私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



水戸黄門漫遊記 (1954)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、関東のテレビ喜劇の成り立ちを振り返る、この番組です。





電気紙芝居であった初期テレビ。
それは決して無根拠な誹謗とも言い切れず、日本テレビ開局早々に馳せ参じた
河野和平は、案内されて見た小さなモニターに映る貧しい画面に、
(紙芝居みたいだな)と感じたのだと言います。
河野は終戦間もない頃、喜劇作者を志し、榎本健一の息子に英語を教える
家庭教師という役割でエノケンに弟子入り。
昭和28年に劇団は解散し、ブラブラしていた昭和29年夏、
日劇舞台監督だった村越潤三に声を掛けられたのでした。

東宝関係者が重役にいた創立当初の日本テレビでは、人材難を補うべく、
東宝舞台と関わった者に声を掛けまくっていたようで、
村越はそうした役割を任されていたのですね。
ちなみに村越は、既述『青春カレンダー』『お昼の演芸』で、
お笑い三人組と脱線トリオを世に出した日本テレビのプロデューサーでした。
彼のいた日劇は東宝系列だったという関係です。
民放第一局である日本テレビの当初、こんな具合で滑り込んだ人もいたのでした。
尤も、海の物とも山の物とも知れぬ世界で、河野も食うために深くは考えていなかったでしょう。

日本テレビがまず彼に期待した役割は、恐らくですが、
なんとか榎本健一をテレビに引っ張り出せないかという事だったでしょう。
なにしろ電気紙芝居のテレビには、名の通った俳優は誰も歯牙にも掛けない。
まして初期のテレビは技術的にも拙く、映りも悪かったために、
見映えを気にする俳優は、特に絶望的に相手にしませんでした。
しかし、そんなテレビだからこそ、スタアが喉から手が出るほど欲しかった。
それによってテレビ自体の地位認知も向上が期待できるからです。

河野は、テレビに正統喜劇を定着させるためにエノケンを使うべきだと主張。
その頃、一本の30分ドラマ制作費は十万円だったといいますが、
榎本健一の出演料は、それと同等の十万円(笑)。
それでも出すべきだと主張した彼は周りに顰蹙を買ったといいますが、
日本テレビは先のような計算が有ったのでしょう、エノケン獲得に動き、
また榎本の方も、かつての弟子、倅の家庭教師に協力してくれたのでした。
ここに、「神様」のような存在だった榎本健一の連続テレビ出演が決定したのです。

それ以前にも、開局の年である昭和28年のクリスマスや、翌年一月に出演経験は有って、
榎本にとって日本テレビ出演は三度目。とは言え、今度は連続生ドラマで、
なおかつ民放初の時代劇と記録されるものである上に、
今ではミュージカル・コメディーと振り返る書も有るような、難しい仕事でした。
そのためか放送も不規則的で、まずは昭和29年6月15日(火)に第一回が放送され、
第二回は28日(月)となり、そこから隔週月曜の放送となっております。
従って、期間は12月までの半年ほどなのですが、本数は1クール並の13本ほどなのですね。

「エノケンの水戸黄門漫遊記」と大々的に銘打っているものの、
内容は、実は偽黄門モノ(笑)。
エノケンが演じるのは金太という風来坊で、如月寬多と木戸新太郎の演じる遊び人に唆されて、
水戸黄門を騙りながら諸国を漫遊するといった感じだったようです。
エノケンは「ちゃっきり金太」という喜劇映画も撮りましたが、
そちらを意識しての名前かはともかく、物語世界には共通点は有りません。
ただ主人公の名前が金太という事だけが同じで、時代も登場人物もまるで違います。
関係者による番組紹介でも、ちゃっきり金太に関しての話は全く出てきません。

おそらく映像化前の企画では本来の水戸黄門を下敷きにするつもりだったかと思いますが、
それではエノケンが老け役に縛られて面白くなかろうという提供会社の意見で、
「ニセ黄門誕生の巻」となったという話です。回を追って本物黄門役も登場したようですが。
その第一回では、茶店で金太が音楽に乗って、次から次と饅頭を食べるという
エノケンお得意の場面が有り、紙製の饅頭を口に入れていたエノケン、
遠目の舞台と違ってテレビ画面で饅頭の正体がばれそうになり、
慌ててエノケンのアップになって誤魔化したものの、その拍子に飲み込んでしまった。
「音楽が丁度スロー・テンポになるところだったので、救われましたがね」とエノケン談。

その提供会社ですが、あまりにも初期の番組の為、日本テレビ社史でも明記されておりません。
けれども、おそらく講談社だったのだろうと思います。
と言いますのは、生コマーシャルでの失敗談が残っているからです。
「その黄門はこの本で」と水戸黄門の本を出すはずの所で、
寛永三馬術と出てしまったというのですね。
しかしエノケン咄嗟の機転で、「ハイ!」の掛け声と共に素早く黄門の本とすり替え。
この機転に提供会社も、「エノケンさんだけに愛嬌は有るし、
かえって動きが出ただけ効果100パーセントです」と逆に喜んだというのですね。
講談社は当時、水戸黄門や寛永三馬術の講談本を出版しておりました。

この番組がミュージカル調だった事を伝えるもう一つの逸話が有ります。
偽黄門が雨で旅館に缶詰という場面で、空を見上げて「雨に歌えば」を歌う場面が有りました。
それでは歌って下さいと河野が促すと、榎本が、「待ってくれ、俺は歌手じゃない。
このまま歌うんじゃ俺が歌う意味が無い。俺はコメディアンだ。
雨が降っている場面なんだから、軒先からポンポンと拍子を取って落としてくれ。
そのリズムが歌の伴奏になって絵と歌が一緒に生きてくる」と提案したのでした。
生でこの演出を実現させるのはかなり難しかったようですが、
効果の人がスポイトを使って、なんとか人工雨だれを実現させたという事です。

神様・榎本健一が、まだ生まれたてのテレビというものに出演した事は、
初期の日本テレビにとって非常に大きな財産となったはずです。
映画人も舞台人も、金の安さ、見ている者の少なさ、映りの悪さでテレビを敬遠していた頃、
あのエノケンをテレビで見られたと感激した視聴者から、手紙や電話が寄せられました。
更にこの後、古川ロッパ、三木のり平、そして森繁久彌といった関東喜劇人が、
続々と日本テレビを中心とした初期テレビに参入したその背景には、
あの榎本健一が出演したのだから、という事が少なからず有ったと思います。
エノケンこそは、関東テレビ喜劇の祖とも呼ぶべき存在だったのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ