私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

7時半だよクレージー (1963)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、クレージーキャッツのテレビ登場を振り返る、この番組です。





フジテレビ開局の翌日から始まった、正に開局以来の人気番組だった『おとなの漫画』。
ハナ肇とクレージーキャッツの面々を一躍世に出した、昼のミニコント番組でした。
彼らは元々、日本テレビの秋本近史に見出され、昭和32年から秋本がやっていた
ペトリカメラ提供でロイ・ジェームス司会の、『ペトリ ミュージックパラダイス』
という番組に出たのが、テレビ固定出演の始まり。
彼らの音楽を用いた新しい感覚の諧謔は、局員がビッシリと見物に来る大人気ぶり。
しかし、提供会社の都合でこの番組は二年持たずに終了となってしまいました。

フジテレビ開局前に日本テレビへ修行に来ていた椙山浩一(すぎやまこういち)は、
彼らを見て、ぜひ使いたいという思いに駆られていたのですね。
それで、毎日昼にその日のニュースを使ったコント番組で彼らを用いたのが、
その『おとなの漫画』だったわけです。出演料は七人で一万円。
まだ彼らも金が無いので、定期券で通っていたというのですね。
制作費は五万円で、出演料、脚本料、スタジオ代などで消えてしまう。
音楽も頼めないからクレージーや杉山自身が担当し、
ピアノなんかとても用意できないので玩具のピアノを使ったのが、逆に効果ありました。

自動車が必要な時は、小道具を運ぶ手押し車に椅子を乗せ、
美術から自動車のハンドルだけ借りてきて、それを固定して出来上がり(笑)。
書き割り(背景になる絵)も、大きな紙を貼って全員で手分けして描いていたようで、
犬塚弘が特に上手かったという話です。
この『おとなの漫画』では、大目玉を食った話が2つ有って、
一つは既述の『おとなの漫画』スレで書いた、エイプリルフールの回。
波線を画面に映して上下に揺すり、「シャクだったね」と植木が嘲笑ったアレ(笑)。

丁度フジテレビのお偉いさんがネット局の人間に番組を見せている最中だったらしく、
波線を見て調整しようと腰を上げたら、植木が「シャクだったね」と宣ったと(笑)。
それで、大恥をかいたという事で椙山にお叱りが有ったようですね。
ワタクシがたまたま耳目にするだけなのか、それとも特にフジのお偉方が狭量だったのか、
この手の話って、大体が当時のフジテレビのお偉方が主人公なんですけど(苦笑)。
もっとも、この場合は技術的にも、画像調整係までが騙されてしまって、あわや
「しばらくお待ち下さい」と出す寸前だったとあっては、少しは怒られるでしょうね(笑)。

もう一つの大目玉は、安保闘争を題材にしたコントで、
ハナ肇が警官の兄、植木等がデモ学生の弟という設定で、
両者が鉢合わせするという話で、最後は乱闘になるというものだったのが、
少し時間が余ってしまい、二人がアドリブでやらざるを得なくなってしまったのですね。
まだ生放送の頃だったのでしょう。
それで植木が、「俺は国を憂えてるんだ。兄貴はそれでいいと思ってるのか」
とか言ったらハナも負けずに、「俺だって本当は警官なんかしたくねえんだ」
と言って制服を脱ぎ捨ててデモに加わってしまったという(笑)。
これ、たしかLD・DVDに収録されていた気がするのですが、

こちらはその時、自民党の議員が控え室で見ていたというのですな。
昨今の「集団的自衛権」問題を見ても解る人もいるかと思いますけれど、
CIA作である自民党というのは基本的にアメリカ様の代弁政党でありますから、
アメリカ様の既定路線に従わない言論は、数々の手段で打ち消しにかかります。
中でも許認可事業であるテレビは殊に政権政党に弱く、
アメリカ様は攻撃できない星のタブーが出来るわけです。
かと言って、日本そのものを悪くいう事はアメリカ様も反日国も大歓迎ですので、
自民もムキにはならず、そちらの露出ばかりがネット登場前は非常に突出しておりました。

ま、そんなこんなで社長が事情説明に出向く事態にまでなったと。
たかがコント番組の風刺で。
しかも、これまたフジの上層部様は(笑)、番組を潰そうとまで考えたという。
そんなこんなの紆余曲折は有りながら、昼の時間としては驚愕の
12~15%の視聴率を恒常的に稼いでいたこの番組の人気は、揺るがないものが有りました。
ただ、時間帯が平日の昼12時50分からという、昼休みの終わる直前だったため、
学校に通っている人間は勿論、サラリーマンなども見られる人間は限られており、
評判が上がるにつれて、夜にも放送してくれという声が高まったのです。

それで『クレージーキャッツショー』という、この番組の焼き直しのような
15分番組が夜に出来たのですが、おそらくVTRをまだ使えなかったのでしょうね。
既にフジテレビには有ったはずですが、ドラマで手一杯で、
バラエティ如きには使わせて戴けなかったのでしょう(笑)。
それが昭和38年4月15日から、ようやく本格的な夜の再放送ものが登場したのです。
それがこの、『7時半だよクレージー』でした。
毎週月曜の、その名の通り夜7時半からの30分番組。
基本的には前の週に昼で放送されたものの再放送で、
前週のうちの四本を流し、間には歌などの実写を繋いだものです。

最初の一年ほどは番組冒頭でその旨を断っていたものの、
末期にはそれも無くなったためか、『おとなの漫画』と同じじゃないかと
本気で文句をつける人も現れたりしました。
そんなこんなの昭和39年12月いっぱいで、本体の『おとなの漫画』終了。
これは言わずと知れたクレージーの多忙によるもの。
そもそも、最初の頃は新鮮な毎日のニュースを元に作っていたのが、
撮り溜めするようになっていたため、既に寿命ではあったのでした。
多忙だった植木や谷、ハナ肇などは終了を歓迎したそうですが、
中で犬塚弘は、残念だという話を残しておりますね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。