私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ジャングル・ボンバ (1963)

該当番組画像募集Bomba,The Jungle Boy


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、ひところよく見かけたジャングル活劇を振り返る、この番組です。





主演はジョニー・シェフィールド。
かなりの映画通な方でも、ああ彼ね、とはならないでしょう。
その昔、日本でも大ヒットとなったジョニー・ワイズミュラー主演のターザンで、
その子供役だったと言えば、少しはああ彼ねと思う人も増えるでしょうか。
当ブログで少し前に扱った『しゃあけえ大ちゃん』という番組が、
更にその少し前に放送された大ヒットドラマ『図々しい奴』の子供時代を演じ、
その演技力などで注目された岩上少年を、そこでの姿・言葉遣いのままに使った
ドラマであったと書きましたけれど、東西テレビ屋の考える事は似たようなもの。
この番組は、シェフィールドの経歴をそのまま頂いた、
子供版ターザンといった感じの番組でした。

日本でも似たような番組が既に放送済みで、『少年ケニヤ』という番組が
松下電機提供で放送されてましたけど、ではそれのパクリだろうかと思えば、
そもそも少年ケニヤ自体が、ワイズミュラー『ターザン』の影響色濃い。
しかもターザンには、先述の通り子供も出てましたからね。
という事で、やはり『少年ケニヤ』もそもそもの大元は『ターザン』であり、
中でもワイズミュラー版であった事は誰しも否定しようの無い事でしょう。
その後のテレビの普及により、様々なドキュメンタリーなどで
ジャングルの様子も本当に一端ではありましょうが知る事が出来るようになったものの、
往時はまったく実像の掴めない未知の秘境であった「ジャングル」。
様々な想像力と好奇心を掻き立てられ、子供達が興味を持っていたと言えましょう。

さて、先述のようにアメリカでもイタダキ企画というのは有ったようで、
その人気『ターザン』の子役にターザンのままやらせたらといった感じの番組でした。
と言ってもこの番組の場合は、元々がアライド・アーチストという所が制作した
劇場用の映画だったという事で、それをテレビ用に編集したのですね。
劇場用のシリーズをテレビ用に再編集した番組も、この頃いくつか有りました。
主人公のボンバは、15歳前後の少年。
相棒はキンバという名のチンパンジーを筆頭とした動物たち。
そして、狩猟家の子供デビッドが彼と仲良しで、親の目を盗んでは
ターザンパンツを履いてボンバと遊んでいたのでした。
体育館のロープなどにぶら下がってのターザンごっこ、
我々以前の世代でやらなかった者はおりますまいが(笑)、あんな感じです。

そんな或る日、デビッドの父の所へ古代都市の廃虚を調査しに来た
ラングレー博士と二人の案内人が訪れたのですが、この案内人がクセ者。
その古代都市から宝石のちりばめられた短剣を持ってきていたデビッドを攫い、
ジープで宝探しに繰り出すのでした。
それを追いかけるボンバとデビットの両親、そして博士というのが第一回。
ここでも未知の秘境ジャングルが、夢と憧憬に溢れたものとして捉えられております。
元々が劇場用映画なので、ジャングルのセットや火山などの特撮も上々の出来だったようです。
この少し後に、また日本でジャングルもの特撮と言える『怪獣王子』が作られましたが、
今やもうその手のものは出なくなりましたね。
やはり、ジャングルもかなり暴かれてしまい、憧憬を抱けなくなったのでしょう。
再編ものなので全15本?と少なく、提供は東洋レーヨンとヤマハの二社でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ