私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



CMソングのど自慢全国コンクール (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は商業放送が勢いづいてきた時代を振り返る、この番組です。





テレビという存在がどうにか普及したと言えるようになったのは、
昭和33年頃からとなります。
翌年には時の皇太子殿下ご成婚パレードが控え、
関東ではフジテレビと日本教育テレビが新たに開局を目指し、
東京タワーも完成して、テレビ界は誕生わずか5年にして、正に前途洋々でした。
経済の高度成長にも乗り、全てが好循環でテレビの普及は飛躍的に伸びたのです。
そして、民間放送局が一気に倍となった事で商業放送の数も飛躍的に増え、
理の当然としてCMの数も増えたのであります。

それに伴い、シンギング・コマーシャルとも言われていたCMソングが席巻。
子供達がやたらに口にするというので、当時はよく問題として扱われ、
もっと子供に情緒ある歌をという事で、特にNHKなどが音楽番組を量産、
『うたのえほん』や『みんなのうた』などを制作しましたが、
あの頃はまともな大人と言いますか、制作者がいてくれて本当に良かった。
当時あれほど口にしたCMソングよりも、何かにつけて思い出すのは、
それら番組から流れていた歌の数々ですね、ワタクシの場合。

そんな、一部大人達が眉をひそめていたCMソングを大量に集まった子供達に歌わせ、
あまつさえ上位者にべらぼうな大金を渡すという、商業主義の権化のような番組が(笑)、
昭和35年からラジオのニッポン放送で始まるのですね。
それが今回の、CMソングのど自慢コンクール。
第一回、第二回はラジオだけで中継され、規模も東京とせいぜい名古屋・大阪でしたが、
第三回は、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、九州の七地区で開催。
各地区ラジオ局で課題曲と参加者募集を告知し、三回の予選の後、
東京の産経ホールで全国大会を開くという大々的なものとなりました。

テレビで放送したのも、おそらくこの年が初めて。
昭和37年8月26日(日)、フジテレビ昼2時45分から1時間放送されました。
審査員は、葦原邦子、市村俊幸、河口静雄、サトウハチロー、服部良一の面々。
参加希望者には、希望課題曲の収録されたシート盤が送られてきて、
中にはラジオ・テレビで流されているCMソングがそのまま収録されているのですが、
これがコンクール用の盤という事で、まずは歌詞の指導から入ってるんですね。
「のっちゃえ のっちゃえ ヤマハメイト のっちゃえ のっちゃえ ヤマハメイト」
とか、女性が物凄く落ち着いた声で一区切り一区切り、歌詞を紹介。
CMソングの歌詞を文学詩のように紹介するその風情は、いま聞くと可笑しいです(笑)。

で、一度CMソングを流した後、もう一度聞いてみましょうとなっていて、
こんな感じの指導シートが、課題曲の全てで制作されていたわけです。
一口に課題曲と言っても、軽く7、80社は参加していたのですから、
曲を選ぶ方も迷ったかもしれませんが、盤を作っていた人も大変だと思うんですよね(笑)。
そんな感じで全国から集った参加者、勿論ズブの素人が、
普通ののど自慢とまったく同じに、CMソングを歌うという番組でした。
ところが年齢制限が無かったものだから、子供も複数参加し、
しかも大人顔負けの歌声を披露して上位に残るという事態となりました。

例えば昭和36年度大会では、東海代表でトンボ鉛筆を歌った後藤久美子という
4歳の子が優勝し、なんと賞金30万円也を獲得したのです。
後に完全同名のアイドル女優が出ましたけど、昭和30年代の人には後藤久美子と言えば彼女。
しかも、翌年にはコロムビアから歌手としてデビューし、
デビュー曲の『大人になりたい』は結構なヒットとなっているのですね。
子供歌手のはしりと言える存在で、彼女の成功に刺激されてでしょう、
これ以後、童謡ではない大人びた歌を歌う子供歌手もチラホラ出てくるようになりました。

そしてテレビ放送された昭和37年度も、東京代表で不二家ハイカップの歌を歌った、
わずか7歳の面高陽子が優勝をさらい、今度は五十万円也の賞金を持っていきました。
二等もやはり子供で、賞金二十万円也。
どちらも音羽ゆりかご会で勉強していたようで、言ってみればセミプロ。
面高陽子も後にコロムビアから、アニメ『カバトット』の歌などを出しております。
一口に二十万だ五十万だ言いますが、昭和30年代ですからね。
今に換算すると最低十倍の価値は有ると考えると、恐ろしい金額です。

だもの、一攫千金を狙って子供をそういう所へ通わせる親が出たり、
そもそも子供がCMソングを、それもテレビに出てきて歌うという図だけでも、
充分に批判の対象とはなっていたのでした。
それでもラジオの方では昭和40年代始めまでやっていたようですが、
テレビ放映の方は今のところ、いつまで放送したかは調査できていません。
昭和38年は8月25日にフジテレビでも放送され、審査員として榎本健一が参加。
過去の優勝者である後藤久美子と面高陽子も特別出演しました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ネスカフェ
一度だけ観た記憶があります。
家族でくつろいでいた午後だったようです。
子供心に特別番組だと思いました。華やいだ雰囲気があったのです。

舞台の中央より左側のパネルにスポンサー名が何十も並んでいました。
子供から大人まで、色々な人がよく聴くCMソングを歌ったので、とても楽しい!と思って観ていました。
CMソングなので、あっという間の短い曲も多く、こんなに大きな舞台でこれだけ?という感じで家族で笑ったりしました。

その時、1位になったのは、10代か20代の女性で、ネスカフェのCMソングを歌ったと思います。

♪ネスカフェ 43粒スプーンに一杯
 粒よりの香りのネスカフェ 飲みましょう
 ご機嫌ネスカフェ あなたの夢をネスカフェ
 うーん みんなのネスカフェ

こんな感じの歌でした。
すごくパンチがきいた(昭和語?)歌声で、上手だなぁ、でも短いなぁと思いました。

今度はいつやるのかなと思いながら年月が過ぎ、記憶の中の幻の番組のひとつになっています。
2014/07/07(月) 22:31:20 | URL | モデラート
なにしろ百社前後の提供会社が協賛してますからね。
それだけでも華やいだ雰囲気にはなったでしょう。

短いというと、ジングルっぽいのも有ったのかな。
ご記憶の回は、昭和38年度でしょうかね。
本家は弘田三枝子さんでした。
2014/07/13(日) 02:35:22 | URL | ごいんきょ
ヤマハメイトの歌詞
乗っちゃえ、乗っちゃえ、じゃなくて、乗ってる乗ってる乗ってる乗ってるヤマハメイト!だったとおもいますが。再度お調べください。
2015/12/02(水) 21:17:41 | URL | 西村勇雄
いしだあゆみさんのヤマハメイトの歌が今ならYouTubeに有りますね。
二番が「乗ってる」なんです。
2015/12/13(日) 20:42:55 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ