私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



四重奏 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はコミカル音楽家・山本直純の誕生を振り返る、この番組です。





記述『男嫌い』で、粋で小癪な四人姉妹を描き特大ヒットを放った、
演出家・福田陽一郎と作家・八木柊一郎。
この両一郎が引き続き組んで、同じいすゞ自動車提供枠で始めた後番組が、
今度は男四人組を活写するコメディードラマに挑戦した本作でした。
と言っても第一回は、福田の方が伊奈洸のペンネームを用いて執筆。
その後も中心の一人として脚本を書き、今では珍しい自作自演のドラマとなっております。
主役の四人を演じたのが、渥美清、杉浦直樹、小池朝雄、ジェリー藤尾。
彼らが弦楽四重奏団を結成するというので、題名が『四重奏(カルテット)』というわけです。

ホテルプリンスの専属カルテットとなった四人とは、第一バイオリンのダンドリ(杉浦)、
第二バイオリンのバッチリ(藤尾)、ビオラのオツリ(小池)、
そしてチェロでチーフのゲタリ(渥美)は、唯一人の女房持ち。
この女房・玉子役を前作からのスピンオフで岸田今日子が演じ、
持ち味通りに、一種得体の知れない感じの役柄を担当しておりました。
そもそもこの四人、弦楽奏などはどうでも良くて、
お目当てはホテルの近くに有る銀行の金庫。
トンネル掘ってそいつを頂こうと考えている不届き者なのです。

玉子は妙な童話を書いていて、この辺も実際の岸田像と被るのですが、
その内容が、間抜けな四人がトンネル掘って金庫を頂くと、
中から殺し屋が出てくるという、まるでゲタリらの計画をお見通しのような内容なのです。
彼らのトンネル工事を請け負うのが、名古屋章の演じる穴掘進という冗談のような名。
この男、名前の通りというか、穴掘りが生き甲斐のような男で、
トンネル工事にも松竹梅の区分けが有ると言う。
松だと支柱が鉄骨、竹はそのまま竹、梅は支柱無しの素堀りというトボケた男。

昭和39年5月12日放送分から、この番組の音楽担当である山本直純が、
画面上でも固定出演するようになりました。
と言うのは、四重奏の休憩時間に登場するピアニストの役が、
なかなか見当たらなかったのですね。
そこで試験的に12日と19日の放送分で山本を使ってみたところ、
そのトボケた感じが買われて、本格的な固定出演となったのでした。
という事で、山本直純が昭和四十年代にテレビ画面で大活躍したその端緒は、
この番組で開かれたものだったようです。

穴掘進との契約はすったもんだしてなかなか決まらず、
その間に犬塚弘が演じるスリや、谷啓の演じる宮家の殿下らが特別出演で騒動を起こしました。
ケチった四人は結局、梅を選択して素掘りで進んだは良いものの、
やはりというか落盤事故に遭ってしまい、半ば死を覚悟するはめに。
なにしろ金庫を目指して進んでいるトンネル、誰に助けを求めるわけにもいかない(笑)。
その後も、野田の妻の不倫疑惑が持ち上がったり、小判騒動が有ったりしながらも、
なかなか目的地まで辿り着かなかった四人が、とうとう到着する時が来ました。

四人は穴掘に睡眠薬を飲ませ、午前二時までに金庫に入り、
午前四時までには三百億という大金を手にするという算段でしたが。
ところが、最後の最後までは計画通りに運んだ四人が金庫の中に見た物は……!
なんだったかというのが、今の所わかりません(苦笑)。
ご記憶の方がいらしたら、是非お教え下さいね。
という事で、延々と筋を運んでは来たものの、
なんだか喉に小骨が引っ掛かったような終わり方で申し訳無い(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
山本直純さんと言えば、『♪大きいことはいいことだ』のCMが有名ですが、その元祖的なのがこの番組なのですね。子供の頃、大好きな人だったので、見たかったなぁ。
2014/07/08(火) 01:04:31 | URL | カースケ
そうだと思います。
これ以前は顔出しでの活躍というのはしてなかったはずです。
2014/07/13(日) 02:36:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ