私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



セールスマン水滸伝 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、企業オープニングの黎明期を振り返る、この番組です。





♪ お待たせしましたコンバンワ
  ダイハーツ コメディー 始まるよ
  寂しがり屋も 泣きーぃ虫も 怒りん坊も寄っといで
  ウチじゅう揃って 「ウフフ」「アハハ」「ハハハハハハ」
  愉快で楽しいダイハツコメディ


名和青朗作詞、土橋啓二作曲のダイハツコメディ主題歌。
大村崑主演のテレビ史に残る『やりくりアパート』『やりくり三代記』という
ダイハツ提供コメディー番組でも、登場人物が冒頭に勢揃いして歌う形で使われましたが、
同じく「ダイハツコメディ」と冠されたこの番組でも、全く同様の始まりだったようです。
やりくりシリーズは朝日放送制作、関東ではTBSが放送しておりましたが、
この『セールスマン水滸伝』はフジテレビの番組。
それが同じ始まり方なんてというのは今日的感覚で、
当時は提供会社による統一感というのも有ったのですね。
昭和34年3月1日に開局したフジテレビですが、その2ヶ月後の5月6日に始まり、
丸二年半続いた、開局初期の代表的人気番組の一つでした。

自分も昔セールスマンだった運送屋の原田茂助(森川信)とその妻(三崎千恵子)は、
二階にセールスマンを下宿させており、そこの人間達が織りなす、
主としてセールスマンの悲哀を描いた喜劇でありました。
高度成長の波に乗り始め、セールス職も意気揚々としていた時代です。
二階に集まっていたのは、桃山ゆかり(朝丘雪路)、春野淳一(藤村有弘)、秋本勝彦(河野彰)ら。
一階の運送屋は主人の茂助の他に、店員の勇太郎(平凡太郎)と専吉(谷村昌彦)がおりました。
なかなか芸達者な顔触れですけど、後に藤村有弘に代わって渥美清も加わるのですね。
もっとも、まだ渥美もペーペーと言える時代でした。

360平米のフジテレビスタジオに、1トントラックとミニ・カーの2台を入れて、
出演者やスタッフがいっぱいいる中で1トン車を動かしていたという(笑)、
およそ今日のテレビ制作では考えられないであろう力業でした。
森川の演じた主人は人情家で、恐妻家(笑)。
女房の目を盗んでは、昔昔亭桃太郎と関千恵子による飲み屋に寄り、
家では出来ない話をするという感じだったようです。
冒頭の主題歌では、森川ら出演者が踊るのも見所でしたが、その振り付けも森川で、
「あ、お待たせしましたが来る」と街で言われるほどウケていたのでした(笑)。
森川信が最も思い出に残っている番組として、昭和45年の時点で語っております。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ