私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ピンクムードショウ (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はエロ番組の歴史を振り返る、この番組です。





さあ、この昭和30年代特集でも、ワタクシが最も嫌いな番種を扱う時がやって参りました。
エロ番組。
昭和30年代と言えども多くの男は下卑た欲求から逃れられず、
婦女子を性的に扱い慰み者にしようという不届きな番組が存在していたのです。
ワタクシはそのような不埒な番組が大嫌いなのですが、
そういう下卑た文化はあまり研究する人間がおらず、
ワタクシが滅私の思いで見ておかねばと、昭和50年代以降は
なるべく見られる限り見てきた事は、これまで書いてきた通りです。
さてと、そろそろ、お茶が怖い(笑)。

という訳で、決して趣味嗜好には合いませんが、エロ番組の歴史を語ってみましょう。
その嚆矢はなんと、昭和30年に早くも放たれていたのであります。
4月1日に開局したばかりのKRテレビ(TBS)が、
後発局の攻める姿勢か、4月8日に『ミュージックホール』を放送開始。
その名の通り、日劇ミュージックホールの番組でした。
とは言っても劇場中継ではなく、スタジオからの放送だったようですが。
奈良あけみやR・テンプル、後には伊吹マリ、ジプシー・ローズといった
正に伝説のストリッパー達が、テレビ画面の中で妖しい舞踊を披露していたのです。
更に驚くべきは、これ、昼の12時台の番組だったんですよね。
一体、何を考えていたのか(笑)。

もっとも当時は、深夜番組などは無い訳ですが。
昼の番組ですし、流石に露骨な露出は無かったようですが、
露出された肌をカメラが執拗に追い、視聴者の度肝を抜いたようです。
これで初めて、エロ方面でのテレビ規制が叫ばれ始めたのでした。
しばらく鳴りを潜めていたテレビでしたが、更に続いて開局したフジテレビが、
新たに挑戦者として名乗りを挙げました。
ずっと後の東京12チャンネルに至るまで、新興局が視聴率獲得のために
エロで攻めるという様式は継承されていく事となります(笑)。

昭和35年4月13日、コダマプレス提供『エイト・ピーチェス・ショー』放送開始。
エイト・ピーチェスというのは昭和31年に松竹歌劇団が新たに結成した8人組で、
スリー・パールスやアトミック・ガールズに続く組合せ。
SKDですからモロの露出は有りませんでしたが、セパレーツの衣装から覗く
艶めかしい素肌が、当時の視聴者にはかなり刺激的に映っていたようです。
想像するに、この番組が夜10時45分からの放送としては視聴率が良かったのでしょう。
やっぱエロ良いっしょってな感じで(笑)、更なる刺激作を決断したのでしょう。
それが今回の本論、『ピンクムードショウ』でした。

同年9月18日から始まったこの番組は、帝国電波の提供。後のクラリオンです。
毎週日曜日の夜、10時50分からの放送。
日本初のカーラジオを販売していたという同社が提供だけに、
演出ではカーラジオが多用されておりました。
番組は、夜の波止場から始まります。
自動車のヘッドライトが壁を照らすと「ピンクムードショウ」の文字が映り、
ライトが消えると車の中で男女が愛を囁き合う。ウフン、アハンという声が響く中(笑)、
艶めかしい脚の動きに字幕でスタッフ紹介。その手がラジオに伸びると甘い音楽がかかり、
アナウンサーによるコマーシャルが始まるという出だしでした。

内容は、初期にはドラマ仕立ても有ったものの、大体は趣向を凝らして
日劇ミュージックホールのヌードダンサーたちを出すという、なかなか大胆なものでした。
と言っても工夫はしており、シルエットで見せたり、芸術っぽく仕立てて、
その衣装や演出に紛らせる形で出したりと、毎回毎回あの手この手。
そして或る時、とうとう備蓄を出してしまったようなのですね。
奥の手にとっておいたであろう、備蓄を。わからない人は置いていきますよ(笑)。
そして非難殺到。
初期には春川ますみも出演したのですから、ワタクシも観たかった。
好きでしたねー、春川ますみ。一連の今村昌平ものは堪らないものが有りました。芸術的に。

構成の丸尾長顕は、この番組を「美しい肉体のポエムを狙っている」と語り、
実際に様々な状況設定や演出で、なるべく綺麗にヌードの女性を見せてはいたようです。
しかし如何せん、まだ時代が早過ぎた。
昭和36年12月、翌年1月に免許が切れる新興二局、フジテレビと日本教育テレビに対し、
郵政省が「もっとためになる番組を」との要望書を添え、曰く付きで再免許しました。
やり玉に挙がったのは、この番組と、NETの『セブン・ショー』『アンタッチャブル』等。
これにてまた昭和40年代まで、テレビは暫し鳴りを潜める事となります。
この時、教育局という建前のNETは勿論、そうした枷は無かったフジテレビも自発的に、
教育番組10%、教養番組20%の制作を約束したのでした。

今や政治家も官僚もテレビ・代理店利権にドップリと取り込まれてしまい、
こうした枷も誰も嵌める事が出来ず、ただ腐った番組を垂れ流し、
埋まらない枠には番宣、自社イベント宣伝、通販の洪水という、完全なる電波私物化。
最もよく目に付く電波媒体がこのザマで、どうして国が正体を保てましょう。
既存メディアによるネット叩きが少し前まで酷かったですが、
コイツらを糺すのはもう、市井の人間による直接打撃しか無いではないですか。
でも、エロ番組は時間帯さえ選べば少しくらいは見逃してやってもいい。
ワタクシはとても度量の広い大人物だから(笑)。

番組最後は、カーラジオのアップ。
音楽がラジオから流れ、再びアナウンサーによるコマーシャル。
それが終わると自動車が走り出し、暗い夜に霧笛が響くという、
なかなか余韻の有る終わり方でした。
これ、キネコで撮られていた可能性も有るんですよね。
という事は、現存している可能性もゼロではありません。
制作はフジテレビと東宝テレビ室ですが、誰か関係者が残してないですかね。
べつに春川ますみの備蓄が見たい訳ではありませんが、
残っているんだったら文化検証として見てやってもいいんだぜ(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
いゃー 懐かしーな!!!
まるで探し続けていた「昭和史」が偶然に見付かったようです。
ある政党の代表選に名乗り出た女性が、クラリオンのキャンペンガールの経歴があるとの情報を耳にして「帝国電波」社の「ピンクムードショー」のCMの記憶が蘇えりました。
1960(昭35)にテレビの技術を習得するために渋谷の並木橋際にあった ”テレビジョン技術者養成所” に入学のために上京し、中野区本郷通の寮に入りました。当時はカラーの実験放送の時代で北海道から九州まで全国から来ていた寮友とこのCMで郷愁の寂しさを癒して居ました。
読ませて頂いた投稿は私の貴重な昭和史です。
有難うございました。
2016/08/07(日) 03:49:16 | URL | Vacuum tube generations
あ。蓮舫さんってクラリオンガールだったんですか。
そう言えばクラリオンって、こういう伝統が有った事になりますね(笑)。
気がつかなかった。

この番組を実見した人は今や貴重ですが、番組内容で覚えている事は有りませんかね。
2016/08/09(火) 23:53:37 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ