私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



快傑ハリマオ (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、東亜の英雄を描くという異色ヒーロー物を振り返る、この番組です。





日本初のテレビ映画は『ぽんぽこ物語』乃至『月光仮面』という事になっております。
ちなみにテレビ映画というのは、映画のようにフィルム撮りされたドラマ番組の事で、
ドラマと言えども生放送、もしくは編集の出来ないVTR撮りが当たり前だった時代、
そちらと区別されていた言葉でした。
ですから普通であれば編集可能な分、テレビ映画の方が内容が濃くて当然と思えますが、
創作物というのはそう方程式通りに行かないのも面白い所で、
特にテレビ初期には、映画で名を馳せた人々はテレビに見向きもしなかったというのが有り、
技術も演出もまだ稚拙な作品が多かったと思いますし、
逆に、生ならではの迫力というのも有ったかもしれません。

ま、ともかくテレビ映画と言えども、やはり初期の作品は、
今日的に見れば色々と見劣りする部分も多いですし、演出も稚拙・緩慢だったりします。
しかし、進化の過程を検証せずにいきなり元祖と発展形をそうした観点で比較し、
当時の人間にどれだけ支持されたかという視点を外したら、全く意味の無い論となるでしょう。
月光仮面なんか、一つの話を10回前後まで引き延ばすものだから、
いま見ると観劇的には退屈退屈(笑)。
だからと言って、テレビ史上初の国産テレビ映画として、
非常に多大なる人間から絶大の支持を受けていたという評価は揺るぎない訳です。

さて、日本初のカラーテレビ映画はなんでしょう。
となると、これは今ではご存知の方も多いのでしょうが、この『快傑ハリマオ』なのです。
国産初のテレビ映画も、カラーテレビ映画も、元々は広告代理店だった宣弘社が実現したのでした。
本放送開始でもたつき、NHKに水をあけられた雪辱を果たすべく、
カラー放送では非常に早い時期から圧倒的に独走していた日本テレビ。
初の国産カラーテレビ映画も勿論この放送局で実現され、
それが『月光仮面』同様、子供向けドラマであったというのが特筆すべき点です。
何故、最初のテレビ映画は子供向けのものとなったのでしょう。
この論考は、もう少し先に置いておきたいと思います。

ともあれ、「初のカラー・テレビ映画」と大々的に喧伝されたハリマオでしたが、
カラー撮影はまだかなり経費がかかったでしょうし、最初の5回分だけで終わりました。
その後は延々と白黒で作られているわけですけれども、そもそも当時、
カラーでこの番組を見た人がいたなら、それは今では天然記念物級の存在(笑)。
ほとんど全員が白黒テレビで見ていたわけですから、ガッカリした人もいないわけです。
提供は森下仁丹。
日露以来、戦場でも携帯薬として親しまれ発展した仁丹であるからなのか、
この番組は第二次世界大戦… と言うよりも、大東亜戦争の色が濃い作品でした。

「ハリマオとは? マレー語で虎のことである」と冒頭に出ていたように、
「マレーの虎」と呼ばれた実在人物をモデルにしたと言われる小説を原作とし、
東亜の同朋を搾取せんとする連中たちを原住民と協力して懲らしめる、
ハリマオという男の活躍を描いていた、ヒーロー物の範疇としては異色の作品でした。
白いターバンを頭に巻き、黒く大きなサングラスで顔を隠し、
アロハシャツと白ズボンに身を包む快傑ハリマオ。
馬を乗りこなし、拳銃に長けたこの男が来れば、原住民は狂喜して迎えるのでした。
ハリマオには特定の仲間もいて、ドンゴロスの松、拳銃少年こと太郎、
それに原住民の子供であるタドン小僧らが、彼を助けるのでした。

その頃まで東亜を蹂躙する悪漢と言えば、本当は白人ども。
なのですが、もちろん敗戦国如きがそんな描写の許されるはずもなく(笑)、
敵として描かれたのは、秘密結社KK団だの、まだ国交の無かった中国人だの。
本当は欧米人の悪行を描きたかった所でしょうが、制作側の忸怩たる思いは偲ばれます。
KK団のボスであるキャプテンKKを、後の白影さんである牧冬吉が演じておりました。
放送中の昭和35年10月30日には、小田急向ヶ丘遊園にて、
「怪傑ハリマオ大会」という催しが行われました。
もしかすると、これがTVヒーローもの実演の最初なのかもしれません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ごいんきょさん、すごいペースで更新されてますね。
いよいよ「○○○○○」も近いのでは??
・・・違っていたらごめんなさい、
秘密だったらごめんなさいなので、伏せ字にしておきます。

昭和30年代特集が続いているため、
かろうじて題名を知ってる程度の番組しかなく、
この「快傑ハリマオ」についても似たようなものですが、
兄が大好きで、家にその手の本が多くて何となく覚えております。
兄がどれだけ好きだったかというと、
最近、宣弘社の作品を取り上げた本が出版されていましたが、
「快傑ハリマオ」の項のうさんくさいエピソードに出てくるのが
当人だったりして・・・なのです。
機会があればご一読ください。
ごいんきょさんならおわかりになるかと思います。
2014/06/20(金) 10:19:35 | URL | naokiman
中学・高校の同級生
私の世代は「ハリマオ」終了後に生まれているため、リアルタイムの記憶は勿論あるはずもないのですが、私の中学高校時代の同級生にハリマオをこよなく愛する人がいました。
彼は機会さえあれば、あの三橋ミッチーが歌った「ハリマオのテーマ」を声高らかに歌っていたのです。歌い終わりにはハリマオの決め台詞か、"See you again!"と雄叫びを上げていましたっけ。

ところで、以前仁丹について私のブログで取り上げた際、下調べをしていたら意外な事実を発見しました。かつてガムも売り出していた同社から「ハリマオガム」が売り出されていたのです。詳しくは本年2月12日のエントリーを御参照下さい。
2014/06/20(金) 11:57:37 | URL | うみがめ
● naokimanさん
ワタクシも当初は、こんなに続けられるとは思っていませんでした。
なにしろ以前は、1ヶ月連続更新していただけで勝手に騒いでましたからね(苦笑)。
やはり、追い詰められないと本気になれない性分のようです。
何に追い詰められているかというと、このブログに注目していて鋭い人はお気づきの人もいるかもしれませんが、
そもそも注目している人はいないでしょうからどうでもよいのです(笑)。
でも、○○○○○ってなんですか?
サッパリ判りません(笑)。
こんなブログにもワタクシにも大した秘密は無いので、書いてもらって構わないのですが。

>ごいんきょさんならおわかりになるかと思います。
これも勝手に買い被られてますけど、サッパリ判りません(笑)。
他の人もわかるように、きちんと書いて戴けるとありがたいですね。
エピソードも故に、今の時点ではわかりません。


● うみがめさん
あの主題歌は、当時としてはかなり歌い易いヒーロー主題歌でした。
カラー時代は三橋氏の歌が間に合わず、男声コーラスになってますね。

こちらも、できれば記事URLを書いて戴きたかったですが。
http://blogs.yahoo.co.jp/xmqbk533/31723909.html
ですね。
ハリマオガムは、勿論この番組のCMで紹介されたという事です。
2014/06/20(金) 22:04:47 | URL | ごいんきょ
子供の記憶
ハリマオといえば、オープニングを思い出します。私の記憶に強く残るシーン、三橋美智也さんのあの歌の中、異国の壮大な岩山を駆け抜ける騎馬隊の姿・・  YOU TUBE 見てびっくりしました。日本のどこぞの山の工事現場へ続く車両用の道を、馬にまたがった数人が走っているではありませんか。
これって、マリンコングをみてびびってたのと同じことですよね、
2014/06/22(日) 10:58:32 | URL | みのモンタナ
はあ。ワタクシはいま観てもなかなか凄いと思うのですけど。
あれだけの馬を使ったテレビ映画って、あまり例が無いと思いますし、
工事現場というのもわからなかったですね。
鈍い方が創作物は楽しめるというのは有るんでしょう(笑)。
2014/06/29(日) 08:44:49 | URL | ごいんきょ
リアルタイムで
民放が1社しかなかった小生の少年時代でリアルタイムで見ていた数少ない作品です。
「フーズゼア?」「ハリマオ!!」「ハリマオだぁ!!」から始まるオープニングと、字幕で「ハリマオ?」「マレー語でトラのことである」というオープニングを覚えています。もう一つ強烈に覚えているのが、第1部の最終回の最後のシーンで、馬に乗って疾走するハリマオの一団にかぶせて字幕が「第一部魔の城編終了」「次回から第二部ソロ河の逆襲をお送りします。」と出てくるシーンです。なつかしい。
2014/07/02(水) 12:46:52 | URL | 心は少年
ああ、そうですね。
すべてフィルムは現存しているので、今でも見られますね。
2014/07/03(木) 22:41:45 | URL | ごいんきょ
LD
ハリマオは一番思い入れの強い作品なのでLDが出たときに真っ先に飛びついて、覚えているシーンを確認しながら楽しみました。結構記憶と合ってましたよ。
2014/07/05(土) 23:48:28 | URL | 心は少年
LDでは高かったでしょう。
今ならかなり安くDVD買えますが、まさかこんな時代になるとは判らないですからね。
2014/07/13(日) 02:29:00 | URL | ごいんきょ
ハリマオの婚約者で秋江役の江島慶子さん
雰囲気が正に女王様。
平凡な婚約者役ではなくてサディスティックな女王様役か残忍な女殺し屋役の方が良かったのに。

スタッフの選定ミスだよ。
2014/10/07(火) 22:14:38 | URL | 中年エム
ハリマオに婚約者がいたんですか。
2014/10/08(水) 07:11:22 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ