私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ここに幸あれ (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は既述テレビ結婚式の後継番組を振り返る、この番組です。





少し前に、元祖の方の『テレビ結婚式』は既述でありまして、
その際にも予告しておりました、より有名な方の、
と申しましても、今日ではそちらも知る人は減っているであろう、
フジテレビ版の方のテレビ結婚式、『ここに幸あれ』を扱いましょう。
こちらは番組冒頭で「テレビ結婚式、ここに幸あれ」と題読みがされ、
その時かかっていた言わば主題歌が、大津美子の「ここに幸あり」。
既に数年前に映画主題歌として大ヒットしており、関係の無いテレビ番組が
既成のヒット歌謡曲を主題歌として使う、その最初ではないかと思います。

司会はTBS時代同様に徳川夢声、介添え役は阿里道子でした。
阿里道子は、NHKラジオで伝説的な大当たりをしたドラマで名を馳せました。
司会はTBS時代と同じで企画も同じ。
されど演出は違っていて、当初は暗いという意見も有りました。
おそらく感動を呼ぼうと、両者の苦労を前面に出して紹介していたのでしょう。
しかし回が進むうちに、感動の声が寄せられてくるようになります。
昭和35年9月13日放送では、小児麻痺を克服した二人が登場。
母親の話は内容もさることながら、画面演出も印象的なものと好評でした。

11月1日は、他ならぬフジテレビプロデューサーである渡辺幸子の結婚式。
彼女が『スター千一夜』AD時代に粘り強く出演交渉し、
絆された島津貴子さんのテレビ初出演を実現しました。
貴子さんはその時、「あなたの結婚式には私も出席しますよ」と約束。
そのため当初は貴子さんの出席が報じられましたが、
都合により不可能となり、久子さんが出席する事となりました。
昭和37年4月24日は、一卵性双生児同士の結婚式。
お祝いの歌が「二つ、二つ」で、それも全員双生児が歌うという趣向でした。

5月15日は、第五次南極越冬隊無線士だった人の式。
隊長以下、仲間達の見守る中で挙行されました。
10月9日は、俳優の高松英郎夫妻の結婚式。
「日本一簡潔で日本一実の有るものにしたい」という両人の希望で、
番組から出た費用に二人の分も合わせて、児童施設へと贈られました。
昭和38年3月12日には、タレント倉田爽平と瞳麗子が挙式。
松竹映画「あんみつ姫」で知り合った二人で、
瞳の父親が病床にあったため式に参列できず、テレビで見てもらおうとの事でした。
佐田啓二や久我美子も出席してスピーチを披露しました。

12月17日は、しいのみ学園の先生同士が挙式。
脳性小児麻痺の子供達による軍隊行進曲が見ている者の胸を打ちました。
昭和40年5月11日には、女子陸上の大選手である依田郁子が目白・椿山荘で挙式。
9月21日は、仕事中に右腕を切断した女性と、左足が不自由な男性の式。
岸洋子と榎本健一も参加し、歌と色紙を贈りました。
有名人による色紙贈呈は、この少し前、昭和39年頃からの企画のようですが、
昭和41年始め頃には廃止されているようです。
昭和41年5月3日、三河島事故から丁度4年となるこの日に、
三両目に乗って重症を負った二人がテレビ結婚式を挙げました。

少なくとも昭和40年代の末期には、介添え役の女性が中村メイコへと変更になっています。
昭和34年7月7日に、フジ開局からまだ半年も経たぬ頃に始まった頃は、
挙式希望者がなかなか見つからずにディレクターは苦労したようです。
しかし次第に人気を獲得し、昭和42年3月28日までの長寿番組となりました。
なんと挙式者のご子孫がブログ記事で逸話を披露してくれておりました。
武者小路実篤から色紙が贈られておりますが、昭和36年とあり、
まだ色紙贈呈が固定化されてない頃と思われますので、特別措置だったのでしょう。
もしかすると、この例が後の企画に繋がっているのかもしれません。
お陰で提供が花王石鹸だった事も判りました。
http://plaza.rakuten.co.jp/hapyshimai/diary/201205280000/
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ