私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



さつきさん (1953) → さつきさんの花嫁修業 (1954)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は民放開局期の連続ドラマを振り返る、この番組です。





今回もテレビ神代期とも言える昭和20年代の番組を扱ってみたいと思います。
20年代は、まだ関東にもNHKと日本テレビの2局しか存在していない頃。
従いまして本番組も、そのうちの日本テレビで放送されておりました。
昭和も30年代初期までは、度々書いているように、映画界もまだ安泰に見え、
こなたテレビの実力たるや、技術的にも金銭的にも人材的にも惨憺たる有様のため、
テレビ神代期には映画界は、テレビなど歯牙にも掛けていなかったのです。
故に、当の当人さえ承諾すれば、映画人がテレビと関わる事は、意外に容易い感じでした。

本番組主演の南風洋子も、そんな感じで割と気軽にテレビに出演していたようです。
昭和28年に宝塚を退団し、10月16日から開始されたこの番組で主演を務めました。
放送は日本テレビ、毎週金曜昼1時からの15分。
実は既に新東宝に所属していたのですが、おそらく、まだいい役が貰えず、
そこへ主演を持ってきてくれたテレビに食指が動いたのでしょう。
彼女をテレビに引っ張ったのが、このドラマを書いた梅田晴夫。
彼は宝塚でも書いており、その辺で繋がりが有ったようですが。
脚本を読んだ南風は、出演を決意。そして新東宝も、あっさりと認めているのです。

とにかくテレビの影響力はまだ小さかったので、新東宝も無頓着でしたし、
方や南風洋子の影響力も小さく、当時の記事では「新東宝」という文字は有りません。
テレビ側としては、映画女優が出ると宣伝した方が良いと思えるのですが、
新東宝側の要望なのか、記者が知らなかっただけか、宝塚出身としか紹介されませんでした。
出演が決まった南風は、映画の出演料で稼いだ金を注ぎ込んで、
アメリカの中古品とは言えテレビ受像器を購入。金十八万円也。
今で言ったら軽く200万とかの価値だと思え、制作側も誰も持っていない高級品でした。

開局初期で、日本テレビもまだ提供会社集めには苦労しており、
この番組は提供無しのサスプロと呼ばれる自主放映でした。
その頃のサスプロ番組は、皆が早く提供会社を付けようという思いで作っており、
そうした熱気に南風も絆されたのでした。
なにしろ出演料は一本五千円。映画では30万、40万という頃です。
その上、衣装などは全て自分持ちと、半ば手弁当。
けれども、古い体質の映画界には無い自由闊達な気風と、前述の熱気とに魅入られ、
南風は初期のテレビと非常に深く関わった女優の一人となりました。

内容としては、男のような恰好で子供達と触れ合うさつきさんと、
彼女に持ち上がってくる結婚話との絡みを描いたもので、
父親役が村上冬樹、伯母役が荒木玉枝でした。
他に文学座の北村和夫、劇団雲の小池朝雄などが共演、南風は意気投合したと言います。
当初は4回予定だったようですが、いろいろ上手く行っていたからでしょう、
その後も12月25日まで1クール、11本続きました。
更に年の明けた昭和29年も、元日は流石に特別番組だったものの、
1月8日から『さつきさんの花嫁修業』と改題されて続行され、
2月26日まで7回の続編が放送されております。
この『花嫁修業』の方に触れている記事は古今東西見当たらず、
この記事がほぼ間違い無く世界初の記述となります(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
南風洋子さん
 初めてその名を見たとき「みなみかぜ・ようこ」と読んだのは私だけではないはず…。そう信じたい。(^_^;)
 さらには「南田洋子さんの誤植?」そう思っていました。
 資料編のブログでコメントした「日本放送年鑑(昭和41年版)」によると、のちに劇団民芸や日本新劇俳優協会に所属していたそうです。
 余談ですが、彼女と長門裕之さんが共演していた「家庭長時代」という昼の帯ドラマがあったような。
 見たことはないけれど。(-_-メ)
2014/07/08(火) 22:58:07 | URL | 北国の人
南田洋子さんとの関係は少し思いましたけどね。
昭和30年に新東宝を退社し、34年に民芸に加入という事です。
2014/07/22(火) 07:09:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ