私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

笑えば天国 (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、関東喜劇の隠れた名番組を振り返る、この番組です。





ほとんど菊田一夫が森光子を東京に呼び寄せるために建てたとしか思えない(笑)、
芸術座という東宝直営の劇場が昭和32年に出来ました。
実際には、芸術座が出来てから森光子に人気が出たのですが、
この辺は既述『びっくり捕物帳』の稿をご覧下さい。
ともあれ、あくまでも女優である森光子は、菊田直々の依頼と、
TBSの岡本愛彦との恋愛関係により、東京進出を決意。
昭和33年に「花のれん」で舞台を踏んだ後、昭和36年に「放浪記」が始まるわけです。
以来、平成17年の大千穐楽まで四十年余、「放浪記」と共に有り続けた芸術座。
その日比谷芸術座から毎週公開中継するという番組でした。

『笑えば天国』の題名通り、喜劇を演っていたわけですが、
これがテレビですので、毎週違うものをやるという、なかなか贅沢な作り。
それでいながら丸五年も続いた、初期フジテレビの中核番組の一つでした。
でありながら、またしても現在ではまったく振り返られない存在。
昭和30年代にはまだまだ、一年以上も続いた番組なのに、
今では誰も知らないようなものがゴロゴロ埋もれているのであります。
そうしたものや、短くてもテレビ史的に意義の有った番組などで、
今ではまったく振り返られないものに、まだまだ陽の目を当てていきたいと思います。

監修は、なんと東宝の至宝、菊田一夫。
例え名前だけとは言え、菊田の名を冠したのには、当然理由が有りましょう。
この頃、関西の花登筐がテレビ喜劇を席巻しておりました。
『やりくりアパート』『番頭はんと丁稚どん』『頓馬天狗』。
いずれも関東でも大人気で、テレビ史に残る番組であります。
ところがこの花登も東宝の作家で、子役の中山千夏の才能に惚れ込み、
養女にまで考えていたのを、菊田一夫が東京に呼んでしまうのですね。
定時出演の『やりくりアパート』も、やりくりできなくなるわけで。
東宝側は当然、菊田を支持したために、花登は東宝を飛び出したのでした。

その際に花登が作った劇団が、「笑いの王国」。
古川ロッパが立ち上げ、菊田一夫が名を挙げた「笑の王国」を意識したのは明白で、
明らかに菊田一夫への意趣返しでした。
そこで菊田側も売られた喧嘩を買ったような形なのが、この番組ではないでしょうか。
「笑の王国」出とは言え、菊田の素養は明らかに文芸指向で、
いかに名前だけの監修とは言え、この時期に週替わりの喜劇に関わる必然性は、
本来なら無いと思うんですよね。
どうも、東宝(関東)と菊田側の意地で、喜劇をやったのではないかと思うのですが。

菊田の名と芸術座からの中継という事で、出演者も毎週錚錚たるもの。
三木のり平を筆頭に、由利徹・南利明・八波むと志の脱線トリオ、
但し喜劇ですのでそれぞれ個人名義での出演でしたが、
それに益田喜頓や有島一郎、榎本健一に清川虹子、更には森光子と、
関東喜劇人の大物が、それこそ次から次と出演・共演という豪華番組でした。
第一回「僕は鼠小僧」は、三木のり平と脱線トリオの共演。
どちらも当時のテレビでは神風タレントとして鳴らしており、
その後で言えば巨泉・前武の共演に匹敵する豪華さなわけです。
ま、これもいいかげん古い例えですが(笑)。

最初のうちは菊田の名を意識してか、鼠小僧、お軽勘平、三人吉三、八百屋お七、
カルメン、椿姫、蝶々夫人、坊ちゃん、金色夜叉などの、
古今東西の名作を下敷きとしたアチャラカ路線だったようですが、
そのうちに完全独自路線となっていきました。
提供はロート製薬。
ただ、役者が商品名を劇中で口にする事が一回の放送中で数回あり、
更に途中には、画面の半分ほども有ろうかという広告が入ったりと、
喜劇だからか、あまりお洒落な広告ではなかったようです。
最終回では、やはりロート提供の『びっくりショー』の予告が流され、
口で自動車を引っ張る人や学者犬の写真が紹介されました。
この『びっくりショー』が、同じロート提供の既述番組『万国びっくりショー』の前身です。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。