私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



青い怒濤 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、日活とテレビの蜜月時代を振り返る、この番組です。





テレビの初期、昭和32年頃までは、テレビ自身が舐められてもおり、
映画会社との関係は、基本的には敵であっても、
そう向きになって叩くほどの危険性も感じられなかったのでしょう、
必ずしも排撃的とばかりは言えない関係が有りました。
特に日活に於いては、映画製作を再開したのがテレビ放送開始と同時期と、
同期生意識ではないでしょうが親和的な時期が有ったものです。

制作再開し立てで自前の大スタアがおらず、むしろなりふり構わず
新人達を売り込み、育てていかなければならない立場。
他者からの引き抜きをしたため五社協定で閉め出され、
映画界の中では孤立無援の状態。
そんな日活が、まだ自分達を脅かすとは思えなかったテレビを利用したのは、
当時としてはそれほど不思議の無い選択でした。

昭和31年の文学界は、石原慎太郎の「太陽の季節」に開け暮れた年。
それは文学界の垣根を越え、戦後風俗の一大転換の如き世相と共時しました。
この新たな若者像を、新たな媒体であるテレビも指を咥えて見てはおらず、
早速4月6日より、太陽族ドラマとも称すべき『青い怒濤』が制作されたのです。
提供は、初期TBSの有力提供会社だったキスミー化粧品。
こちらの原作は宮本幹也で、山口純一郎が脚色。
日活も10月公開に向け、映画化準備中でした。

こちらは、やはり湘南の街を舞台として、大人に反抗する女子高生達が、
男友達を連れて若い本能のままに行動するという、女性太陽族といった内容でした。
攻めなければならない立場の日活としては、やや刺激の強い内容のものに挑戦する
という姿勢だったのでしょうし、実際、『太陽の季節』そのものの映画化で、
一気に興業の主役然とした位置にまで登ってしまうわけですけれども。
このドラマが始まった4月の時点では、まだ『太陽の季節』公開直前で、
日活としては、まだまだテレビも利用したいという心性が有りました。

そこで、10月の映画版『青い怒濤』公開に先駆けて前宣伝になるという考えで、
ここでも新人俳優達を、大挙テレビに貸し出してくれたのでした。
芦川いづみ、桂典子、小田切みき、多摩桂子、島秋子といった女優陣が出演しているのです。
桂典子は新珠三千代の妹で、翌昭和32年には同じTBSの『キンピラ先生』に出演。
映画ではまだ箸にも棒にもかからない新人であっても、
人材不足でいい役をつけてくれるテレビへと意識は向かったようで、
その後はテレビを中心とした活躍をしばらく続けました。

女性太陽族とも言える存在を扱ったこのドラマは、それだけ挑戦的な姿勢で作られ、
当時のテレビ規制ギリギリという線で表現されていたといいます。
大磯での海岸ロケも有ったようですが、そこでは裸と勘違いされそうな
肌色の水着を着せてみたり、入浴場面の影画を出したり。
この程度でも、昭和31年という時代では、かなり衝撃的なテレビ映像でした。
こうした場面を体当たりで演じていた女優陣は、日活女優の他は、
KR(TBS)お抱えのKR劇団の面々でした。

渡辺知子、山本美津代、富沢志満、志摩燎子といったKR劇団の女優陣には、
何故だか現在にまで名の知られる人がいなそうです。
TBS専属という枷が災いしたのでしょうか。
そんな女優陣が演じる女学生達に慕われる医師が主人公で、
そちらは初期TBSと言えばこの人という安井昌二が演じておりました。
俳優座出身で、同期の小田切みきと結婚。共に日活入り。
つまり、このドラマでは夫婦共演だったという事になりますかね。
TBS専属となり、続々とTBSの初期ドラマに主演。
小田切みき他、一家総出演だった既述『パパの育児手帖』というのも有りました。

この『青い怒濤』のスタジオに、或る日、脚色の山口が一人の青年を連れてきた。
慎太郎刈りで足の長いその青年は、酒場の場面で特別出演を申し出たのだといいます。
「このウイスキー、なかなかイカスじゃねえか」。
台本に無い台詞を自分で考えて喋ったこの男こそ、石原裕次郎だったというのですね。
映画『太陽の季節』がデビューとされる裕次郎、本当にまだ出たばかりの頃です。
先の『ひこばえショー』の稿で、そちらの二作目が裕次郎のテレビ初出演か
と書きましたけど、そちらは出演欄でも確認できる確定事項。
しかし、もしこちらの話が事実なら、これが彼のテレビ初出演という事になります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
昭和30年前後の日活と日本テレビの蜜月こそ知っておりましたけど
昭和30年前後の日活と日本テレビの蜜月関係については私も父親等から聞いて知っておりましたけど、KRテレビの方にも俳優を貸し出したりしていたんですねぇ。

ちなみに「イカす」って言葉、石原裕次郎が度々使って流行らせた言葉とされている(昨今の「ヤバい」とか「普通に〜」等と似通った当時の若者言葉と思われますけど)事も序でに。
えぇ、それも父親から聞いた話です(笑)。
2014/06/14(土) 13:58:08 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
ん?
お父さん、何者なんですか。
普通そんなこと知りませんよ(笑)。
2014/06/15(日) 20:29:37 | URL | ごいんきょ
具体的な話自体は私自身で調べたりしましたけどね(笑)
父親は別に業界関係者とかでは無く、一介の映画マニアって程度ですけどね・・・・、とは言え昭和30年代(特に前半)は映画が一番のメジャーメディアでしたので、当時何処にでも居た今風に言えば映画おたくってレベルかと。
ただ凝り性な性格から日活関係の書籍とか日活俳優の雑誌記事とかを洩れなく読んでいたような人(当時購入したと思われる赤木圭一郎の追悼本(ソノシート付)は私も直接拝見しました。)で、その辺から知識を得ていたみたいですね。
で、その辺の話を手掛かりに、私自身が昭和30年代当時のマスコミ各社が出していた年鑑とか新聞縮刷版とかを丹念に調べたりという具合で具体的な話として突き止めたりって感じでしたけどね。

全くの余談ですけど、我が家が九州に越してから、父親が日テレの番組を観ようとする際に、必ず「西日本(テレビ西日本。ちなみに現在はフジ系列のテレビ局)に変えてくれ。」と言うのに閉口(現在の福岡の日テレ系列局は福岡放送。)しながらも頭の片隅に引っかかっていたのが、後に昔の新聞や大正力関連の書籍よりテレビ西日本が、昭和30年代日本テレビ系列だった(父親は昭和30年代当時の博多に住んでいた。)事を知り、「あぁ、そういう事だったのか。」と会得したりと、まぁそんな感じで得ていたって感じですかね。
とにかく父親の話は昭和30年代日本の状況をかなり詳細に知らないと、まるで理解出来ない話ばかりなんで、調べる必要に迫られたって面も少なからずありますけど(笑)。
2014/06/17(火) 14:47:15 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
そんな本が家に有ったのですか。
それは羨ましい(笑)。
2014/06/20(金) 23:08:42 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ