私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



けったいな奴 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はアイ・ジョージ主演ドラマを振り返る、この番組です。





大阪・ジャンジャン横丁にやって来た風来坊一匹。
この「けったいな奴」を演じたのは、昭和35年にドラマ『硝子のジョニー』の
同名主題歌を大ヒットさせた事の有るアイ・ジョージでした。
アイ・ジョージは、これがドラマ初主演。
「正義のオッチョコチョイ」を任じる佃太郎の役。
職探しにジャンジャン横丁にやって来た太郎は、芦屋雁之助の演じる
スモッグというインチキ商売から皮ジャンパーを買わされたのですが、
値札に誤魔化しがあったので、彼の店を叩き壊してしまいました。
おかげでスモッグはクビ。
太郎とスモッグは、これから良いコンビとなるのでした。

地場の顔役、ブルを演じていたのが遠藤辰雄。
けったいな奴・太郎は、事ある毎にこのブル親分に睨まれる。
石井均の演じるウドン屋で一生懸命働いて評判の良かった太郎も目障りで、
悪辣な手段を用いて町からの追い出しを謀るのですな。
そんなこんなでウドン屋を辞めた太郎は、サンドイッチマンに。
サンドイッチマン。これも昭和の遺物となってしまいました。
宣伝看板を体の前後にぶら下げ、その様子がサンドイッチに例えられた街角の宣伝やさん。
人によっては愛嬌を振りまき、鶴田浩二から「俺らは町の戯け者」と歌われました。
チンドン屋も見なくなったしなー。

小兵ながらピリリと利いた太郎は周辺人物に好かれ、
その取り巻きたちと「山椒の会」なるものを結成する事に。
ブルの嫌がらせに対して太郎は大声で歌うと、山椒の会の面々もそれに続き、
話にならなくなったブルは退散せざるを得なくなったり。
こうして、ちょくちょく一触即発の気配となっていたブルと太郎ですが、
太郎に顔を潰されたブルが、とうとう腕尽くに訴えてきた。
このブル、町の顔役だけに頗る怪力で、太郎も最初は伸されてしまいます。
しかし起き上がった太郎が一発ブルの腹にお見舞いすると、
それだけでブルは悶絶して倒れてしまったのでした。

面目を失ったブルは、地場ヤクザの竹林組にいいように所場を取られ、
太郎の更なる敵として、竹林組というのが前面に出てきました。
一方の太郎は、そのパンチを活かそうとボクシングジムに入門。
こうした感じで、わずか1クール、13回で終了となってしまいました。
昭和30年代、日本テレビ夜10時台の30分ドラマでは、
系列の読売テレビ制作による、ドギツイ主人公のドラマをよくやりました。
『ごりがん人生』だの、既述『大阪野郎』だのは成功した部類で、
特に『大阪野郎』は、フランク永井による主題歌もヒットしましたが。
提供はカロリナとなっているのですが、詳細不明です。
日本レイヨンが当時、カロリナ・ヘランカという、
スイスのヘバライン社と技術提携したものを売り出しておりましたが、
そちらの事なのかもしれません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ