私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



快傑ハリマオ (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、東亜の英雄を描くという異色ヒーロー物を振り返る、この番組です。





日本初のテレビ映画は『ぽんぽこ物語』乃至『月光仮面』という事になっております。
ちなみにテレビ映画というのは、映画のようにフィルム撮りされたドラマ番組の事で、
ドラマと言えども生放送、もしくは編集の出来ないVTR撮りが当たり前だった時代、
そちらと区別されていた言葉でした。
ですから普通であれば編集可能な分、テレビ映画の方が内容が濃くて当然と思えますが、
創作物というのはそう方程式通りに行かないのも面白い所で、
特にテレビ初期には、映画で名を馳せた人々はテレビに見向きもしなかったというのが有り、
技術も演出もまだ稚拙な作品が多かったと思いますし、
逆に、生ならではの迫力というのも有ったかもしれません。

ま、ともかくテレビ映画と言えども、やはり初期の作品は、
今日的に見れば色々と見劣りする部分も多いですし、演出も稚拙・緩慢だったりします。
しかし、進化の過程を検証せずにいきなり元祖と発展形をそうした観点で比較し、
当時の人間にどれだけ支持されたかという視点を外したら、全く意味の無い論となるでしょう。
月光仮面なんか、一つの話を10回前後まで引き延ばすものだから、
いま見ると観劇的には退屈退屈(笑)。
だからと言って、テレビ史上初の国産テレビ映画として、
非常に多大なる人間から絶大の支持を受けていたという評価は揺るぎない訳です。

さて、日本初のカラーテレビ映画はなんでしょう。
となると、これは今ではご存知の方も多いのでしょうが、この『快傑ハリマオ』なのです。
国産初のテレビ映画も、カラーテレビ映画も、元々は広告代理店だった宣弘社が実現したのでした。
本放送開始でもたつき、NHKに水をあけられた雪辱を果たすべく、
カラー放送では非常に早い時期から圧倒的に独走していた日本テレビ。
初の国産カラーテレビ映画も勿論この放送局で実現され、
それが『月光仮面』同様、子供向けドラマであったというのが特筆すべき点です。
何故、最初のテレビ映画は子供向けのものとなったのでしょう。
この論考は、もう少し先に置いておきたいと思います。

ともあれ、「初のカラー・テレビ映画」と大々的に喧伝されたハリマオでしたが、
カラー撮影はまだかなり経費がかかったでしょうし、最初の5回分だけで終わりました。
その後は延々と白黒で作られているわけですけれども、そもそも当時、
カラーでこの番組を見た人がいたなら、それは今では天然記念物級の存在(笑)。
ほとんど全員が白黒テレビで見ていたわけですから、ガッカリした人もいないわけです。
提供は森下仁丹。
日露以来、戦場でも携帯薬として親しまれ発展した仁丹であるからなのか、
この番組は第二次世界大戦… と言うよりも、大東亜戦争の色が濃い作品でした。

「ハリマオとは? マレー語で虎のことである」と冒頭に出ていたように、
「マレーの虎」と呼ばれた実在人物をモデルにしたと言われる小説を原作とし、
東亜の同朋を搾取せんとする連中たちを原住民と協力して懲らしめる、
ハリマオという男の活躍を描いていた、ヒーロー物の範疇としては異色の作品でした。
白いターバンを頭に巻き、黒く大きなサングラスで顔を隠し、
アロハシャツと白ズボンに身を包む快傑ハリマオ。
馬を乗りこなし、拳銃に長けたこの男が来れば、原住民は狂喜して迎えるのでした。
ハリマオには特定の仲間もいて、ドンゴロスの松、拳銃少年こと太郎、
それに原住民の子供であるタドン小僧らが、彼を助けるのでした。

その頃まで東亜を蹂躙する悪漢と言えば、本当は白人ども。
なのですが、もちろん敗戦国如きがそんな描写の許されるはずもなく(笑)、
敵として描かれたのは、秘密結社KK団だの、まだ国交の無かった中国人だの。
本当は欧米人の悪行を描きたかった所でしょうが、制作側の忸怩たる思いは偲ばれます。
KK団のボスであるキャプテンKKを、後の白影さんである牧冬吉が演じておりました。
放送中の昭和35年10月30日には、小田急向ヶ丘遊園にて、
「怪傑ハリマオ大会」という催しが行われました。
もしかすると、これがTVヒーローもの実演の最初なのかもしれません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ごいんきょさん、すごいペースで更新されてますね。
いよいよ「○○○○○」も近いのでは??
・・・違っていたらごめんなさい、
秘密だったらごめんなさいなので、伏せ字にしておきます。

昭和30年代特集が続いているため、
かろうじて題名を知ってる程度の番組しかなく、
この「快傑ハリマオ」についても似たようなものですが、
兄が大好きで、家にその手の本が多くて何となく覚えております。
兄がどれだけ好きだったかというと、
最近、宣弘社の作品を取り上げた本が出版されていましたが、
「快傑ハリマオ」の項のうさんくさいエピソードに出てくるのが
当人だったりして・・・なのです。
機会があればご一読ください。
ごいんきょさんならおわかりになるかと思います。
2014/06/20(金) 10:19:35 | URL | naokiman
中学・高校の同級生
私の世代は「ハリマオ」終了後に生まれているため、リアルタイムの記憶は勿論あるはずもないのですが、私の中学高校時代の同級生にハリマオをこよなく愛する人がいました。
彼は機会さえあれば、あの三橋ミッチーが歌った「ハリマオのテーマ」を声高らかに歌っていたのです。歌い終わりにはハリマオの決め台詞か、"See you again!"と雄叫びを上げていましたっけ。

ところで、以前仁丹について私のブログで取り上げた際、下調べをしていたら意外な事実を発見しました。かつてガムも売り出していた同社から「ハリマオガム」が売り出されていたのです。詳しくは本年2月12日のエントリーを御参照下さい。
2014/06/20(金) 11:57:37 | URL | うみがめ
● naokimanさん
ワタクシも当初は、こんなに続けられるとは思っていませんでした。
なにしろ以前は、1ヶ月連続更新していただけで勝手に騒いでましたからね(苦笑)。
やはり、追い詰められないと本気になれない性分のようです。
何に追い詰められているかというと、このブログに注目していて鋭い人はお気づきの人もいるかもしれませんが、
そもそも注目している人はいないでしょうからどうでもよいのです(笑)。
でも、○○○○○ってなんですか?
サッパリ判りません(笑)。
こんなブログにもワタクシにも大した秘密は無いので、書いてもらって構わないのですが。

>ごいんきょさんならおわかりになるかと思います。
これも勝手に買い被られてますけど、サッパリ判りません(笑)。
他の人もわかるように、きちんと書いて戴けるとありがたいですね。
エピソードも故に、今の時点ではわかりません。


● うみがめさん
あの主題歌は、当時としてはかなり歌い易いヒーロー主題歌でした。
カラー時代は三橋氏の歌が間に合わず、男声コーラスになってますね。

こちらも、できれば記事URLを書いて戴きたかったですが。
http://blogs.yahoo.co.jp/xmqbk533/31723909.html
ですね。
ハリマオガムは、勿論この番組のCMで紹介されたという事です。
2014/06/20(金) 22:04:47 | URL | ごいんきょ
子供の記憶
ハリマオといえば、オープニングを思い出します。私の記憶に強く残るシーン、三橋美智也さんのあの歌の中、異国の壮大な岩山を駆け抜ける騎馬隊の姿・・  YOU TUBE 見てびっくりしました。日本のどこぞの山の工事現場へ続く車両用の道を、馬にまたがった数人が走っているではありませんか。
これって、マリンコングをみてびびってたのと同じことですよね、
2014/06/22(日) 10:58:32 | URL | みのモンタナ
はあ。ワタクシはいま観てもなかなか凄いと思うのですけど。
あれだけの馬を使ったテレビ映画って、あまり例が無いと思いますし、
工事現場というのもわからなかったですね。
鈍い方が創作物は楽しめるというのは有るんでしょう(笑)。
2014/06/29(日) 08:44:49 | URL | ごいんきょ
リアルタイムで
民放が1社しかなかった小生の少年時代でリアルタイムで見ていた数少ない作品です。
「フーズゼア?」「ハリマオ!!」「ハリマオだぁ!!」から始まるオープニングと、字幕で「ハリマオ?」「マレー語でトラのことである」というオープニングを覚えています。もう一つ強烈に覚えているのが、第1部の最終回の最後のシーンで、馬に乗って疾走するハリマオの一団にかぶせて字幕が「第一部魔の城編終了」「次回から第二部ソロ河の逆襲をお送りします。」と出てくるシーンです。なつかしい。
2014/07/02(水) 12:46:52 | URL | 心は少年
ああ、そうですね。
すべてフィルムは現存しているので、今でも見られますね。
2014/07/03(木) 22:41:45 | URL | ごいんきょ
LD
ハリマオは一番思い入れの強い作品なのでLDが出たときに真っ先に飛びついて、覚えているシーンを確認しながら楽しみました。結構記憶と合ってましたよ。
2014/07/05(土) 23:48:28 | URL | 心は少年
LDでは高かったでしょう。
今ならかなり安くDVD買えますが、まさかこんな時代になるとは判らないですからね。
2014/07/13(日) 02:29:00 | URL | ごいんきょ
ハリマオの婚約者で秋江役の江島慶子さん
雰囲気が正に女王様。
平凡な婚約者役ではなくてサディスティックな女王様役か残忍な女殺し屋役の方が良かったのに。

スタッフの選定ミスだよ。
2014/10/07(火) 22:14:38 | URL | 中年エム
ハリマオに婚約者がいたんですか。
2014/10/08(水) 07:11:22 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶
拝啓 よろしくお願いいたします。初回放映当時は3歳でしたが、記憶に残るという事は、おそらく再放送を見たからと思われます。まず「三橋美智也ミッチーさんの主題歌」が素晴らしかった。当初「東京メールハーモニー」のコーラスでしたが、意外とこれも良かったのです。取材当時の小川寛興先生のお話ですと、実は極初期のフィルムに光学焼付けされている三橋ミッチーの歌はおかしいと。聴けば確かにおかしい?のですまずリズムが譜面と違うし微妙に鼻詰まりと。聞けば当時、三橋ミッチーは風邪で具合が悪くそのまま録音してしまったと。しかしこれに各自が不満を示し、三橋ミッチーの超多忙のスケジュールを縫って、主題歌のカラオケを持参して京都のスタジオで再録音したと。とにかくこの当時三橋ミッチーの人気は絶頂で声の張りも何も最高の時でしたからね。小川先生の作曲編曲もベストのもので、素晴らしいメロディーに異国を思わせるエキゾチックなアレンジ=出来たばかりのヤマハエレクトーン、各種ラテンパーカッション、シロフォン、等を派手に使い、うねりにうねるメロディとサウンドは、遠い異国の地で活躍するハリマオを本当に引き立てました。なお当時、宣弘社のスタッフは海外ロケにも当然同行したのですが、小川先生は連れて行ってもらえなかったとぼやかれておられました(苦笑) 取材当時、企画の小林さんは「戦争前夜から戦中にかけて、日本人は必ずしも悪い事ばかりしていたのでは無いと言う事を解って欲しかった」と。まさにその通りであり、かなりのフィクションを交えたとしても「実在の人物をモデル」にしたこの怪傑ハリマオは素晴らしい少年ドラマとして永く語り継がれます。なおカラーフィルムは予算の関係で初期5話まででしたが、かなり劣化退色が進んでおり、取材当時宣弘社では、こういった過去作品を大切にしようと動き始めた頃でした、そう今から35年程前でしたね。なお音楽テープの存在は無いと確認されております。敬具
2017/04/23(日) 21:20:12 | URL | よしたかくん
東京メールハーモニーって、他で聞かない名前ですよねえ。
宣弘社独特の人脈なのかな。
レコード化もされてないだろうし。

三橋さんの主題歌は、いま聞いても堪らない、血が滾るものが有りますね。
あの当時、それも全レコード売り上げの何%を独りで占めるとまで言われていた全盛期の三橋さんが、
子供向け番組、当時はジャリ番と馬鹿にされていたものの歌を吹き込み、
しかもジャケットに顔出しが無い、完全な番組ジャケというのは、
往時の常識を踏まえると、かなり型破りな事でした。
キングレコードの長田暁二さんの手腕が、遺憾なく発揮されたものと推察しています。
2017/05/05(金) 10:03:13 | URL | ごいんきょ
東京メールハーモニー
半世紀前、そのグループと大変よく似た名前の、男声コーラス・グループがあったのですが(笑)。その名も東京メール8(オクテット)。ご紹介のグループと果たして何か関係があるのやら、ないのやら。このコーラス、後にも先にも「みんなのうた」にたった一度演奏者名で出てくるだけ(1962年12月放送「駅馬車」。西六郷少年合唱団と共演)。それ以前もそれ以後も、どこをどう検索しても出てこない、正体不明のグループです。この「駅馬車」、横山隆一とおとぎプロが「みんなのうた」でアニメーションを手掛けた8曲のうちの最初の曲ですが、未だに音声が未発掘のため、実際に歌いっぷりを確かめようがありません。

ところが、実は拙宅にそのグループとおぼしいコーラスが1曲だけ吹き込んだソノシートがありまして、これもまた「みんなのうた」関連なのですが、1964年ごろリリースされた「ビクターミュージックブック」の一巻で、「みんなのうた」を特集したもの。曲は62年(昭和37)10月放送の「熊ちゃんのピクニック」。ただし、グループ名は「東京メールカルテット」となっています。カルテットと言えば四人組のバーバーショップに違いなく、事実、オリジナルのボニージャックスの代役で起用されていることもあり、聴くと確かに四声ですが、同じ四人でもダークやボニーのようにパートが分かれているようには聞こえず、コーラス部分も四人ともバリトンの同声域でバス・バリトン・テナー二声のパートを受け持っている印象で、何とも平板な感じです。もし「メール8」と「この「メール4」が同一のグループなら、場合に応じて人数を増減できる便利なグループだったことになりますが、「よしたかくん」様のご記憶のグループと同じなのかどうか、いや、もう確かめようはないでしょうね。
2017/05/05(金) 13:10:49 | URL | 権兵衛
ごいんきょ様 権兵衛様 深くお詫びを
拝啓 上記に一部重大なミステークが発見されお詫び申し上げます。ごいんきょ様、権兵衛様の言われた通り、最初期の主題歌を歌っていたのは「東京メールクァルテット」が正解で、東京メールハーモニーはミステークでした、。深くお詫びいたします。なおこの資料は約40年前に発売されたキングレコードのアナログLPも確認いたし、更に35年以上前に小川寛興先生にインタビューさせて頂いた際の書き取り聞き取りメモでも確認されました。ただ当時の取材ですと、小川寛興先生のご記憶ですとこういう経緯だったと。「三橋ミッチーさんの主題歌への起用は当初から決まっていた。これは西村プロデューサー周辺からだった。また月光仮面=近藤圭子&小鳩会 ジャガーの眼=三船浩 とキングレコードから出し続けて来たからと言う理由も当然あった。ところが三橋ミッチーが売れに売れている絶頂期でありなかなかつかまらない。よって臨時の手段として東京メールクァルテットが起用された。後にプロデューサーがハリマオのカラオケ持参して三橋ミッチーの巡業先の京都にて、とりあえずテレビ版主題歌を録音したが、その時三橋ミッチーは風邪をひき調子が悪かった。そのテイクはおそらく極初期にはつかわれていたはずだが、後に体制を整えて、改めて東京キングレコードの音羽スタジオにて再録音された」と。この東京メールクァルテットは謎の多いグループで、極初期「トリローグループの楠木トシエさんの録音」に表記されていた事もあり、どうやら声質から「クラシックコーラス 合唱団からのピックアップメンバーではないか?」とも考えられます。これは俗に言う「ファントム=幽霊グループ」ではないか?何かの都合で本名が出せないか?契約の相違で名前を変える必要があったのか?オーケストラ等はよくファントム=覆面オケ等が使われます。権兵衛様のご教示で、かなり長くこの名前で活動されていた事を考えれば、メンバーが固定せずに入れ替わりで臨時に録音の際だけ活動していたグループ?とも考えられますね。確かにほかのグループから見ると何か平板に聴こえますが、実力は確かな様子です。やはりクラシック崩れ?なのか?皆様の情報をお待ちいたします。敬具
2017/05/05(金) 17:56:07 | URL | よしたかくん
ご教示深謝
いや、かえってこちらこそ、「よしたかくん」様のご教示で、長年気になっていた「メール4」の出自が多少なりとも知れました。このグループのルーツが「トリローグループ」とは寡聞にしてついぞ存じませんでした。こちらこそありがたく御礼申し上げます。

なお、前述しました「みんなのうた」の「熊ちゃんのピクニック」のオリジナル放送年月日は61年10月の誤りでしたので、謹んで訂正させて頂くと同時に、改めてチェックしたところ、62年6月放送の「気のいいあひる」もこの「メール4」で収録されていました。これはダーク・ダックスのカヴァーです。先に当のソノシートのリリース年代を「64年ごろ」としましたが、よく見ると収録曲は62年8月止まりですので、カヴァー曲の録音及び発売は遅くとも63年ということになるかも知れません。当方が知る限り、「メール4」の63年以後の記録はぷっつり途絶えていますので、新資料が出ないかぎり、この時期をもって解散したのか、という推測も成り立つのですが、さあ、どうでしょうか。ご指摘のように、各メンバーの出自を明らかにしない「ファントムグループ」であったとすれば、活動がきわめて稀で、資料・記録がほとんどないのもうなずけるかと思います。同じクラシック畑からの選抜グループでも、64年に結成された「東京マイスタージンガー」などは、人数も多く(12人)、NHKの肝いりだけに各メンバーのプロフィールもすべてオープンでしたが、憶測をたくましくすれば、「マイスタージンガー」の中に何人か「メール4」の「残党」が参加していたかも(笑)。
2017/05/05(金) 21:13:05 | URL | 権兵衛
江島慶子さんは美人だったなあ!
役柄としては近藤圭子さんの方が遥かに前面に出ていて、江島慶子さんは脇にいたが、何かしら隠れた妖艶さが滲み出ていた。 第3部の最終回で近藤圭子さんが歌っていた横に寄り添っていた場面は怪しいまでの妖艶さがあった。
2017/05/07(日) 10:33:53 | URL | 一視聴者
懐かしい怪傑ハリマオ
自分はハリマオの家来で何本かにでました
現在は喜寿、多分当時は20ぐらいです
2017/05/12(金) 16:24:16 | URL | 小池孝典(本名
小池孝典様ご訪問 大歓迎いたします。
拝啓 さすがにごいんきょ様のスレッド、素晴らしい方が訪問して下さいました。ぜひぜひ当時の思いで話、ちょっと言えない今だから話せる話、御自分しか知らない話しなど等、ぜひこの場でお話下さいませんか。皆様はこういう方のご訪問こそお待ちしております。ハリマオ役の勝木さんは隠密剣士以後、関西で飲食業を営んだと聞いておりますが、、、、タドン小僧役の方は、町田少年は、もの凄い美人だった近藤圭子さんは、、、当時のロケの様子は、とにかく知りたい事だらけです。どうか色々この場で教えて下さい、勉強させて下さい、自分もいつの間にか今年還暦、立派なお仲間入りです。だからこそ、今この場をお借りして、ごいんきょ様や皆様と共に、お話できる事は全てぶちまけて、閻魔からの召集令状を待っておりますから。小池様、期待しております。 敬具
2017/05/12(金) 16:54:51 | URL | よしたかくん
● 権兵衛さん
多分、どちらも同じ人々でしょう。
メール4はメールカルテットと読むのでしょうし。
その頃までは活動していたんでしょうね。


● よしたかくんさん
誰かメンバーの人かご家族が情報をくれればいいんですけどね(笑)。


● 一視聴者さん
近藤圭子さんは当時の子役スターでしたから、どうしても目立ちますけどね。
お姉さん好みか、同年代の憧れの子かって感じでしょうか。


● 小池孝典(本名さん
ハリマオの部下というと、具体的にはどのような役でしょう。
ドンゴロスは違う人のようですから、松の役だった方でしょうか。
2017/06/09(金) 06:50:17 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ