番組としか思えないわけですが、
そういう風味を意識していたのは有っても、実際には割と硬派な番組でした。
なんとならば、報道部制作だったという話ですね。

昭和35年2月11日放送では、薬の安売り競争をしている二社を招いての討論。
ダイエーとヒグチでしょうか? よくわかりませんが、やや時間不足の体。
続いて官房長官が出演し、時の皇太子ご夫妻の訪米に関して諧謔味ある一言を。
と、現役官房長官が出演していたくらいで、バラエティ色が強い番組
というわけでもなかった事がよくわかります。
トップライトの他に三國一朗も出演していて、
最先端のニュースに斬り込み、風刺を交えるという、
当時としては非常に先鋭的な番組ではなかったかと思います。

三國一朗が編集長で、トップ・ライトが記者という感じだったのでしょうが、
おそらくお茶汲みの女の子だったのかな、松任谷國子も出ておりました。
後に同じフジテレビで、『今週のヒット速報』に出演しておりましたけど、
その後はあまり見なくなったと思ったら、二科展で活動していたようですね。
昭和34年に森村学園を卒業した際、友人から、恥ずかしいから
フジテレビのオーディションを一緒に受けてと頼まれ、松任谷だけ合格。
『バースデークイズ』のアシスタントとして初めて世に出たのでした。

昭和37年12月27日放送では、子供を交通事故で失った母親や、
悪質不動産業者に騙された人などが出演。
社会党の江田三郎が出演し、彼らの嘆きに耳を傾けました。
昭和38年1月10日放送では、当時全国最年長知事の加納久朗千葉県知事が出演。
国産愛用を唱えて県庁から外車を追放し、隔週五日制にしたり、
昼休みを交互に取らせるようにして業務の停滞を無くしたりと、
その頃としてはやり手の知事として注目されていたようです。

このように、「おとぼけ」などという言葉に似合わぬ硬派な番組でした。
当時から政治的なネタも多かったトップ・ライトの方向性を強めた番組と言え、
後にコロムビア・トップが政治家となる、
その原点のようなものだったかもしれません。
番組終了して半年以上も経った昭和39年6月、
日本テレビで『トップ・ライトのへそくりクイズ』というのが始まりましたが、
そこでも冒頭に社会ネタを織り込んでいたトップ・ライトの相手をしていたのは、
この番組で長く相手を務めていた松任谷国子と、不思議なトリオ関係となってました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。