私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



リッピー・ハーディ珍道中 (1964)

該当番組画像募集LiPPy the LiON and Hardy Har Har
TOUCHÉ TURTLE and DUM DUM



只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、昭和30年代ハンナ&バーベラ作品の一つを振り返る、この番組です。





ハンナ&バーベラ作品は、日本人に最も親しまれた外国アニメであるという事には、
異論の余地は無いものと思われます。
一つ一つの作品単位でもかなりの認知度を誇るものも多いですが、
なんと言っても、その作品群の圧倒的な質量は、昭和アニメでは
国産ものでもこれに匹敵するものを持つ会社は限られるほど。
言ってみれば、正しく国境を越えた存在でありました。

当然、このブログでも既に結構な数の作品を扱ってきておりますが、
それでもまだまだ扱いきれておらず、手つかずの有名作も幾つも有ります。
そんな中から今回は、知名度ではそれほどでも無いとは思いますが、
個人的には非常に思い出深い、この番組にしてみました。
と言いましても、ワタクシは本放送は見ておりません。
例によってと言いますか、東京12チャンネルの『まんがのくに』で見た口です。
けれども内容としましては、本放送のままだったのではないかと思います。

内容は二部構成になっており、前半部が標題の、『リッピー・ハーディ珍道中』。
若山弦蔵によるかすれ声のライオン、リッピーと、
愛川欽也による弱々しい声のイノシシ?、ハーディが色々な目に遭う漫画でした。
リッピーもライオンでありながらだらしなかったりするのですが、
なんと言ってもこの番組は、ハーディの演技が呼び物でした。
追いかけられる時に「おーたーすーけ~~~」と、例のギャグ走りで逃げたり、
ワタクシが一番好きだったのは、やはり最後の場面ですかね。
なんとか一段落した後に、「もーう。やんなったうたう」とボヤくのが決めでした。

第二部は、通称『突貫カメ君』と呼ばれていたもの。
先がギザ状に曲がった西洋剣を持ったカメと、大型犬のダムダムの話で、
事件を報せる電話が、カメの甲羅の中に有るんですよね。
で、受話器を甲羅から出して事件を聞くと、たしか特攻ラッパが鳴り響く中、
「とっか~ん、進め~~!」と自ら鼓舞して脱兎の如く… 亀ですけど(笑)、
凄い速度で事件現場に駆けつけ、解決するという話でした。
声が海野かつおでしたかね。新栄電気、ね、ね。関東人にはこれです(笑)。

日本テレビ当時の事は確認できていませんが、
『まんがのくに』で放送した時には、通称『ワニのワリー』も放送されていましたかね。
通称通称と言っているのは、邦題が画面に表示されてなかったからです。
だから当時はなんと呼んでいいのかわからなかったし、
ずっと後になって誰かが決めた題が流通しているといった印象です。
ワニのワリーは、ドジなワニの話でした。
いま考えると主題歌の最後は、♪ see you later, alligator と歌っていたんでしょうね。
アリゲーターとアリガトも近いですし、ワニはなかなか挨拶がきちんとしてます(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ほぉ~
リッピーハーディーは確かにマンガのくにorキッドボックスで見た覚えあります。で、一緒にやっていた突貫亀クン、声は海野かつおさんでしたか!私は小宮山清さん(サザエさんの三平さん)だと思ってましたよ。でも小宮山清さんと言っても余りピンと来ませんか・・・
2014/06/22(日) 03:24:30 | URL | かむい
カラー史における
 タイトルが仰々しいですが、HBCの50年史によるとこのアニメがHBCの帯番組における最初のカラー放送だった、と記載されていました。
 ただ「ナガサキヤ漫画劇場・ライオンのリッピー」と書かれてあったので、おそらく10分程度に編集されたものを夕方に流していたと思われます。
 私が物ごころつく昭和50代始めには、このようなミニアニメってあまりなかったかも・・・。
2014/06/22(日) 23:25:26 | URL | 北国の人
昼間から放送?
私も、この作品群は12チャンネルの再放送で観たのですが、その放送時間が曲者でした。
確か正午台からの放送で、従って学校が休みの日に観ていたのでした。
それにしても、昼間からアニメだなんて誰を念頭に置いていたのでしょう?通常、この時間に在宅している主婦や高齢者が相手とは到底思えないし、学校の昼休みに合わせてとも考え難いし。
どうやらこれは、局側の都合で編成されたとしか考えられません。つまり、スポンサーを多くつけるために一時間を細かく分けたのです。
2014/06/23(月) 14:57:56 | URL | うみがめ
● かむいさん
海野かつをと書くのが正しそうです。
あの声、けっこう聞いていた気がするんですよね。


● 北国さん
へえ。
なんだか地味な話だなと思いましたが(笑)、
「帯番組における最初のカラー」という、かなり限定された設定なのですね。
そこまで細かい話を社史が書いているなんて。


● うみがめさん
正午にやってましたっけ。
それは記憶に無いな。
12チャンって、朝の9時とかにもアニメやっていたような。
単純に埋め草だったんでしょうね(笑)。
2014/06/29(日) 08:36:07 | URL | ごいんきょ
ハーディーを演じた愛川欽也さんが亡くなられたとの事です(T ^ T)
合掌。
2015/04/17(金) 05:51:29 | URL | (ハンドル未記入)
カートゥーンネットワークでも14年くらい前までなら放映してましたね
2017/04/18(火) 00:49:12 | URL | ket
あれ、ロゴが邪魔で録画する気無くなったんですよねえ(苦笑)。
2017/05/03(水) 14:27:55 | URL | ごいんきょ
2006の時よりは小さかったんですけどね...
2017/05/11(木) 10:12:02 | URL | ket
欽也さんの訃報を伝えて下さった方に返信し損なってました。
欽也さんの出演番組は非常に多いのに、この番組を選ぶとこが通ですな(笑)。


● ketさん
そもそも放送局如きが作品を自分たちの局名で汚す事が許せません。
映画で上映館名を片隅にでも出しますか。
暴動ものでしょう(笑)。
どうもテレビに関わっている連中は、隅から隅まで作品愛が無いなと言うか。
2017/06/11(日) 18:57:55 | URL | ごいんきょ
ごいんきょさんへ
私もロゴの表示は嫌いですが、それを肯定してしまうとCS局は地上波やBSと同等の存在ということになりますよ。後、映画館は1作品ずつに料金を支払う上に予告編などの広告が挟まっているから成り立つのであって、24時間映像を流すTV局にそれをやれというのは、酷な話でしょう。今は法的にロゴの表示が義務付けられているので、元の状態で撮るには、録画機器でロゴを消して録画するしかないんですよね。
2017/07/10(月) 10:10:21 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ